ニトリ n クリック ボックス。 ニトリのインボックス活用法。収納アイデアやサイズをブログレポート!

ニトリ 簡単組立て Nクリック ボックス ワイド3段(ホワイトウォッシュ) のレビュー・口コミとして参考になる投稿69枚

ニトリ n クリック ボックス

「ニトリの開発力ってスゴイ!」と思いきや、これはスウェーデンのバーリンゲ・イノベーション社が持つ 「スリースパイン」という特許取得済みの技術だそうです。 Three spineは直訳すると「3、脊椎」となります。 おそらく凸側が脊椎のような形状をしており、厳密に言うと3アクションでハメ込むことから、そのような呼称にしたのだと思います。 バーリンゲ・イノベーション社はもともと、床に敷き詰めるフローリングをワンタッチでハメ込む「クリックフローリング」という技術を持っており、その応用として組立家具でスリースパイン技術を開発したようです。 組立家具の本場、ヨーロッパならではのイノベーションですね。 組立簡単なのに頑丈で見た目も美しい! Nクリックは動画を見る限りすごく簡単に組み立てられそうに見えます。 しかし、組立てが簡単なのに頑丈なんて、そんな都合の良い話があるわけがありません。 そこで10月の発表以降、実物を見るべくあちこちのニトリを探して回ったのですが、なかなか見つからず、ようやくニトリ伊丹駅前店でボックスタイプを発見しました。 早速、横から押してみたり上から力を掛けてみましたがビクともしません。 主観的な表現で恐縮ですが、 ニトリのとは比べ物にならないほど頑丈です。 横揺れはまったくありません。 それだけでなく、 カラボと違ってとても美しいのです。 外側からは一切、ネジが見えません。 ネジを使っていないわけですから当然とは言え、従来の組立家具とは次元が違うと感じました。 また、ネジ穴の問題だけでなく、プリント紙も上質のものを使っているため組立家具特有の安っぽさは感じられませんでした。 さらに、 裏面は化粧仕上げ。 ニトリのカラボのようにOPPテープで貼ったMDF合板むき出しではありません。 これなら間仕切りとしても使えますし、壁に寄せてもホコリが付きにくいでしょう。 棚板可動式&縦横自由に使える 優れているのはスリースパイン技術を使った外箱の構造だけではありません。 棚板はすべて可動式となっており、上写真のようにカチッとハマる構造になっています。 そのため、 横向きにしても棚板が外れることなく、仕切り板として十分機能するのです。 カラーボックスは縦横自在に使えてこそ便利だと言えますが、ニトリのカラボをはじめ、最近増えている棚板可動式のカラーボックスは横向きに使いにくいという問題がありました(ニトリのカラボは棚板をネジで固定すれば横向きでも使用可能)。 その点、ニトリのNクリック・ボックスは良くできていると思います。 ボックスレギュラーサイズはA4ファイルに最適 Nクリック・ボックスには幅43cmのレギュラーと同62cmのワイドがありますが、 レギュラーなら縦横どちらの向きでもA4ファイルを収納できて便利です。 厳密に言うとA4ファイルを収めるにはちょっと大きなグリッドですが、見た目のバランスが良いとも言えるでしょう。 なお、別売のを追加することもできます。 また、レギュラー2段にのみセット可能なというのもあるので、DIY感覚でカスタマイズして使うことも可能です。 ちなみに、ワイドは横向きにしても意味がなさそうに見えますが、天地板と棚板それぞれに穴が開いていて追加用棚板を渡せるようになっています。 価格は税別2,306円~4,621円です。 ニトリのカラボ3段が税別1,102円であることを考えると、それとほぼ同じサイズのレギュラー2段が同2,306円というのはかなり高く感じるかもしれません。 ちょうど2倍くらいになりますからね。 しかしながら、 組立てが簡単で、それでいて頑丈で、しかも見た目がはるかに美しいことを考えると、個人的には絶対にそれ以上の価値があると思います。 まさに、おねだん以上ニトリ!私はNクリックを見るまで、これほどまでにそう感じたことはありません。 というわけで何度も言って恐縮ですが、Nクリック・ボックスは組立てが簡単で、それでいて頑丈で、しかも見た目がはるかに美しい!ついでに言えば使い勝手も申し分ありません。 カラーボックスを買うつもりなら、わき目を振らずにニトリまっしぐらでNクリック・ボックスを買うべきだとさえ思います。 実物を見るまでは 2018年度グッドデザイン賞受賞というのも信じられませんでしたが、店頭で確認したらまさにそれにふさわしいとすら思いました。 これはもう、カラーボックスとは別次元の組立家具です。 組立家具の概念すら塗り替えてしまったと思います。 残念ながら、動画で紹介されていたNクリック・チェストや、新商品のNクリック・シェルフはまだ実物を見れていませんが、これらも期待できそうです。 実物を見れる機会を楽しみにしたいと思います。 大型店だとボックスはカラーボックスの売場、チェストとシェルフは書棚売場の近くだったんですね。 気づくのが遅れました。 それはさておき、チェストは値段の割りにチープでした。 IKEAののほうが良いと感じる人のほうが多いのではないでしょうか。 ただ組み立てが楽というだけですね。 シェルフのほうは横揺れがします。 ボックスと違って背板が一部しかないからでしょう。 やっぱり横揺れがすると安っぽく感じてダメですね。 というわけで、残念ながら褒められたのはNクリック・ボックスだけでした。 奥行約40cmなので、AV機器や洋服など様々なモノの収納に適していると思います。 関連記事.

