春 お 彼岸 いつ。 お彼岸のお墓参りはいつ行く?お供えやお参りの意味も解説

お彼岸のお墓参り、いつ行く?時期やマナーを解説

春 お 彼岸 いつ

「暑さ寒さも彼岸まで」。 春めくなかでお彼岸を過ごし、花見の季節へ移っていきます 2020年の春分は、3月20日~4月3日です。 春分は、季節の移り変わりを知るための二十四節気のひとつで、約15日間ごとに24に分けられています。 二十四節気は期間なので、春分(二十四節気の第4)から清明(二十四節気の第5)までの期間をさし、毎年3月21日頃~4月4日頃にあたります。 また「今日は春分です」のように各節気に入る日をさす場合もありますが、春分の場合は、国民の祝日「春分の日」になっています。 なお、日付は固定されているわけではなく年によって変わります。 二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、1日程度前後することがあるからです。 二十四節気では、春分の前は、土の中で冬ごもりしていた虫たちが活動を始める頃という意味の「啓蟄」、春分の次は、万物が清らかでいきいきとする「清明」となります。 春分の日は、二十四節気の春分に入る日をさしていて、太陽が春分点を通過した日が春分の日となります。 太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになりますが、実際には昼のほうが14分程長いそうです。 また、春分の日は彼岸の中日であり、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の、国民の祝日になっています。 春のお彼岸の過ごし方 春分の日を中日とした前後3日、合計7日間を 彼岸といいます。 秋にも秋分の日を中日とした彼岸があるため、春のお彼岸(春彼岸)、秋のお彼岸(秋彼岸)などと呼び分けることもあります。 お彼岸といえば、お墓参りをする風習がありますが、その理由は、太陽が真東から昇って真西に沈むため、西にあるとされるあの世と東にあるとされるこの世が最もつながりやすいと考えられているからです(詳しくは「」で解説)。 また、春のお彼岸には「ぼたもち」を食べますが、この頃に咲く牡丹の花にちなんで命名されました(詳しくは「」で解説)。 春分の初侯・次侯・末侯 二十四節気をさらに3つに分けた 七十二侯は、春分の間にこのように移り変わります。 いつも身近にいる鳥としてお馴染みの雀は、枯れ草やわらなどを集めて巣をつくります。 この時期、草木の葉が伸び、雀が隠れてしまうほどになることを「雀隠れ」といいます。 花といえば桜をさすほど日本人に愛されてきた桜。 「花冷え」「花曇り」「花筏」「花あかり」など、桜にまつわることばもたくさんあります(詳しくは「」で解説)。

次の

お墓参りはいつ行けばいい?行くべき時期と時間について解説します!|終活ねっとのお墓探し

春 お 彼岸 いつ

お彼岸の時期はいつ?墓参りをする理由や「暑さ寒さも彼岸まで」というのはなぜ? お彼岸とは、春分の日と秋分の日を中日とした前後3日、合わせて7日間をいい、雑節(二十四節気、五節句以外の特別な暦日)のひとつです。 彼岸には、3月の春彼岸と9月の秋彼岸があり、 春分の日(3月21日頃。 その年により変動)、秋分の日(9月23日頃。 その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。 また、最初の日を彼岸入り、彼岸の入りと呼び、最後の日を彼岸明けと呼びます。 「お彼岸」という言葉や「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句は知っていても、いまいちピンとこない方も多いでしょう。 そこで、いまさら聞けないお彼岸のいろはを解説します。 2020年のお彼岸はいつ?3月・9月の彼岸入り、彼岸の中日、彼岸明け 太陽が真西に沈むとき、西のあの世(彼岸)と東のこの世(此岸)が最も通じやすくなると考えました 春分と秋分は、 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。 仏教では、 生死の海を渡って到達する悟りの世界・あの世を 彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界・この世を 此岸(しがん)といいます。 そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。 彼岸の中日ではなく、彼岸明けに墓参りをしてもいいの? お彼岸のお墓参りは、いつ行けば良いのか迷う方も多いようですが、彼岸の期間であれば、どの日にお墓参りをしてかまいません。 彼岸の中日は祝日ということもあり、お墓参りに行く方が多いのですが、彼岸の最終日となる彼岸明けにお墓参りをしても問題はないのです。 大切なのは、ご先祖様や故人を大切にするこころ。 ご自身の都合のよい日にお墓参りをするとよいでしょう。 お彼岸の由来とは? お彼岸は日本独自の行事 お彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事です。 日本では、正月など神道にまつわる行事を行う一方、仏教を説いた釈迦の教えも受け入れてきました。 お彼岸は「日願」でもあるため、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかったという説もあります。 また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。 彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。 祝日法による趣旨はこのようになっています• 春分の日……『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』• 秋分の日……『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』 お彼岸に供える花 秋彼岸を過ぎると太陽の出番が少なくなり、暑さも和らぎます。 春はこの逆ですね 春分と秋分は、いずれも二十四節気のひとつで、暦の上では春と秋の中間地点となります。 そして、春分と秋分に昼と夜の長さがほぼ同じになり、春分以降は昼が長く、秋分以降は秋の夜長に向かいます。 暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのですが、厳しい残暑や寒さも目処がつくため、 「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。 また、お彼岸は迷い、悩み、煩悩に惑わされている人間が、悟りの世界と通じるときでもあります。 自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になるよ……「暑さ寒さも彼岸まで」には、励ましの意もあったのです。

