シロナ 戦 bgm。 シロナ戦 bgm

シロナ戦 bgm

シロナ 戦 bgm

ポケモンの戦闘曲一覧では、『』のをにする。 現時点では、となるののみをまとめている。 作品略称の凡例 この項では以下のを用いる。 RY:『・・』• C:『』• うち、『』のみをす場合は「 Cr」としている。 :『』• うち、『』のみをす場合は「 」としている。 :『』• Pt:『・』• うち、『』のみをす場合は「 Pt」としている。 :『』• :『』• :『』• :『』• :『』 表の見方• や世代によって曲名が異なる場合は、「曲名」の欄で同じ内に複数の曲名を並べて記載している。 右側の「収録作品」の欄では、その曲が収録されている作品を表示している。 濃いは、その作品で新たにが施されていることを現す。 (基本的に一番左にある表示がとなる)• 薄いは、作品から同じ音がそのまま再収録されていることを現す。 戦闘曲一覧 カントー系 曲名 収録作品 戦い 野生! 初代では相手がLだろうとLvだろうと野生なら全てこれが流れるが、のでは用にが何種類か用意された 後述。 しかしでは逆戻りし、これらのはまたこの一般野生戦に。 にもこれをとした用が収録されている 後述。 : 戦い RY C RS E Pt OR 戦い RY C RS E Pt OR! RY C RS E Pt OR の戦。 「」はに出現する三 ・・ 、三 ・・ 、、で流れる汎用戦で、のちに発売されたにも再収録。 「」はの、「! 」はの専用。 「」にはグネグネした音が追加。 」はより秘的な。 ジョウト系 曲名 収録作品! 野生 一 C RY C RS E Pt OR の野生戦。 正確にはの26~ばんどうろ&の野生戦も含む。 うちでは加えて三 ・・ もこれ。 三はで、とはでそれぞれ専用曲が与えられた。 ちなみにC版ではとでに音色が異なり、verはverにべて静。 RY C RS E Pt OR 戦の。 「せんすい」のらしく潜していくようなから始まる。 大の秘との物恐ろしさを感じられる。 これでいてじゃない。 【 通信対戦:13】 RY C RS E Pt OR 戦の。 々しい調の。 【 通信対戦:12】 ホウエン系 曲名 収録作品! 野生 RY C RS E Pt OR の一般野生戦。 【 通信対戦:2】! RY C RS E Pt OR の一般戦。 戦もこれ では最のみ後述する特殊演出曲に。 【 通信対戦:1】 :! ・ RY C RS E Pt OR 員と員戦の。 のみ別曲 後述。 【 通信対戦:5】! ・」のを使用した、より重圧感を感じるとなっている。 【 通信対戦:6】! 美奈子 英明 RY C RS E Pt OR の戦。 【 通信対戦:4】! RY C RS E Pt OR の戦。 初の戦専用。 【 通信対戦:8】! で生まれた「」が有名で、ではほぼ確実に「 たーきーのーぼーりー」というが発生する。 【 通信対戦:9】 :! Pt RY C RS E Pt OR のしたっぱ戦。 ステキならしいステキで。 したっぱのくせに。 幹部 Pt RY C RS E Pt OR 幹部戦。 ではない幹部格の団員に専用のがついた一の例である。 したっぱのをさせてやに変更を加えた曲となっている。 Pt RY C RS E Pt OR ・戦の。 としての威厳と貫のあるな。 Pt RY C RS E Pt OR! Pt RY C RS E Pt OR の戦と、戦。 同じ曲と勘違いされることが多いが実際は変調。 verはverより高い。 曲の冒頭が・のとよく似ている。 ではの戦でも流れる Ptで後述する別曲が用意された。 者のによれば、氏の一番のお気に入りの曲の一つであるとのこと。 人によってはらしい。 加えて、ではないがPtの「」に出現するでも流れる。 「なんかやばそうなのが出てきた」と思わせるような旋から始まる、ちょっと怖いを持つ。 曲の後半にの内と同じが使用されている。 Ptはな曲が多いが、この曲もやはりきれいなの音色が特徴の秘的な。 曲の冒頭に「」ののが使用されている。 【 通信対戦:15】! 版戦の面を残す。 加えてのが旋に使われている。 やはり「」として名高い。 にもがあるため収録されているが、版音そのままではなく少しが施されている。 Pt RY C RS E Pt OR 戦。 初出は。 に登場するには専用がなく、前述した汎用戦が流れていた。 「この世の反対側」を思わせる音が随所にちりばめられており、時のにあわせて音の強さやにも緩急が付けられ、全体的に高低差のしい不安定な曲となっている。 【 通信対戦:】 RY C RS E Pt OR の曲。 とが特徴の、重くしいがときに静かでもある緩急の強い曲。 の特殊内で聞くことができるが、もともとはPtの戦での「」として用意されていた。 Ptのはとなってしのも「没曲」となってしまったが、その代わりにで「特殊用の」として収録され救済された。 一応本来はのようなのでこの表に掲載している。 イッシュ系 曲名 収録作品! 強い野生 RY C RS E Pt OR の野生戦。 ・前者:一般野生戦。 で少しが施されている。 に化けているやの隠しはではなくこちら。 ・:用版。 「 の」とでも言ったほうが通じやすいかも知れない。 RY C RS E Pt OR の戦。 ・前者:一般戦。 で少しが施されている。 ではサンヨウでの を 、サンギでの を 、の 心 、前でのの、との初戦でもこの曲が流れる。 ・:に登場する戦用の版。 今までにないの、軽くて可らしい。 で戦うことができるやの一人・ヴィオとのでもこれ。 