誘惑 あらすじ。 「天使を誘惑」のあらすじ

韓ドラ「偉大な誘惑者」のあらすじ全話一覧【ウドファンが誘惑者に!】

誘惑 あらすじ

…1991年、アメリカ・ニューヨーク市。 マット・スカダーは現職の刑事です。 その日も非番でしたが、警察ならただで呑める行きつけのバーに行きました。 マットは酒好きで、酒に溺れかけている時でした。 マットが奥の机でゆっくりと酒を傾けていた時、バーに強盗2人が入ります。 強盗はバーテンダーと揉めていたらしく、バーテンダーを射殺すると立ち去りました。 非番のマットは追いかけます。 強盗は運転手を含めて3人組でした。 2人を射殺し、3人目は脚を撃って捕まえます。 マットはこの件で表彰されましたが、刑事を辞めました。 というのも、銃撃戦の時にマットが撃った銃弾のひとつが7歳の少女の目を貫いて、少女は即死したからです。 酒さえ飲んでいなければ、誤射することがなかったのではないかとマットは悔やみ、警察を辞めたマットは断酒会に所属して、酒を断ちました。 …1999年、ニューヨーク市。 警察を辞めて久しいマットは、今では私立探偵として仕事をしています。 妻とは離婚し、気ままな独り暮らしの生活でした。 警察時代のバッジは、本当は今では無効ですが、聞き込みの時には役に立ちます。 ある日マットは、断酒会の集まりで知り合った男性ピーター・クリストに声をかけられます。 ピーターは自分の弟・ケニーを助けて欲しいと言いました。 ピーターの弟・ケニーに会いに行ったマットは、ケニーの妻・キャリーを誘拐された話を聞き「それはFBIの管轄だ」と答えます。 ケニーは話を続けました。 妻・キャリーを誘拐されたのは昨日で、身代金40万ドルを払ったにもかかわらず、妻・キャリーは昨日の夜に殺されたそうです。 ケニーの依頼は「やった奴らを捕まえて、俺の元に連れて来い」というものでした。 前金で2万ドル、成功報酬2万ドルです。 自らを建設業と名乗ったケニーですが、マットはケニーの本業を「麻薬仲介人」と見抜きます。 きな臭い話だと思い、マットはケニーの依頼を断って去りました。 翌日、ケニーがマットの部屋の前まで再び頼みに来ます。 「最初は身代金100万ドルを要求されたのだが、それを値切った。 そのために殺されたのだろうか」とケニーは悩んでいました。 マットは仕方なく詳細を聞きます。 誘拐の電話は、まず昨日の昼間にありました。 誘拐の証拠を見せろと言ったケニーに、電話の相手は「ホクロがある方の乳房を切り取って届ける、それでいいか」と言います。 物騒な話に、マットは思わず聞き入ります。 身代金40万ドルで承諾した相手は、金をゴミ袋2つに分けて入れて、コロンビアとコマースの角の公衆電話で待てと指示します。 ケニーが指示された場所に行くと公衆電話に着信があり、「金を車中に残したまま、コロンビアとリチャードの角まで歩け、そこで5分待って、車に戻って家まで乗って帰れ」と言われました。 妻はその時、金と引き替えに車中に待たせると言われます。 ところが妻・キャリーはなく、金だけ取られました。 公衆電話に着信があり「妻は家で待っている」と言われたケニーは急いで帰宅しますが、家にもいません。 またまた家に電話があり、「レッドフックに行け、車のトランクにいる」と言われたケニーは、行った先の車のトランクに、妻・キャリーのバラバラ死体を発見しました。

