固定 資産 税 クレジット カード 払い。 固定資産税をクレジットカードで支払いポイントを得する方法

納税でニンマリ!固定資産税をクレジットカード払いのメリット、高還元率のおすすめカードは?

固定 資産 税 クレジット カード 払い

固定資産税をクレジットカードで支払う手順 各自治体のサイトからクレジットカードで固定資産税を納付する場合は、 固定資産税の納税通知書とクレジットカードを用意して、各自治体の納付サイトにアクセスします。 あとは、画面の指示に従い、納税しましょう。 また、「Yahoo! 公金支払い」から納付する場合は、以下のような手順となります。 支払い手順• 「Yahoo! 公金支払い」の「固定資産税」ページから、支払先の自治体と税金の種類を選択します• 注意事項を確認し、「手数料・支払額シミュレーター」で固定資産税の納税通知書にある金額を入力して、手数料を算出します• 「手数料・注意事項を確認のうえ、同意する」にチェックし、「お手続きはこちら」をクリック(タップ)して進みます• 案内に沿って納税通知書の納付番号や確認番号などを入力します• 表示される年度や納付金額を確認し、クレジットカード情報を入力し「次へ」をクリック(タップ)します• 最後の確認画面で内容を確認し「上記に同意します」にチェックを入れ、「支払う」をクリック(タップ)して完了です• この支払い手順は記事制作時時点の情報となります。 固定資産税をクレジットカードで支払うメリット 固定資産税をクレジットカードで納付することで、次のようなメリットがあります。 ・自宅からいつでも納税することができる 自治体にもよりますが、 原則24時間、いつでも納付サイトから納税ができます。 平日の日中に、役所や銀行窓口に行く手間が省けます。 ・クレジットカードのポイントが貯まる 普段の買物でクレジットカードのポイントが貯まるのと同様に、 固定資産税の支払いでもポイントが貯まります。 ポイントを効率的に貯めたい方にとっては、うれしいメリットではないでしょうか。 ご状況によってポイントが貯まらないケースがございます。 ・支払猶予を延ばせる クレジットカードによる納付は、 実際に口座から引き落とされるまで、無利息でお支払い日を延長することができます。 固定資産税をクレジットカードで支払う際の注意点 クレジットカードで固定資産税を支払う場合は、 事前に手数料や納税証明書の発行に関する注意事項を確認しておくことをおすすめします。 ・手数料が発生する 各自治体の納付サイトや「Yahoo! 公金支払い」のいずれでも、 クレジットカード払いには決済手数料が発生します。 手数料は自治体によって異なりますが、 納付金額が高額になるほど手数料も高くなります。 そのため、手数料シミュレーション機能を使って手数料を確認しましょう。 ・納税証明書の受け取りに時間がかかる クレジットカード払いの場合、 決済が完了しないと納税証明書が発行されないという点に注意しましょう。 手続きの時点ではなく、支払い先の口座に入金があった時点(納付確定日)以降の発行となります。 電子マネーnanacoなら手数料不要に 固定資産税のクレジットカードカード払いに未対応の自治体でも、 電子マネーnanacoの「クレジットチャージ」を使えば、 手数料不要で納付が可能になります。 これは、クレジットカードから電子マネーnanacoにチャージし、固定資産税を支払う方法です。 nanacoはクレジットカードではないため、手数料が発生しないというメリットがあります。 ただし、nanacoへの チャージの上限は5万円ですので、それを 超える場合は複数のnanacoカードが必要です。 また、30万円を超える固定資産税は、コンビニでは支払いができません。 この方法の課題としては、nanacoにチャージしても、 すべてのクレジットカードのポイントがつくわけではないということです。 ですから、チャージでポイントが貯まらないクレジットカードしかお持ちでない場合は、手数料が無料で固定資産税を支払える点だけがメリットになります。 その場合、クレジットカードで支払って得られるポイントと、クレジットカードの手数料を比較し、手数料のほうが高ければnanacoで支払うほうがお得になるというわけです。 新規入会限定キャンペーン実施中! 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。 キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。 1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。 (注)エブリプラスを含む 2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。 今回の記事のまとめ 固定資産税はクレジットカード払いも可能• 管轄の自治体が固定資産税のクレジットカード払いに対応しているかどうかは、各自治体のサイトか「Yahoo! 公金支払い」のサイトの「固定資産税」のページから確認できる• 役所で固定資産税の納付はできるが、クレジットカードで支払うことはできない• 各自治体のサイトからクレジットカードで固定資産税を納付する場合は、固定資産税の納税通知書とクレジットカードを用意して、画面の指示に従う 「Yahoo! 公金支払い」から納付する場合は、以下のような手順• 「Yahoo! 公金支払い」の「固定資産税」ページから、支払先の自治体と税金の種類を選択• 注意事項を確認し、「手数料・支払額シミュレーター」で固定資産税の納税通知書にある金額を入力して、手数料を算出する• 「手数料・注意事項を確認のうえ、同意する」にチェックし、「お手続きはこちら」をクリック(タップ)して進む• 案内に沿って納税通知書の納付番号や確認番号などを入力する• 表示される年度や納付金額を確認し、クレジットカード情報を入力し「次へ」をクリック(タップ)する• 最後の確認画面で内容を確認し「上記に同意します」にチェックを入れ、「支払う」をクリック(タップ)して完了 固定資産税をクレジットカードで支払うメリット• 24時間、納付サイトからの納税が可能なので、平日の日中に、役所や銀行窓口へ行く手間が省ける• 固定資産税の支払いでもポイントが貯まる• 実際に口座から引き落とされるのが翌月となるため、無利息でお支払い日を延長することができる 固定資産税をクレジットカードで支払うデメリット• 各自治体の納付サイトや「Yahoo! 公金支払い」のいずれでも、決済手数料が発生する• 決済が完了しないと納税証明書が発行されない 電子マネーnanacoなら手数料不要に• 固定資産税のクレジットカード払いに未対応の自治体でも、電子マネーnanacoなら手数料不要で納付が可能• nanacoへのチャージ上限は5万円なので、超える場合は複数のnanacoカードが必要• 30万円を超える固定資産税は、コンビニでは支払い不可• nanacoにチャージしても、すべてのクレジットカードでポイントがつくわけではない.

