猫 横隔膜 ヘルニア。 医療情報−横隔膜ヘルニア

「横隔膜ヘルニアのアメショ...」千葉県

猫 横隔膜 ヘルニア

猫の椎間板ヘルニアとは、背骨の間に挟まっている椎間板と呼ばれるクッションがつぶれ、変形してしまった状態のことです。 椎間板は、クッションの外側に相当する繊維輪(せんいりん)と、クッションの中身に相当する髄核(ずいかく)と呼ばれるゼリー状の組織から構成されています。 外傷や肥満、老化などにより椎間板が破れてしまうと、中の髄核が外に飛び出し、近くにある神経や脊髄を圧迫してしまうことがあります。 これが「椎間板ヘルニア」です。 中の髄核が完全に飛び出したものを「ハンセンI型」(髄核脱出型)、髄核が繊維輪の中にとどまっているものの椎間板が後方に膨らんだものを「ハンセンII型」(繊維輪突出型)として分けることもあります。 I型の場合は、それまで元気だった猫が急に動かなくなりますが、II型の場合は病変を抱えたまま普通に生活していることも少なくありません。 椎間板は首から腰にいたる全ての背骨に挟まっていますので、基本的にどの部位でも発生します。 しかし猫は体がしなやかなため発症頻度は低く、また仮に病変があっても、よほどの重症でない限り症状として現れないこともしばしばです。 猫の椎間板ヘルニアの主な症状は以下です。 髄核がどこを刺激するかにより、片側性や両側性など症状の現れ方は様々です。 猫の椎間板ヘルニアの主症状• 歩き方がおかしい• 運動を嫌がる• 前足の痛みや麻痺(頚椎付近のヘルニアの場合)• 胸部の痛みや麻痺(胸椎付近のヘルニアの場合)• 後足の痛みや麻痺(腰椎付近のヘルニアの場合)• 首から下の痛みや麻痺(頚椎付近における脊髄圧迫)• シッフシェリントン現象(第二~第四腰髄, 後肢の麻痺+前肢の伸展姿勢) ヘルニアとは? そもそも「ヘルニア」とは、体内の組織や器官が、本来あるべき場所からずれてしまった状態を指す広い概念であり、何も椎間板にだけ起こるものではありません。 例えばおなかの中にある横隔膜が破れて腹部臓器がはみ出してしまった状態は、腹部の組織がへそから飛び出してしまった状態は「臍ヘルニア」(でべそ)、腸管が腿の付け根に当たるソケイ部から飛び出してしまった状態は「鼠径ヘルニア」(脱腸)などと呼ばれます。 猫の椎間板ヘルニアの主な原因• 過度の外圧 椎間板の外側にある繊維輪はコラーゲン繊維からできており、基本的には頑丈です。 しかし交通事故や高い場所からの落下、壁への衝突など、瞬発的に強い力が加わると、破れて中の髄核が飛び出してしまうことがあります。 肥満 も椎間板に対する強いストレスになります。 また大型猫など体重の重い猫の方が、小型猫に比べて発症しやすいと言われています。 老化 老化によってコラーゲン繊維が弱化すると、今までは大丈夫だった圧力を支えきれなくなり、繊維輪が破れてしまうことがあります。 猫種 小型や短足になるよう選択繁殖されてきた猫は、軟骨の形成に異常を抱えていることがあります。 こうした猫種の繊維輪は通常に比べてもろく、それだけヘルニアの危険性にさらされることになります。 猫の椎間板ヘルニアの主な治療法• 対症療法 ヘルニアが軽度の場合は、症状の軽減を目的とした治療が施されます。 具体的には非ステロイド系の薬や抗炎症薬の投与などです。 また、ヘルニアが悪化しないように運動制限を行い、症状が軽快したらを解消したりします。 手術療法 ヘルニアが重症の場合は、手術によって飛び出した髄核を物理的に除去してしまいます。 手術に伴うリスクや再発の可能性といった情報を、担当の獣医師から十分得た上で決定します。 排泄の補助 神経症状が膀胱や直腸にまで及んでいる場合は自力でおしっこやうんちができないこともあります。 その場合は尿道からカテーテルと呼ばれる細い管を通して人為的に排尿させたり、おなかを押したり浣腸するなどして排便を促すといった補助が必要となります。 歩行の補助 近年は犬用や猫用の車いすが徐々に普及してきました。 運動機能の回復が見込めない場合は、こうした補助用具を用いて猫のQOL(生活の質)を高めることも考慮します。

次の

猫の横隔膜ヘルニアの治療や手術費用、術後について!

