東京 電力 プレス。 秩父新電力株式会社・東京電力エナジーパートナー株式会社・秩父市は包括連携協定を締結しました!|秩父新電力株式会社のプレスリリース

プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社

東京 電力 プレス

2018年12月21日 環境局 母島における再生可能エネルギー100%電力供給実証事業に関する協定の締結について 東京都、小笠原村及び東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」という。 )は、ゼロエミッションアイランドの実現に向けた取組の一環として、小笠原村母島において再生可能エネルギー100%での電力供給を行うための実証事業に関する協定を締結しましたのでお知らせします。 1 実証事業の概要• 東京都と小笠原村と東電PGの3者で連携し、母島に太陽光パネルと蓄電池等を設置し、1年のうち半年程度を視野に、太陽光発電のみでの電力供給を実施(実証は3年間を想定)• 太陽光パネル等の設置場所は、世界自然遺産区域外の圃場跡などの都有地・村有地等を候補とし、自然環境調査や専門家の意見等を踏まえて検討• 実証後は、太陽光発電による電力供給を継続するとともに、更なる再生可能エネルギーの拡大を目指す。 2 協定の締結 (1)協定の名称 小笠原村母島における再生可能エネルギー発電のみによる電力供給を行う実証事業に関する連携協定 (2)主な内容 実証事業の円滑な実施に向け、3者の役割や連携事項等を定める。 東京都と小笠原村の役割• 履行場所の選定に必要な現地調査や調整等への協力• 履行場所となる所有地の提供 東電PGの役割• 履行場所の選定、太陽光発電設備や蓄電池等の設置・保守・運用 3者の協力連携事項• 地域住民等への説明及び理解促進• 普及啓発及び成果の発信• 実証後の再生可能エネルギーの利用拡大に向けた検討• その他、実証事業に必要な調整 (3)締結日 平成30年12月21日(金曜日) 3 自然環境等への配慮• 小笠原の自然環境の専門家の意見を聞きながら、希少な動植物等に影響を及ぼすことがないように配慮• 今後行う自然環境調査を踏まえ、また景観にも配慮しながら事業案の適宜見直しを行うとともに、実施の可否を慎重に判断 4 今後の予定• 平成31年(2019年)1月から3年程度、自然環境調査や専門家への意見聴取などを行い、事業計画を検討• その後、太陽光パネル等の設置工事を行い、順調に進めば2022年度末に実証を開始 5 その他 東京都と東電PGは、都内島しょ地域における再生可能エネルギーの導入拡大に向けた協定を同日締結し、本事業の成果を活用した他島での再生可能エネルギーの導入拡大についても検討していく。 「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」 問い合わせ先 環境局地球環境エネルギー部次世代エネルギー推進課 電話 03-5320-7783.

次の

社内組織の改編について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社

東京 電力 プレス

2018年12月21日 環境局 母島における再生可能エネルギー100%電力供給実証事業に関する協定の締結について 東京都、小笠原村及び東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」という。 )は、ゼロエミッションアイランドの実現に向けた取組の一環として、小笠原村母島において再生可能エネルギー100%での電力供給を行うための実証事業に関する協定を締結しましたのでお知らせします。 1 実証事業の概要• 東京都と小笠原村と東電PGの3者で連携し、母島に太陽光パネルと蓄電池等を設置し、1年のうち半年程度を視野に、太陽光発電のみでの電力供給を実施(実証は3年間を想定)• 太陽光パネル等の設置場所は、世界自然遺産区域外の圃場跡などの都有地・村有地等を候補とし、自然環境調査や専門家の意見等を踏まえて検討• 実証後は、太陽光発電による電力供給を継続するとともに、更なる再生可能エネルギーの拡大を目指す。 2 協定の締結 (1)協定の名称 小笠原村母島における再生可能エネルギー発電のみによる電力供給を行う実証事業に関する連携協定 (2)主な内容 実証事業の円滑な実施に向け、3者の役割や連携事項等を定める。 東京都と小笠原村の役割• 履行場所の選定に必要な現地調査や調整等への協力• 履行場所となる所有地の提供 東電PGの役割• 履行場所の選定、太陽光発電設備や蓄電池等の設置・保守・運用 3者の協力連携事項• 地域住民等への説明及び理解促進• 普及啓発及び成果の発信• 実証後の再生可能エネルギーの利用拡大に向けた検討• その他、実証事業に必要な調整 (3)締結日 平成30年12月21日(金曜日) 3 自然環境等への配慮• 小笠原の自然環境の専門家の意見を聞きながら、希少な動植物等に影響を及ぼすことがないように配慮• 今後行う自然環境調査を踏まえ、また景観にも配慮しながら事業案の適宜見直しを行うとともに、実施の可否を慎重に判断 4 今後の予定• 平成31年(2019年)1月から3年程度、自然環境調査や専門家への意見聴取などを行い、事業計画を検討• その後、太陽光パネル等の設置工事を行い、順調に進めば2022年度末に実証を開始 5 その他 東京都と東電PGは、都内島しょ地域における再生可能エネルギーの導入拡大に向けた協定を同日締結し、本事業の成果を活用した他島での再生可能エネルギーの導入拡大についても検討していく。 「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」 問い合わせ先 環境局地球環境エネルギー部次世代エネルギー推進課 電話 03-5320-7783.