版と版で大きくが異なる。 特にはほぼ別曲で、版では組織らしくなったにあわせてよりしいとなっている。 ののと同じが使用されている。 N RY C RS E Pt OR 戦。 の「Nの」での最終のみが流れる。 前者も版と版で大きくが異なる。 「」がになっている。 特に「! N」に関してはひたすらに拘っており、例えばは、 ド の音を基準の1番として、 レ: 2番 、 ミ: 3番 、 ソ: 5番 、B3 シ: 7番 、F4 : 11番 、A4 ラ: 13番 、 ミ: 番 、G5 ソ: 19番 、D6 レ: 番 と、全て番の音階で構成されている。 の他にも要素が曲全体にちりばめられており、全 音節でこれも。 「」という名前の由来はの「G ゲー 」「 ツィス 」で、それぞれ「ソ」「ド」を表す。 こののや、使用されている等はこれらの二つの音階で構成されている。 版と版で大きくが異なる。 ・版:らしい静かで暗い曲。 では当然のとなりやすい。 このことから「 」やら「 」やら「 」やら 「」やらと言われ邦題。 版から一転して、自身の焦りを感じさせるようなでしい曲となっている。 野生戦・戦と同じくやはりで少しが施されている。 相手が最後の一体になるとが変化する 後述。 はの前! で「Nの」に達が乗り込むでも流れた。 版はされ版よりちょっと音がになっている。 も高い。 RY C RS E Pt OR の戦。 緊迫感の漂うな雰囲気の。 RY C RS E Pt OR の・戦の。 と、の戦でも流れる。 の曲というを持つ人も多い。 これまでのの戦とは毛色が異なり、特有の緊迫感に満ちた曲ではなく、の「楽しさ」を前面に出したような明るく軽快な曲調のとなっている。 RY C RS E Pt OR に登場する戦の汎用。 三闘 ・・ 、三 ・・ とので流れる。 に登場する戦もこれ。 オケヒの多用と、そして何よりも、が上がっていったと思ったら急減速したりする不安定な曲調が特徴。 「」で飽きるほど聴いた人も多いであろう。 【 通信対戦:18】! ・ RY C RS E Pt OR! レシゼクらしい勇ましいルな。 曲の冒頭のがの11~15ばんどうろ 『』『そこそこ! くいをはさんでがわ』などので有名な のによく似ている。 他にも作の様々なのが使われていると言われている。 曲名が「! ・」「! 」で分かれていることからもわかる通りそれぞれが少し異なるが、実は戦と戦でもに異なる箇所がある。 verは途中で「」という鳴のような音、verは代わりに「ボオーッ」という炎が噴出するような音が流れる。 verにはこのようなが流れない代わりに、のが少しされており、さらにが追加されている。 【 通信対戦:19】 で! RY C RS E Pt OR のときに流れる演出。 それまで流れていたが中断し強制的にこの曲に切り替わる。 対戦では、「がんじょう」や持ち物「」の効果によってが1で残りこの曲が流れ出すというが多いため、「頑丈の」などと呼ばれることも。 : 決勝戦! RY C RS E Pt OR 決勝戦の。 系の中でも異を放つ、感・開放感に満ちた。 各のの集結する戦に相応しい、新しくもどこか懐かしさを感じられる集大成的なとなっている。 でも・・らと戦うことができるが、していない彼らとのではこの曲ではなく前述した「! ・」「! 」が流れる。 曲のはのOPの冒頭部分と同一 っぽいとも言われる。 中盤以降からはレシゼク戦と同じが流れる。 カロス系 曲名 収録作品! 野生 RY C RS E Pt OR の一般野生戦。 【 通信対戦:2】! RY C RS E Pt OR の一般戦。 で戦うとの初戦もこれ。 でも、とで通信対戦する際やのを再生する際にこのが流れる。 ではジーナ・シオとで戦うときにこのが流れる。 しれっと3作連続で使われる曲となった。 【 通信対戦:1】! RY C RS E Pt OR の「」、すなわち、、、、戦の。 【 通信対戦:3】 戦。 」と同じく、やはり関連の共通のが使用された。 別名「イベの」 【 通信対戦:7】! RY C RS E Pt OR の戦。 後の戦でも流れる。 これまでのものと毛色がかなり異なり、調のとなっている。 【 通信対戦:4】! 継承者 RY C RS E Pt OR 継承者戦。 でので流れる。 中一回しか聴くことができない上にがで一で終わってしまい、 放置でもしない限り 長く聴くことができない。 ちょっともったいない。 【 通信対戦:5】! RY C RS E Pt OR の戦。 では戦もこれ。 方向性は本作戦と似ており、やはりこれまでの戦と毛色が異なるな。 色々とキレてる本作だがもキレてる。 【 通信対戦:10】! RY C RS E Pt OR の・戦の。 優で煌びやかな。 曲の後半のが戦のものに似ている。 【 通信対戦:11】! 々しく壮大な。 では「王の」と呼ばれることも。 【 通信対戦:8】! RY C RS E Pt OR と三 ・・ 戦の。 初代の野生戦をしたような。 ももちろんと同じ。 曲の前半で溜めに溜めて、後半から初代のが流れ始めるという、サプラ色の強い。 【 通信対戦:9】 アローラ系 仮設です。 曲名 収録作品! その他 曲名 収録作品 決勝! ス 美奈子 RY C RS E Pt OR 大会「ス」決勝戦専用の限定。 戦をにした。 特に「S4」決勝戦でセ選手のが活躍したことが印に残っている人も多く、そのことから「の」などという呼ばれ方をされることも。 関連商品 関連項目• () ポケモンの戦闘曲と関係が深いワード•

