セキスイ ハイム 外壁。 [mixi]タイル外壁の色は皆さん何色?!

セキスイハイムの「タイル以外」普通の外壁(レリーフ外壁)価格・色・性能の紹介

セキスイ ハイム 外壁

積水ハウス・セキスイハイム宅の外壁塗装をお考えの方へ 積水グループの外壁塗装を検討した場合は構造によって塗装方法が異なってきます。 積水ハウスは鉄骨住宅工法の代表は外壁にダインコンクリートを使用した「イズ・ステージ」、木造住宅工法の代表は外壁にボードを使用した「シャーウッド」です。 セキスイハイムは鉄骨住宅工法の代表は陸屋根の「パルフェ」や「デシオ」、傾斜屋根の「ドマーニ」、木質系住宅工法は「ツーユーホーム」や「グランツーユー」です。 積水ハウス・セキスイハイムの建物構造によって施工箇所、施工方法、適した塗料も変わってきます。 豊富な実績をもったアイセイ堂が積水ハウス・セキスイハイムの建物にあった外壁塗装のご提案をいたします。 こんな状況になったら外壁塗装が必要です セキスイハイムの外壁ジョイント部はパッキンにて施工されており、パッキンが経年劣化で浮いてきています。 積水ハウスの外壁ジョイント部に施工されているシーリングが劣化でひび割れが発生したり、痩せて隙間が発生したりしています。 外壁が劣化すると撥水効果がなくなるので、雨や日差しの影響ででボードが劣化しひび割れが発生する場合があります。 積水ハウス外壁のダインコンクリートも定期的なメンテナンスを怠るとひび割れが発生してしまいます。 屋上防水と外壁の取り合いにあるシーリング劣化は漏水の一番の原因になります。 屋上に施工されている塩ビシート防水も経年劣化でシート自体が硬化し、柔軟性がなくなってくるので破断したりしやすくなります。 塩ビシート防水が裂けてしまったら、必ず室内に漏水してしまいます。 丈夫なセメント瓦もメンテナンスをしないと塗膜の劣化で撥水性能がなくなり、瓦のひび割れが発生することもございます。 北側の日当たりが悪い場所やお風呂の窓が近く湿気がある場所はコケやカビが発生しやすい場所になります。 日当たりの良い玄関扉は日差しや雨風によって劣化します。 積水ハウス・セキスイハイムで外壁塗装をするメリット 積水ハウス・セキスイハイムが自社で設計施工しているので、構造もしっかりと把握し、オリジナルの部材(外壁材や屋根材や設備等)や部品を在庫しているので新築時と同等のメンテンナンスが期待できる。 定期的な点検をしてくれて保証等のアフターフォローがしっかりとしている。 積水ハウス・セキスイハイムで外壁塗装をするデメリット やはりたくさんのお客様から聞く声ですが「リフォーム費用が高くてビックリした!」ということです。 アイセイ堂が提案する見積金額の2倍以上の場合もございます。 さらに他社で施工した場合は保証できないと言われるようですが、外壁塗装は構造を変える工事ではないので地震等で建物に不具合がでるものではありません。 あくまでも外壁塗装の保証項目は「塗膜剥離」、「塗膜膨れ」、「急激な変退色」のどれも構造には関係のないものばかりです。 アイセイ堂で外壁塗装をするメリット 「外壁塗装金額が半額に!!」 積水ハウス・セキスイハイムの外壁塗装や防水工事の施工実績が豊富にあるのでお客様にあったプランをお値打ちにご提案いたします。 