ウィルソン グローブ。 ウィルソン 硬式グローブ

ウィルソン 軟式グローブ

ウィルソン グローブ

ウィルソンのグローブの評判 ウィルソンさんは有名なアメリカの野球メーカーです。 MLBでも多くのメジャーリーガーが使用しており、もちろん日本のプロ野球選手やアマチュア、草野球の選手も使用しているメジャーなメーカーですね。 バットやバッティンググローブは DeMARINIというブランドがあり、飛びすぎ注意『飛び注』といったワードで注目されています。 さてそんな ウィルソンさんのグローブの評判はどうでしょうか? ウィルソンさんのグローブの特徴は 非常に型がキレイだと言うところです。 お店に並ぶグローブを見るとわかりますが、どのグローブをはめても良い型なんですよね。 しっかり作り込まれていて捕球面や手入れ部のハリなんか非常にすばらしいです。 なにがすごいって、 比較的安価な下位グレードのグローブでも同様の仕上がりで、他のメーカーの同価格帯のグローブと比較すると違いは一目瞭然と言ったところ。 そういう意味でもウィルソンさんのグローブは幅広いユーザーから支持を受けており、非常に評判のいいグローブだと言えます。 ちなみにオーダーグローブのような緑や紫色のような変わったカラフルな配色や、型押しの革を組み合わせたグローブも既製品としてありますので、そこも評判がいい理由のひとつですね。 ウィルソンスタッフとは? そんなウィルソンさんのグローブでも 最高グレードなのがWilsonSTAFF ウィルソンスタッフ です。 ミズノさんで言うミズノプロ、ゼットさんで言うプロステイタスですね。 ウィルソンスタッフは プロ選手が使用するものと同じ素材や製法で作られますので、プロレベルの品質のグローブです。 更に ポジションによって素材や型を変えることで守るポジションに適したグローブに仕上げることができます。 また デュアル・テクノロジーというハミダシが二本入ったモデルもあり、こちらも人気があるグローブですね。 まあ控えめに言って最高級のグローブです。 そんなウィルソンスタッフのグローブをチームメイトに自慢されましたのでにせっかくなんで紹介させてもらうことにしますw• ウィルソンスタッフのグローブレビュー ウィルソンスタッフ硬式投手用です。 今なかなか見れないレアなラベルですね! 型めっちゃ良くて使いやすいです。 革質も抜群! うちのブルペンキャッチャーのグローブですw 試合で使ってるところはめったに見られません。 めっちゃかっこいですね! 硬式用のピッチャー用グローブです。 チームの元エースのもので、かつてはこれを使って剛速球を決めまくっていたんですが、今は ブルペンキャッチャーです。 と言ってもめちゃくちゃ良い球投げますがねw ラベルが今のWだけのものと違ってWilsonと全表示されています。 今のラベルも好きですがこれはこれでかっこいいですよね。 ウィルソン感が出ててGOODですね。 ソフトボールでも使用していたらしく、それでも十分なくらい大きめのサイズですね。 しかし捕球面がキレイ! 型はピッチャー用って感じの捻り捕るような型です。 ピッチャーのこの型めっちゃ好きです。 速そう!w 芯は硬く、捕球面は柔らかいので操作性が良く、内野手用としてでも使えそうです。 背面には紐が通っており、耐久性も良いですね。 ウェブもよく見ると柄の入った オシャレなウェブです。 こういった細かいデザインまで凝っているところもいいですね。 全体的に見てシンプルですが、その中にカッコよさが垣間見える良いグローブです。 うーん、見れば見る程かっこいいな。 しかしやっぱりプロレベルの品質だけあって 革質が良いですね。 触ったら質感が良いのはすぐにわかります。 ちなみに最近このグローブが少しカサカサになってきたということで、 ドモホルンリンクルを塗ったそうでめちゃくちゃツルツルになっていました。 ドモホルンリンクルは初めての方にはお売りしないので多分ウソです。

