台風 ツイッター リアルタイム。 世界中の風の動きや気温をリアルタイムで把握できるサイト「Windyty」

【2019最新】台風21号の現在地がどこかをリアルタイムで知る方法!Windy

台風 ツイッター リアルタイム

Real-time weather radar images Echo Intensity are shown on Google Maps. Current motion of rain clouds can be checked by zooming in or out, which is useful as a disaster information tool about rainfall and snowfall. The update of images is every ten minutes, and images in the last 7 days can be switched to display. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] Radar Images Last 7 Days Notice If the animation of clouds is not smooth enough, please try the latest browsers. Motion becomes smoother after reading images once and storing into the cache. When a typhoon is in the image, you can track the position of the typhoon. Color Legend of Radar Images The following shows the color legend of radar images.

次の

台風リアルタイム・ウォッチャー、グーグルアースでリアル進路図

台風 ツイッター リアルタイム

「 Windyty」は 世界中の風邪の動きや気温をリアルタイムで把握できるサイトです。 地図上に風がゆっくりと流れているのが表示されます。 また、ヒートマップで気温や曇り具合なども把握できますよ。 以下に使ってみた様子を載せておきます。 まずへアクセスしましょう。 右側にメニューがあるので自分の知りたい情報を選択してみましょう。 今回は気温を見てみました。 このように風の動きをリアルタイムに知ることができ、さらにいま寒い地域がどこかもひと目でわかりました。 他にも曇り具合や風速、雪についての情報も知ることができます。 全世界の天気を一望できるので見てて楽しいですね。 ぜひ一度覗いてみてください。 (カメきち).

次の

Digital Typhoon: Real

台風 ツイッター リアルタイム

NASAも「スーパー台風」と呼ぶほど大型で非常に強い台風19号。 2014年10月11日~13日の秋の3連休は、台風の影響で荒れ模様となると見られている。 せっかくの連休だ、お出かけや人と会う予定にしていた人もいるだろう。 台風のゆくえに、やきもきしている人も多いかもしれない。 ということで今回は、 地上では雨と風でしか感じられない台風を目で見える形にしたWebサービスを紹介したい。 リアルタイムで台風の位置がわかるサイトもあり、これを見ていると、台風のヤバさが視覚的に伝わってくるぞ!! ・リアルタイムで宇宙から見た台風を確認「」 こちらは1時間おきの宇宙から見た台風を見ることができるサービスだ。 台風を映し出されている衛星写真は1時間ごとに更新されるという。 過去72時間の情報も保存されているので、過去にさかのぼり、台風がどんな動きをして日本に近づいてきたのか確認することも可能。 また、こちらのサービスでは気象庁による災害情報と、ソーシャルメディア上の災害情報を見ることができ、「強風」「浸水・冠水・氾濫」「ライフライン停止」などの被害がいつどこで起きたかがマッピングされている。 利用には、Google Earthのプラグインが必要だが、台風関連の概要をまるっと確認することができるので、強力な台風到来の際には一度見ておきたいサービスだ。 ・地球レベルで風向と風速がわかる「」 こちらは、地球レベルで風の向きと強さを可視化したサービスだ。 台風19号が通っている沖縄の南の海上あたりに目をやると、反時計回りにうずまく風の中心部に台風の目がクッキリ! 風は強さによって色分けされているが、台風に近づけば近づくほど、赤くなり他の風とは異なることがよくわかるだろう。 なお、関連サイト「」では東京の風向と風速が見られるので、都内の人はこちらをチェックしてもいいかもしれない。 ・雨の強さを予測してくれる気象庁「」 台風で風とくれば次は雨だ。 そこで見たいのは、プレゼンツ by 気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」である。 見た目は、「台風リアルタイム・ウォッチャー」や「Earth」と比べると古そうに見えるが、こちらでは気象レーダーによる5分毎の雨の強さが確認できる。 さらにさらに!! 60分先の雨の強さの分布予測まで見ることができるのだ。 また、地図を拡大すると、竜巻や雷情報も確認できる。 先の18号上陸の際は関東地方で大雨・洪水・暴風警報に加え、竜巻注意報が発令されるというスーパーコンボが発生したので、こちらも要チェック。 なお、広域で竜巻や雷情報を見たいときは低解像度版の「」が対応しているのでこちらで確認だ。 雨・雷・竜巻情報はいずれも1時間前の観測記録から、1時間後の予測までを動画で確認することもできる。 どうしても外に行かないといけないというときに、見ておくといいかもしれない。 連休中に日本列島を直撃するという予報もある。 1週間前に台風18号が上陸したばかりだ、地盤がゆるんでいる地域もあるので、台風情報には十分注意して必要な警戒を怠らないようにしたい。 参照元:、、、、.

次の