次の

ポケモンの戦闘曲一覧とは (ポケモンノセントウキョクイチランとは) [単語記事]

シロナ 戦 bgm

ポケモンの戦闘曲一覧では、『』のをにする。 現時点では、となるののみをまとめている。 作品略称の凡例 この項では以下のを用いる。 RY:『・・』• C:『』• うち、『』のみをす場合は「 Cr」としている。 :『』• うち、『』のみをす場合は「 」としている。 :『』• Pt:『・』• うち、『』のみをす場合は「 Pt」としている。 :『』• :『』• :『』• :『』• :『』 表の見方• や世代によって曲名が異なる場合は、「曲名」の欄で同じ内に複数の曲名を並べて記載している。 右側の「収録作品」の欄では、その曲が収録されている作品を表示している。 濃いは、その作品で新たにが施されていることを現す。 (基本的に一番左にある表示がとなる)• 薄いは、作品から同じ音がそのまま再収録されていることを現す。 戦闘曲一覧 カントー系 曲名 収録作品 戦い 野生! 初代では相手がLだろうとLvだろうと野生なら全てこれが流れるが、のでは用にが何種類か用意された 後述。 しかしでは逆戻りし、これらのはまたこの一般野生戦に。 にもこれをとした用が収録されている 後述。 : 戦い RY C RS E Pt OR 戦い RY C RS E Pt OR! RY C RS E Pt OR の戦。 「」はに出現する三 ・・ 、三 ・・ 、、で流れる汎用戦で、のちに発売されたにも再収録。 「」はの、「! 」はの専用。 「」にはグネグネした音が追加。 」はより秘的な。 ジョウト系 曲名 収録作品! 野生 一 C RY C RS E Pt OR の野生戦。 正確にはの26~ばんどうろ&の野生戦も含む。 うちでは加えて三 ・・ もこれ。 三はで、とはでそれぞれ専用曲が与えられた。 ちなみにC版ではとでに音色が異なり、verはverにべて静。 RY C RS E Pt OR 戦の。 「せんすい」のらしく潜していくようなから始まる。 大の秘との物恐ろしさを感じられる。 これでいてじゃない。 【 通信対戦:13】 RY C RS E Pt OR 戦の。 々しい調の。 【 通信対戦:12】 ホウエン系 曲名 収録作品! 野生 RY C RS E Pt OR の一般野生戦。 【 通信対戦:2】! RY C RS E Pt OR の一般戦。 戦もこれ では最のみ後述する特殊演出曲に。 【 通信対戦:1】 :! ・ RY C RS E Pt OR 員と員戦の。 のみ別曲 後述。 【 通信対戦:5】! ・」のを使用した、より重圧感を感じるとなっている。 【 通信対戦:6】! 美奈子 英明 RY C RS E Pt OR の戦。 【 通信対戦:4】! RY C RS E Pt OR の戦。 初の戦専用。 【 通信対戦:8】! で生まれた「」が有名で、ではほぼ確実に「 たーきーのーぼーりー」というが発生する。 【 通信対戦:9】 :! Pt RY C RS E Pt OR のしたっぱ戦。 ステキならしいステキで。 したっぱのくせに。 幹部 Pt RY C RS E Pt OR 幹部戦。 ではない幹部格の団員に専用のがついた一の例である。 したっぱのをさせてやに変更を加えた曲となっている。 Pt RY C RS E Pt OR ・戦の。 としての威厳と貫のあるな。 Pt RY C RS E Pt OR! Pt RY C RS E Pt OR の戦と、戦。 同じ曲と勘違いされることが多いが実際は変調。 verはverより高い。 曲の冒頭が・のとよく似ている。 ではの戦でも流れる Ptで後述する別曲が用意された。 者のによれば、氏の一番のお気に入りの曲の一つであるとのこと。 