次の

ウッドロウ・ウィルソン

ウィルソン グローブ

軟式野球用グローブ(グラブ)海外メーカーまとめ 以前の草野球軟式用グローブに関する記事では• と 国内の軟式グローブメーカー4社のグローブ(グラブ)をご紹介しました。 今回は、海外メーカーの軟式用グローブを特集します。 海外メーカーといっても、そもそも野球の発祥はアメリカ。 グローブの元祖とも言えるメーカーはどのようなグローブを作成しているのでしょうか。 では、早速ご紹介してまいりましょう!海外メーカーの軟式用グローブ。 海外の軟式グローブメーカーってどこがあるの? 今回、軟式用グローブ(グラブ)メーカーとしてご紹介する海外メーカーは• ナイキ• ウィルソン• ローリングス の3社になります。 さて、お気に入りのグローブが見つかるでしょうか!?まずは、あのナイキから。 ナイキの軟式野球用グローブを、値段が高いシリーズ順にご紹介していきます。 デザインがナイキっぽさがあってかっこいいと思います。 amazonと楽天の価格をチェックしてみましょう。 一方、楽天では取り扱いが豊富にありました。 楽天 価格:14,364円(税込、送料込) 価格は15,000円前後のようです。 では続いて、次のモデルのご紹介です。 オーセンティシティ?調べてみましたが、どうやら確実性、信頼性といった意味のようです。 どんなプレイヤーにも使いやすいタイプということだと思います。 しかし、ナイキはデザインがかっこいい! このシリーズの値段を、amazonとナイキでチェックしてみましょう。 amazon amazonでの最新・最安値の価格は以下のリンクでチェックできます。 6千円台〜1万5千円くらいまでの価格帯で選べるナイキの軟式用グローブ。 デザインはナイキらしさが出ていてかっこいいと思います。 さて続いては、アメリカのスポーツ用品メーカー、ウィルソンの軟式用グローブのご紹介です。 硬式用グローブを中心にラインアップしていますが、軟式用グローブにも力を入れているようです。 では、早速Wilsonのグローブを グレードが高い順にご紹介します。 【軟式用】ウィルソン スタッフ(Wilson Staff) ウィルソンの軟式用グラブの 高級モデルシリーズ「ウィルソン スタッフ」は、製品カタログの中で以下のようなコピーとともに紹介されています。 ウィルソンの軟式用グローブは、硬式用グローブと同じように 日本の工場で職人さんたちによって作られているようです。 革の質も高そう。 軟式用には柔らかい質感が最適ですよね。 では、amazonと楽天で価格をチェックしてみましょう。 amazon amazonでの最新・最安値の価格は以下のリンクでチェックできます。 【軟式用】ウィルソン シャイン(Wilson Shine) ウィルソンシャイン。 ネーミングが表すように、シャイン=輝き!目立つ感じです。 かなり派手なカラーバリエーションがラインアップされています。 遊び心満点のグローブ。 他の国内メーカー、海外メーカー問わず、このようなオリジナリティあるグローブは見たことがありません。 せっかくの草野球なので、個性的なものを選ぶのも手ですよね。 amazon amazonでの最新・最安値の価格は以下のリンクでチェックできます。 では楽天。 楽天 価格:12,960円(税込、送料別) 価格はどちらも13,000円弱が最安値でしょうか。 エントリーモデルとしては、すごく安いわけではないようです。 この価格帯ならちょっと上のウィルソンを勝っちゃたほうが良さそうな気がします。 さて、最後の海外軟式グローブメーカー、ローリングスのご紹介です。 特にグローブに注力しているメーカーで、もちろん軟式用グローブも作っています。 そのグローブは、まさにtheアメリカン!そのグローブから、圧倒的なアメリカ感がビンビン伝わってきます。 では、グレードが高い順に代表的なラインアップをご紹介していきます。 【軟式用】ローリングス プロプリファード ソリッドコア もうネーニングからよく分かりません。 ちょっと調べましたら「プロ好みのソリッドコア」って感じだと思います。 ローリングスのロゴがあるだけで、本場アメリカの香りが漂います。 では価格をチェックしてみましょう。 amazon amazonでの最新・最安値の価格は以下のリンクでチェックできます。 では続いてローリングスのミドルタイプのモデルになります。 【軟式用】ローリングス HOHメジャースタイル まず「HOH」って何って話ですが、HOHはHeart Of The Hideの略語です。 意味は、「高品質な革」ということみたいです。 ローリングスが野球プレイヤーに提供する高品質な革がHOHというわけです。 さらに、メジャースタイルっていうネーミングです。 いざ、気になるデザインを見てみましょう。 きました、これぞアメリカン!映画「フィールド・オブ・ドリームス」に出てきそうなグローブですね。 はっきりいって、しぶい!完全に好みなりますが、かっこいいと感じる部分があります。 お値段を見てみましょう。 amazon amazonでの最新・最安値の価格は以下のリンクでチェックできます。 では、楽天では!? 楽天.

