近くコンビニ。 自宅近くにあったらうれしいコンビニは「セブン

なぜコンビニの近くにコンビニができるのか?【フランチャイズオーナーの搾取!?】

近くコンビニ

なんでコンビニの近くに同じコンビニができるんだろう? そんな疑問に答えます。 一般的な回答をしますと、『ドミナント戦略』を取っているからです。 例えば、セブンイレブンの近くにセブンイレブンを作っておくと、物流コストが安くなります。 バラバラの地域に商品を配送するよりは、集中して商品を配送した方がなにかと効率的になります。 また宣伝効果もあります。 セブンイレブンが多い地域で育ち、セブンイレブンを頻繁に利用した人は、「コンビニ=セブンイレブン」ということで愛着を持ちます。 コンビニに寄る機会があれば、ファミマでもローソンでもなく、セブンイレブンにできるだけ入ろうとします。 さて、これが一般的な回答です。 以下では裏の回答を書いていきます。 スポンサーリンク コンビニが近くにできる裏の理由 基本的にコンビニはフランチャイズ店になります。 例えば、その辺にあるセブンイレブンは、 セブンイレブンの本社が運営しているわけではありません。 「コンビニのオーナーになったるで!」という人がセブンイレブンとフランチャイズ契約して、• 営業のノウハウ• 商品の提供 などを受けています。 ようはセブンイレブンの看板を借りているということです。 「田中コンビニ」より「セブンイレブン」の方が消費者的にも安心できますからね。 ただ、フランチャイズ契約すると、 手数料を取られる ということが発生します。 売れるコンビニを売れなくさせた方が本社は有利 例えば、セブンイレブンとフランチャイズ契約したオーナーの店が、スッゲー売り上げを出せるようになったとします。 するとオーナーは、こんな交渉ができる立場になります。 「手数料下げないと、他のコンビニのフランチャイズになるよ?」 と。 フランチャイズオーナー的にはセブンイレブンだろうと、ローソンだろうとファミマだろうとどこでもいいのですね。 手数料が低ければいいのです。 売り上げが少ない頃は本社の人にそんな交渉はできませんが、売り上げが大きくなるとそんな交渉ができるようになります。 でも本社側からしたら手数料を下げたくない・・・。 ならばどうするか? 「近くにコンビニを作っちゃおう!」 と考えます。 普通、「あそこのコンビニに行きたいんや!」というよりは、「近くにあるコンビニに行こう!」と消費者は考えます。 ですから、売れてるコンビの近くにコンビニを作れば、 売り上げが新しいコンビニに流れる というわけです。 本社的には売り上げは変わらないけれど、フランチャイズオーナーは売り上げが下がる ことになります。 そうなると「売り上げもしょぼいのに、手数料交渉するなんて100年早いっつーの!」と一蹴されるようになります。 本社が売り上げデータの全てを管理している コンビニの本社が売り上げを全てのデータを管理しています。 つまり、「お、あそこの売り上げいいやん。 ならもう一個くらい近隣にコンビニ作ったろ。 」とすぐにできるわけです。 それなので・・・ フランチャイズオーナーが裕福になることはない のです。 つまり、 生かさず殺さず の、本社側の 搾取モードが発生します。 私たちが享受できているコンビニの便利さは、このような搾取の構造にあります。 コンビニは週7日の24時間営業。 過酷すぎです。 私としては誰かの大きな犠牲の上に成り立っている仕事は微妙だなーと思うわけでして、「コンビニは24時間営業がいい!」みたいなことはとてもじゃないけれど言えません。 もちろん深夜帯に働きたい人は働けばいいです。 でも全てのコンビニにそれを適用させるのはどうかなーと思うわけです。 でもフランチャイズ契約上、それを変えるのは難しい・・・。 当たり前にあるコンビニですが、その当たり前は、簡単に作られているものではありません。 消費者としてそれを知っておくのがいいんじゃないかんーと思います。 それでは!.

