ラウール ケビン。 妖精の森 コテージラウル

妖精の森 コテージラウル

ラウール ケビン

アニメ/声優ソングが面白い理由のひとつとして、才能に溢れたクリエイターやミュージシャンたちが制作の現場に携わっていることが挙げられます。 作詞家、作曲家、編曲家、演奏家といったそれぞれの分野のスペシャリストが、アニメ作品やフロントに立つ歌い手・演者の魅力をより際立させるために磨き上げた音楽。 プロの音楽家だからこそ生み出すことのできる輝きが、そこには詰まっているのです。 アニメ/声優ソング周辺のオススメ新譜を紹介する本連載。 今回は、参加しているクリエイター/ミュージシャンの観点から注目の作品をピックアップします。 まずはコンポーザー/DJとして活躍するTAKU INOUEの関連作をまとめて紹介。 かつてゲーム会社のバンダイナムコスタジオ(BNSI)にサウンドクリエイターとして所属し、『鉄拳』『アイドルマスター』シリーズといった人気作の音楽を手がける傍ら、外部への楽曲提供やリミックス、DJなども行っていた彼は、2018年に同社を退社後、フリーの音楽家として活動を開始。 現在はトイズファクトリーにアーティストとして籍を置き、DAOKOやSTU48への楽曲提供、HOWL BE QUIETのサウンドプロデュースなど、アニメやゲーム音楽に限らず幅広いフィールドでその腕を振るっています。 Liyuu「Magic Words」 そんな彼が作詞/作曲/編曲のすべてをトータルで手がけたのが(作詞は別名のMC TC名義)、中国出身の人気コスプレイヤーであるLiyuuのデビューシングル曲「Magic Words」。 この両者によるタッグ、実は昨年、アプリゲーム『ドラガリアロスト』の挿入歌として発表された、セイレーン starring Liyuu「Polaris」と「Singing In The Rain」に続くもの。 リキッドファンク系の爽快な高速ドラムンベース「Polaris」、ローテンポの幻想的なベースミュージック「Singing In The Rain」と、そのどちらもが最先端のダンスミュージックの要素を取り入れたサウンドだったので、それらの成果を踏まえたうえで出来上がったのが、今回の「Magic Words」なのかもしれません。 ver 「ミラーボール・ラブ」 そしてもう1曲、アプリゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』より、同じくTAKU INOUEが作詞/作曲/編曲を担当した楽曲「ミラーボール・ラブ」が、2月19日リリースのCD『THE IDOLM STER CINDERELLA MASTER 3chord for the Dance! 』のボーナストラックとして初CD化されることに。 昨年11月にナゴヤドームで開催された『シンデレラガールズ』の7thライブ名古屋公演において初披露されたこの楽曲は、サウンド的にはいわゆるエレクトロスウィングの範疇に入るであろう、ホーンのサウンドをエディットしたファンキーなハウス調。 そこに宮本フレデリカ(CV:野麻美)、棟方愛海(CV:藤本彩花)、及川雫(CV:のぐちゆり)、荒木比奈(CV:田辺留依)、姫川友紀(CV:杜野まこ)という5人のキャラクターによる華やかな歌唱が合わさることで、ダンスフロアを彩るミラーボールのように煌びやかな楽曲になっています。 TAKU INOUEと『アイマス』の組み合わせと言えば、ブラジリアンドラムンベースとキャラソンを融合した我那覇響(CV:沼倉愛美)の大名曲「Pon De Beach」をはじめ、「Hotel Moonside」「Radio Happy」「クレイジークレイジー」など数々のクラブアンセムを生み出してきただけに、この曲も今後フロアの定番曲になることは間違いないでしょう。 【アイドルマスター】「クレイジークレイジー M STER VERSION 」 歌:一ノ瀬志希、宮本フレデリカ お次は、このところ話題作を連発している注目のクリエイター、篠崎あやとの関連作をセレクト。 ヒゲドライバーやゆよゆっぺらが在籍する音楽事務所、TOKYO LOGICに在籍する彼は、作家業とは別にハードコアテクノ〜ハードスタイル系の音楽ユニット、Massive New Krewのメンバーとしても活動。 DJやライブに加え、『beatmania』などの音ゲーにも楽曲提供を行うなど、マルチな才能を発揮しています。 そんな彼は昨年、TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』のOPテーマ「お願いマッスル」の作編曲をシックスパック篠崎名義で担当(作曲はサイドチェスト烏屋こと烏屋茶房との共作)。 筋トレをテーマにした作品ならではのユーモラスな歌とマッチョな合いの手、70年代のディスコ曲「ジンギスカン」を今っぽくアレンジしたようなノリの良さが受けたのか、2019年のキャラソンを代表するようなヒットになりました。 歌詞に〈抜こうぜ 己の武器を〉〈天国イこう!生死かけて!〉といったダブルミーニングを大胆に忍ばせつつ、楽曲のアレンジはこれまた70年代のディスコヒット、Village People「Y. 」(西城秀樹「YOUNG MAN Y. 」の原曲)を引用したキャッチーなものに仕上がっていて、下ネタとはいえこの完成度は感服せざるを得ません。 ちなみに本楽曲における、篠崎のクレジット上の名義はゴールデンボール篠崎。 共作者のビッグマグナム橘とは、Massive New Krewの相方で同じく作家活動も行う橘亮祐のことです。 TVアニメ「異種族レビュアーズ」オープニングテーマ 視聴動画 東山奈央『歩いていこう!』 これだけだと彼は飛び道具的な曲ばかり書く人のように思われるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。 声優の東山奈央がリリースしたばかりのニューシングル『歩いていこう!』のアニメ盤のみに収録されているカップリング曲「FLOWER」も、篠崎と橘が共同で作詞/作曲/編曲を行っているのですが、こちらはいつか大きく花開くために夢に向かって進む心情を描いたエモーショナルなピアノロックチューン。 その他にも、最近だとTVアニメ『世話やきキツネの仙狐さん』の仙狐(CV:和氣あず未)が歌うEDテーマ「もっふもふ DE よいのじゃよ」のキュートなラップ調、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の「comic cosmic」(作詞は只野菜摘、作編曲は篠崎と橘の共作)における賑やかなアイドルソングなど、いろんな曲調の楽曲を作れるうえに、いずれにも楽しく盛り上がれるキャッチーさがあるところが、彼の持ち味なのかもしれません。