猫 横隔膜 ヘルニア

猫の横隔膜ヘルニアとは、胸部と腹部とを隔てている横隔膜が破れたり裂けたりして、腹部の臓器が傷口から飛び出してしまった状態のことです。 横隔膜(おうかくまく)とは 、肺や心臓のある胸腔(きょうくう)と、胃や腸などがある腹腔(ふっくう)とを分け隔てる膜で、筋肉によってできています。 この横隔膜に損傷が生じてしまうと、腹部の臓器が胸腔内の臓器を圧迫し、呼吸困難などの症状を引き起こします。 これが横隔膜ヘルニアです。 ちなみに「ヘルニア」とは穴や裂け目がない場所に穴ができ、内容物が外に出てしまうことをいい、これが背骨の間に挟まっている椎間板で発生すると、へそで発生すると臍ヘルニアと呼ばれます。 猫の横隔膜ヘルニアの症状としては以下のようなものが挙げられます。 外傷性ヘルニアの場合、発症から24時間以内の手術は死亡率を高めるため、まずは容態が安定するのを待つのが一般的とされてきました。 3倍増)、「軟部組織の外傷+整形外科的な外傷」(7. 3倍増)、「要酸素吸入」(5倍増)という因子であり、外傷から手術を受けるまでの期間や外傷から入院するまでの期間、および入院してから手術を受けるまでの期間は生存率と無関係だったとされています。 調査チームは「24時間待機することにはデータ的な根拠がなく推奨できない」と結論づけていますので、従来の常識が見直されるかもしれません。 ちなみにこの調査では、外傷を受けてから入院までの期間が14日以下の「急性外傷ヘルニア」(12頭)の生存率が83.

次の

猫の横隔膜ヘルニアの手術を徹底解説。成功率や費用は?