次の

税金をクレジットカードで支払うメリット・デメリット!│ C3 (Crypto Currency Community)Crypto Currency Comunity (C3)

固定 資産 税 クレジット カード 払い

クレジットカードの利用は、現金を持ち歩かずにすみますし、ちょっと今はお金がないけれど買い物がしたいという時にも便利ですよね。 そんな便利なクレジットカードで固定資産税を支払うことができる市区町村が増えてきています。 一方で、クレジットカード払いは便利そうだから手続きしよう、とよく調べずに手続きを進めてしまうと、あとから実はうちの家庭には合わなかった、と後悔してしまうケースもあります。 そうなると、時間も労力も無駄になってしまいます。 この記事を読みながら、固定資産税のクレジットカード払いを選択する前にチェックすべきことを一緒に確認していきましょう。 またクレジットカード払いの応用として電子マネーを活用した支払いも可能です。 クレジットカード払いが合っているご家庭でしたら、活用されてはいかがでしょうか。 Contents• 固定資産税はクレジットカード払いが可能です 近年、固定資産税をクレジットカードで払える市区町村が増えてきました。 ただ、全国のすべての市区町村がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。 まずはご自身が固定資産税を納める市区町村が、クレジットカード払いに対応しているか確認をしてみましょう。 1-1. クレジットカード払いが可能かどうかの確認方法 1 東京都23区内は「都税クレジットカードお支払サイト」で手続きができる 東京都の公式ウェブサイトで納税の手続きができます。 2 「Yahoo! 公金支払い」サイトで手続きができる市区町村を調べる 下記の市区町村は Yahooが運営をしている支払いサイトから、納税の手続きができます。 対応している市区町村については、最新の情報をこちらでご確認ください。 図1:Yahoo! 公金支払いで対応している市区町村を持つ都道府県の一覧(H28. 10月現在) 3 「各市区町村が準備する支払いサイト」で手続きができる市区町村を確認する 上記 1 2 に該当しなかった場合でも、各市区町村が定める専用の支払いサイトから納税の手続きをおこなえる市区町村もあります。 下記の検索方法で、確認をおこなってみてください。 【検索方法】 次のいずれかの方法で検索できます。 クレジットカード払いを選択する前に確認すべき5つの事項 クレジットカード払いを検討されている方は、 次の5つの事項を事前に確認することで、手続きが無駄になってしまった・クレジットカード払いにしなければ良かったという後悔を防ぐことができます。 図4:事前チェックシート 2-1. 納税限度額内の支払いかどうか確認する 支払いサイトで、クレジットカード払いでの納税限度額を確認しましょう。 例えば、東京23区だとクレジットカード払いで対応できる納税限度額は、1回あたり100万円未満です。 1回で納税しようとしている額が100万円以上の場合は、クレジットカードで一括では払えません。 2-2. 決済手数料が許容範囲内か確認する クレジットカード払いでは、手続き1回あたり納税額10,000円ごとに決済手数料が発生します。 市区町村によって手数料の金額は異なります。 手数料を簡単に計算できるシュミレーターが支払いサイトに記載されていますので、納税額に対する手数料を確認しましょう。 例えば東京23区ですと、税額10,000円ごとに税込78円の手数料がかかりますが、東京都武蔵野市ですと税額10,000円以下は0円、10,001円から税額10,000円増えるごとに税込108円の手数料がかかります。 また、異なる市区町村の固定資産税をまとめて納税手続きすることはできません。 例えば、自宅とは別の市区町村に別荘などを所有していて、自宅と別荘の固定資産税をそれぞれ全期分を納税しようとしても、納税手続きは2回おこなわなければなりませんので、2回手数料がかかることになります。 2-3. 現在の納税方法からの変更時期の確認をする 口座振替からクレジットカード払いに変更をされる方は注意が必要です。 