次の

ニトリのNクリックなら工具無し5分で完成!一人暮らしに便利なカラーボックス

ニトリ n クリック ボックス

Contents• しかしこのNクリックは板と板をはめ合わせて組み立てていくため道具が一切いりません! 見た目がスッキリ ネジで止めないのでネジ穴がありません。 そのため家具を側面や上から見た時もスッキリきれい! 細かな部分ですがネジ穴に汚れが溜まることもなくていいですよね。 種類 ・ボックス 計8種類 ホワイトウォッシュとミドルブラウンの2色。 サイズが2段と3段の2種類。 さらに横幅のサイズがレギュラーとワイドの2種類あります。 ・チェスト 計2種類 ライトブラウンとミドルブラウンの2色展開となっています。 ・シェルフ 計6種類 高さがロータイプとハイタイプの2種類。 カラーがホワイトウォッシュ、ライトブラウン、ミドルブラウンと3種類です。 グッドデザイン賞での評価 ネジや工具を使わずにジョイントする工法を採用することで組み立てを簡便にしたこと。 ビスが家具の面に出てこないことで、今までのカラーボックスにはない家具としての質感を生み出したこと。 この2点が評価されて受賞されたようです。 確かにカラーボックスっておしゃれな家具というよりは実用面が優先される家具なのでそこに質感の良さがプラスされたことはちょっとの違いでも消費者としては嬉しいポイントですね! 時短!頑丈!誤飲防止!小さな子供がいる家庭におススメの理由 時短 道具を使わないことで時間が大幅に短縮されます。 道具の準備・確認が煩わしかったりもするのでそれをしなくて良いだけでも時短になりますよね。 めざましテレビでは通常1時間半ほどかかる組み立てが30分ほどでできていました!なんと3分の1! 3分の1の時間で組み立てられるのは忙しいお母さんにとってもかなりありがたいと思います。 力いらず 家具の組み立てって組み立てたあとかなり疲労感がありませんか? このNクリックは板と板をはめ込むとカギのように突起が出てカチッ!と固定される仕組みなので 力がいりません。 女性や一人で組み立てを行う際に手早くでき終わった後の疲労感もかなり軽減されそうです。 頑丈 棚板1枚当たりの 耐荷重が従来品の約2倍!約20kgとなっています。 その秘密は、ネジの場合ネジ部分の点で固定しているわけですが、Nクリックの場合板同士をはめ込むことで荷重を面で支えることができるからなんです。 この強いロック性により縦置き、横置きのどちらでも横揺れ、グラつきのない安定感を実現しています。 小さな子どもがいると、おもちゃを乱雑に放り込んだり、体重をかけてみたりが日常茶飯事なので頑丈さはかなりメリットだと思います。 多様性 小さなころに使っていた家具って子供がおおきくなるとともに使い勝手が悪くなったりしますよね。 こちらのNクリックは別売りの収納ボックスがピッタリ入るように設計されていたり、追加で棚板を取り付けることも可能。 キャスターをつけることもできたりと様々なニーズに対応できるようになっています。 子どもの成長に合わせて長期的に使える家具です。 誤飲防止 これが私的には最大のメリットだと感じました! 組み立てる際の道具って鋭利だったり、柄が長くて子どもには危険なものがたくさん! さらにネジなどの部品は細かくて口に入ってしまいますよね。 しかしNクリックならその心配なし!組み立て中に近づいてきても必要以上に気を張らなくていいですし、また組み立てた後にネジ外れによる誤飲の心配もいりません。 赤ちゃんの事故で一番多いと言われる 誤飲を防ぐ手段の1つでこのような家具を選ぶのもいいなと思いました。 まとめ めざましテレビで見るまで存在も知らなかった私ですが調べるとメリットの多さに驚きました。 育児をしながら合間に組み立てることもOK! 子どもがいると一番気を付けたい誤飲が防げたり、幅広いニーズに対応できるデザイン性はまさにお値段以上! カンタン!時短!頑丈! 赤ちゃんを迎えるお部屋作りの際、ぜひ候補にいれておきたい一品です。

