かぐや様は告らせたい 166。 鈴木雅之は告らせたい。1300万回再生された男は「うるせぇバーカ」に涙した

かぐや様は告らせたい185話ネタバレ!バレンタインの行方は!?|漫画市民

かぐや様は告らせたい 166

生徒会室でミコと二人きりになってしまった白銀。 普段あまり会話をしない組み合わせのため、気まずい雰囲気になるが、白銀が勇気を出して話しかける。 お互いに読書が趣味だと判明し、話の流れで自作のポエムを披露しあうことになってしまう。 ミコのポエムに闇が深いものを感じつつ、白銀もかぐやへのラブレターとして書いたポエムを披露するハメになり、混沌とした現場を石上に目撃されるのだった。 suzuco. 石上は知り合いの中でモテる人物として、会長、団長、翼を連想し… 今回は団長からモテの秘訣を聞くべく、団長のいる寮部屋を訪れます。 しかし、団長の部屋に入った 石上は、壁一面に飾られたアイドルのポスターを見てびっくり。 団長は石上を歓迎してくれましたが、明らかに元気がない様子です。 どうやら 大仏に振られたショックを引きずっているらしく、行き場を失った愛の受け入れ先として、アイドルにはまってしまったようです。 団長が遊びでなく、真剣に大仏と付き合っていたことに、石上は驚きます。 しかし団長にとっては、石上のその認識の方が驚きだったようで、 大仏・龍珠・不知火・子安の四人は秀知院が誇る難題女子と呼ばれているらしく、 そんな大仏相手に遊びで付き合うなんて不可能だ、とのこと。 世間知らずな石上に対して、団長は 「もっと外にも興味を向けろ」とアドバイスします。 団長は石上が子安つばめに惚れていることもお見通しで、「今のままだと厳しいぞ」、と指摘したうえで…「筋肉をつけろ!」とアドバイス。 石上は団長自身が使っていたという短期集中プログラムが書かれたメモを、戸惑いつつも受け取るのでした。 【自分磨きで筋トレする石上】 数日後、生徒会室で千花が白銀と雑談していると、その横で石上がスクワットをしていました。 とっておきのトークエピソードを披露したい千花でしたが、石上のスクワットが気になってしまい、トークを続けられません。 石上は 「すみません、このセットで終わるので…」と謝罪し、言葉通りスクワットを終えます。 千花はトークを再開しようとしますが… 石上が今度はプロテインを入れたシェイカーをシャカシャカ激しく振りはじめ、やはり気になってしまう千花。 プロテインをグビグビ飲む石上に対し、白銀と千花は 「なぜ急に筋トレを?」と疑問を浮かべます。 そのまま生徒会室でお昼を食べ始めますが、石上が取り出したお弁当は、 鳥ササミ肉をミキサーにかけたササミジュースという代物でした。 ササミジュースをお昼ご飯として認められない千花に配慮し、石上はササミジュースをしまって、今度はおやつを食べ始めます。 千花もおやつをねだって石上からわけてもらいますが、おやつの正体が金魚のエサと知るや、千花は口に手を突っ込んで吐き出そうとします。 千花は石上がおかしな宗教にハマってしまったと勘違いし、生徒会室での筋トレを永久禁止にするよう、白銀に頼みます。 【石上の意を汲む白銀】 千花に促され、石上に声をかける白銀ですが…。 ふと、 以前自分が電話でアドバイスした内容を思い出し、石上が好きになった女性のためにがんばっていることを察します。 「生徒会は筋トレ推奨月間とする。 異論は認めん!」 白銀はそう宣言し、 心置きなく筋トレに励め、と優しい笑顔で石上に声を掛けます。 「分かってくれると思ってました」と石上も嬉しそうです。 石上はさらに、白銀も一緒に筋トレに誘います。 「筋肉がつけばお姫様だっこの安定感が増し、その後の発展性が違うそうです」 石上の言葉を聞いた白銀は、細マッチョになった自分がかぐやをお姫様だっこしている姿を想像しますが…やはり俺はいい、と辞退します。 【白銀も筋トレを開始。 さらに千花も?】 翌日、千花が生徒会室を訪れると、 そこには石上と一緒にスクワットをしている白銀の姿が。 千花はかぐやに、 白銀たちを止めてほしいと頼みますが…。 「私は努力する人好きですよ。 がんばって、いい男になってください」 かぐやは筋トレに賛成の様で、スクワット中の石上の汗をハンカチでそっと吹いてあげます。 それよりも、とかぐやは千花にこそ筋トレが必要だと言いますが… 「ぜったい言うと思った。 だからイヤだったんですよ!」 結局千花も筋トレに参加することになります。 かぐやが見守る中、石上・白銀・千花の三人でスクワットに励むのでした。 ちなみに、 大仏が団長と別れた理由も明かされますが、筋トレする姿がむさくるしくて生理的に無理だった…というのが理由のようでした。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『かぐや様は告らせたい』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 解約違約金ありません! 『かぐや様は告らせたい』最新話【第156話】の感想・考察 今回から本格的に石上の自分磨きが始まりましたね。 まずは細マッチョを目指して筋トレを始めたわけですが、団長が実践していた短期集中プログラムに加え、食事もかなり気を使っている様子ですし…これは 本当に成果がでそうですね。 石上に付き合う形で白銀もスクワットを始めましたが、 白銀も真面目で根性があるので、石上と一緒に白銀も細マッチョ化してしまいそうな勢いです。 千花は途中で脱落しそうですが…。 そして今回は出番が少なかったかぐやですが、 石上が相手だと優しいお姉ちゃんのような感じで、白銀と接している時とは別の魅力があっていいですね。 何気にラストでちらっと登場したミコの腕から包帯が取れていましたが、骨折はもうほぼ治ったのでしょうね。 石上はミコの腕が治るまで、自分磨きを始めるのを遅らせていたのかもしれません。

