ユーチューブ 音楽 クラシック。 「音楽の父」バッハの名曲オススメ10選【クラシック音楽】 | VOKKA [ヴォッカ]

クラシック音楽のおすすめで有名な名曲集まとめ30選!初心者向けのよく町中で聞くものを集めてみた!

ユーチューブ 音楽 クラシック

有名な曲一覧 ビゼーの死後1879年に友人エルネスト・ギローの手により完成された第2組曲 冒頭部分がアイルランド民謡『ミンストレル・ボーイ』に似てる? フルートとチェンバロのためのソナタ 変ホ長調(BWV. 1031)より(偽作?) J. バッハ『ポロネーズ』 管弦楽組曲第2番ロ短調(BWV1067)より。 主部の旋律がバスに移りフルートがオブリガートを奏でる。 フルートがソロ的な活躍をする管弦楽組曲第2番ロ短調(BWV1067)より シシリエンヌはシチリア舞曲シチリアーナのフランス語 元はピアノ連弾だがフルートとも相性が良い モーツァルトが家庭教師をしていた娘の父親がフルート愛好家で、娘の結婚式向けに作曲を依頼されたという。 第2楽章「アンダンティーノ」は単独でも演奏される。 ギリシア神話の牧神を象徴するパンの笛(パン・フルート)をイメージする楽器としてフルートが重要な役割を担っている 当初の曲名は「パンの笛(パン・フルート)」だったという。 フランスの名フルート奏者ルイ・フルーリーに献呈された無伴奏フルート作品。 笛つながりでフルートによる演奏機会も少なくない(ミニ・コンサートなどで) ピアノ独奏のための作品集『無言歌集』より ハンガリーのフルート奏者フランツ・ドップラーによるフルートの名曲 フルートのほかヴァイオリン独奏曲としても人気がある グルックのオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」劇中曲 ヴァイオリンとピアノの編成で演奏機会が多いがフルートも心地よい ピアノ曲集「子供の情景」より 歌曲集「白鳥の歌」より。 ドイツの詩人レルシュタープの詩に作曲された。 クライスラーによるヴァイオリン用の編曲が有名。 フルート名曲を集めた楽譜集にも収録されている。 ヘンデルのオペラ「セルセ」第1幕のアリア J. バッハ『平均律クラヴィーア曲集』第1巻の第1曲「前奏曲」が伴奏に用いられる 関連ページ クラシック音楽の有名な曲を、チェロやオーボエ、クラリネットなど曲中で主に用いられる楽器別にまとめたページ バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の

クラシックCDの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

ユーチューブ 音楽 クラシック

『モルダウ』は1874~79年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩『我が祖国』の2曲目です。 モルダウはチェコを流れる川の事でチェコにとっては昔から文化や物資を運ぶ交流の道として重要な役割を果たしてきました。 そんなチェコの象徴といえるモルダウ川の美しい情景を音楽で描いた曲がこの『モルダウ』です。 何となく哀愁の帯びた曲調ではありますが、我が祖国を想うスメタナの気持ちが伝わる壮大な曲であることは間違いないところ。 カラヤンの演奏を聴くと尚、そう思います。 スメタナが活躍した国民楽派についての記事もありますので合わせてご覧ください。 特に「ピアノの詩人」といわれるショパンはその類の名曲を数を多く残してます。 ただし、この『英雄ポロネーズ』はちょっと違った印象です。 ポロネーズとはショパンの祖国であるポーランドの民族舞踊のための曲で、主に貴族間で流行った舞曲となり格式高く、堂々とした印象を受ける曲調です。 さらにこの『英雄ポロネーズ』は祖国ポーランドのために闘う兵士のために作られた曲といわれているので一層、力強く、壮大な印象を受けます。 もっとも『英雄ポロネーズ』の『英雄』はショパンが正式につけたタイトルではないので、そういった逸話が残されている程度の話ですがw ショパンの『ポロネーズ』についての紹介記事もありますので合わせてご覧ください。 ピアノ・ソナタは3~4楽章からなる形式のピアノ曲ですがベートーベンはこのピアノ・ソナタ形式の曲を生涯に亘って作り続けました。 ベートーベンが活躍した古典派時代はピアノの発達が著しい時代でもあり、ベートーベンは新しいピアノが開発され、音域が広がる度にその性能をフルに使ったピアノ・ソナタを作曲しました。 『熱情』はちょうど当時の最新のピアノ、フランス・エラール製を使って作曲されており、ベートーベン中期の最高傑作とされています。 当時の最新ピアノを性能をフルに使った壮大で熱のこもった演奏から『熱情』というタイトルが後から付けられました。 上の動画は『熱情』の第3楽章になります。 クライマックスに向け、寸分の隙のない激しい演奏ですね~。 ベートーベンの『熱情』についての紹介記事もありますので合わせてご覧ください。