ハウスメーカーが提案する外壁塗装のプランは1~2パターンのケースが多いですが、アイセイ堂ではお客様の建物に適した塗料を選択し、シリコン塗料・ふっ素塗料・無機塗料・多彩模様塗料・光触媒塗料・遮熱塗料・防水塗料等の豊富なプランをご提案いたします。 保証期間も塗料の種類によって異なりますが5~10年の保証書を発行し、塗装トラブルが発生しやすい塗装後1~2年の間に定期点検も実施しております。 また、保証期間が満了した後でも気になることがありましたら現地確認した上でしっかりと対応いたしますのでアフターフォローも万全です。 アイセイ堂で外壁塗装をするデメリット 弊社の外壁塗装職人には限りがございますので、繁忙期には外壁塗装開始時期をお待たせする場合がございます。 アイセイ堂は名古屋本社なので愛知・岐阜・三重の東海3県(一部エリアでは対応不可あり)のみの対応となっております。 積水ハウス・セキスイハイムの外壁塗装はここを注意! 既設のシーリングはカッターナイフで切れ目をつけて、綺麗に除去します。 外壁が汚れないようにマスキングテープで養生した上で、シーリングがしっかりと密着するようにプライマーを塗布します。 一番耐久性のある最上級グレードノンブリードタイプ変性シリコンシーリングを充填し、ヘラで押さえて仕上げます。 パッキン部分は密着しづらい箇所なので、通常の下塗りを塗装する前に特殊プライマーを塗装し、密着力を高めておきます。 アイセイ堂で使用する下塗りは通常の下塗りより密着力と弾性力のある特殊弾性フィラーを使用しております。 幕板やシャッターBOXは塩ビ鋼板下地の場合が多いので、そのまま塗装するとべたつきがでる場合があるので必要に応じて塩ビゾルウレタンプライマー塗装します。 多彩模様仕上げに使用する下塗りは色つきの微弾性フィラーなので弾性力があるので軽微なひび割れから外壁を守ってくれます。 多彩模様仕上げは吹付塗装にて仕上げていきます。 多彩模様仕上げは高級感ある質感と色褪せがしにくい耐久性抜群の仕上げになります。 セキスイハイムのツーユーホームに使用している外壁塗料は弾性塗料の為、塗り替えする時は塗料の選定が重要になってまいります。 塩ビ鋼板屋根は劣化で塩ビ被膜が剥がれてくる前に錆止め塗装を実施した上で上塗りで仕上げます。 セメント瓦は塗膜剥離が発生しやすい下地なのでしっかりとした高圧洗浄と下塗りプライマーの選定や塗装の仕方が重要です。 屋根に塗装する塗料は遮熱効果のある塗料で塗装することをお勧めします。 遮熱塗料を塗装する事によって耐久性のアップと室温低下が期待できます。 陸屋根防水層に不具合(破断、膨れ、剥がれ等)が発生した場合は漏水する危険が非常に高いので塩ビシート防水でしっかりと防水工事を実施します。 現状漏水していないベランダ防水は塩ビシート防水の重ね張りにて施工し、防水の2重張りで防水性能を高めます。 ベランダの塩ビシート防水が完了しましたら歩行板を元通りに復旧いたします。 ベランダの樹脂床材を撤去した上で屋根塗装を実施した後に樹脂床材を復旧します。 樹脂床材が破損していた場合は新設で樹脂床材を張り戻します。 破損せずに汚れている場合は既設樹脂床材を復旧した後に塗装する場合もございます。 玄関扉に塩ビシートを張ることによって新築時の扉と同様に綺麗になります。 玄関扉はフィルムを張り、玄関扉枠は塗装すると玄関扉を交換した場合よりはるかにお値打ちに新築時と同様の玄関扉に仕上がります。