次の

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第166話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

かぐや様は告らせたい 166

セルフオマージュ回! バレーボールがコートに引っ掛かりながらも訓練しているのは会長……ではなく石上です。 懐かしい光景がまさか後輩の姿になっていることとは……。 確か2巻の出来事ですよね会長と藤原の初特訓回。 あの頃はまだ石上会計はまだヤンジャン移籍の1回目の表紙に写っていただけの存在しか設定されていなかったので早く登場しろよとか思いながら読んでいた頃ですね。 リアルタイムで既に3、4年くらい前だったかな?私がまだ今の会社に転職する前だったので結構前の気がします。 キン肉マンだとまだ完璧始祖編の連載していた頃かな。 その石上がクラスマッチの練習で独りバレーの練習をしていました。 3年生は自由登校でつばめ先輩はもう行事のある日しか学校に来ないという新情報が明かされます。 もうそんな時系列ですか。 私が高校の自由登校の頃は車の免許を取ったり、家に引き籠ってPSPでシュタインズゲートをプレイしていました。 まだvitaすら発売していなかったです。 そのつばめ先輩に良いところを見せようと努力するも、石上はボールを踏んでしまい転倒します。 そんな情けない姿を晒す石上のところに また藤原書記が通りかかってしまいます。 また? 藤原が大丈夫かと尋ねて石上がそれに答えようとしたところで藤原の存在に気付き驚愕します。 だが、会長と違って自分のプライドがどうこうとショックを受けるキャラでもない石上は普通に放課後だと指摘します。 忘れ物を取りに来たということですが、なんで毎回忘れ物があると体育館通るのか藤原……。 体育館通らないと教室や生徒会へ行けない学校なの? 『ん?』とようやく久し振りのこの流れに藤原もデジャブを疑います。 石上に体育館へ居残っている理由を尋ねるとクラスマッチの練習をしていると告げます。 すかさず藤原が教えようかと提案しますが……、トラウマ発動です。 毎回自分から教えようと提案する藤原はママの鏡です 藤原のトラウマ!石上の腕前は? 『ぐっ……』『あぁ……』と頭を抱え込み、普段藤原を舐めている後輩が流石に心配します。 なんやかんや良い先輩後輩の関係ですよねこういうところ。 藤原には人に何かを教えるのがトラウマというナレーションが藤原の心境を代弁する珍しい光景。 あんまり独自が無いキャラですのでね。 何故、人に教わった側じゃなくて教える側がトラウマになっているのか、世にも奇妙な図ですw 大丈夫だよ千花、あの人は会長じゃない、酷いことしないよと酷い言い草の藤原。 なんかフラグっぽい気が……。 人間の瞳がなぜ前に付いてるか知ってますか?それは未来 まえ を見る為だと藤原は立ち上がります。 結局自分から特訓させる側へ回ります。 素がクズなだけで良い子なんですよ本当は。 変なデカリボンを外して『おに』鉢巻を久し振りに巻きます。 石上に苦手を尋ねるとちょっと苦手というトラウマの言葉が飛び出します。 軽いフラッシュバックでやつれる藤原に石上も軽く指摘するだけでDVは発動しません。 ジャンピングサーブを学ぶのならば基礎だと目を開けたままジャンプという会長の特訓を思い出させる単語が飛び出ます。 