フィンランド の 教育 は なぜ 世界 一 な のか。 フィンランドの教育はなぜ世界一なのか(新潮新書)

学力世界一のフィンランドでは「九九」を暗記せず、「電卓」を使う(シェーン・スノウ)

フィンランド の 教育 は なぜ 世界 一 な のか

フィンランドの教育システムでは学習時間が少なく、休むときは休んでメリハリをつけて勉強するから効率的だとか。 フィンランドの教育を取り上げた記事や書籍はアメリカにも日本にもたくさんあります。 しかし、それは本当なのか、、、にわかに信じられません。 効率が上がるのは分かりますがそれで勉強量が多いアジア諸国に勝るのはなぜなのか。 出典がない記事も多い。 研究をやってるとどうも疑い深い性格になるようです。 笑 というわけでちょっと調べてみました。 最近は世界一ではない まず、国際学力比較調査なるものをPISA(Programme for International Student Assessment)という団体がやってるようですが、最近は1位ではありません。 最新の2012年の結果だと分野によって5位から12位。 2000年、2003年、2006年と1位でしたが最近は順位を落としてるようです。 ちなみに2015年の結果はで2016年12月6日に公開予定のようです。 平均値という罠 どうもフィンランドは、学力格差が少なく学力の低い人が少ないようです。 逆にめちゃくちゃ学力が高い人がいるわけではありません。 例えば以下は数学的リテラシーの結果です。 フィンランドはLevel 5(問題の難しさでレベル分けされてる)以上の割合が15%ですが、順位はドイツやポーランドより上です。 アメリカや中国のような大国だとどうしても学力格差が大きいので、平均をとるとおのずと平均値は下がります。 PISAあれこれ Wikipediaを見ると、「全参加国の平均点が500点となるように計算した点数である Stanat et al. , 2000 」とあり、「各年代間はIRT Scale Linking法(Mazzeo and von Davier, 2013)でデータスケーリングがなされている」とあります。 ということは自国の点数は常に他国との相対的な点数であるということでしょう。 つまり、例えば日本の点数が下がる理由は「日本の学力低下」「他国の学力向上」の2つがあり、日本の点数が下がった=学力低下とはいえないわけです。 ちなみにでサンプルテスト受けれます。 測定された学力とは 結局何が測定されているのか? 2時間程度のテストで総合的な学力を測定するというのはかなり難しいと思います。 答えのある統一テストだと独創性は測れません。 例えばどこかの国でPISA対策テストなんかやっていれば簡単にスコアをあげれるでしょう。 PISAの取り組みは素晴らしい一方で、こういった結果の解釈には注意が必要です。 タイトルで釣っている感が否めない どうも結果が一人歩きしている状態な気がします。 フィンランドの教育は、アジア諸国をはじめとする詰め込み式の教育と正反対のゆとり教育で学力が高いってことで注目を集めているのでしょう。 少々批判的になってしまいましたが、別にフィンランドの教育システムを否定しているわけではなく、学力世界一というのは語弊があるという話でした。 効率的に勉強するシステムは魅力的だし、見習うところは多くあると思います。

次の

『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』岩竹 美加子 新潮文庫|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

フィンランド の 教育 は なぜ 世界 一 な のか

フィンランドの教育システムでは学習時間が少なく、休むときは休んでメリハリをつけて勉強するから効率的だとか。 フィンランドの教育を取り上げた記事や書籍はアメリカにも日本にもたくさんあります。 しかし、それは本当なのか、、、にわかに信じられません。 効率が上がるのは分かりますがそれで勉強量が多いアジア諸国に勝るのはなぜなのか。 出典がない記事も多い。 研究をやってるとどうも疑い深い性格になるようです。 笑 というわけでちょっと調べてみました。 最近は世界一ではない まず、国際学力比較調査なるものをPISA(Programme for International Student Assessment)という団体がやってるようですが、最近は1位ではありません。 最新の2012年の結果だと分野によって5位から12位。 2000年、2003年、2006年と1位でしたが最近は順位を落としてるようです。 ちなみに2015年の結果はで2016年12月6日に公開予定のようです。 平均値という罠 どうもフィンランドは、学力格差が少なく学力の低い人が少ないようです。 逆にめちゃくちゃ学力が高い人がいるわけではありません。 例えば以下は数学的リテラシーの結果です。 フィンランドはLevel 5(問題の難しさでレベル分けされてる)以上の割合が15%ですが、順位はドイツやポーランドより上です。 アメリカや中国のような大国だとどうしても学力格差が大きいので、平均をとるとおのずと平均値は下がります。 PISAあれこれ Wikipediaを見ると、「全参加国の平均点が500点となるように計算した点数である Stanat et al. , 2000 」とあり、「各年代間はIRT Scale Linking法(Mazzeo and von Davier, 2013)でデータスケーリングがなされている」とあります。 ということは自国の点数は常に他国との相対的な点数であるということでしょう。 つまり、例えば日本の点数が下がる理由は「日本の学力低下」「他国の学力向上」の2つがあり、日本の点数が下がった=学力低下とはいえないわけです。 ちなみにでサンプルテスト受けれます。 測定された学力とは 結局何が測定されているのか? 2時間程度のテストで総合的な学力を測定するというのはかなり難しいと思います。 答えのある統一テストだと独創性は測れません。 例えばどこかの国でPISA対策テストなんかやっていれば簡単にスコアをあげれるでしょう。 PISAの取り組みは素晴らしい一方で、こういった結果の解釈には注意が必要です。 タイトルで釣っている感が否めない どうも結果が一人歩きしている状態な気がします。 フィンランドの教育は、アジア諸国をはじめとする詰め込み式の教育と正反対のゆとり教育で学力が高いってことで注目を集めているのでしょう。 少々批判的になってしまいましたが、別にフィンランドの教育システムを否定しているわけではなく、学力世界一というのは語弊があるという話でした。 効率的に勉強するシステムは魅力的だし、見習うところは多くあると思います。