人によってはらしい。 加えて、ではないがPtの「」に出現するでも流れる。 「なんかやばそうなのが出てきた」と思わせるような旋から始まる、ちょっと怖いを持つ。 曲の後半にの内と同じが使用されている。 Ptはな曲が多いが、この曲もやはりきれいなの音色が特徴の秘的な。 曲の冒頭に「」ののが使用されている。 【 通信対戦:15】! 版戦の面を残す。 加えてのが旋に使われている。 やはり「」として名高い。 にもがあるため収録されているが、版音そのままではなく少しが施されている。 Pt RY C RS E Pt OR 戦。 初出は。 に登場するには専用がなく、前述した汎用戦が流れていた。 「この世の反対側」を思わせる音が随所にちりばめられており、時のにあわせて音の強さやにも緩急が付けられ、全体的に高低差のしい不安定な曲となっている。 【 通信対戦:】 RY C RS E Pt OR の曲。 とが特徴の、重くしいがときに静かでもある緩急の強い曲。 の特殊内で聞くことができるが、もともとはPtの戦での「」として用意されていた。 Ptのはとなってしのも「没曲」となってしまったが、その代わりにで「特殊用の」として収録され救済された。 一応本来はのようなのでこの表に掲載している。 イッシュ系 曲名 収録作品! 強い野生 RY C RS E Pt OR の野生戦。 ・前者:一般野生戦。 で少しが施されている。 に化けているやの隠しはではなくこちら。 ・:用版。 「 の」とでも言ったほうが通じやすいかも知れない。 RY C RS E Pt OR の戦。 ・前者:一般戦。 で少しが施されている。 ではサンヨウでの を 、サンギでの を 、の 心 、前でのの、との初戦でもこの曲が流れる。 ・:に登場する戦用の版。 今までにないの、軽くて可らしい。 で戦うことができるやの一人・ヴィオとのでもこれ。 版と版で大きくが異なる。 特にはほぼ別曲で、版では組織らしくなったにあわせてよりしいとなっている。 ののと同じが使用されている。 N RY C RS E Pt OR 戦。 の「Nの」での最終のみが流れる。 前者も版と版で大きくが異なる。 「」がになっている。 特に「! N」に関してはひたすらに拘っており、例えばは、 ド の音を基準の1番として、 レ: 2番 、 ミ: 3番 、 ソ: 5番 、B3 シ: 7番 、F4 : 11番 、A4 ラ: 13番 、 ミ: 番 、G5 ソ: 19番 、D6 レ: 番 と、全て番の音階で構成されている。 の他にも要素が曲全体にちりばめられており、全 音節でこれも。 「」という名前の由来はの「G ゲー 」「 ツィス 」で、それぞれ「ソ」「ド」を表す。 こののや、使用されている等はこれらの二つの音階で構成されている。 版と版で大きくが異なる。 ・版:らしい静かで暗い曲。 では当然のとなりやすい。 このことから「 」やら「 」やら「 」やら 「」やらと言われ邦題。 版から一転して、自身の焦りを感じさせるようなでしい曲となっている。 野生戦・戦と同じくやはりで少しが施されている。 相手が最後の一体になるとが変化する 後述。 はの前! で「Nの」に達が乗り込むでも流れた。 版はされ版よりちょっと音がになっている。 も高い。 RY C RS E Pt OR の戦。 緊迫感の漂うな雰囲気の。 RY C RS E Pt OR の・戦の。 と、の戦でも流れる。 の曲というを持つ人も多い。 これまでのの戦とは毛色が異なり、特有の緊迫感に満ちた曲ではなく、の「楽しさ」を前面に出したような明るく軽快な曲調のとなっている。 RY C RS E Pt OR に登場する戦の汎用。 三闘 ・・ 、三 ・・ とので流れる。 