しかし、それくらいならば出来ると石上はぴょんぴょん飛びます。 『えっ天才?』と天才たちの恋愛頭脳戦のタイトルを思い出させます。 マジな顔して何言ってんだとマジレスされます。 そして、会長と違いジャンプしないのならサーブを入れることの出来ることを実践します。 衝撃のあまり石上に幼少から優れた指導者の教育を受けているのか尋ねます。 会長のせいで初心者のハードルが低くなりすぎています。 何か手伝えることはないかと普段ボッコボコにされる藤原ですが進んで石上に提案します。 もうちょっとボールを持ってきて欲しいと言われて離脱する藤原。 独りまた練習していると新しい人物の登場です。 先輩に愛される後輩 次に会長が石上の元に現れます。 もうこの時点で笑ってしまったのは私だけでは無い筈。 俺にもあったなそんな時期かと美化された会長がバレーボールを優しく手に持ちます。 会長が教えようか尋ねますが石上が断ります。 え?会長信者の石上が断るの?とちょっとびっくりしました。 まだ会長、バレーの腕前を忘れていないのか不安なところ。 遠慮するなと声を掛けますがちょっと迷惑してそうな石上。 この時、なんで石上は会長を拒否しているのか本気でわからなかった私です。 教えたくて仕方のない会長。 コツを掴めばあっという間、難しい事でもないと笑顔の会長にまたハイライトの消えた闇藤原が後ろに立っています。 自分の過剰な持ち上げに地獄を見た被害者の藤原は内心キレながら会長を『白銀御行くん?』と怖い雰囲気の藤原。 そこに驚愕する会長に何かいいたげな瞳の藤原はよく回る舌だと蔑みます。 会長と藤原の認識の違いに軽蔑的に声を掛けますが会長は与えられる側じゃなくて与える側になりたいと本音で語ります。 言い争いが始まり、石上は蚊帳の外になり集中出来なくなったので違う場所でやってと声を掛けて会長は藤原に強制的に連れて行かれます。 今回はマジで藤原が正しいと思う珍しい出来事です。 気まずい顔をする石上に対して声を掛けるステージ上の人物。 なんとかぐや様です。 全部やり取りを見ていたのか……。 会長には悪いことをしたと思う石上。 藤原はどうでもいいらしい。 かぐや様と練習するから会長の練習を拒否したのか。 好きな人に良いところを見せる為、ゴムを外してスパルタでかぐや様が石上を特訓します。 目が完全に氷モードに入ったかぐや。 生徒会の先輩全員に教えてもらえるチャンスが渡された石上は愛されてるよなぁ。 よっぽどみんな石上が好きなんだよね。 最初期のかぐやは石上を虫けら程度しか好意が無いと語られていましたが、絶対今では藤原・ミコよりも可愛がられてるよね石上。 クラスマッチ 次回に持ち越しではなく、きちんと今週でクラスマッチが開催されます。 バレーで大活躍する石上。 それをお馴染みの生徒会の3人の先輩と同学年のミコ、小野寺さん、大仏、そしてつばめ先輩が観戦しています。 背番号4の石上がつばめ先輩に声を掛けます。 『この試合が勝ったら僕とデートしてください』。 なんだこのイケメンにしか許されない発言を石上がするなんて……。 何故か嬉しそうな大仏、ふーん的な目の小野寺さん、どんな心境でこの会話を聞いているのかわからないミコ。 『うんいいよ』、そうつばめ先輩に了承されて試合開始。 石上チームが優勝して終了します。 次回、デートの為に!?.