次の

walmartwallofhonor.twubs.com

ニトリ n クリック ボックス

ニトリのカラーボックスのおすすめポイント ニトリでカラーボックスと付属品を購入しました。 カラーボックスカラボ 3段 WH 1,102円(税別) カラーボックスカラボ 追加棚板 WH 【42cm幅用】 324円(税別) カラーボックス2段・3段専用貼るだけキャスター4個入 WH 925円(税別) ニトリのカラボは、 棚板の高さを自由に変えられるところが一番のおすすめポイントです。 今まで使用していたカラーボックスは、A4サイズのファイルを立てて入れることができなくて不便に感じていましたが、ニトリのカラーボックスなら入れたいもの大きさに合わせて棚板の位置を決めることができます。 さらに棚板を1枚追加で購入し、3段のカラーボックスを4段にして使おうと思います。 移動しやすいように、テープでペタッと貼るだけのキャスターも購入しました。 ニトリのカラーボックスと組み合わせる収納グッズ カラーボックスの中の仕切りには、無印良品やセリアなどの収納グッズを使います。 STEP1 出す STEP2 分ける STEP3 しまう この3ステップで進めていきます。 STEP1 出す まずはもともと使っていたカラーボックスからすべてのモノを出しました。 STEP2 分ける デスク周りになくてもいいものは取り除きながら、大まかに種類ごとに分けたところです。 STEP3 しまう 実際にカラーボックスに収納していきます。 カラーボックスを組み立て、キャスターを付けて、無印良品やセリアの収納グッズで中を仕切りました。 ニトリのカラーボックスの収納アイデア・実例 ニトリのカラーボックスにデスクまわりのモノを収納した実例です。 カラーボックスの天板の上には、 普段よく使うものをワンアクションで取れるように収納しました。 無印良品のスチロール仕切には、普段よく使う手帳やノート、バインダーを置きました。 除菌アルコールやハンドクリームはメイクボックスにまとめています。 マスキングテープやふせん、修正テープなどのこまごました文房具はABS樹脂仕分けトレーに入れました。 カラーボックスの上段にはセリアのA4ラックを重ねて2段入れました。 下の段は未使用のコピー用紙、上段には使用後の用紙を収納します。 横に隙間が空いたので、電卓を収納しました。 幅41. 9cmのカラボには無印良品の重なるブリ材長方形ボックスが縦に2つ入りました。 右のボックスにはあまり使わないメモ帳やマスキングテープなどの文房具を、左のボックスにはネイルやリップ、おやつなどを収納しました。 (わたしはいつもネイルをパソコンデスクで塗るので、マニキュアもデスク近くに収納しています。 ) 3段目には本と、書類を収納。 ファイルボックスの中にはクリアファイルで分類した書類や、未使用のクリアファイル、ルーズリーフなどを立てて収納しました。 一番下の段はほこりが入りやいので、無印良品の引き出しを入れました。 かがまなければ手が届かず、一番出し入れをしにくい場所なので、あまり使わない外出用のポーチや三脚などを収納しました。 デスクの上は筆記用具とメモ帳、イヤホンが入ったケースのみ。 モノが少なくなってすっきりしたので、仕事もはかどりそうです。 デスク収納の3つのコツ 最後にデスクまわりを片付けるときの3つのコツをご紹介します。 使用頻度によって収納場所を分ける 同じカテゴリーのモノは同じ場所に…と考えてしまいがちですが、使いやすいデスクにするためには、同じカテゴリーのモノでも 使用頻度によって分けて収納することが大切です。 すべての文房具をデスク上に収納してしまうと、モノが多くてごちゃごちゃとした、集中できないスペースになってしまいます。 よく使うモノを引き出しやボックスの中に収納してしまうと、1日に何度も開け閉めをしなければならず、面倒になってモノを出しっぱなしにしてしまいがち。 よく使うモノほどアクション数が少なくなるように収納することが大切です。 ゴールデンゾーンを意識して収納する 人の目線から腰くらいの高さにあたる場所はゴールデンゾーンと呼ばれていて、最もモノの出し入れがしやすい高さです。 かがまなければ手が届かない下段にはあまり使わないものを収納しました。 ニトリのカラーボックスはデスクまわりの収納におすすめ ニトリのカラーボックスは天板の位置を自由に変えることができます。 A4のファイルや書類などの高さがあるものを収納したいときには、ニトリのカラーボックスがおすすめです。 無印良品や100均のアイテムを組み合わせると、こまごました小物などもすっきり収納できます。 片付けの3ステップや3つのコツなども意識して片付けをしてみて下さい。 おすすめのカラーボックス3選 ニトリ.

次の