に登場する戦もこれ。 オケヒの多用と、そして何よりも、が上がっていったと思ったら急減速したりする不安定な曲調が特徴。 「」で飽きるほど聴いた人も多いであろう。 【 通信対戦:18】! ・ RY C RS E Pt OR! レシゼクらしい勇ましいルな。 曲の冒頭のがの11~15ばんどうろ 『』『そこそこ! くいをはさんでがわ』などので有名な のによく似ている。 他にも作の様々なのが使われていると言われている。 曲名が「! ・」「! 」で分かれていることからもわかる通りそれぞれが少し異なるが、実は戦と戦でもに異なる箇所がある。 verは途中で「」という鳴のような音、verは代わりに「ボオーッ」という炎が噴出するような音が流れる。 verにはこのようなが流れない代わりに、のが少しされており、さらにが追加されている。 【 通信対戦:19】 で! RY C RS E Pt OR のときに流れる演出。 それまで流れていたが中断し強制的にこの曲に切り替わる。 対戦では、「がんじょう」や持ち物「」の効果によってが1で残りこの曲が流れ出すというが多いため、「頑丈の」などと呼ばれることも。 : 決勝戦! RY C RS E Pt OR 決勝戦の。 系の中でも異を放つ、感・開放感に満ちた。 各のの集結する戦に相応しい、新しくもどこか懐かしさを感じられる集大成的なとなっている。 でも・・らと戦うことができるが、していない彼らとのではこの曲ではなく前述した「! ・」「! 」が流れる。 曲のはのOPの冒頭部分と同一 っぽいとも言われる。 中盤以降からはレシゼク戦と同じが流れる。 カロス系 曲名 収録作品! 野生 RY C RS E Pt OR の一般野生戦。 【 通信対戦:2】! RY C RS E Pt OR の一般戦。 で戦うとの初戦もこれ。 でも、とで通信対戦する際やのを再生する際にこのが流れる。 ではジーナ・シオとで戦うときにこのが流れる。 しれっと3作連続で使われる曲となった。 【 通信対戦:1】! RY C RS E Pt OR の「」、すなわち、、、、戦の。 【 通信対戦:3】 戦。 」と同じく、やはり関連の共通のが使用された。 別名「イベの」 【 通信対戦:7】! RY C RS E Pt OR の戦。 後の戦でも流れる。 これまでのものと毛色がかなり異なり、調のとなっている。 【 通信対戦:4】! 継承者 RY C RS E Pt OR 継承者戦。 でので流れる。 中一回しか聴くことができない上にがで一で終わってしまい、 放置でもしない限り 長く聴くことができない。 ちょっともったいない。 【 通信対戦:5】! RY C RS E Pt OR の戦。 では戦もこれ。 方向性は本作戦と似ており、やはりこれまでの戦と毛色が異なるな。 色々とキレてる本作だがもキレてる。 【 通信対戦:10】! RY C RS E Pt OR の・戦の。 優で煌びやかな。 曲の後半のが戦のものに似ている。 【 通信対戦:11】! 々しく壮大な。 では「王の」と呼ばれることも。 【 通信対戦:8】! RY C RS E Pt OR と三 ・・ 戦の。 初代の野生戦をしたような。 ももちろんと同じ。 曲の前半で溜めに溜めて、後半から初代のが流れ始めるという、サプラ色の強い。 【 通信対戦:9】 アローラ系 仮設です。 曲名 収録作品! その他 曲名 収録作品 決勝! ス 美奈子 RY C RS E Pt OR 大会「ス」決勝戦専用の限定。 戦をにした。 特に「S4」決勝戦でセ選手のが活躍したことが印に残っている人も多く、そのことから「の」などという呼ばれ方をされることも。 関連商品 関連項目• () ポケモンの戦闘曲と関係が深いワード•