次の

かぐや様は告らせたい185話ネタバレ!バレンタインの行方は!?|漫画市民

かぐや様は告らせたい 166

かぐや様は告らせたい【166話】最新話ネタバレあらすじ 石上優は体育館でバレーの練習をしていました。 クラス合同でのトーナメント戦が行われるのですが、彼は子安つばめに良い所を見せたいと思っています。 そこに藤原千花が忘れ物を取りに来るのですが、石上が練習をしていると聞き教えてあげると言うと白銀を特訓した時のトラウマに苦しみ出しました。 頭を抑え膝をつき息を荒くする藤原ですが、石上は白銀じゃないと自分に言い聞かせます。 人間の瞳は未来を見るために前についており、過去の自分を超えるため人間は生きると格好良いことを言った彼女は特訓を開始することにしました。 しかし、石上にジャンプサーブがちょっと苦手と聞き、彼女はまた白銀との特訓を思い出して震えます。 藤原は基礎が大事と言いますが石上は基本はしっかりできていて彼女は彼を天才だとほめて彼を呆れさせました。 石上に頼まれて藤原がボールを取りに行くとそこに白銀が現れ、今度は彼が石上に教えてあげると言いますが石上は断ります。 白銀は教えたくてしょうがなくてあれこれ言いますが、それを聞いた藤原はその言い草に呆れて冷たい視線を送りました。 白銀はバレーの成果は全て自分の手柄にしていると責められると自分も与える側になりたいと言い出し2人は言い合いになります。 石上に集中できないと言われると藤原は白銀の手を引いて出て行くのですが、すると隠れていた四宮かぐやが姿を現しました。 彼女曰く日が沈んでから男子と会うはしたない女だと思われたくないから隠れたのだそうです。 そして彼女は子安つばめに来るよう連絡した、スパルタにするが耐えられるかと言い髪をほどきました。 当日、石上は大活躍をし、子安に試合で勝ったらデートするよう頼むとOKを出され見事石上のチームは勝利します。 かぐや様は告らせたい【167話】考察予想 石上が子安にデートの約束を取り付けた時、伊井野だけでなく小野寺も硬い表情をしていたのが気になります。 伊井野だけなら石上と子安のデートは普通に行われるのでしょうが、小野寺がそこに加わるとややこしいことになるでしょう。 一番ありそうなのはラブコメ、ギャグマンガではお約束のデートの尾行で、小野寺が伊井野を強引に連れ出して2人のデートについていくのではないでしょうか。 そこでトラブルにあいやすい伊井野がピンチになり、石上は子安を放って助けに行きデートが台無しになりみんなが不幸になる鬱回が来るのではないかと戦々恐々としています。 そこは大仏が何とかしてくれたらいいなと思うのでした。 カテゴリー•

次の