クレジットカード払いを利用するには市区町村から郵送される納付書が必要ですが、既に口座振替を利用されている方は納付書が郵送されませんので、まずは口座振替の利用停止の手続きをおこなわなければなりません。 その際、いつの期まで口座振替となるのかを必ず確認をしましょう。 クレジットカード払いは一度支払いの手続きをしてしまうと取消ができませんので、口座振替の対応期間を把握できていないと、同じ期を重複して余分に支払ってしまう可能性があります。 2-4. 領収書が不要かどうか確認する クレジットカード払いでは領収書は発行されません。 領収書の代わりに納税証明書が発行されますが、郵送までに約2週間かかります。 クレジットカード払いをした際は納税証明書が届くまでの間、手続完了画面を印刷して保管しておくことをお勧めします。 すぐに領収書が必要な方は、金融機関やコンビニで現金での納付をしましょう。 2-5. 継続払いにはならないことを了承する 現金での納税と同様に、 納税の都度支払い手続きをおこなわなければなりません。 口座振替のように一度手続きを行えば自動で支払いをおこなってくれるわけではありません。 クレジットカード払いにする2つのメリット ここまで読んでみると、手続きが大変そうだし手数料がもったいないと感じた方が多いと思いますが、クレジット払いにすることのメリットももちろんあります。 3-1. ポイントを貯めることができる クレジットカード払いの 1番のメリットはポイントを貯めることができる点です。 現金での納税や口座振替ではポイントは貯まりません。 貯めたポイントを使って買い物をすることができるなどの特典は魅力的でしょう。 ただし、納税額に応じた手数料がかかりますので、ポイントよりも手数料が上回らないよう注意が必要となります。 3-2. インターネットで手続きできる クレジットカード払いなら パソコンやスマートフォンがあれば手続きできてしまいます。 現金で納税する場合には、銀行やATMでお金をおろして金融機関やコンビニで手続きを行わなければなりません。 口座振替の場合には、引落口座の残高が足りていないと、気付かないうちに未納となってしまうこともあります。 手元に現金がない方でも時間に余裕がない方でも、自宅にいながら手続きが可能です。 クレジットカード払いの準備と手続き手順 クレジットカード払いは難しい手続きではありません。 準備するものと手続き手順を確認していきましょう。 4-1. 領収書が発行されないので完了画面を印刷して保管しましょう。 クレジットカード支払いの懸念点としては、手数料がかかることです。 同じクレジットカードで決済しても、電子マネーにチャージしての支払いであれば手数料を気にしなくても良くなります。 電子マネー支払いの2つのメリット カードはカードでもクレジットカードではなく、nanacoカード、T-POINTカード、WAONカードなど、いわゆる 電子マネーでも固定資産税の支払いが可能です。 この方法は、クレジットカードから電子マネーカードにチャージをおこない、その 電子マネーカードを使ってコンビニ窓口で固定資産税を支払う方法です。 手続きに少し手間があること、また nanacoカード、T-POINTカード、WAONカードなど 電子マネーが利用できるコンビニで支払うことが条件にはなりますが、以下のように2つのメリットがあります。 5-1. ポイントがたくさんたまります この方法を利用すると、クレジットカードから nanacoカード、T-POINTカード、WAONカードなど 電子マネーへのチャージの際にクレジットカードにポイントが付きます。 そして、電子マネーとしてチャージしたお金はそのまま税金の支払いに利用できます。 5-2. 手数料がかかりません クレジットカードからnanacoカードへのチャージ時にも、nanacoカードでの支払いの際にも、 手数料は一切かかりません。 固定資産税以外の税金や公共利用金もクレジットカードで 固定資産税以外にも下記の料金はクレジットカードで払いをすることができます。 クレジットカードのポイントをより貯めたい方は、下記の料金の払いもカードでおこなうとよいでしょう。 ただし、市区町村によって払うことができるものが異なりますので、ホームページ等でご確認ください。

