ホロライブ 炎上。 【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

ホロライブvtuber「常闇トワ」同棲彼氏バレ疑惑で引退しろと炎上

ホロライブ 炎上

この記事はされています。 元の記事は存在していますが、自動的に「削除しました」にされる設定になっているのです。 レスをクリックして飛ばされてきた人へ そのはです。 不適切なやだとに判断されるとをされますが、このときにが「削除しました」 この項にされない に変わります。 これををまねて直接「削除しました」と書き込む遊びが同様ににも存在します。 本物は日時も「削除しました」に変わります。 ここののなど しかし、日時は表示されているためやっぱり見分けはつきます。 「削除しました」に限らず、どんな書き込みでもする前に一呼吸置いて考えてみましょう。 これを見ている時点でだと思いますが…。 つかいかた 元の記事を復帰したい場合 上の方に表示される「 ~」をすると元記事のにします。 記事編集画面を開いてを解除してください。 この記事(削除しました)そのものを編集しても元には戻りません。 されている記事や記事を参照する方法については「」を参照してください。 「削除しました」にリダイレクトしたい場合 したい記事の編集画面を開き、「 自動での移動 先の」のボックスに「削除しました」の" 7"を定してください。 注意点• 削除しましたへの・の復帰を行う際は十分なを経た上で、慎重に行ってください。 、など、悪質なに該当すると思われる記事は「」で報告してください。 自分に都合の悪い記事を隠蔽するなどの的で「削除しました」をすると、によるペナルの対となることがあります。 関連記事• いやまあ私が「質を抜きにしたら」っていう文脈で言いたいのは、にじとかとか関係なく、全部いらなくない?ってことが言いたいのよ。 ずっとをVので埋め尽くす気なの?そういう状況見て全部がって思われるしさ。 それと同じで個別の人物の記事で続けるのもどうかと思うのよ。 心痛めてにじの個別記事のの依頼とかもに要望してるくらいだがね。 まあ一個作るからこういう話になるんだけどな?ああ面倒くさい。 ああ、V全体が嫌いでもたいから用記事が欲しいってことなら、まあ私は記事の内容見て依頼出すよ。 そもそも用記事を乱立すること自体がおかしいんだからね。 既存記事にも出してるしさ。 で、本当に私が言うのも難だけど、ここも記事のだからな。 一文書いてる私が言えたことじゃないけど、あんまり伸ばさんようにね。 1685 ななしのよっしん.