次の

韓ドラ「偉大な誘惑者」のあらすじ全話一覧【ウドファンが誘惑者に!】

誘惑 あらすじ

Sponsored Link 日本でもおなじみの チェ・ジウ と クォン・サンウ が共演いたしました。 二人の共演は、ドラマ「天国の階段」以来11年ぶりとなり、 セヨンのライバル、アジングループ代表カン・ミンウ役に イ・ジョンジン です。 この4人で繰り広げられる 誘惑による駆け引きにより、 揺れ動かせれる気持ちの繊細な描写が見所です。 このメインのキャストの紹介は、 韓国はもちろん、日本でも話題になりました。 主な登場人物は、ドンソングループ代表のユ・セヨン役に チェ・ジウ。 10億ウォンという多額の借金を背負わされたチャ・ソクフン役に クォン・サンウ。 そのソクフンの妻 ナ・ホンジュ役に パク・ハソン。 で詳しく紹介してますので、先ずはじめにご覧ください。 香港Mホテルの買収の為にチェ弁護士を連れて香港に向かうドンソングループ代表のユ・セヨン。 ソクフンの共同経営者あるファン氏が10億ウォンを横領して失踪。 そのファン氏が香港にいるとの連絡が入り、ソクフンと妻のホンジュは香港へ向かいます。 アジングループ代表カン・ミンウは愛人であるシンガーのジェニーに会うため、香港に向かうもジェニーは既にこの世にいなく、連れ子のロイの存在を知らされます。 そんな4人が香港を舞台に偶然出会い、運命の糸を絡めて行きます。 第2話のあらすじ• 10億ウォンの回収の目処が立たず、このままでは抵当に入っている父親の家までも失う事になるのが忍びなく、自分の生命保険で抵当を外して欲しいと遺書を残し、自ら命を絶とうとした妻ホンジュの姿を見て、• 3日付き合えば10億ウォンをくれるというセヨンの 誘惑 を受け入れて、妻のホンジュを一人韓国へ帰国させソクフンとセヨンの二人きっりの香港生活が始まります。 果たしてこの3日間の出来事とは? 第3話のあらすじ• 10億ウォンを手に入れて帰国したソクフンに対して、妻ホンジュは避けるかのようにカン社長の連れ子のロイの面倒を見る住み込みでの仕事を引き受けます。 ソクフンは仕事を再開するも上手く行かずに困っていると、共同経営者だったファン氏の葬儀の席で大学の先輩でセヨンの会社の従業員であるチョ・ヨンチョルに出会い、力になってやると勇気つけられます。 そして、セヨンがソクフンの会社に関心を持っている事を知ったチョ先輩は、セヨンとソクフンの二人を出会わせる場をセッティングするのだが、、、、 第4話のあらすじ• セヨンのちょっとした思い付きと好奇心から、10億ウォンを手にして命拾いしたソクフン夫婦であったが、夫婦仲に大きな亀裂が生じてしまいます。 アジングループのカン社長はホテル事業進出の為にセヨンの腹心であるチェ弁護士の弱みに付け込み、香港Mホテル買収業務に精通しているチェ弁護士をヘッドハンティングします。 セヨンは過労から大事な会議の直前に倒れて病院へ運ばれます。 事態を知ったソクフンはその危機を助けることにしましたが、その事がかえって厄介な事態を招くことになります。 第5話のあらすじ• ソファ病院で偶然鉢合わせたセヨンとホンジュとソクフンであったがホンジュがセヨンに10億ウォンのお礼をします。 しかし心に引っ掛かっていたセヨンへの疑念が、段々とこみ上げてきて激しい口調になり口論となります。 隠し子ロイの存在を知った妻ジソンがカン社長の元に訪ねてきて、「株式譲渡と相続の覚書」にサインをするようにと迫ります。 ロイを受け入れる代わりに3人の子供の養育費として10億ウィンを請求して姑にも認めさせます。 一方アジングループにヘッドハンティングされたチェ弁護士がセヨンの元を訪ねてきます。 そして買収を検討している香港Mホテルのデュ・チャーホー代表がカン社長の招待で来週極秘に入国することを伝え、その時に必ずデュ代表に会わなければ香港Mホテルの買収が難しくなってしまうと忠告します。 第6話のあらすじ• セヨンはソクフンに対して、Mホテル買収プロジェクト参加の条件として、Mホテル・デュ代表の韓国でのスケジュールを知る事が出来たら採用すると伝えます。 どうしてもMホテル・デュ代表の韓国でのスケジュールを掴めないソクフンは、招待者であるカン社長に直接聞きに出向きます。 そして取引を持ちかけてMホテル・デュ代表のスケジュールを聞き出すのに成功します。 