くらしのマーケット 出店。 くらしのマーケットの口コミ・評判 | みん評

くらしのマーケット・おうちにプロの掲載料金・出店方法・評判は?

くらしのマーケット 出店

SNSなどの口コミをチェックしたところ、 ・くらしのマーケットを通じてエアコン工事を依頼したら、直前になってドタキャンされた!抗議すると業者側が逆切れ。 意識が低すぎるだろう ・くらしのマーケットで頼んだ業者、安い点は魅力だけど個人事業主って感じだった。 その分、保証なんかもしっかりしてないし、ちょっと不安に思ったな ・業者側とトラブルになっちゃった!くらしのマーケット側に相談しても全然役に立たないし、多少割高でも大手に依頼するべきだったよ といった報告が少なからず見受けられましたね。 確かに、トラブルが起こっているという噂は本当のようです。 スポンサーリンク? 万全ではないフォロー体制 リサーチを進めたところ、くらしのマーケットに出店するに当たっての審査は、「免許書と電話による本人確認のみ(個人事業主の場合)」という大変簡素なものであると判明しました。 実際に開業しているか、資格を保持しているのかといった確認は一切なく、ほぼ100%の出店者がパスできているようですね。 それゆえ掲載業者には、個人で回しているような店や経営が難しい零細企業が多く、当たりはずれがかなり激しいという実情が生まれています。 またひとたびトラブルが起きてしまっても、くらしのマーケット側の基本スタンスは「契約はお客と会社の間で締結されているので、トラブルがあった際には両者のやり取りで解決を」といった具合のため、納得できる解決策や保証が得られる可能性はかなり低いんですよ; 当然ながら良い業者とマッチングし、「安い値段でも責任ある仕事をしてもらえた!」と喜んでいる利用者もたくさんいるのですが、一部の身勝手な出店者のために全体の信用が落ちてしまうのは、残念と言うほかありません。 う~ん、これはくらしのマーケットの運営の仕方自体に問題があるような気がしてなりませんが; ということで、こちらを利用するに当たっては、出店者が信用のおける取引相手であるか否か、自らで見極めることが必須となりそうです。 小さくても良い会社と消費者を適正な価格でつなぐというシステムは、大変有意義なものだと思いますので、様々な課題が今後解決されていくことを期待したいですよね。 スポンサーリンク?

次の

くらしのマーケットの集客のしくみと出店のメリット・デメリット

くらしのマーケット 出店

でも、固定費がかからないという点は良心的かもしれません。 業者さんにとってはマイナスになるリスクがありませんからね。 ちなみに他のサービスの手数料は何パーセントくらいが一般的なんでしょう? 他のサービスの手数料と比較 メルカリの手数料 大人気のフリマアプリ「メルカリ」の手数料は売り上げの10%です。 これも結構高いと批判されてますけどね。 楽天市場の手数料 楽天市場の場合は、お店の売上規模に応じていくつかのプランから選択できるようになっています。 小規模なお店向けのライトプランの場合、 掲載料 月額約6万円〜約50万円 予約手数料 2% 手数料は安いです。 でも、掲載料の月額がめちゃくちゃ高い! 検索結果で上のほうに表示してもらうためには、月額で何十万円も掲載料を支払う必要があるようです。 こうして他のサービスと比較してみると、やはり月額の固定費がないサービスは手数料が高く、手数料が安いサービスは月額の固定費が高いということがわかりました。 結局、手数料がサービス利用料に上乗せされているのでは? くらしのマーケットは、お客さん側は手数料がかからないので安心だと説明しましたが、やっぱり手数料の分だけ料金が高く設定されているのでは・・・?という気がしてしまいますよね。 たとえば直接依頼すれば「1万円」のサービスでも、くらしのマーケットに掲載するときは「1万2000円」と掲載してあるとか。 だとしたら損したみたいでちょっと悔しい。。。。 でも、もしそうでないなら、そんなに手数料をとられるのに、庭木1本の剪定なんてお願いしたら気の毒かな・・・なんて思ってしまいます。 お客さん側がそんなことまで心配する必要はないかもしれませんが。 でも、いろいろ考えてみて感じたのですが、サービス業者さん側は新規のお客さんをゲットするために、DMを送ったり、チラシを作ってポスティングしたり、雑誌などに広告を掲載したり・・・と 何らかの広告費が必要なわけですよね。 それと同じように考えると、くらしのマーケットは新規のお客さんをゲットするための場です。 最初は手数料を取られてあまり利益がないかもしれないけど、サービスを気に入ってもらえたら、くらしのマーケットを通さずに直接何度もリピートして利用してくれるはず。 だってそうですよね。 お客さん側の心理としては、 最初はどうやって良い剪定業者さんを探せばいいのかわからないから、くらしのマーケットで口コミや評判、料金を比較して予約します。 でも 一度お願いした剪定業者さんが気に入ったら、次からは直接連絡してお願いしますよね。 その方が手っ取り早いですし。 業者さん側が、くらしのマーケットの手数料を、新規顧客を獲得するための広告費だと考えているなら、手数料分をサービス料金に上乗せするようなセコいことはしないのでは?という気がします。

次の

くらしのマーケットの評判を調査!トラブルが多発って本当?