次の

2020年・令和2年のお彼岸はいつからいつまで?春のお彼岸・秋のお彼岸

春 お 彼岸 いつ

お彼岸にお墓参りに行く理由 最初にお彼岸にお墓参りをする理由についてです。 お彼岸とは何か お彼岸は、 春分の日・秋分の日とその前後3日間の期間を言います。 春分の日と秋分の日は、太陽が真東から上り真西に沈む日です。 「彼岸」という言葉自体は、仏教用語で浄土のことです。 私たちがいる「此岸(しがん)」から煩悩を脱して悟りの境地に至ることにより、仏様のいる「彼岸」に行くことができます。 お彼岸は、真西に沈む太陽を拝むことで西方浄土に思いを馳せ、仏門の修行に励む期間とされていました。 ですが、お彼岸は日本古来の祖先信仰の影響で、祖先供養の行事としても認識されるようになりました。 現在では、お彼岸にはお墓参りをして、祖先の供養をするのが慣習となっています。 お彼岸のお墓参りに行かないのはダメ? お彼岸だからと言って 必ずしもお墓参りをする必要はありません。 根本的にお彼岸は仏門の修行に励む期間であり、その意味合いであればお墓ではなくお仏壇にお参りしてもいいでしょう。 また、お彼岸を祖先供養として考えた場合も、必ずしもお墓参りは必須ではありません。 供養に大事なのは形式ではなく気持ちです。 都合がつかなかったり気が乗らなければ、お墓まで行かずとも家で故人や祖先に思いを馳せるだけでもいいでしょう。 春と秋のお彼岸の違いは? 春彼岸と秋彼岸に根本的な違いはありません。 そもそも、太陽が真東から真西に沈む日とその前後3日間がお彼岸だと考えれば、季節は重要でないことが分かるでしょう。 違いがあるとすれば、 お供え物が変わることはあります。 お彼岸に関係なくお供えの花や食べ物は季節のものを取り入れることがあるので、その時々のものを取り入れましょう。 また、春彼岸には「ぼたもち」、秋彼岸には「おはぎ」をお供えしますが、これらはどちらも同じあんこでくるんだお餅です。 春には牡丹が咲くので「牡丹餅」、秋には萩が咲くので「お萩」と呼びます。 ただし、こしあんを使うか粒あんを使うかなど、呼び名によって実際のおもちも明確に帰る地域もあります。 なお、「 国民の祝日に関する法律」では、春分の日、秋分の日はそれぞれ以下のように規定されています。 春分の日:自然をたたえ、生物をいつくしむ。 秋分の日:祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。 参考; お彼岸のお墓参りはいつ行く? ではお彼岸のお墓参りにはいつ行けばよいのでしょうか。 お彼岸は春と秋の2回 お参りはお彼岸の時期であれば、中日でなくても構いません。 ただし、寺院の合同法要は中日に催される場合が多いので、法要に参加する場合はお参りも中日になるでしょう。 お彼岸は年に2回、春と秋にやってきます。 春のお彼岸は3月の春分の日とその前後3日間の計7日間です。 秋のお彼岸は9月の秋分のとその前後の7日間です。 春分の日と秋分の日は、前年の2月1日、国立天文台が官報にて正式発表します。 参考: 2019年のお彼岸はいつ? 2019年(平成31年/令和元年)の春分の日は3月21日、秋分の日は9月23日です。 なので、 春彼岸は3月18日(月)から3月24日(日)、秋彼岸は9月20日(金)から9月26日(木)です。 