偶然にセヨンとぶつかったその男の手首には不思議なタトゥーが彫られているのを発見します。 このマークが11歳以降公の場に出てこなかったMホテル・デュ代表のマークであることを知っていたソクフンはセヨンと一緒にその男の行方を追います。 第7話のあらすじ• Mホテル・デュ代表に追いついたセヨンとソクフンであったが、デュ代表は自分は業務に携わっていないので、ホテル買収の件は分からないと返事します。 変わり行くソウルの姿を嘆くデュ代表に対して、昔食べた懐かしいコンタンスープをご馳走するから交渉のテーブルについて欲しいと願います。 デュ代表が昔足繁く通っていた食堂の女主人が現在カンウォン道に住んでいる事を突き止めたセヨンとソクフンは、コンタンスープを作って欲しいと頼みに行きます。 何とか2日がかりで完成したコンタンスープを帰国直前のMホテル・デュ代表に飲んでもらうことが出来て、デュ代表も大喜びでした。 その結果、、、、、、! 第8話のあらすじ• 完全に酔っ払ってしまったホンジュはカン社長に吐き気がするのでホテルの部屋で少し休んでから帰りたいとお願いします。 その光景を偶然に発見したチョ先輩から連絡を受けたソクフンが目の色変えて訪ねていきます。 しかし、カンウォン道でのセヨンとの一夜の件を逆に追求されたソクフンはホンジュを残して一人ホテルを後にします。 このままでは妻ホンジュとの関係修復が難しくなると考えたソクフンは、次のMホテルの買収協議が終了したら会社を辞めると辞表を提出します。 そして会議の場ではセヨンに的確なアドバイスを与えて無事にMホテル買収の権利を獲得することに成功します。 会社を辞めて新調した結婚指輪を持ってソクフンは妻ホンジュを夕食に誘います。 そしてもう一度改めて2人でやり直そうと提案しますが、ホンジュの気持ちは全くの正反対でした。 ソクフンに対して離婚届けを提出し署名するように迫るのでした。 第9話のあらすじ• 離婚を切り出されたソクフンは妻ホンジュに対して本心なのかと3度尋ねます。 決意の固いホンジュである事を知ったソクフンは離婚を承諾して新調したペアの結婚指輪を地面に叩きつけて、法廷で会おうと言って去っていきます。 ブラジル行きを知らされていなかったセヨンはソクフンからのメールで初めてその事実を知ります。 引止めようと空港に向いますがソクフンの決意は固く、泣くセヨンに再会を約束して空港を後にします。 第10話のあらすじ• 56日ぶりにブラジルから帰国したソクフンは空港からセヨンの家に直行して玄関先で帰宅するのを待ちます。 そしてセヨンと再会したソクフンはセヨンの会社で再び働きたいと願い入れますがセヨンは断り自分の部屋に入っていってしまいます。 臨時社員としての採用ではなく正社員として採用したいとセヨンから連絡を受けたソクフンは翌日から出社します。 そしてチーム長に任命され苦戦を強いられているアイスクリーム事業の建て直しを命じられます。 そしてソクフンは現時点ではアジングループとの消耗戦を避けて国内シェアの拡充に重点を置くようにとセヨンを説得します。 ソクフンの意見を受け入れたセヨンは、新商品の開発の為の資金援助をお願いする為に投資銀行のチャン社長主催のパーティーに参加しようとしますが、パートナー同伴のパーティーだったため一旦は諦めます。 しかしソクフンがエスコートしたいと申し出たためにパーティーに出席することを決断します。 しかし何とカン社長もホンジュを同伴して参加しており4人は鉢合わせすることになってしまいます。 Sponsored Link 第11話のあらすじ• チャン社長主催の同伴パーティーにおいてカン社長の計略により、ソクフン・セヨン・ホンジュの3人が鉢合わせとなります。 激しい口論になった後ソクフンはセヨンを自宅まで送ります。 そして別れ際キスをしようとすた瞬間にセヨンの携帯が鳴り、セヨンはそのまま部屋に去っていきます。 ちょっと諦めのつかないソクフンは週末にセヨンをデートに誘います。 街を二人で歩いていると偶然にホンジュの弟ホンギュと出会い、ソクフンがまだ姉と結婚している最中からセヨンと不倫をしてそれが原因で姉は離婚をしたんだろう!と問い詰めます。 そしてセヨンの妹セジンの元へ行き、今後一切会わないし、連絡もしないと一方的に怒鳴りつけて去っていきます。 