くらしのマーケット 出店

この記事の目次• くらしのマーケットとは まずは前回のおさらいとなりますが、くらしのマーケットとはオンラインで出張・訪問サービスの依頼ができるサービスです。 取り扱っているサービスはハウスクリーニングやリフォーム、害虫駆除はもちろんペットシッターや出張翻訳、レンタルお坊さんなど多種多様で、 まさに何でも屋さんと言って良いでしょう。 CMをたくさん流すなど知名度の上がってきたくらしのマーケットに出店することは、すでに多くの取引先のある企業よりも、むしろ 集客に悩んでいる個人事業主の方におすすめです。 出店方法 「お店を出店するのって難しいんじゃ?」と考えている方も多いかと思います。 確かにくらしのマーケットではをサービスの1つのウリにしていますが、をみるかぎりは かんたんに出店することができます。 出店登録 まずはより店舗名などの登録をしましょう。 特別な証明書などの提出はありません。 本人確認 次に本人確認をしましょう。 は法人か個人事業主かで変わりますが、 個人事業主の場合は免許証だけでOKです。 個人事業主を証明する開業届出済証明書などは必要ありません。 アンケート入力 次にかんたんなアンケートに答えましょう。 内容は取り扱うサービスカテゴリなどについてで、自社HPのある方以外は選択をするだけで良く、特に記入することはありません。 電話確認 登録した電話番号にくらしのマーケット専門スタッフから確認の電話があり出店の審査をします。 ステップ3と4は前後する場合もあります。 実際に出店しようとしたけど… とてもかんたんな出店方法ですが、出店して初めて分かることもあると思い実際に出店してみる事にしました。 結論から言うと、 出店できませんでした。 出店者登録も終わりあとは電話確認だけとなったのですが、ここの審査で弾かれてしまいました。 電話ではアンケートで応えた出店予定のサービスカテゴリ (私の場合はエアコン取り付けと家具組み立てサービス、また、サービス管理ページでお買い物代行も追加していたのでお買い物代行)についての作業経験を問われ、正直にないことを伝えると「 出店には独立から6か月以上の期間かつ5件以上の作業実績が必要なので、まずは経験を積んでいただき、また半年後に審査の電話をします」と非常に柔らかい口調で断られました。 この「6か月以上・5件以上」という条件は出店手続きをして初めて分かったものなので、一定の収穫はあったかと思います。 基本的には電話越しでの確認ですが、場合によっては領収書などの提出を求められることもあるため、 虚偽の申告は絶対にやめましょう! 予約手数料 くらしのマーケットでお金がかかるのは 予約が成立した時の予約手数料のみです。 もちろん受けたくない予約は受けないこともできるので、自分の都合に合わせて働くことができます。 予約手数料の支払い時期は1か月分を翌月末払いで、支払い方法は銀行振り込み・コンビニ支払いのみです。 ちょっと面倒ですね。 ほかのお店と差をつける方法 くらしのマーケットは出張・訪問サービスに特化しているため対応地域や扱うカテゴリによっては競合がほとんどいない場合も少なくありません。 しかし、その中でもほかのお店ではなく自分を選んでもらうには工夫をする必要があります。 ここではほかのお店との差別化の方法を、サービスの作業内容には言及せず誰でもできるものについて解説していきたいと思います。 特に 「サービス内容は誰にも負けていないのに利用者が増えない」と悩んでいる方にぜひ読んでいただきたいと思います。 サービスページに画像を載せる• アイキャッチ画像は清潔感と人間味 当然ですが、予約をもらうためにはまずサービスページを開いてもらう必要があるため、ユーザーの目を引く必要があります。 そのために 画像の掲載は必要不可欠な要素です。 サービスページの1枚目の画像がサービス一覧にアイキャッチ画像として表示されますが、 よく利用されているサービスは作業者の顔が掲載されている傾向にあります。 くらしのマーケットは実際に会って作業を受けるサービスが多いため、相手の顔が分かる安心感というのはそれだけで大きなアドバンテージになります。 ただし、背景や全体的な清潔感に十分配慮し、「きれいな画像」を掲載しましょう。 どうしても顔を載せたくない場合は、顔が写っていない作業中の写真などでも大丈夫です。 注意として、ではアイキャッチ画像に対象の害虫を堂々と載せている例がありますが、ユーザーは害虫が嫌で業者を探している訳ですからその点は絶対に配慮しなければいけません。 とにかく、「人間味のある」「きれいな」アイキャッチ画像を掲載し、 ユーザーに安心感を持ってもらうことが大切です。 試しにとを見比べてみてください。 極端な比較ですがいかにアイキャッチ画像が重要か分かっていただけるかと思います。 サービス説明画像は分かりやすく こんなことはもはや説明不要かもしれませんが、案外できていないサービスページが多くみられます。 画像は文字で説明するよりも効率的に直感的に物事を説明することができます。 