次の

有名なオペラ・歌劇の名曲・アリア

ユーチューブ 音楽 クラシック

アントニン・ドヴォルザーク作曲、交響曲第9番『新世界より』 テレビCMなどでもこの曲の第2楽章、第4楽章のテーマがよく用いられていますね。 新世界とはアメリカのこと。 新世界アメリカに滞在していたドヴォルザークが故郷ボヘミアに向けて作った曲です。 彼はボヘミアの音楽とアメリカ黒人の音楽が似ていることに刺激を受け、この楽曲を作成したと言われています。 そのためボヘミアやアメリカ黒人の古い民謡のモチーフがふんだんに取り入れられています。 第1楽章 Adagio - Allegro molto 第2楽章 Largo 第3楽章 Scherzo - Molto vivace 第4楽章 Allegro - Presto 実は、シューベルトの交響曲第7番は時代によって、その都度変化しています。 なぜならこの交響曲がその名の通り「未完成」だから。 時代によってこの曲がいつかかれたか、解釈が異なってきたんですね。 少し前までは、交響曲第8番として知られていました。 この交響曲、未完成ながら三大交響曲の一つとして知られています。 その理由は…。 そんなことはもちろん聞けばわかります!シューベルト特有の美しい響き、物悲しさがふんだんに取り入れられています。 私がこの曲を聞いたのは14歳のころなのですが、初めて聞いた時の感動は今も忘れていません。 未完成のまま残っていなかったらこれほど有名にはならなかったでしょう。 第1楽章 Allegro moderato 第2楽章 Andante con moto 第3楽章 Allegro 未完 ピョートル・チャイコフスキー作曲、交響曲第5番。 チャイコフスキーの作品は聞く人が赤面してしまうほど情緒的。 聞けば彼が何を考えてこのフレーズを作り出したのかわかってしまいそうです。 情熱、悲哀、喜び、全てを直球勝負で語りかけてくるような音楽。 この交響曲第5番は特にその傾向が強いですね。 第一楽章のクラリネットによる『運命の動機』に始まる暗澹性。 第二楽章のホルンの美しい調べ。 第三楽章のワルツ。 第四楽章の豪快さ。 まさに名曲です。 Allegro moderato 第4楽章 Finale. Andante maestoso - Allegro vivace Alla breve - Molto vivace - Moderato assai e molto maestoso - Presto ダダダダーン!!! ベートーヴェンはこのフレーズだけでこの曲を作ってしまうのですからやはり天才です。 世界三大交響曲の一つとしても数えられる有名すぎる交響曲、ベートーヴェン作曲交響曲第5番『運命』。 有名な「ダダダダーン」というのは「運命の動機」と呼ばれています。 この「運命の動機」は第一主題として使われるだけでなく、第二主題、第三主題、と様々な主題が登場してもなお、バックでまとわり続けます。 この「運命の動機」が穏やかな旋律の裏に流れ続けることによって、この交響曲に緊張感を生み出ているのですね。 第1楽章 Allegro con brio 第2楽章 Andante con moto 第3楽章 Allegro. atacca 第4楽章 Allegro - Presto ベートーヴェンの「第九」!みなさんは「第九」を聴いたことはあるでしょうか? 「第九」といえば年末に聞くことが多いですよね。 でも実はこの風習は日本だけなんです。 NHK交響楽団がまだ有名でなかった頃、年末に「第九」を演奏して、大成功。 それから日本では「第九」を演奏することが流行しはじめました。 「第九」は合唱つきであることから「合唱」もしくは「合唱つき」として副題をつけられることが多く、4人の独唱もついています。 これほど大編成なのにこれほど頻繁に演奏される交響曲は稀ですね。 第1楽章Allegro ma non troppo, un poco maestoso 第2楽章Molto vivace 第3楽章Adagio molto e cantabile - Andante moderato - Tempo I - Andante moderato - Tempo I - Stesso tempo 4曲あるブラームスの交響曲の中で最も有名な「交響曲第1番」。 ベートーヴェンを尊敬してやまないブラームスはベートーヴェンを超える交響曲を書こうと奮闘し、「ベートーヴェンの10番目の交響曲」と言われるほどの大曲を作曲することに成功しました。 この曲の最初の短調の主題はなんだか「運命」と歩調が似ていますが、実は第一楽章の終盤では先ほどの「運命の動機」が使われています。 本当にベートーヴェンを強く意識して作曲されている曲なのですね。 マーラーの交響曲は編成が大規模すぎて、近年まではあまり演奏されることはありませんでした。 しかもその曲の内容自体が難解!あまり評価されなかったのですね。 そんなマーラーの代表曲、交響曲第1番「巨人」。 この曲は比較的編成が小さいことから最も演奏機会の多い交響曲です。 この副題はジャンパウルの小説から取られた表題なのですが、作曲家本人は「これは適切な表題ではない」と言って破棄したのだとか。 ただ、重々しい第一主題からこの副題をつけた人の気持ちもなんだか察せますよね。 この曲を書く以前には「体制への反逆者」として扱われていた彼が自身の名誉を取り戻すために、革命20年を記念して書いた交響曲です。 この曲はある意味「わかりやすい音楽」となっていて、今までの先進的で前衛的な交響曲とは異なり、古典的な構成となっています。 この曲の作曲以後、ショスタコーヴィチは名誉を徐々に取り戻していきます。 特に第四楽章が有名で、力強く迫力ある曲になっています。 少しジョンウィリアムズのスターウォーズに似たフレーズなどもあり、大衆受けした理由がわかりような気がしますね。 第1楽章Moderato - Allegro non troppo 第2楽章Allegretto 第3楽章Largo 第4楽章Allegro non troppo.

次の