埼玉医科大学総合医療センター。 埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校

【ドクターマップ】埼玉医科大学総合医療センター(川越市鴨田)

埼玉医科大学総合医療センター

2020. 08 淺野祥孝 飲酒に関しては、タバコと異なり適量(日本酒で1日1合程度)であれば体にいいとされてきました。 この根拠になっているものの一つは、1981年イギリスのマーモット博士らが、飲酒量と死亡率との関係についての調査結果を発表したものです。 グラフにすると下記のようなJカーブとなります。 国税局ホームページより 少量の飲酒をしている人のほうが全く飲酒をしない人と比較して、死亡率が低くなっています。 これは、比較的長らく信じられてきました。 私も医学部で上記のように習いました。 ただ、最近の論文では異なった意見が出てきています。 Alcohol use and burden for 195 countries and territories, 1990-2016: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2016. THE LANCET, Vol. 392, 1015-1035, 2018 に下記グラフがでています。 注:アルコール摂取量とそれぞれの病気になるリスクの関係。 横軸に飲酒量(1杯のワインやビール=純アルコール換算で10g)、 縦軸にそれぞれの病気になる相対リスクを表している。 GBD 2016 Alcohol Collaborators[2018]. 男女とも虚血性心疾患(心筋梗塞等)と糖尿病にJカーブ(少量だとリスクが低い)がありますが、 女性の乳がん、男性の口唇・口腔がん、男女の結核は 飲酒量が増えれば増えるほどと危険性が比例して右肩上がりになります。 (飲めば飲むほど危険)。 全てをまとめたグラフが下記です。 少量の飲酒に最適値のあるJカーブではなく、 飲めば飲むほどリスクが上昇する右肩上がりとなっています。 注:アルコール摂取量とアルコール関連の病気になるリスクの関係。 横軸に飲酒量(1杯のワインやビール=純アルコール換算で10g)、 縦軸にあらゆる病気になる相対リスクを表している。 GBD 2016 Alcohol Collaborators[2018]. これをもとに今回の論文で筆者は、 アルコールは疾病、健康被害のリスクファクターであり、特に癌においては、 消費量が増えれば増えるほど危険度は増す。 知識を改める必要がありそうです。

次の

【ドクターマップ】埼玉医科大学総合医療センター(川越市鴨田)

埼玉医科大学総合医療センター

<関越自動車道鶴ヶ島インターからのご案内>• 料金所を出て、左側(鶴ヶ島・日高・入間方面)をお進みください。 出たところは国道407号線です。 右車線側を走ってください。 約300メートル先に最初の信号(脚折町四丁目)がありますので、右折してください。 突き当たり(丁字路)の信号を右折します。 約300メートル先に信号(丁字路)がありますので、左折します。 約3キロ進みますと踏切(JR八高線)があり、そのすぐ先に信号(南平沢)があります。 信号を右折し、約1キロ走ります。 橋を渡り、二つの信号を過ぎ、上り坂を越える(毛呂山町)と右に「国際医療センター」が見えてまいります。

次の

埼玉医科大学総合医療センター小児科

埼玉医科大学総合医療センター

埼玉医科大総合医療センターは、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、ドクターヘリ基地病院を合わせ持つ日本有数の大学病院として、埼玉県全体の医療の要として機能しています。 病院と同時に麻酔科も進化し続け、 「手術室の全身麻酔管理」「集中治療」「ペインクリニック」「産科麻酔」の4本柱を中心とした科で形成、各部門がバランスよく機能しています。 さらに、日本麻酔科学会、日本集中治療医学会、日本ペインクリニック学会、日本心臓血管麻酔学会の認定施設でもあり、ドクターヘリ・フライトドクターとして救急医療にも積極的に参加していて、アメリカ心臓協会BLS/ACLS/PALSコースの定期開催と、麻酔科の関与しうるおよそ全ての分野に関わっています。 また、医局では1泊での医局旅行や懇親会、ゴルフ大会、各種同好会(野球、フットサル、マラソン、ワイン、女子会など)があり、埼玉医科大学の建学の理念の 『優れた臨床医の育成』 を、楽しい雰囲気の中で達成できるよう医局員一丸となって邁進しています。 全国でも、麻酔科が管理する集中治療室を持つ施設は多くありません。 そんな中、当院は麻酔科管理の「集中治療(ICU)部門」を置き、専門医を含めた専任のスタッフが、重症患者の全身管理を行っています。 麻酔科医がベットコントロールをして、呼吸・循環管理を中心とした全身管理を行う"semi-cloesed"ICUとして手術室に隣接した状態で開始しました。 その後、救命新棟2階に移動し増床、進化し続けています。 入室症例も年々増加し、1,000を超える症例の集中治療を行なっています。 入室症例の約9割は術後症例ですが、内科重症例にも柔軟に対応してます。 当院は、総合周産期母子医療センターであるため、重症妊婦症例も多く、産科麻酔科チームとも協力して質の高い周産期医療の実現にも寄与しています。 高齢化社会においてペインクリニックの必要性は増していて、鎮痛方法やブロックの手技は麻酔科のみならず整形外科・緩和医療・周術期の疼痛管理など、さまざまな領域で必要な知識になりつつあります。 ペインクリニックの原点は麻酔科にあるため、特色を十分に生かすべく神経ブロック治療を中心に進めていて、従来のランドマーク法の神経ブロックから、エコー(超音波診装置)やX線撮影装置を用いた視認性・安全性に考慮した質の高い治療を行っています。 また、神経ブロックを受けられない患者さんには一般的な鎮痛薬に加えて、一歩進んだオピオイド鎮痛薬などを用いた治療も行っています。

次の