サービス説明画像には作業中の写真を載せるのはもちろん、ハウスクリーニングならBeforeとAfterの比較や、不用品回収ならどれくらい物を乗せられるのかなど、視覚的に説明できるように工夫しましょう。 動画を載せる これは番外編ですが、くらしのマーケットのサービスページには動画を載せることもできます。 方法はサービス管理ページで動画のYoutubeリンクを貼り付けるだけです。 動画を載せている出店者は少なく、強力に差別化を図ることができます。 で表示され、特にエンターテインメント性の高いサービスでは必須かと思います。 クレジットカード決済に対応する くらしのマーケットは決済機能を持たないただの「予約サイト」という立ち位置のため、お金のやり取りはユーザーと直接しなければいけません。 くらしのマーケットに出店しているお店の多くはクレジットカード決済に対応しておらず、中には銀行振り込みにすら対応せず直接現金のみという出店者もいます。 クレジットカードの利用は可能ですか? 作業後、現金でお支払いをお願いしている出店者が一般的ですが、一部の出店者はクレジットカードのご利用や銀行お振込での対応している場合があります。 そういった中でクレジットカード決済に対応することにより、「クレジットカード決済で支払いたい」という ユーザーを取り込むことができ、ほかのお店と差別化することができます。 また、くらしのマーケットは先述したように簡単に出店することができるため、多くのユーザーは「この出店者は大丈夫かな?」と考えながらサービスを探しています。 クレジットカードが使えるというのはそれだけで 「この出店者はきちんとした業者だ」感を演出してくれる効果もあり、お店のイメージの向上に繋がります。 ちなみに、クレジットカード決済はプラスの手数料をとるなど、 クレジットカード決済と現金決済の扱いに差をつけるのは加盟店契約違反なので絶対にしないようにしましょう。 クレジットカード決済への対応は初期費用が高いとか、決済手数料が高いというイメージがありますが、 初期費用・専用端末費用無料でかかるのは決済手数料の3. Squareについては現在記事を書いており、9月の下旬には公開できる予定なのでぜひ参考にしてください! 口コミを増やす くらしのマーケットでは口コミという制度があり、サービスを利用したユーザーが出店者を評価する仕組みがあります。 同じサービス内容なら、口コミが多く評価の高い出店者が選ばれるのは当然ですし、 口コミが全くないサービスを利用するのはユーザーにとって心理的な負担になります。 ここでは口コミを増やす方法についていくつか解説します。 ちなみに、「口コミを書いてくれれば〇〇円キャッシュバック」という手法もありますが、手続きの負担が大きく、さらにくらしのマーケットのシステム上難しいのでここでは除外します。 値段を下げる 口コミを増やすにはまずはサービスを使ってもらうしかありません。 予約手数料やクレジットカード決済手数料で値段を下げるのは正直厳しいとは思いますが、使ってもらえないことには何も始まりません。 口コミが増えれば付加価値も高まり、値段をあげて営業することができるので、 口コミが少なくとも10件 (2桁というのがポイント)にいくまでは値下げ分はそのための経費だと考えましょう。 ただし、何の前触れもなく値上げするのはイメージが悪すぎるので、 「開店セール」などの名目で期間限定にするなど、意味をもたせた値下げを心がけましょう。 口コミを書くことのメリットを説明する 値下げはいつまでも続きませんが、これは正攻法として継続でき、さらにユーザーと出店者の両方にメリットがあるWIN-WINの方法です。 そして、ユーザーにとって 口コミを書くメリットとはずばりの対象となるというものです。 これはくらしのマーケット経由で予約をされた作業で問題が発生した場合にユーザーが利用できるもので、「口コミを書く」というのが条件の1つになっています。 単にお願いをするのはが、メリットを説明することにより「良い情報を教えてくれた」ということによるイメージアップと口コミのお願いを同時にすることが可能になります。 自動加入の損害賠償補償制度 「何か失敗して事故を起こしたらどうしよう…」と心配してしまうのはサービスを提供するにあたっては当然のことです。 くらしのマーケットには 作業が原因で生じた損害を対象に最大1億円が補償される、というものがあります。 さらに詳しい内容については出店者登録後に店舗管理システムのガイドブックからHTMLファイルとして閲覧することができます。 くらしのマーケットの予約が対象で、保険料や特別な手続きも必要ない自動加入の保険なので、安心してサービスに専念できるのではないかと思います。 こんな人におすすめ 初めにも書きましたがくらしのマーケットは企業だけでなく、 販路を広げたい個人事業主の方に出店をおすすめしたいサービスです。 特にマニアックなカテゴリでは「その地域で自分しかサービスを提供していない」という状況を作り出すことも可能です (ちなみに私の地元、広島でペットシッターをされている方はいませんでした)。 自分のスキルと相談して、ぜひ活躍の場をひろげてください!.

次の