次の

シロナ戦BGM [ニコニコあっぷる]

シロナ 戦 bgm

BGMの中から、個人的に名BGMを選曲してみました! 2016年9月版です。 安定感の無い感じが良いですよね。 グリーンらしいハイテンポと、緊張感を煽るメロディがラストバトルを盛り上げています! FRLGの少しひねくれたような音源だからこそ、この張り詰めた感じが表現されているのでしょう。 唯一のである主旋律のバイオリンによって、BGMらしさ溢れるメロディが演奏されています! ヒガナ自体の人気はさておき、BGMとしてはかなり人気の高いBGMですね。 多様な変化のあるBGMですが、どのパートでも特有の世界感が高いレベルで表現されています! 他のBGMにはない唯一の音響で、「らしくないBGM」と言われることもありますが、音程にはしっかり特有のメロディが確認できます。 特有のメロディを全面に押し出しつつ、伝説のにふさわしい壮大さを感じさせるBGMですね。 BGMランキングを見ると、大体下位にあるのが残念です… 大きな起伏は有りませんが、その分長く聴いていられるBGMだと思います。 ちなみに、戦とレシラム戦には正確には小さな違いがあります。 らしさを大切にしつつ、「PWTの魅せる戦闘」というイメージが完璧に表現されています! BGMにおいて、テンション、緊迫感共にかなりレベルの高いBGMですね。 今回のランキングでも一部話を上げましたが、やはりPWTのBGMはテンションが上がります! その中でも決BGMは、基本メロディからの展開力も群を抜いており、何処までも果てしなく爽快なBGMになっています。 DP特有の暗い音源をハイテンポで奏でることで、独特の緊張感を醸し出しています。 シロナという登場人物のイメージに非常にマッチしていて、もはやシロナの象徴と言っても過言ではありません。 ダイパ世代の人にとっては、かなり思い出深い曲なのではないでしょうか? かく言う私も、思い出補正がかかっていることは確実ですね。 ならではのクリアな音源から感じられる、この疾走感が良いですよね! 可愛いイメージと格好良いイメージの音が織り交ぜられることで、不安と緊張感を煽るような曲になっています。 一周の繋ぎ目がとても自然で、昂ぶった気持ちを途切れさせないのもまた素晴らしいです。 もう少しで決着という時に流れるのがアツい! らしさ溢れる、とてもシンプルなBGMですね! 基本メロディは金銀系のタイトルBGMに近いですが、緊張感と壮大さをプラスして、更にテンションの上がるBGMに仕上がっています。 BW2ではこのBGMのリメイクが聴けますが、あちらは更に疾走感が増した感じになっています。 ハイテンポ・ハイテンションのBGMですね! 特にイントロ部分の疾走感は、金銀系のジムリーダー戦のと言えるのではないでしょうか。 基本に忠実且つ、迫力マックス! らしさを前面に押し出たメロディもさることながら、迫力のある独特な主旋律と不安を煽るかのような副旋律が絶妙にマッチし、他の戦闘とは比べ物にならない程の緊迫感と壮大さが生み出されています! イントロ部分の落ち着いた雰囲気も、BGM全体の迫力を際立たせるのに一役買っているように思えます。 バトルの歴史的立ち位置、作品的な戦闘の価値、そしてBGM自体の完成度… 様々か方面から見て「もっともらしいBGM」だと言っても過言ではないでしょう。 まとめ さて、今回の戦闘BGMランキング、どうでしたか? 今回は、「らしさ」を重視して選出してみたので、大方のランキングとはズレ気味でしたね。 自分の考えるランキングとどのあたりが違ったかなど、コメントでお寄せいただけると光栄です! 続編のような形です、よろしければこちらもどうぞ。 以上です。 smcn616.

次の