次の

確定申告でクレジットカード払いのメリットと注意点 [税金] All About

固定 資産 税 クレジット カード 払い

このページの目次• 固定資産税の支払いはクレジットカードがお得 まずは、 固定資産税についてお話ししていきます。 そもそも、固定資産税とは、毎年1月1日時点で土地や建物などの固定資産を所有している人に必ず課税される 地方税のことです。 地方税は、市町村、また東京23区の場合は東京都に対して納める税で、対象者には、毎年4月頃に各市区町村から納税通知書が届きます。 支払いの際は、 同封された納付書を利用するため、失くさないように注意が必要です。 支払い方法として、これまではコンビニや金融機関で現金払い、または口座振替が一般的でした。 しかし、 クレジットカードや電子マネーで払える自治体も増えてきています。 クレジットカード払いには次のようなメリットがあります。 そのため、 少しでもお得に!さらに便利に!納税したいという方は利用したい納税方法です。 ポイントを貯めることができる クレジットカード利用の最大のメリットは、 支払い額に応じてポイントを貯められる点です。 いつもの支払いをクレジットカード利用に変えるだけで、ポイント還元分お得になっちゃいます! 固定資産税は基本的に金額が高いので、クレジットカードを利用して、少しでもお得に支払いたいですよね! 24時間自宅からでも納付可能 また、 24時間自宅から納付可能な点もポイントです。 忙しくて窓口が開いている時間に行けない方や、 納付先にいちいち行くのが面倒くさいといった方、いらっしゃいませんか? そんなあなたにこそ、おすすめしたいのが、このクレジットカードを利用する方法です! カードを利用すると、インターネットで時間を気にせず、いつでも支払いができます。 なんと、 スマホからでも支払いOKなんです。 この方法を知っているだけでずいぶんと楽に支払いできますね! インターネットは少し不安という方でも大丈夫です! クレジットカードで得をしながらコンビニで支払いできる方法もあるので、一緒に見ていきましょう! 支払いを先送り、リボ・分割払いもできる さらにもう一つ大きなメリットがあります。 クレジットカードを利用すると、 固定資産税の支払いを先送りにすることが可能です。 というのも、クレジットカードを利用して支払うと、銀行の引き落とし日まで支払いが延長できるからです。 さらに、 リボルビング払いや分割払いも可能になるため、 「今お金がない!」という方には非常におすすめです。 しかし、リボルビング払いや分割払いをすると、 金利や手数料がかかるため、クレジットカードの選択や手数料の金額を考慮することが重要になります。 他の支払いと一元管理できる そして、なんとも嬉しいのが、 クレジットカードを利用した他の支出と一元管理できる点です。 現金で払ったり、カードで払ったりしていると、支払い記録がバラついて、管理がしにくいですよね。 ですが、固定資産税も一緒にクレジットカードで支払っちゃえば、 管理もお手のもの! 支払いだけでなく、管理も一緒にラクしちゃいましょう! 固定資産税をクレジットカードで支払う方法 つづいて、 固定資産税をクレジットカードで支払う方法について見ていきましょう。 主な支払い方法は以下の3つがあります。 やりやすい方法で行ってください。 まずは、左の「税目・料金名から探す」の中で、上から二番目にある「 固定資産税」を選択します。 すると、地域選択画面に移るので、 該当の地域を選択します。 もしくは、画面中央の検索画面から地域名を入力します。 その後、検索結果が表示されるので、そこから該当の「固定資産税」が含まれる項目を選択します。 引用: 次に、 支払いに必要な情報と注意事項、手数料の確認をしていきます。 その後、「 確認したら次へ」を選択します。 内容確認後、「 確認して次へ」をクリックしましょう。 YHOO! JAPAN ID でログインし、 Tポイントを利用して支払う方は、ここで今回利用するTポイント数を入力します。 その後、「支払う」のボタンをクリックして、支払い手続きを完了させます。 記録として残しておくと安心です。 後日、各地方公共団体から領収書や、証明書などが郵送されます。 手数料に注意! Yahoo! 公金支払いで固定資産税を支払うと、 支払い額に応じて手数料が発生します。 つまり、納付金額が多くなるほど手数料も高くなってしまいます。 そのため、 クレジットカードのポイント還元率と手数料を比較して、お得に支払い可能か先にチェックしておくことが重要です。 