猫 横隔膜 ヘルニア

「ヘルニア」とは 人間の病気としてもよく耳にする「ヘルニア」と呼ばれる病気。 猫の世界にもこのヘルニアは存在するのですが、一言でヘルニアと言っても「鼠径ヘルニア」や「臍ヘルニア」など、他にもいくつかの種類があります。 幸い、猫がヘルニアになる確立は、犬のヘルニアに比べると低いと言われていますが、このいくつか種類のあるヘルニアの中でも、猫が特に発症しやすいと言われているのが「横隔膜ヘルニア」と呼ばれるヘルニアです。 この ヘルニアと呼ばれる病気は、通常であれば収まっているはずの臓器等が、体の「隙間」となる部分に押し出された状態になる病気で、「出べそ」とも呼ばれる臍ヘルニアや、「脱腸」で知られる鼠径ヘルニアなどに見られるように、臓器が飛び出してしまっているのが特徴となる病気です。 猫に多く見られる「横隔膜ヘルニア」とは ヘルニアの症状は、飼い主自身も見て取れる状態になるので、普段から愛猫とコミュニケーションを取っていれば気が付くことが出来るとおもいますが、ヘルニアの症状を放おっておいてしまうと、命の危険にもなりかねない状態になる事があります。 前述の通り、 ヘルニアにはいくつかの種類があります。 その内の一つの横隔膜ヘルニアの特徴は、横隔膜が裂けてしまい、腹部に収まっている臓器が胸腔内へと押し出されるヘルニアです。 猫の体内では、「胸腔(きょうくう)」と呼ばれる肺や心臓を収めている部分と、「腹腔(ふっくう)」と呼ばれる胃や腸が収まっている部分があります。 そして、この胸腔と腹腔を筋肉の膜で隔てているのが「横隔膜」と呼ばれるものです。 横隔膜ヘルニアは、この横隔膜が裂けてしまうことで発症するのです。 呼吸が苦しくなる症状 横隔膜が裂けてしまい、臓器が胸腔内へと内臓が押し出されてしまうと、他の臓器を圧迫してしまう事になります。 呼吸するのにも欠かせない臓器のひとつに肺が挙げられますが、この肺にも圧迫が加わってしまうこととなり、思うように呼吸をすることが出来ず、呼吸が苦しくなる等の症状が見られるようになります。 肺が圧迫されているために呼吸も苦しく、思うように体に酸素を取り込めなくなってしまうため、必要以上に動くのを嫌がったりといった様子も見られるようになるでしょう。 子猫の段階であまりに活動的でない場合には、横隔膜ヘルニアを疑ってみても良いかもしれません。 こうした症状に加え、子猫である場合には発達障害といった症状も見られるようになります。 スポンサードリンク 横隔膜ヘルニアの症状 猫の横隔膜ヘルニアの症状ですが、上記に挙げたような呼吸が苦しいと言った症状の他にも、食欲の減退や体重の減少、さらには下痢や嘔吐といった症状も見られる場合もあります。 横隔膜ヘルニアは、横隔膜の裂け具合によっても症状が変わり、わずかに裂けている程度であれば無症状の場合もあります。 しかし、あまりにも穴が大きく開いており、臓器への圧迫が強くなることで、その症状も重症化してしまいます。 具体的には上記に挙げられた症状以外にも、神経症状を伴う場合やショック症状、場合によっては心肺停止に陥る可能性も否めません。 このように、横隔膜ヘルニアは穴の大きさによっても、その症状の大小が変わってくるため、十分に注意する必要があります。 ヘルニアを引き起こす原因とは では、なぜヘルニアの症状は引き起こされてしまうのでしょうか。 その原因も様々あり、事故や強い衝撃、他の病気などによってダメージを受けてしまうことで裂けてしまう場合や、先天的な要因でヘルニアを引き起こしてしまう場合があります。 中でも、猫に多く見られるのが外傷によるヘルニアで、 1歳未満のやんちゃ盛りの猫が活発に遊んでいる時や、高い所に登って落下してしまった際にダメージを受けるなど、元気に遊び回るがゆえに、事故が起きてしまうケースが多く見られるようです。 先天的な要因による横隔膜ヘルニアには、ヒマラヤン等の長毛種の猫に多く見られると言われており、遺伝的な疾患が懸念されています。 なお、長毛種の猫が持っているケースが多い事は言えますが、猫種が全てではありませんので、どの猫種でも起こり得るという事を意識しておくようにしましょう。 横隔膜ヘルニアの治療について 横隔膜ヘルニアの治療に関してですが、前述の通り、ヘルニア部分が小さく症状が無いような状態であれば、特別な措置を取らずに、様子を見ていくといった措置になります。 実際にヘルニアに対する措置が取られる場合には、明らかに呼吸が苦しそうといったように、症状を発している場合に行われます。 特に、ヘルニア部分が大きかったり、症状が重症である場合や、猫が弱年齢である場合には、外科手術によって横隔膜を修復させる手術が行われます。 また、 ケガをしてすぐの状態や、命に関わるような状態に置かれている場合には、猫の救命措置を優先的に行い、猫が安定してきた時に横隔膜を修復させる手術を行います。 手術しない内科治療は? 手術に抵抗がある場合には、内科治療という方法もありますが、先天的なヘルニアである場合がほとんどとなるでしょう。 さらに、症状が見られないようであれば経過観察となる場合が多く、内科治療を施すとなると症状が現れ始めている場合に行われることとなります。 ただし、こうして内科治療を施しても状態が変わらないようであれば、外科手術によって治療を行う必要があります。 この場合の状態はあまり良いとは言えませんので、早急に処置する必要があるでしょう。 また、 外傷性ヘルニアである場合では、症状が見られてからすぐに手術を行なうのは危険と考えられており、1週間以上開けてから、ある程度症状が落ち着いてからの手術が行われます。 これは死亡率に関係しているためで、手術の影響が大きいと、猫が耐えられない場合が多いと考えられています。 ただし、1年以上開けるのも危険と言われており、この場合には臓器同士が癒着してしまうため、手術の成功率が下がってしまうことで死亡率が上がってしまう事が原因となります。 スポンサードリンク 横隔膜ヘルニアの手術に係る費用は? 猫の横隔膜ヘルニアを治療する際には、手術になるとおおよそ20万〜30万円前後ほどの費用が発生してくるでしょう。 もちろん、動物病院よっても違いはありますし、症状によっても価格の前後は発生してきますので、あくまでも参考値として考えて下さい。 また、症状があまり重くはなく、経過観察で済むようであれば、検査費用だけで住む場合もあり、高くても数万円程度で済むでしょう。 手術となると、手術費用に加え、入院に係る費用も発生し、術後の通院費用も発生してきます。 先天的な要因である場合には、ある程度は仕方もありませんが、外傷性ヘルニアである場合には、家庭内で同じような事態にならないよう、十分に気をつけるようにしましょう。 まとめ 特に猫に多く見られる横隔膜ヘルニア。 猫の行動を考えてみると、なるほどと思ってしまう原因が挙げられますが、愛猫が横隔膜ヘルニアになってしまわないよう、こうした事故などが自宅内で起きないような環境作りをすることが大事になります。 とはいえ、 猫は色々な場所へと移動しようと挑戦してしまいがち。 そのため、本当に危なそうな部分へは入れないようにする工夫や、着地する床に絨毯などを敷いて、少しでも衝撃を和らげるなどの工夫が必要になるでしょう。 先天的な原因である場合には、避けることはできませんが、日頃からしっかりと愛猫とコミュニケーションを取っていれば、ちょっとした様子の変化にも気が付くことができる可能性もありますので、日頃から愛猫の健康チェックも兼ねて、スキンシップを計るようにしてみましょう。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の