なお、2020年の春分の日は3月20日、秋分の日は9月22日です。 お参りに行く時間帯 お参りに行く時間帯について決まりはありませんが、一般的には 午前中が良いとされています。 理由の一つには、ご先祖様の用事を後回しにしてはいけないという考えに基づくものがあります。 ただし、午前中に行けなかったから行くのを諦めるよりは行った方が供養にもなるでしょう。 また、後の用事のためにお参りを焦ってするよりは、用事を終えてからゆっくりとお参りをする方がいいでしょう。 もう一つには、暗くなると足元が危なくなるということがあります。 特に山麓や山地の墓地では段差が多く、足元が暗いと転んでけがをする可能性もあります。 段差の他、側溝などがある墓所もあるので、特に照明設備が整っていないところでは明るいうちにお参りを済ませておきましょう。 彼岸明けにお墓参りしてもいい? お参りは お彼岸明けに行っても構いません。 現代日本では、お墓参りは故人や祖先を偲ぶために行く方が多いのではないでしょうか。 故人や祖先を偲ぶのに、形式にとらわれる必要はありません。 一番大事なのは気持ちです。 お彼岸はあくまでもお墓参りに行く機会程度に考えて、行きたいとき、無理のない範囲でお参りに行けばいいでしょう。 お彼岸のお墓参りのマナー ではお彼岸のお墓参りをする場合、どのようなマナーがあるのでしょうか。 お彼岸のお墓参りの持ち物は? まずお彼岸のお墓参りに持参するものは以下の通りです。 ・花 ・ロウソク ・線香 ・ライター ・水 ・ぼた餅、おはぎなどの食べ物 ・数珠 ・やわらかいスポンジまたは雑巾 仏教のお供えは 「五供(ごくう)」です。 五供とは、花、灯燭(とうしょく)、香、浄水、飲食(おんじき)を指します。 花は「仏花」として花屋やスーパーで売られています。 灯燭は、灯のことです。 ろうそくをお供えします。 香は線香または焼香をお供えします。 浄水はお水をお供えします。 水道水で構いませんので、水鉢に入れます。 飲食は食べ物をお供えします。 肉や魚を避けて、故人の好きだったものを供えましょう。 お彼岸ならぼたもちやおはぎも良いでしょう。 その他、お墓参りの際は掃除もするので、やわらかいスポンジまたは雑巾があると便利です。 たわしなどの硬いものでこすると墓石を傷つける可能性があるので注意しましょう。 お彼岸のお墓参りで供える花は? 仏前に供えるお花は仏花と呼ばれます。 白・黄・紫の3色、または 白・黄・紫・ピンク・赤の5色でそろえます。 ただし、四十九日までは白を基調にアレンジメントします。 また、お花の本数も奇数にします。 仏花の定番と言えば 菊です。 他には カーネーションなども良く用いられます。 逆に、バラのようなとげのある花、あさがおのようなツルのある花、彼岸花のような毒のある花は避けます。 いずれにしても花屋で「お供え用」と伝えればふさわしいアレンジをしてくれます。 お盆やお彼岸の季節にはスーパーにも仏花が並びますので、それを利用してもいいでしょう。 お彼岸にお布施は必要? お彼岸は多くの場合、家族だけでお墓参りをするのが一般的です。 しかし故人の最初のお彼岸など、僧侶を読んでお経をあげてもらう場合はお布施を納めることが必要です。 お布施の相場としては3万円程度ですが、これも地方や寺格によって異なるので、読経を依頼する時に確認しましょう。

次の