次の

岩竹美加子 『フィンランドの教育はなぜ世界一なのか』

フィンランド の 教育 は なぜ 世界 一 な のか

権威主義や国家主義など左翼による日本批判の常套句を強引に日本の教育制度に結びつけた日本叩きのバイブル。 そもそも500万人ほどの小国で尚且つ4割が職業学校に進学するフィンランドに於いて極少数のエリートの学力平均値を採ったら高くなるのは当たり前。 同様にPISA上位常連で一都市に過ぎない上海 2400万人 と比べても圧倒的に少ない。 そもそも制度論として日本と比較する以前の問題。 更にこの人は民俗学を専攻している割に文化に対する分析がデータもなければ印象操作も酷くて余りにも拙い。 そもそも多様化が進む現代に於いて自由vs規律のような単純な二項対立は存在せずどちらをデフォルトにすべきかは善悪というよりも文化的背景に基づく任意なものである。 学者の文章というよりPTAが大嫌いなおばさんの井戸端会議を文字に起こした感じの文章だった。 よく書かれた本です。 小中学校では「親をやるのは楽だった」には同感。 日本で暮らした人にとってはありがたいことが多いと思います。 以前在留邦人の手記を読んだことがありますが、小中学校では同じような感想です。 しかし、小中学校の平等主義は高校になると一変したそうです。 日本と比べても徹底した競争主義で自分の子どもを入学させるのはかわいそうだと書いていました。 (もしかしたら地域によって違いがあるのかしれませんが) ただし、日本と違って変な学歴主義はないようですから、競争を選ばない選択もあります。 ここでは競争しない子どもたち親たちが中心に取り上げられているというのが私の感想です。 きっと、ハイクラスでは違った考えもあるのではないかと思います。 欧州の中でフィンランドが特別な貧富の差がほとんどない国というわけでもないでしょうから、教育・学校を論じるならばたとえ少数であってもハイクラスの子女の動きも視野に入れなければ全体を見たことにはなりません。 そこまで取り上げての評価なら本当の「世界一」の判断ができると思います。 フィンランドの学校教育の実態を初等教育から伝える。 親としての立場から教育を論じる。 国民に教育を受ける権利・義務があるのであって、国家に教育権はない。 従って、『学習指導要領』のような法的基準はないのだ。 教育は個を育てるのが目的であって、国家の将来を担う有為な人材を育成するという日本の国家主義的・国家優先の発想はフィンランドにはない。 人口が少なく、寒冷なフィンランドでは、男女の共働きが不可欠である。 高福祉は高負担によって支えられている。 ここが日本との決定的な違いである。 フィンランドの教育水準の高さを象徴する数学教育、科学教育の内容に触れて欲しかった。 とはいえ、本書はフィンランドに居住する日本人の実体験に基づくエピソードが抜群に面白い。 お勧めの一冊だ。 著者はフィンランド在住で大学の研究者ですが、「世界一」のデーターが示されていないので、印象論になっています。 ちなみに、文部科学省のサイトを覗いてみても、もはや「世界一」と呼べるのかどうか疑問です。 それでも、日本の教育関係者らによるフィンランド詣とは異なり、現地に住む当事者による子育て体験は読みやすく感情移入できます。 目を引くのは、宗教を取らない子どものために道徳に関わることを学ぶ科目である「人生観の知識」です。 この科目は、「世界はどのようなものか」「私たちは、何を知ることができるのか」「幸福になるためには、どう生きたらいいのか」の3つの事に関わるものであり、日本の道徳教育の参考になると思います。 さらに、特筆すべきは、現在の日本にはない兵役の義務です。 学校生活と軍隊生活との落差が、国際情勢に向き合うことの厳しさを物語っています。 本書は、フィンランドの失業率の高さを軽く流し、ベーシックインカムの社会実験にも触れられていません。 「世界一」ブームも冷静に考える時期なのかもしれません。 自由であるが故の責任の重さを忘れないでいただきたいのです。

次の