次の

[B!] Vtuber 【ホロライブ】炎上不可避!?『建築王騒動』まとめ

ホロライブ 炎上

カバー株式会社(以下「当方」といいます。 )は、会員にご登録頂いた個人情報について、その重要性を認識した上で本ポリシーにしたがって適切に管理いたします。 個人情報の範囲 hololiveでは、次の各号に該当する情報のうち、利用者個人を識別することができる情報を個人情報として扱います。 1)hololiveの会員登録のための画面や商品の購入を申し込むための画面、その他の画面等に利用者が記入し、当方に提供された情報 2)その他hololiveに関して、当方が利用者から提供を受けた情報 hololiveでは、事前に利用者に通知した上で当方が収集業務を委託する会社(当方と守秘義務を締結します)を除き、当方以外の第三者が個人情報を収集することはありません。 hololiveのリンク先など、当方以外の第三者が個人情報を収集するウェブサイトでは、本プライバシーポリシーは適用されず、当方では一切の義務や責任を負いかねます。 それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーなどをご確認くださいますようお願いします。 なお、hololiveにおいて公開される情報は、利用者個人が識別されない範囲に限っております。 情報の収集 ・hololiveでは、hololiveをご利用いただくのに必要な情報のほか、利用者の皆様によりhololiveを楽しく、便利に使って頂けるよう活用する目的で個人情報を収集させていただくことがあります。 ・hololiveでは、キャラクターのなりきり機能のために、Appleが提供するTrueDepth API等を利用して顔の表情データを取得しますが、キャラクターへのなりきり以外の目的では使用せず、取得したデータを保存したり、第三者に共有することはありません。 ・hololiveや提携企業が提供する懸賞やその他のアンケートを目的としたページまたはイベントで、個人情報をお聞きすることがあります。 ・会員がhololiveにログインした場合、当該会員がどのようにサービスを利用しているのかが当方にわかるようになります。 ・利用者がhololiveのサービスのページを閲覧したり利用したりする際に、IPアドレスやクッキー情報などを自動的に取得します。 情報の利用と開示 当方は、hololiveを通じて収集した個人情報を以下の目的のために利用します。 ・利用者ひとり一人の利用状況や趣味嗜好に適合したサービスや広告を提供、表示するため。 ・利用者の興味を知り新規サービスを開発するため。 ・プレゼント企画で当選した場合に、その商品を配送するため。 ・サイト運営上必要な告知を利用者に対して行うため ・統計分析の為 なお、統計分析の結果については第三者に広く公開することがありますが、個々の個人情報が統計分析の結果に含まれることはありません。 当方が利用者の個人情報を第三者に開示することはありません。 但し以下の場合を除きます。 利用者本人の同意がある場合 2. 利用者に製品やサービスを提供する目的で、当方からの委託を受けて業務を行う会社(当方と守秘義務契約を締結します)が情報を必要とする場合(運送業者へのお届け先情報などの開示等を指します。 これらの会社が、当該業務に必要な範囲を超えて情報を利用することはできません。 ) 3. 裁判所、弁護士会及び警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合 4. 当方の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合 5. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合 また、提携企業がイベントなどでhololiveを通じて利用者の情報を収集・利用する場合には、都度その旨を利用者に明示し、本人の同意を得た上でhololiveから提携企業に情報を提供します。 クッキーについて hololiveの一部では、利用者がより満足いただけるサイトに改良/変更等するために、クッキー(Cookie)を利用しています。 クッキーとは、ウェブの閲覧等をした際に、ブラウザとサーバの間で送受信される小さなファイルです。 利用者が、ご利用のパソコンでクッキーを受け取る設定にしている場合に、お使いのパソコンの所定の場所に保存されます。 クッキーを使用することで、hololiveのサーバは特定のコンピュータがhololive内のどのページを訪れたか等(以下「クッキー情報」といいます。 )を記録することが可能となります。 ただし、利用者が、利用者自身の個人情報をhololive内に入力されない限り、利用者個人を識別することはできませんのでご安心ください。 また、利用者がご自身でクッキーの受取を拒否する、或いは、クッキーを受け取った場合に警告を表示させるようブラウザの設定を変更することができます(詳しくはご使用のブラウザの説明をご参照下さい)。 ただし、クッキーの受取を拒否された場合、hololiveのサービスの一部がご利用できなくなる場合もございます。 hololiveでは、クッキーを以下の目的で使用します。 ・不正な利用を確認するために使用することがあります。 ・よりカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、会員を確認しhololive内の登録情報にアクセスするためにクッキーを使用します(会員が登録またはログインするときに設定されます。 ) ・効果的に広告を表示するために使用することがあります。 ・利用者数を計り、統計分析を行うために使用することがあります。 アクセスログについて 当方は、利用者の皆様がhololiveのウェブページにアクセスした際に、その情報を当方サーバにアクセスログという形で記録し一定期間保存しています。 アクセスログに記録される内容は、アクセスされた日時、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、クッキー情報などです。 これらは当方のサーバの運用情報としてサーバの利便性の向上、サーバ管理、不正な利用に対する調査の目的で利用いたします。 登録情報に関するお問い合わせ窓口 会員登録の際などにご登録いただいた個人情報は、hololive内の所定のページにて、ご自身で随時ご変更いただけます。 なお、なんらかの理由によりご自身で変更がうまくいかない場合や、ご自身の個人情報に関しては、当方へお問い合わせください。 改訂 当方は各規約、ガイドライン及び約款(以下「規約等」といいます。 )を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。 また改訂された規約等は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。 改訂された規約等については、サイト上あるいは電子メールで告知されるものとします。

