血行 サプリ。 血行不良と関節痛の関係は?

血行を促進するサプリメントとは

血行 サプリ

生姜 しょうが には血流を改善する「ショウガオール」と「ジンゲロール」という2つの成分が含まれます。 ショウガオールは全身の血流、とりわけ腹部の血行を良くし、 ジンゲロールは末梢血管を拡張する作用があるため、 生姜 しょうが は「身体を芯から温め、ぽかぽかにしてくれる」と言われるほど、 血流改善効果が高くなっています。 また、これら生姜 しょうが の有効成分は、皮の近くに多く含まれるため、 「生姜 しょうが は皮のまま擦るのが良い」とされています。 ただし、「ショウガオール」、「ジンゲロール」は加熱することで作られる成分のため、 温かい飲み物や温かい料理(煮物など)にしない意味がありません。 また、粉末の生姜 しょうが 湯の多くは、フリーズドライ製法で作らるため、 残念ながら有効成分がほとんど含まれていません。 オメガ3脂肪酸 魚の油に多く含まれるオメガ3脂肪酸 アラキドン酸・DHA・EPA は血液をサラサラにする効果の高いサプリメントです。 お肉に含まれる脂分は、血流を悪化させる原因となるものの、 魚の油に多く含まれるオメガ3脂肪酸は、トリグリセリド 中性脂肪の90%を占める を低下する作用があります。 トリグリセリドが多くなると、 血管の内腔を狭める動脈硬化や、肥満 脂肪肝 となり血流が悪化するため、 オメガ3脂肪酸は血流の悪化を改善、予防するサプリメントとして知られ、 この効果により、脳の認知機能の向上にも寄与します。 オメガ3脂肪酸による脳疲労回復、認知機能向上については、 をご参照下さい。 ビタミンB3 ナイアシン カカオに含まれるフラバノールには、血流を改善する効果があります。 コロンビア大学の研究によると、 チョコレートに含まれるフラバノールの摂取により、 50歳から69歳の被験者37名において、特定のタスク完了にかかる時間を測定したところ、 「脳の血流を改善し、30年の脳の若返りと同等の効果があった」と述べています。 また、2005年イタリアのラクイラ大学の研究によると、 フラバノールは一酸化窒素を産出する血管内皮細胞に作用し、一酸化窒素産出を増加させる、と発表しています。 一酸化窒素には、 「血管を拡張させ血流を良くする働き」と「成長ホルモンの分泌を促進する働き」があるため、 血流改善による体のだるさ解消や、成長ホルモン増加によるやる気や疲れにくい体を作る効果があります。 成長ホルモン分泌促進による疲労回復については、 をご参照下さい。 イチョウ葉 ニンニクは高血圧、高コレステロール血症、冠状動脈性心臓病、動脈硬化など、 心臓と血流改善に効果のある食べ物です。 6%改善したと報告しています。 また、ニンニク独特の臭気成分であるアリシンと、 水溶性のビタミンB1(チアミン)によって生成される「アリチアミン」や、 武田薬品が開発したアリナミンに含まれる「フルスルチアミン」はビタミンB1の「壊れやすい」という弱点をカバーし、 腸管吸収を良くした商品で、疲労回復効果が高い商品です。 キューピーコーワとアリナミンの疲労回復効果については、 をご参照下さい。 玉ねぎ 玉ねぎは血圧の低下、血流改善に効果のある食べ物です。 玉ねぎに含まれるケルセチンは、 筋肉をリラックスし、血流改善効果を助ける成分です。 ケルセチンの抗酸化作用が活性酸素を除去し、 血管内皮機能が正常に働くようになったと研究も発表されています。 また、食べ過ぎると玉ねぎ中毒となるアリルプロピルジスルフィドには、 血糖値を低下させ、血清インスリンレベルを調節するのに役立ちます。 ハウス食品の研究によると、 「タマネギエキスの継続摂取が血管を柔軟にし若返らせる効果がある」と発表しています。 ただし、研究に使われた玉ねぎの有効成分は玉ねぎおよそ1個分に相当するため、 毎日玉ねぎを食べることが難しい場合、 玉ねぎのサプリメントを摂取することも一方法です。 カプサイシン.

