ドキュメント 72 時間。 ドキュメント72時間

ドキュメント72時間

ドキュメント 72 時間

大阪・西成にある「あいりん労働公共職業安定所(ハローワーク)」 2018年6月1日放送 『ドキュメント72時間』の舞台は、ひさしぶりの 関西です。 タイトルは「 大阪・西成 24時間夫婦食堂」となっており、再開発が進む 「西成区」で44年間営業してきた食堂が紹介されることになっています。 このお店「 わらじや」さんというお店なのですが、西成区は労働者の町で簡易宿が多く立ち並び、昼間から飲み屋で酒盛りが始まるような地域です。 昼間から深夜まで日本では仕事をされている方が多く、特に労働環境が厳しい場合は深夜の労働などもあります。 そのため、仕事帰りの一杯が早朝になる方もいるわけで、この 西成の大衆食堂「わらじや」さんも24時間営業している・・・・というわけではありません。 普通はあまり立ち入らない方が良い場所があります 大阪の「 西成・あいりん地区」では、朝6時頃から夕方17時頃まで営業しているお店が多いのですが、それは深夜の時間帯に労働する方が多い地区ということもあって、客が多いのが日中だからです。 私も、この地区へ昼間に行ったことがあるのですが、お昼前の時点で商店街の飲み屋さんではホルモンなどを肴に晩酌している人を多く目撃しました。 ただし 「西成・あいりん地区」というのは、JR関西本線「新今宮駅」の南側ブロックのことで、 西成の大衆食堂「わらじや」さんがあるのは「天下茶屋・岸里」というもっと南にあるエリアです。 なので、 普通の方が行くような一般的な大衆食堂なのでご安心ください。 わらじや があるのは天下茶屋(岸里) さん akkey344 がシェアした投稿 — 2018年 1月月12日午前4時23分PST この「 わらじや」さんなのですが、実は年初に関西の情報番組『. ten』でも紹介されていて、 大阪・西成の人情食堂として紹介されたことがあります。 店主の 高橋功(たかはしいさお)さんと40年間連れ添っている奥様のふたりだけで営業しているお店で、町の人々に愛される「 人情食堂」として紹介されました。 昔は朝5時~夜の12時まで営業をしていましたが、店を閉めている時間は5時間だけなので「 別に閉めなくてもいいじゃん」という理由で24時間営業になったというユニークなお店です。 24時間営業ということもあって、深夜まで営業している他の飲食店の方などが仕事終わり食事に来るのですが、大阪の中心部であるので色々とストレスも多い方がお客さんには多いようです。 でも、この店主さんが「 とっても聞き上手」な方で、それが常連客にとって居心地が良いということが地元でも愛されるお店になっている理由なんだそうです。 2018年6月1日放送 『ドキュメント72時間』でも、たぶんこういう良さに焦点を当ててくると思われます。 再開発が進む大阪・西成にある40年以上続く24時間営業の食堂が舞台。 聞き上手なマスターとママに個性的なお客さんたち。 小さなカウンターで交錯する人間劇場。 再開発が進む大阪・西成。 町の一角に、40年以上続く24時間営業の食堂がある。 店の売りは大盛りのメニューと聞き上手なマスターとママ。 2人にグチや悩みを聞いてもらおうと、絶えることなくお客さんがやってくる。 仕事を求めて西成にたどり着いたという派遣社員の男性。 子育てに悩むシングルマザー。 かつて、この店でバイトをしていた男性は、いつか子どもにも働いて欲しいと語る。 小さなカウンター越しに交錯する人間劇場。

次の

坂本一生が「ドキュメント72時間」に多数のやらせがあると告発

ドキュメント 72 時間

1月の秋田港は極寒の港となります(写真は春のもの) 撮影されたのは突風が吹き荒れる1月の秋田港で、 港の片隅にある古びた「うどん自販機」が舞台となっています。 寒い中、温かいうどんを求めてやってくる人たちはどのような思いで、うどんをすするのでしょうか? 再放送が楽しみです。 放送で紹介された 佐原商店は2016年に閉店しています。 うどん自販機は1971年から設置されており「レトロ自販機」マニアの聖地にもなっていました。 残念、うどん自販機も姿を消した? のではなく、 実は別の場所に移動しています。 それが「 道の駅あきた港(セリオンリスタ)の1階」で、かつて 佐原商店にあった古びた「うどん自販機」は今も稼働中なのです。 上の写真が「道の駅あきた港(セリオンリスタ)」です。 うどんの値段は250円、1971年に設置された古びた「うどん自販機」は今も温もりを求める人たちに愛されています。 そして、かつて佐原商店で働いていた店長さんも今はこちらで働いているそうです。 昨日秋田市で会社の人と飲み会あったからホテル帰りの今日セリオン寄っていつものそばうどん自販機 — 暁美なのは@今年の遠征なし?? rekkananoha 秋田港にある古びた「うどん自販機」の口コミは? あぁ…明日のドキュメント72時間は秋田にあった伝説の佐原商店ではないか…! 無くなる前にその勇姿を自らのカメラに納められた事が自販機活の中で一番の誇りかも。 要チェックや! — 盆@自販機ガチ勢(仮) max18000rpm 2012. 4 佐原商店 雨降る中で訪問すると、なんと自販機は修理中。 店主の方が事務所に招き入れてくださり、ポットのお湯でうどんを作ってくれました。 秋田訛りで「味が薄かったら言ってね」と言われたうどん、本当に味が薄かったけど、その「気持ち」が何より嬉しくて、薄味をそのまますすりました。 秋田港にある古びた「うどん自販機」が舞台。 極寒の中、ぬくもりを求めてうどんをすする人たちの物語。 1年後の追加取材VTRも紹介。 突風が吹き荒れる1月の秋田港。 その片隅にある古びた「うどん自販機」が舞台。 極寒の中、ぬくもりを求めて、うどんをすする人たちの物語。 1年後の追加取材VTRも紹介する。

次の

NHK72時間に小峠が出演しなかった理由は?本編カットされて話題!

ドキュメント 72 時間

野音の前に虎ノ門で降りてホテルオークラへ。 いよいよ明日までで閉館・立て直しの本館を惜しむ方の姿が多かった。 2019年春に向けて新装オープンする ホテルオークラ東京本館の最後の72時間を記録しているようです。 ホテルオークラ東京本館は昭和37年(1692年)5月20日に開業し、53年間も営業してきました。 ホテルオークラは知り合いが数十年前に支配人をしていたこともあり、思い出深いホテルです。 hotelokura. NHKのドキュメント72時間の取材班がいました。 定点カメラの前の椅子に居座って喋っていたので写っているかも。 — 明日の建築会 asunokenchiku これでほんとになくなっちゃうんだな… ホテルオークラ東京、本館。 — 漢方男子・有馬たける kampopanda ホテルオークラ東京・本館が本日最後の営業。 内装調度採集. 10 さようなら — 初田徹 Toru Hatsuta takekogei ホテルオークラ東京・本館が今日でいったん締まり、建て替えになります。 18時からのフィナーレコンサートに来ました。 館内各所に施された意匠の写真で出来ています。 建築、内装、空間を味わうのはもちろん、フォントを探すのもたのしい。 採集するならばチャンスは今月いっぱいです。 — 初田徹 Toru Hatsuta takekogei 取り壊し前にホテルオークラ東京本館に行ったら のドキュメント72時間の取材してた。 放送が楽しみ。

次の