次の

電力大手9社、一斉に株主総会|愛媛新聞ONLINE

東京 電力 プレス

洋上風力発電における世界的リーディングカンパニーであるオーステッドは、東京電力ホールディングス株式会社(以下、東京電力)との共同出資で、「銚子洋上ウインドファーム株式会社」を設立することに合意しました。 これにより、オーステッドは日本市場に参入し、アジア太平洋地域での洋上風力発電事業を推進するにあたり、更に大きな一歩を踏み出します。 2019年1月に、オーステッドは東京電力と銚子洋上風力発電事業において協業する覚書を締結しました。 今回設立する共同出資会社は、両社の協力関係と本事業へのコミットメントを表しています。 オーステッドのアジア太平洋地域総裁・代表取締役であるマティアス・ボーセンウェインは、「当社のビジョンは、『グリーン・エネルギーのみで稼動する世界を創る』ことです。 オーステッドが約30年に渡って築き上げた洋上風力発電分野での経験と専門性を通じて、日本の再生可能エネルギー大国への転身をサポートしたいと考えています」と述べています。 ボーセンウェインはさらに次のように付け加えています。 「オーステッドは新しい市場に参入する際には、現地パートナーとの協業が重要な成功要件だと考えています。 2019年11月に、台湾初の商業ベースの洋上風力発電事業であるフォルモサ1を現地の共同出資パートナーと共に完工し、12月から運転を開始しました。 これは当社の事業手法が新しい市場に柔軟に適応できることを示しており、同時に競争力のある事業や価値を提供するために、現地パートナーやサプライヤー、政府と協働する最善の方法を知り得ていることを表しています。 オーステッドの世界各国で蓄積した専門技術と、東京電力の日本での知見や経験を融合させることによって、日本において洋上風力という新しい産業のスタートを成功に導くことができると確信しています」。 日本の洋上風力発電市場は、日本政府の再生可能エネルギーの利用拡大に対するコミットメントと、大規模な洋上風力発電のための海域の占有に対する基本法が制定されてから活性化しつつあります。 日本は2030年までに電源構成に於いて再生可能エネルギーが占める割合を22-24%に引き上げるという野心的な目標を掲げており、今年から洋上風力発電促進区域の事業者の公募・入札が開始すると見込まれています。 洋上風力発電促進区域の選定においては、先行して開発を進めていく有望な区域として既に4区域が選ばれており、千葉県の銚子エリアも含まれています。 オーステッドは、洋上風力発電が日本にとって、エネルギー自給力を高めることに繋がり、再生可能エネルギーの利用目標に合致した、発展性のある新しい産業になると確信しています。 オーステッドは2016年に台北にオフィスを開設し、アジア太平洋地域での歩みを開始しました。 日本市場への進出は、当社の同地域での存在感を高め、環境に優しい電力を安定的に供給していくことに繋がります。 アジア太平洋地域におけるオーステッドの事業について ・2018年4月 オーステッドはしました。 2019年4月にGreater Changhua1と2aへの投資を最終決定しています。 ・2018年6月 オーステッドはの区域に、新たに920MWの洋上風力発電を建設する権利を獲得しました。 Changhua2bと4は2025年に建設される予定で、2023年にオーステッドは本プロジェクトへの投資を最終決定します。 ・オーステッドは、台湾初の商業規模の洋上風力発電プロジェクトである、128MWの発電力を擁するフォルモサ1洋上風力発電ファームの共同事業者です。 フォルモサ1は、2019年12月に運転を開始しています。 ・オーステッドは2019年に、銚子沖での洋上風力発電事業の協働について東京電力と覚書を締結しています。 洋上風力発電における世界的リーダーとして、オーステッドは1,450台以上の洋上風力タービンを操業しています。 また、当社がこれまでに設置した発電所は合計で約6. 8GWの発電容量を有しており、さらにChanghua 1 と 2aを含む3GW分が建設中です。 加えて、オーステッドは2024年までに米国で2. 9GW、2025年までにドイツで1. 1GW、台湾では0. 9GWの洋上風力発電所を建設する権利を獲得しています。 当社は、2025年までに合計15GWの洋上風力発電所を世界に設置する計画です。 オーステッドについて オーステッドのビジョンは、グリーン・エネルギーのみで稼動する世界を創ることです。 オーステッドは陸上・洋上風力発電所、太陽光発電所、蓄電設備、バイオマス熱電併給プラントの開発や建設、運営を手がけ、生産したエネルギーをお客様に提供しています。 オーステッドは、コーポレートナイツ社による「世界で最も持続可能性のある企業100社」の2020年のランキングにおいて1位に選定されています。 また、「CDP気候変動レポート」においては気候変動アクションを世界的にリードする、Aリスト企業として認知されています。 オーステッドの本社はデンマークにあり、6,500名の従業員を雇用しており、ナスダック・コペンハーゲンに上場しています Orsted。 2019年の企業収益は678億クローネ(91億ユーロ)となっています。 オーステッドの詳細は、、或いは、 、、をご覧ください。

次の