各自治体の納付サイト 次に、 各自治体の納付サイトを利用して固定資産税を支払う方法を紹介します。 一部の市町村では、税金のクレジットカード払い専用のサイトを設置しています。 各市町村によって、支払いできる税金の種類や、対応クレジットカード、手数料などが異なります。 また、納付額に上限のある場合もあります。 詳細は各自治体によって異なるため、納付先となる自治体のサイトから確認ください。 以下から、一部自治体の納付サイトが見れます。 東京都: 川崎市: 名古屋市: 大阪市: 広島市: また、これら以外の地域で、自治体のクレジットカード対応が可能か知りたい場合は 「 固定資産税 クレジットカード払い 市区町村名」などで検索すると情報が出てきます。 例えば、横浜市なら「固定資産税 クレジットカード払い 横浜市」で調べてみましょう。 nanacoでコンビニ払い 最後に nanacoを利用した支払い方法を紹介します。 まずはnanacoカードについて知っておきましょう! nanacoは、全国約613,700店舗で利用可能な電子マネーです。 使えるお店は、セブンイレブンやマクドナルド、ロフト、さらにエネオスなど、私たちの身近なお店でたくさん使えるカードです。 そして、この電子マネーnanacoは、なんと 固定資産税の支払いも可能なんです! その方法はとっても簡単で、セブンイレブンへ納付書を持参し、現金で払う代わりにnanacoを使うだけ! しかも、この方法なら、 手数料はかかりません。 ポイントは、クレジットカードでnanacoへチャージする際に貯まります。 とってもお得ですよね! 必要なもの 必要なものは以下の3つです。 納税通知書• nanacoカード(nanacoモバイル、nanaco付きクレジットカード)• nanacoチャージに使うクレジットカード 支払い手順 まずはnanacoが必要です。 nanacoを利用してない!という方は、 nanacoカード、 nanacoモバイルを用意しましょう。 nanacoカードを無料で発行する方法はこちら。 また、初めてクレジットカードからnanacoにチャージする際は、 クレジットカードの登録が必要です。 そこで、nanacoにお得にチャージできるクレジットカードを紹介します! nanacoにチャージするなら、セブンカードプラスを作りましょう! 実は、 現在新規登録可能で、nanacoチャージでポイントが貯まるのはセブンカードプラスのみなんです! さらにセブンカードプラスは オートチャージ設定も可能でより楽に支払いが完了できます。 クレジットカードからnanacoチャージする。 セブンイレブンへ行き、ATMで残高を確認。 レジへ納付書を出してnanacoで支払い。 とっても簡単ですよね! 貯まったポイントでいろんなお店に遊びに出かけちゃいましょう! nanaco使用時はココに注意! しかし、nanaco使用時の注意点があります! nanacoチャージは1回につき3万円までで、 nanaco残高の上限は5万円です。 そのため、5万円を超える額の納税には 複数のnanacoが必要です。 また、 30万円超の固定資産税はコンビニで払えません。 もう一つ注意点があります。 付与されるポイントは、クレジット会社発行のポイントです。 そのため、nanaco支払い時ではなく、 nanacoにチャージするタイミングで貯まります。 注意しましょう。 nanaco以外の電子マネーでも支払える? では、他の電子マネーやスマホ決済でも固定資産税を支払えるのでしょうか。 アプリのホーム画面から「スキャン」を選択。 払込票のバーコードを読み取る。 支払い金額を確認後、「支払う」を選択。 納付完了• 支払い翌日から30日後、PayPayボーナスとしてポイント還元される LINE Payを使った支払い方法• アプリのホーム画面から「請求書支払い」を選択。 コードリーダーで請求書のバーコードを読み取る。 LINEペイのパスワード認証を行う。 決済完了。 その後、通知が届いてポイント還元される 一部電子マネーでも支払い可能で、さらにポイント還元もされるようです。 固定資産税の支払いにおすすめ!高還元率クレジットカード つづいて、 固定資産税の支払いにおすすめなクレジットカードを紹介していきます! 固定資産税に利用するクレジットカードは、必ず 高還元率なカードを選びましょう。 ほとんどの支払い手続きには手数料がかかります。 