次の

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記16 近くにコンビニのあるメリット・デメリット

近くコンビニ

家の近所で24時間空いてるコンビニのある生活 家から徒歩1分の所にセブンイレブンがあります。 正直セブン一番使わないコンビニだし、ローソンか、ファミマだったら嬉しいのだけど、近くにあるとやっぱり便利。 急な生活用品のストックが無い時には救世主となるし、出張帰りとかで食料の無い時にも超便利。 ある意味生活の要となるコンビニがあるだけで生活出来てしまうレベルなんですが、たまに生活のデメリットになる部分があるんですよね。 そんな話を今回は掘り下げたいです。 近所にコンビニのあるメリット 欲しい物がすぐに手に入る 買い忘れた牛乳。 さっき無くなったティッシュペーパー。 急に必要になった軍手。 などなどコンビニがある事で、助けられた場面が結構あります。 無いよりは圧倒的にある事で救われるコンビニの存在。 欲しい物がすぐそこにあるので、ある意味家の中にストックを減らせるメリットがあります。 家が狭いとか、家に物を置きたく無い人は、コンビニをストック置場みたいに考えて置くと便利な存在ですよ。 特に台風とかの外に出れない日なんかは嬉しいと思います。 荷物の発送や受け取りができる これはセブンじゃ無かったらもっと便利なのですが、セブンでもメルカリや宅急便の発送が可能です。 ローソンやファミマなら、アマゾンの受け取りができて超便利なので残念だけど、重い荷物を運ぶ手間を省けたりはしますね。 でも、セブンは色々と改革して貰いたいw 税金とか公共料金の支払いができる 人によっては税金とか、電気料金などの支払いをコンビニでやってる人も居るでしょう。 それが近所のコンビニですぐに出来たら超便利ですよね。 個人的に自動車税とかは、コンビニで決済するので結構便利に使えます。 近所にコンビニのあるデメリット ついつい寄って無駄買いをしてしまう よく皆んなが言うのが、コンビニがあると寄ってしまう論。 あるあるでしょうが、私も歩いてるとついつい寄ってしまう時がありますね。 100円とかの商品も複数買ってしまうとすぐに300円くらいになってしまうので、常習的にやってしまうと結構な無駄使いになりますよ。 美味しそうなおつまみ類が沢山あったり、お菓子も安いので要注意が必要です。 行きたくなるコンビニ 制御できてしまえば便利でしか無いコンビニの近い生活ですが、制御できなければただただ浪費してしまう最悪な場所になるでしょう。 コンビニが住居の近くにあるメリットとデメリットですが、個人的にはメリットでしかありません。 24時間空いてるのは、朝ごはんの全く無い時とかは便利すぎますよ。

次の

コンビニに切手が売っている【種類や価格/買い方の最新情報】

近くコンビニ

住まいの最寄り駅、通勤通学する会社や学校付近、みなさんの生活エリアに欠かせないものと言えばコンビニエンスストアですが、特に都市部では数十メートル歩けば数店が林立していることも珍しくありません。 それも地域によっては同じチェーンの店舗が隣接していることも珍しくありません。 ふと疑問に思うコンビニ出店のメカニズムとは、どのようになっているのでしょうか。 特に密集して店舗が多いと言われるのがファミリーマートです。 公式サイトでは店舗検索ができますが、例えば東京都豊島区のターミナル駅である「池袋」周辺にある店で検索してみると50店を優に超えています。 こういった出店について、ウェブサイト「ビジネスジャーナル」でも取り上げており、企業側のニーズに沿った店舗運営をしていることを紹介しています。 「ドミナント戦略」のメリットとは何か 近隣地域に同一店舗を集中させることをマーケティング用語で「ドミナント戦略」と呼びます。 ウェブサイト「商圏大勝」がそのメリットについて、店舗出店計画や配送ルートの効率化を高めることで、経費削減になるとしています。 ちなみに少しそれますが、立地戦略は都市部だけでなく、いわゆる地方のロードサイド店にもあります。 「ダ・ヴィンチニュース」が紹介した「すごい立地戦略」という本の中では、各種業態の店の立地を紹介していますが、コンビニの場合、「買い物を終えた際、駐車場から出やすい立地」であることが大事と紹介。 ゲーム理論で隣接する理由を説明 一方、コンビニのない場所が多いのも事実。 その解説から 読み取れるのは、最も人が集まりやすい場所から離れた店舗は限られた客数しか確保できず、結果的に最も立地条件のいい場所に店舗が密集する仕組みになる。 その一方でマーケティング戦略などにより変化を加えて差別化を図ることで、売り上げを伸ばしているということです。 一見、雑然と立っているように見えるコンビニにも、さまざまな狙いが仕組まれています。 自分の行動範囲に新店舗が建設されているのを見たとき、周囲の店舗も見まわしてみると今回挙げたような意図に気づくかもしれませんね。 livedoor. cocohore11.

次の