次の

血流を良くする方法

血行 サプリ

活性酸素が血流を悪くする元凶です 血流を悪くする要因として、活性酸素があります。 活性酸素は血中の悪玉コレステロールや脂質を酸化させ、酸化LDLコレステロールや過酸化脂質が生成されます。 酸化されたLDLコレステロールや過酸化脂質は、血管内壁に沈着します。 血管を狭くし、血流を阻害します。 活性酸素は人間が酸素を吸って体内で絶対発生する物質です。 人間が生きている以上、避けては通れないものです。 本来なら体内に侵入した細菌やウイルスなどによる攻撃から、体を守るための物質です。 しかし、強い酸化力があるため、過剰に発生してしまうと、血流や内臓、皮膚、骨、脳など、体のあらゆる組織がダメージを受けます。 やがて高血圧、糖尿病などの生活習慣病、ないし、ガンや動脈硬化など命にかかわる危篤な病気へと繋がってしまうのです。 血流を良くするには、活性酸素を除去するのが正しい対策法です。 血流を悪くする活性酸素を除去するには、抗酸化成分が配合されたサプリが効果的です。 もちろん、バランスの良い食事など、日常生活の注意で血流を改善することも可能です。 しかし、十分な量の抗酸化成分を、1日3回の食事だけからとるのはとても難しいことです。 日常的に無理なく抗酸化成分をとるには、サプリの上手な活用が現実的です。 血流を良くするための 活性酸素を除去できるサプリの選び方 サプリの抗酸化成分をチェックしましょう 活性酸素を除去できるサプリを選ぶときのポイントは、 サプリに配合されている抗酸化成分が除去できる活性酸素の種類です。 活性酸素にはいくつもの種類があり、代表的なのは 一重項酵素、過酸化水素、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカルがあげられます。 いずれも体内に多く残留してしまうと、老化や疾病の原因となります。 なかでも最も酸化力が強く、凶悪なのは ヒドロキシラジカルです。 発癌の原因にもなる物質です。 これらの活性酸素に対抗できる抗酸化成分には、さまざまな種類があります。 ほとんどの抗酸化成分は、特定の活性酸素に対してしか有効ではありません。 しかも活性酸素は抗酸化成分と反応すると、また新たな活性酸素を生みます。 より多くの活性酸素を 一気に 除去できる成分をおすすめします。 おすすめの抗酸化成分配合のサプリ 血流を良くする、抗酸化成分配合のサプリについて、以下の項目で比較調査し、七つの血流を良くするサプリを紹介しています。 アミノ酸 末梢血管を拡張し、血流を改善する 活性酸素はなぜ恐いのか? 活性酸素の増加が引き起こす病気や障害 活性酸素は種々の疾病を引き起こす原因となります。 病気の90%は活性酸素が原因だとのことが明らかにされました。 ここで一部の病気や障害を紹介しています。 循環器系 心筋梗塞、狭心症、動脈硬化、脳梗塞、脳出血、高血圧など• 呼吸器系 慢性肺気腫、肺線維症、肺炎など• 消化器系 胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎、肝炎、肝硬変など• 脳神経系 パーキンソン病、てんかん発作、精神分裂症など• 皮膚系 火傷、凍傷、アトピー性皮膚炎、ケロイド、紫外線障害など• 血液系 エイズ、血小板異常、高血圧症、白血病など• 内分泌系 糖尿病• 泌尿器系 各種腎炎• 膠原病 慢性関節リウマチ、各種自己免疫病など• 眼科 白内障、角膜腫瘍• 悪性腫瘍 各種ガン、腫瘍• その他 老化、免疫力低下など 活性酸素の発生原因 活性酸素は日常生活の様々な場面で発生しています。 代表的な原因には以下のものがあります。 紫外線を浴びた時 紫外線は強い殺菌効果がある一方、細胞内の水分と反応し、活性酸素を発生させます。 食事をした時 食べ物はエネルギーに変えるとき、副産物として活性酸素を発生させています。 ストレスを感じた時 ストレスを受けると、ストレスに対抗する成分が生み出されるときに、酵素反応により活性酸素を発生させます• タバコを吸った時 タバコの煙の中には、ニコチン、タール、ベンツピレン、フェノール、一酸化炭素、ニトロソアミン、過酸化水素など活性酸素の材料がぎっしりと詰まっています。 外部から細菌や化学物質など異物が侵入した時 血液中に外部から細菌などが侵入してきた場合、免疫細胞の一つである白血球が、大量の活性酸素を作って殺菌します。 血流が悪くなる原因となる症状 血流が悪くなる原因 原因を特定することで血流改善への道が開けます。 自分が該当する項目があるか確認してみましょう。 運動不足による筋肉の衰え• 体の冷え• 日常生活や仕事によるストレス• 低血圧• 血管の硬化• 血管内の詰まり• 血液成分の不足(赤血球や鉄分不足)• 脱水状態• 自律神経の乱れ• タバコ• お酒 ほかにもありますが、代表的なものをあげさせていただきました。 血流が悪くなることで起こる症状 肩・関節の痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなどが主な症状として現れます。 むくみ方によっては単に血流が悪いだけではなく、病気が隠れている可能性もあるためチェックしてみましょう。 腎臓…全身のむくみ• 心臓…脚のむくみ• 肝臓…お腹のむくみ• 甲状腺…肌を押した時、弾かれるほどのむくみ 上記の症状にあてはまったかたは注意!早い段階での受診をおすすめします。 血行が悪くなることによる体への影響 血行の働きは、酸素と栄養素を体全体に運び、不要な二酸化炭素や老廃物を回収することです。 血行が悪くなると体内に栄養がいきわたらず、不要な老廃物がたまってしまうことになり、体がだるくなります。 また、毛細血管の劣化が起こり、各栄養素を細胞に届けることができなくなってしまうため、疲れやすくなってしまうのです。 これは、体内のどの細胞よりもはるかに高い代謝率です。 酸素の供給が減ってしまうと細胞が壊れ、脳疲労が起こり認識力の低下につながります。 さまざまな血流改善方法 血流を改善する方法はさまざまです。 運動不足で血流が悪くなっている場合は、運動での血流改善がおすすめ。 定期的な運動をすることは、もっとも効果的な方法です。 病気が原因であれば、まずは病気の治療が優先になります。 病気を治すと、血流も良くなり一石二鳥ですよ。 主にストレスが原因であれば、できるだけストレスを受けないように心がけましょう。 ストレスを回避するのも大切なことです。 食事を見直すことも大事。 例えば、食事で「ビタミンC」「ビタミンE」「パントテン酸」を摂取することによって血液サラサラになる効果を見込めます。 ほかにも、タバコやお酒を控えたり、姿勢を良くしたりと、さまざまな方法がありますので、自分に合った方法に取り組むのが血流改善への近道です。 規則正しい生活を送る 血流を良くするには、規則正しい生活を送ることが大切です。 そのポイントを紹介いたします。 毎日続けられる運動がベスト! 血流を良くするには運動をすることが一番です。 しかし、運動は続けなければ意味がありません。 なので、体に負担をかけずに続けられるウォーキングやストレッチなどがおすすめです。 睡眠不足を改善すべし! 睡眠不足のままだと、血管が収縮してしまい、血流が悪くなります。 そこで睡眠をしっかりとることで副交感神経が刺激され、血管が膨張して血流が改善されるのです。 体を冷やさない 湯船にお湯を張ってつかることで、体温が上昇し血流が良くなります。 その方が体の芯から体温を上げることができます。 その他にも、日中にコーヒーやお茶を飲み過ぎないことも一つのポイントです。 カフェインは摂りすぎてしまうと体を冷やす作用があるため、過剰に摂取すると改善できません。 目安として、1日に2~3杯くらいにとどめておきましょう。 食事に気を付ける 「ビタミンC」「ビタミンE」「パトテン酸」などの成分を含む食べ物を摂取すると血行促進効果を得ることができます。