次の

【実録】セキスイハイムのレジデンスタイルを選んだ結果・・・

セキスイ ハイム 外壁

こんな塗料を使っています。 とはいえ、セキスイハイムの外壁塗装は一般的な塗装に比べると耐久性が高いことに定評があります。 なぜかというと、紫外線に強い高耐久性タイプの塗料を使っているから。 しかも、セキスイハイムの各部の材質に合わせて塗料を使い分けているので、密着性も高く長持ちするんです。 (外壁塗装の回数の目安は、60年で3~4回) ちなみに、セキスイハイムで使われている塗料は大きくわけて次の2タイプで、いずれも耐久性を重視した配合となっています。 アクリルシリコン樹脂 シリコン(ケイ素)を含んだ塗料。 サイクルは10~15年。 フッ素樹脂 蛍石に含まれるフッ素を配合した塗料。 サイクルは15~20年。 セキスイハイムにお願いするのがやっぱり安心? ただ、セキスイハイムで外壁塗装は高い! 一般的な塗装業者の費用と比べると、2倍以上になるという説もあります。 そのため、あえてセキスイハイムには依頼せず他の塗装業者にやってもらうというオナーさんもいますね。 外壁塗装なら構造には影響がないので、それで建物の耐震性が落ちるとかいう心配もないでしょうから…。 しかし、上述したようにセキスイハイムの外壁塗装は部位によって塗料を使い分けています。 例えば、外壁パネルの継ぎ目のガスケット部分には専用の下塗り塗料を施すことによって塗料の密着性を高めているんですよ。 自社で建てた家ですからその性質はどこの業者より熟知しているわけで、外壁塗装もその家に合ったベストな施工をしてくれるはず。 結果的に、新築さながらの仕上がりが期待できるというわけです! また、他社で外壁塗装をしてもらうと建物本体の保証が継続できなくなることもありますので、やはりセキスイハイムで建てた家の外壁塗装は同社にやってもらうのが理想的。 他社でも「セキスイハイムのことを知り尽くしている」と言い張る業者もありますが…、すぐに劣化して塗りなおす羽目になるのも困りますし私だったらやっぱりセキスイにお願いしますね。 セキスイハイムの外壁メンテナンス。 ベストな時期と内容は? 外壁劣化のメカニズムを知ろう セキスイハイムの家は長持ちすると言われていますが、それでもやっぱり経年劣化は免れません。 例えば、外壁の表面ではこんな変化が!• これを「チョーキング」といいますが、こうなったら早めのメンテナンス(外壁塗装)が必要。 他にも、外壁の表面にヒビが入ったり藻が生えて緑色になったりしているようならメンテナンスの時期がきているということです。 ベストなメンテナンスのタイミングは? では、こういった現象は何年おきにやってくるのでしょうか。 その「メンテナンスの時期」を測る上で参考になるのが、塗料の耐久年数です。 セキスイハイムでは、部位別の素材に合わせた塗料を使って外壁をメンテナンスしていきますが、塗料の耐久年数はアクリルシリコン樹脂塗料が10年~15年。 フッ素樹脂塗料は15年~20年なので、だいたい10年~15年に1回の外壁メンテナンスが必要だということですね。 傷みが下地にまで及ばないうちにメンテナンスすることが塗装を長持ちさせることにつながりますので、「そろそろかな」という初期症状が表れ始めたら早めのメンテナンスをオススメします。 いっそ、こんな楽しみ方も! とはいえ、ただ同じ塗料を塗るだけではつまらない! せっかくお金をかけてメンテナンスするのだから、なにかしらバージョンアップさせられたらいいのに…なんて思う方も多いんじゃないでしょうか。 家も、10年もすればちょっと飽きてくる頃でしょうからね。 それなら、塗料の色を変えて外観の模様替えを楽しんでみてはどうでしょうか。 セキスイハイムの公式サイトではいくつかのバリエーションが紹介されていて、実際の施工事例もBefore&After で掲載されています。 シングルトーン 外観全てを同じ色で塗ります。 レギュラーツートーン 外壁色を建物の上下で塗り分けます。 アクセントツートーン 玄関ポーチやバルコニーなど、ポイントで塗り分ける方法です。 個人的には、10年くらいの周期でこうやって外壁のイメチェンを楽しむのもステキかなと思います。 (もちろん費用のことは気になりますが…) せっかく長持ちする家を建てるんですから、マイホームへの愛も長~くキープしたいところ。 人と家の関係にも「マンネリ」は危険ですからっ!.