一方カン社長の妻ジソンは娘からホンジュが家に出入りしている事を知り激怒します。 これを知ったカン社長は、セヨンが恐れて逃げてしまうのを心配して、ジソンの条件を呑む形で離婚を成立させます。 第12話のあらすじ• 「私も仕事と離婚してソクフン氏と同じくシングルになります」と告白したセヨンとソクフンは初めてのキスをします。 そしてそのまま2人は一夜を共にします。 そして翌日セヨンが出社すると父親(会長)が凄い剣幕で入っていました。 何事かと尋ねるセヨンに対して父親は友人のヤン社長からお前が妻帯者と不倫して離婚にまで追いやったと噂が流れていると詰め寄ります。 そしてその男と別れない限りお前を取締役会に掛けて代表の立場を解任すると迫ります。 一方妻ジソンと離婚したカン社長はソクフンと離婚したホンジュにプロポーズをします。 そして、ホンジュの父親を尋ねて結婚の許しを請います。 ホンジュの父はあまりにも両家の経済力が違いすぎる事や、連れ子が4人もいることことなど色々と心配をしますが、結局は娘の決断を尊重して結婚を許可します。 そしてカン社長とホンジュの結婚式の日にセヨンの会社の臨時取締役会が招集されることを知ったカン社長は、新婦ホンジュへの最高の結婚お祝いが出来たとホンジュに告げて、今までセヨンとホンジュの関係を盗撮してきたパパラッチ写真をマスコミにリークします。 そんな中開催された臨時取締役会でセヨンは解任されソクフンも解雇されます。 これによってホンジュの復讐は達成されたかに思われましたが、、、、、、、 第13話のあらすじ• セヨンの部屋からホルモン剤の薬を発見したソクフンはセヨンに対して、「体調が悪いなら無理をしないで休まないとダメだ」と忠告しますが、セヨンは聞く耳を持ちません。 自分の財産をなげうって個人でホテル事業を始めようと投資銀行のチャン社長に融資のお願いに行きます。 チャン社長は常に前向きに検討すると言いながら、ズルズルと融資決定を先延ばしにしていきます。 その背後にはカン社長がいて、期待をさせておいて最後に融資を断る作戦でした。 セヨンはそんな事を知らずに融資を断られてショックを受けますが、ソクフンは予測していました。 ですのでホテル建設予定地もセヨンに内緒で他に準備しておりカン社長への復讐を始めるので有りました。 ホンジュは、カン社長の連れ子の長女ユンアとの反りがあわずいつも反抗的な態度をとられて精神的に参っていきます。 そして不妊症であることを黙っていたことを姑に攻められ、前妻ジソンからはカン社長の過去のスキャンダル写真が送られてくるなどかなりキツイ生活を強いられます。 第14話のあらすじ• 休暇を楽しんできたソクフンとセヨンでありましたが、セヨンが帰宅すると妹のセジンより父親が倒れたと電話が入ります。 急いで病院に駆けつけると一命は取り留めたものの意識がまだ戻っていませんでした。 その姿を見てセヨンは号泣します。 その姿に立腹したセヨンは意識が戻った父親に社長に復帰させて欲しいと願います。 父親はソクフンと別れることを条件に社長復帰を認めます。 どうしてもカン社長に対して父の敵を討ちたいセヨンは泣く泣くソクフンとの離別を決断します。 そしてセヨンはドンソングループ社長に復帰してソクフンはチャン社長を尋ねてこの投資会社の企画情報部長として採用されます。 そしてその立場を利用してアジングループ・カン社長の資金の流れについて調査を始めます。 第15話のあらすじ• カン社長の裏金を巡って、ソクフンとセヨンそれに前妻のジソンまでもが、カン社長の所有する別荘にあるに違いないと感ずいてはいますが、その別荘に一番詳しいソンジュに誰も近づけません。 今後カン社長を陥れるにはホンジュの出方が鍵となってきます。 一方カン社長も持てるコネの全てを動員して、セヨンの会社に抜き打ちの税務調査が入る様に仕向けます。 これによって大事な資料が全て押収され今後の事業展開に大きな打撃を受けます。 ことの顛末を知ったソクフンはセヨンの元を訪ねるもセヨンの心配は税務調査ではなく、ソクフンの心が何処にあるのかがもっと心配だと伝え、うろたえるソクフンでした。 第16話のあらすじ• セヨンの会社に抜き打ちの税務調査が入る様子をテレビで見たソクフンは居た堪れなくなりセヨンの元を訪ねます。 