次の

ウィルソンスタッフ グローブの通販 79点

ウィルソン グローブ

ウィルソンのグローブの評判 ウィルソンさんは有名なアメリカの野球メーカーです。 MLBでも多くのメジャーリーガーが使用しており、もちろん日本のプロ野球選手やアマチュア、草野球の選手も使用しているメジャーなメーカーですね。 バットやバッティンググローブは DeMARINIというブランドがあり、飛びすぎ注意『飛び注』といったワードで注目されています。 さてそんな ウィルソンさんのグローブの評判はどうでしょうか? ウィルソンさんのグローブの特徴は 非常に型がキレイだと言うところです。 お店に並ぶグローブを見るとわかりますが、どのグローブをはめても良い型なんですよね。 しっかり作り込まれていて捕球面や手入れ部のハリなんか非常にすばらしいです。 なにがすごいって、 比較的安価な下位グレードのグローブでも同様の仕上がりで、他のメーカーの同価格帯のグローブと比較すると違いは一目瞭然と言ったところ。 そういう意味でもウィルソンさんのグローブは幅広いユーザーから支持を受けており、非常に評判のいいグローブだと言えます。 ちなみにオーダーグローブのような緑や紫色のような変わったカラフルな配色や、型押しの革を組み合わせたグローブも既製品としてありますので、そこも評判がいい理由のひとつですね。 ウィルソンスタッフとは? そんなウィルソンさんのグローブでも 最高グレードなのがWilsonSTAFF ウィルソンスタッフ です。 ミズノさんで言うミズノプロ、ゼットさんで言うプロステイタスですね。 ウィルソンスタッフは プロ選手が使用するものと同じ素材や製法で作られますので、プロレベルの品質のグローブです。 更に ポジションによって素材や型を変えることで守るポジションに適したグローブに仕上げることができます。 また デュアル・テクノロジーというハミダシが二本入ったモデルもあり、こちらも人気があるグローブですね。 まあ控えめに言って最高級のグローブです。 そんなウィルソンスタッフのグローブをチームメイトに自慢されましたのでにせっかくなんで紹介させてもらうことにしますw• ウィルソンスタッフのグローブレビュー ウィルソンスタッフ硬式投手用です。 今なかなか見れないレアなラベルですね! 型めっちゃ良くて使いやすいです。 革質も抜群! うちのブルペンキャッチャーのグローブですw 試合で使ってるところはめったに見られません。 めっちゃかっこいですね! 硬式用のピッチャー用グローブです。 チームの元エースのもので、かつてはこれを使って剛速球を決めまくっていたんですが、今は ブルペンキャッチャーです。 と言ってもめちゃくちゃ良い球投げますがねw ラベルが今のWだけのものと違ってWilsonと全表示されています。 今のラベルも好きですがこれはこれでかっこいいですよね。 ウィルソン感が出ててGOODですね。 ソフトボールでも使用していたらしく、それでも十分なくらい大きめのサイズですね。 しかし捕球面がキレイ! 型はピッチャー用って感じの捻り捕るような型です。 ピッチャーのこの型めっちゃ好きです。 速そう!w 芯は硬く、捕球面は柔らかいので操作性が良く、内野手用としてでも使えそうです。 背面には紐が通っており、耐久性も良いですね。 ウェブもよく見ると柄の入った オシャレなウェブです。 こういった細かいデザインまで凝っているところもいいですね。 全体的に見てシンプルですが、その中にカッコよさが垣間見える良いグローブです。 うーん、見れば見る程かっこいいな。 しかしやっぱりプロレベルの品質だけあって 革質が良いですね。 触ったら質感が良いのはすぐにわかります。 ちなみに最近このグローブが少しカサカサになってきたということで、 ドモホルンリンクルを塗ったそうでめちゃくちゃツルツルになっていました。 ドモホルンリンクルは初めての方にはお売りしないので多分ウソです。

次の