次の

【悲報】vtuberグループホロライブ大炎上で完全にオワコンへ

ホロライブ 炎上

どうも。 とある地方の大学院生です。 最近、何かと話題になっているホロライブ。 私自身、ホロライブのライバーのファンになった者の一人です。 そんなホロライブなのですが、最近、マネージャーのライバーへのストーカー行為、ゲーム実況の無許諾配信問題と、界隈を騒がせております(もういろいろなところで解説されているのでここでは詳細は割愛します)。 また、それに伴い、ホロライブ運営やそのライバーへ様々な批判の声が殺到しているという状態です。 前提として、私は一 いち ファンとしてこの状況を大変残念に思いつつも、ホロライブ側へ過度に擁護しようとは思いません。 ただ、これからホロライブが発展していくために何が必要なんだろうと私なりに堂々巡りしていきたいと思います。 エゴサをしない勇気 最近、ホロライブの癒月ちょこさんが度々炎上していることは皆さんもご存知だと思います。 彼女自身、これまでの批判の声でフラストレーションがたまっていたことでしょう。 「 エゴサはやめよう」。 これは確かに大切なことだと思いました。 コンテンツを長く続けていく上でファンからの指摘を拾っていく作業も大切ですし、そのような意見を蔑ろにしすぎるのは良くないですが、アンチコメントにまで目を向ける必要はない気がします。 知名度が拡大していく中で、アンチや荒らしは付き物ですし、それにいちいち突っ込んでいっては確実に疲弊してしまいます。 火消しをしたい気持ちは分かりますが、この件に関してはあえて配信する必要はなかったと個人的に思います。 それでも人気は衰えていない 様々な問題を抱えたままのホロライブですが、チャンネル登録者数が全体的に増え続けていることには変わりがありません。 また、全ライバーが銀の盾がもらえるまで登録者数を伸ばしています。 これをどう捉えるかは人次第ですが、少なくとも、今の動画スタイルが数十万人に受けているということは分かります。 私が思うに、ホロライブのライバーはアイドルという側面があり、「ゲームが上手い人の実況を見に来た」という視聴者よりは「実況しているライバーに魅力を感じたので来た」という人が多いと思います。 しばらくはゲーム実況もかなりの制約がありますが、歌枠やワードウルフやオリジナルすごろくなどの手軽なボードゲームの配信なども好評であり、まだまだ配信のバリエーションがありそうです。 「立ち止まるホロライブ」~YAGOO社長の思惑~ 「立ち止まる」という言葉は今回の炎上についでではなく、谷郷さんのこちらの記事に由来しているものです。 この記事で谷郷さんは、「一旦立ち止まりたい。 急速に事業を拡大し過ぎて無理が来てしまった。 」と反省しつつ、これから体制を盤石化させることを述べています。 この時期にこのお話をしたのは偶然なのでしょうか。 一旦立ち止まった谷郷社長は、この状況をどう対応していくのか、これから注目ですね。 ホロライブのこれから 小賢しいと言われつつも、独自の戦略で拡大し続けてきたホロライブ。 今後は大きくなるにつれてそれ相応の対応をしないといけません。 おそらくライバーは運営の方針に従って動いている人がほとんどでしょうし、上の不祥事が原因で矛先を向けられているライバーを運営は守っていかなければなりません。 また、ファンである私たちには「推しを信じること」しかできません。 私たちも同様に、変に動くことは控えて、彼女らの今後の活躍を見守っていきましょう。 ホロライブが「今は終焉をただ見守るのみ」という言葉を反論でなく、実力ではねのけるような今後を祈って今回のnoteを終わります。 それでは。

次の