しかしセヨンが最も心配しているのは税務調査ではなく、ソクフンの心が何処にあるのかという事でした。 ソクフンがまだホンジュの結婚指輪を捨てられずにいることを知り、私を選ぶのかホンジュを選ぶのかの二者択一を迫ります。 セヨンは腫瘍摘出の手術をするための入院をする前にソクフン家に立ち寄ろうとしますが、家の前でソクフンがホンジュに結婚指輪を自分で処分するようにと手渡そうとしている場面に遭遇し、二人が手を繋いでいると錯覚をして動揺します。 第17話のあらすじ• セヨンは腫瘍の摘出手術を受けるために、家族やソクフンに伝えずに入院します。 しかし予想以上に腫瘍が悪化しており、もっと大掛かりな手術が必要となる為本人の承諾が必要となり手術は延期になります。 カン社長はチャン社長の元を訪ねてソクフンを解雇しなければ取引を停止すると迫ってきます。 チャン社長はソクフンに対してアメリカの本社へ1年間異動するように進めますがソクフンは固辞します。 そしてホンジュを呼び出しカン社長の子供を身ごもったことを伝えて離婚するように迫ったので、口論となりその衝撃で流産してしまいます。 ソクフンはセヨンとのブラジル行きの口約束を信じて一人準備をしてセヨンを待ちますが、結局セヨンは現れずソクフンがセヨンの会社を訪ねるとセヨンの口からとんでもない言葉が飛び出します。 第18話のあらすじ• ソクフンはセヨンから突然の別れ話を切り出されて気が動転します。 諦めがつかないソクフンはセヨンの自宅前でセヨンの帰りを待ちます。 納得のいかないソクフンから納得のいくような理由を聞きたいと迫られたセヨンは、「香港で貴方を10億ウォンで買ったことにより始まったこの関係だから終わりもそうしたいけど今の貴方はそんなに価値が無いから1億ウォンでどお?」と言われもうそれ以上言うなと失望して帰っていきます。 セヨンが海外出張に1ヶ月間行っていると思い込んでいるソクフンはあいさつも無しにニューヨーク転勤の準備をしていると、カン社長の家を出て再び実家に戻っていたホンジュからセヨンは今病院に入院していて大きな手術を受けようとしている所であると聞かされ、病院へ急行するのでした。 第19話のあらすじ• 手術を無事に終えたセヨンはなかなか目覚めません。 看病中のソクフンは待つしかなくイライラしています。 そんな中セヨンのドンソングループの子会社であるドンソン建設が倒産となり、連鎖倒産の危機に直面いたします。 チョ理事(ソクフンの先輩)はセヨンから会社が立ち行かなくなった時にソクフンに渡すようにと頼まれていた手紙を思い出してソクフンに渡します。 手紙の指示通り連鎖倒産解決の為の特任理事としてソクフンが承認されて、以前勤めていた投資家会社のチャン社長から臨時の短期資金の調達に成功し、ひとまず連鎖倒産の危機脱却に成功します。 ドンソンの系列会社を買収しようとしていたカン社長は悔しがり、ドンソン建設の債権者を買収しようと動きますがチェ弁護士がその会話を録音してソクフンに証拠として渡します。 第20話のあらすじ• セヨンは別荘での療養の為の専属看護士としてホンジュを雇いますが、知らずに来たホンジュは怒って帰ろうとします。 しかしセヨンが一晩だけ引き止めて、香港から今までのこと全てを謝り香港でホンジュが買った因縁の靴を返そうとしますが、その謝罪もその靴も受け取らずにホンジュはセヨンの元を後にします。 定期検査を受けに病院へ来たセヨンは、がん細胞が他に転移しておりこれから抗癌治療を受けないといけないと聞かされ動揺して嗚咽します。 そしてソクフンに対してこれから長い闘病生活が続く私を捨てて逃げて欲しいと懇願しますが、ソクフンは例えどんなに時間がかかろうと最後まで傍を離れないと約束します。 ドンソン建設の債権者に対して賄賂を送ったことをソクフンに暴露されたカン社長は社長の座を失い自宅で廃人のように飲んだくれています。 そして癌と知らされたセヨンもふさぎ込んでしまっています。 そんなカン社長をホンジュが訪ねて元気付け、セヨンをソクフンが元気付けてこの3人(ホンジュを除く)が又しても香港Mホテルのリニューアルオープンの席で対面してこのドラマは終わります。 以上全20話をまとめてみました! 併せまして韓国のスーパーアイドルグループ SUPER JUNIORに関する記事を まとめてありますのでご覧下さい。 php on line 74.