次の

血流改善に効果のある食べ物・サプリ

血行 サプリ

これといった重大な症状は現れてないにしろ、血液検査の異常値を放ったらかしにしていませんか?血行が悪くなっていると体の様々な不調に悩まされることになります。 血行不良は、早めに生活習慣の改善と血液サラサラにするサプリで 血行を 促進することで短期間で改善出来ますよ! 血行が悪くなるということは? 血行、血液の流れが悪くなるということは、どういうことでしょうか?血液は、酸素や栄養分を体の隅々まで届けて、老廃物や二酸化炭素を回収する役割を持っています。 血液サラサラだからこそとっても細い毛細血管の奥の奥まで入り込んで、全身に行き渡ることができます。 しかし、 血液ドロドロの状態になると、血流が悪くなり体に必要な酸素・栄養分を十分に届けることができなくなるので、様々な体の不調が起こります。 最初は、血流が悪くなっても自覚症状はほとんど現れませんが、冷え・むくみ、頭痛・腰痛、肩・首のこり程度の症状から、高血圧、糖尿病、血栓症という病気に発展し、最悪は動脈硬化が進んで血液が届かなくなると細胞が死んで機能しなくなる心 筋梗塞や 脳梗塞まで引き起こします。 血流が悪くなる原因は 血流が悪くなる原因は、偏った食事(動物性脂肪の多い肉類など)、生活習慣(タバコ・アルコール・ストレスなど)、運動不足などにより、血液ドロドロとなること。 血液中の糖分・中性脂肪・コレステロールの値が高くなると、血液の粘性が高まり、血管内をスムーズに流れることができなくなります。 血液検査の結果 健康診断での血液検査で中性脂肪やコレステロールの値が高い場合は、自覚症状がなくても食生活や生活習慣を見なおして血液ドロドロを早めに解消する必要があります。 その時に、 血液サラサラにするサプリメントを併用することで、短期間で血液ドロドロを血液サラサラに改善することが可能です。 サプリメントは、健康補助食品なので、薬(医薬品)と違って 副作用の心配がなく安心して飲むことが出来ます。 私が試した中でも、黒酢・にんにく・青魚(DHA・EPA)の3つを配合している血液サラサラにするサプリの『 三黒の美酢(さんごくのみず)』は、血液サラサラ効果は一番で、同時にダイエットも出来たというウレシイ結果も付いてきました。

次の