そのため、 元を取ってさらに得するために、手数料にかかる費用より多く還元が受けられる、高還元率なカードを選びましょう。 以下では、高還元率でさらに特典いっぱいのクレジットカードを厳選しました! まずは、おすすめ4選です。 固定資産税支払いにおすすめなクレジットカード4選 特徴と貯まるポイントを要チェック!• リクルートのネットサービス利用でさらに高還元!• 定期・携帯・光熱費の支払いでポイント貯まる• PONTAポイントに交換可能 じゃらんで宿泊予約するとポイント 還元率が3. また、ホットペッパービューティーでも支払いの際に利用すると3. 電子マネーや定期購入の際にもポイント還元がされるなど、どんどん使えばどんどんお得になるカードです。 基本還元率 1. Tカードと一体型• 固定資産税を貯めたTポイントで支払い可能!• PayPay残高にチャージ可能な唯一のカード Yahoo! カードはTカードと一体型のため、 対象の店舗で提示するだけでポイントが貯まります。 さらに、このクレジットカード最大の特徴は、 固定資産税を貯まったTポイントを利用して支払い可能なことです。 オートチャージ機能付き• ポイントがどんどん貯まる• チャージでポイントゲット 急な買い物でも焦らない便利な オートチャージ機能付きです。 また、セブンアンドアイグループ加盟店での 買い物や、公共料金の支払いでポイントが貯まります。 さらに、nanacoへのクレジットカードを利用して チャージした際、またはオートチャージされた際もポイントが貯まります。 貯まったポイントは全国の以下のような加盟店で使えます。 nanacoが利用できる店舗例 (参照:) 他にもサービスが大充実です。 リボ払いサービス登録と年1回カード利用で2年目以降も年会費無料。 固定資産税をクレジットカードで支払う際の注意点 決済手数料がかかる まず注意する点は 決済手数料がかかることです。 各地域によりますが、 納付額1万円につき100円程の決済手数料がかかります。 そのため、 手数料とポイント還元額の比較が必須です! 手数料の方が多くなってしまう場合は、nanaco払いなど手数料がかからない方法がお得な場合もあるので、比較して選びましょう! 領収書が発行されない また、 基本的に領収書が発行されない点に注意が必要です。 原則、クレジットカード払いは、納税を証明できる領収書が発行されません。 支払いを確認したい場合は、クレジットカードの明細から見ることができます。 他の方法として、クレジットカードの支払いが完了した後、 税事務所で納税証明書を発行してもらえます。 ですが、発行には1週間から10日ほど時間がかかってしまいます。 納付書毎にクレジットカード払いの手続きが必要 さらに、注意すべき点は 毎回クレジットカード払いの手続きが必要なことです。 口座振替は、自動的に毎回引き落とすことができますが、クレジットカード払いは 納付する度に手続きが必要です。 口座振替にしている場合は解除してから 今までの固定資産税の支払いに口座振替を利用している場合は、まず、 解除または取消手続きが必要です。 その後、クレジットカード払いの手続きを行いましょう。 詳しい手続方法は各市区町村または届出金融機関へお問い合わせください。 クレジットカードの利用限度額を確認 まとまった金額を納付する際は、 クレジットカードの利用限度額にも注意が必要です。 特に家賃や公共料金など月々の支払いに利用している場合は、 固定資産税の支払額が利用限度額未満であることを確認しておきましょう。 もし、支払額の方が大きく、利用限度額が足りない場合は、 他のカードも検討してみましょう! 例えば、 ポイント還元率の高いクレジットカードです。 還元率が高いと、その分還元される額も大きくなります。 ポイントが貯まる!• 24時間いつでも自宅から納付できる。 支払い先送り可能。 他の支払いと一元管理できる。 固定資産税の金額が高くて、 手元にお金がない!支払えない!という方でも大丈夫。 リボルビング払いや分割払いでの支払いも可能です。 ただ、 手数料がかかる場合や利用限度額にも差があるので、自分に合ったクレジットカードを選びましょう! 24時間いつでも支払い可能なので、忙しい方でも 時間に追われることなく、さらに自宅から納付可能です。 そのため、固定資産税の納付にクレジットカードを利用すれば、今まで以上に生活に時間的にも金銭的にも余裕が持てるようになりますよ! 余裕を持った支払いのために、あなたの生活にクレジットカードを一枚加えてみませんか?.

次の