次の

偉大な誘惑者|キャスト・感想・あらすじ!面白いのに低視聴率の理由は?

誘惑 あらすじ

魔性の女としか言いようがない。 その女は男と知り合ったのをきっかけにその妻・息子・娘と別々に近づき、気づいたときには家庭はバラバラにされかけていた…。 個人主義の時代、あなたの家庭もいつこうなるか分からない。 ストーリー作りのうまさで定評ある連城三紀彦の「飾り火」を原作としたラブサスペンス。 初の悪女役に挑んだ紺野美沙子が、篠ひろこ・林隆三の演じる幸せな家庭を壊していく様は圧巻! 【ストーリー】 藤家美冴(篠ひろ子)は幸せな家庭の主婦である。 夫・芳行(林隆三)は一流会社の部長、長男・雄介(吉田栄作)は大学生で就職先も決まり、長女・叶美(西尾麻里)は高校に合格したばかり。 そんなある日、芳行は二泊の予定で京都へ出張する事となる。 しかし、仕事の都合で二日目の夜が空いてしまった。 芳行は東京へ帰ろうとするが、ふと十年前に金沢で行きずりの女性と一夜を共にしたことを思い出す。 突然その女性に会いたくなった芳行は、金沢行きの列車に飛び乗った。 座席がなくて困っている芳行に、一人の女性(紺野美沙子)が声を掛ける。 その人は、新婚旅行の途中で夫に逃げられたという、不思議な女性だった。 芳行はそんな彼女と金沢まで同行することに。 その晩、十年前の女性と再会できなかった芳行は列車で出会った女と一夜を過ごす。 物語はそこから始まった…。

次の