次の

セキスイハイム「パルフェ」の外壁材はどれが人気?【2019】

セキスイ ハイム 外壁

積水ハウス セキスイハイムの外壁塗装、外壁塗り替えとは -種類- 言わずと知れた最大手ハウスメーカーでもともとは積水化学工業を母体としていますが積水ハウスとセキスイハイムは別会社です。 イズステージやシャーウッドに代表されるラインナップを持つ積水ハウスとパルフェやドマーニ、ツーユーホームを主軸とするセキスイハイムですがいずれも鉄骨系建物と木質系建物に大別されます。 建物のシリーズによって工法が異なりますが特徴的な部分以下の通りまとめてみました。 基本的には一般的な外壁塗装で問題ありませんが注意点がいくつかありますので確認してみてください。 ページの最後に実際に当社で行った積水ハウスやセキスイハイムの外壁塗装やカバー工法の施工事例も掲載しています。 クリックしていただくと工事の手順が時系列で掲載されていますのでこちらも是非ご覧ください。 屋根が瓦の場合、屋根のメンテナンスは必要ないと見送られる方が多いのですが、差し棟の塗装と釘(パッキン付き)の打ち直し、が必要となることが多く見受けられます。 経年劣化と共に差し棟が色褪せ、パッキン付きの釘はパッキンが紫外線劣化によってボロボロとなっていますので新しい釘に打ち変えるか、釘頭にシーリングを打ち紫外線から保護することが最善策です。 屋根材自体は陶器製ですのでメンテナンスの必要はありませんが棟板金は塗装が必要です。 差し棟板金のビス(固定ねじ)が浮いています。 新しいものに取り換えるか増し締めをします。 錆が出ている部分についてはケレン作業(錆を削り落とす作業)をし棟板金を留めて いる固定ねじや釘などが確実に効いているかを確認します。 赤い色に塗られている部分が錆止めプライマーです。 錆止め効果はもちろんのこと密着性も高いことが特徴です。 錆止めと相互に仕上げ塗装を行います。 通常は2回仕上げです。 屋根は紫外線劣化が早く進むため高耐久塗料で塗装することをお勧めします。 屋根瓦に塗料がつかないように棟板金周辺にマスキングテープを貼り(黄色いテープ部分)棟板金を塗装 します。 外観から一見すると屋根はメンテナンス不要に見えますが、棟板金は塗装と固定金具の取り換えや補修が必要となります。 錆が発生してからですと取り換えの必要も出てくる可能性があるため、外壁塗装と同時にメンテナンスを行いましょう。 そうした場合は、浸透系シーラーを塗布して雨水の侵入防止を行う必要があります。 ベランダのサイディング、水切り上部のクラック(ひび割れ)の状況です。 ベランダのサイディング、ジョイント目地部分の端部破損状況です。 1階部分基礎上部にみられるクラックの状況です。 非常に細いヘアクラックですが複数あることも。 外壁サイディングの横目地部分全体に大きくひび割れが生じています。 ヘアクラック(細いひび割れ)の場合は浸透シーラーと言って専用の下地処理剤をしっかりと塗布することで、この後に行う外壁塗装の仕上げ材塗布後にクラックの跡が出ないようにします。 クラックが大きな場合はあえてクラックの幅を広げるVカット処理を行った後、シーリングやパテ材などで補修をした後、外壁塗装を行うことでクラックからの雨水の侵入を防ぎ、クラック跡を目立ちにくくします。 外壁塗装の工程に進む前にこうした細かなところをチェックし、必要に応じた処置を施すことが大切です。 こうした症状が出ている場合、雨漏りのサインとなっているケースもありますので注意深く建物診断を行う必要があります。 ベランダや玄関ドアは南面に設置されることが多いため紫外線劣化が早く進んでしまいます。 金属製玄関ドアの色褪せの状況です。 南側玄関ではほとんどの建物にみられる現象です。 ベランダの笠木部分が激しく白化しています。 手すり部分も同じような現象が起きています。 少しわかりにくいですが専用の下地処理剤を用いて新築時とほぼ同じ色で塗装しました。 白化していた笠木や手すりも溶剤系のフッ素塗料を用いて塗装を行いきれいに仕上げました。 適切な下地処理剤を塗装したうえで塗装工事に進みます。 場合によってはタック(べたつき)が残る場合もありますのでプライマーや仕上げと材の選定には気を付けましょう。 このように紫外線が当たりやすい部分には剥離が多く見受けられます。 高圧洗浄やスクレーパーを用いて塩ビシートをはがしていきます。 こうした下処理を行った後塗装工程に入っていきます。 下地が平滑にっと乗った状態になった後仕上げ塗装に進んでいきます。 仕上げ塗装の2回目を行っている状況写真です。 このような手順を踏まえることで耐久性の高い塗装工事が可能となります。 その中で当社で施工した外壁のカバー工法の事例をご紹介します。 ハウスメーカーの施工より20%ほど金額的に安く施工できたこともありお客様には大変喜ばれました。 施工前の状態です。 工事完了の状態です。 既存の色合いをそのままにというご希望であったため、写真ではわかりにくいのですが外壁全体にカバー工法を施工しています。 もちろん屋根や付帯部には塗装をしており、ベランダ部分にはアルミテラスを設置いたしました。 こちらの案件の詳しい施工事例は別ページにございますのでをご覧ください。 セキスイハイム・積水ハウスの屋根外壁塗装についてのお問い合わせは リフォームスタジオニシヤマまで。 外装リフォームをお考えの方におすすめ情報.

次の