次の

ラウール(ハーフ)の国籍は?父・母親の身長などは?

ラウール ケビン

Song• Beautiful Creatures feat. MAX• Artist• Illenium• Album• Awake• Licensed to YouTube by• The District on behalf of Seeking Blue ; BMI - Broadcast Music Inc. , Reservoir Media Publishing , UMPI, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - SonyATV, CMRRA, LatinAutor - Warner Chappell, AMRA, Kobalt Music Publishing, PEDL, Warner Chappell, LatinAutor, ASCAP, and 18 Music Rights Societies Show more Show less.

次の

リーガ・エスパニョーラ 第18節 その2

ラウール ケビン

エスパニョールのメンバーはバルサカンテラ、元バルサといった面子で、セルヒオ・ガルシアを残して10人で守る態勢でした。 しかし開始10分でホームのバルサが先制。 イニエスタ、お見事!といったアシストでした。 この後もジョルディ・アルバと左サイドを脅かし続けました。 2点目はセスクが左サイドでDFの間をメッシにパス、メッシのシュートにペドロが触ってゴール。 3点目もペドロ、ブスケツのスルーパスに裏へ飛び出し浮かした球でゴール。 4点目はセスクがペナルティエリアでGKに倒されて貰ったPKをメッシが決めて。 しかしこれはセスクがPKを貰いに来ていました 笑 メッシはこの後FKを蹴りましたがバーに弾かれました。 そして、ペドロはオフサイド判定でハットトリックを逃しました。 結局、圧倒的なポゼッションを誇ったものの、得点は前半だけで後半は追加点なしでした。 シャビが途中でチアゴ・アルカンタラと交代したのは関係あるのか。 バルサはアウベスを除いて10人がカンテラーノでしたが、本当に見事なまでにトライアングルのポジショニングを維持していましたね。 エスパニョールはセルヒオ・ガルシアが抜け出して打ったシュート、途中交代のアルビンのバルデスとの一対一が決定機でしたが、どちらも決められず。 圧倒しながらもなかなかゴールにつながらない。 そんな中、一瞬の隙を突いた(マジョルカのアリスメンディが倒れていたのですがスルー)ジエゴ・コスタがDFの間をごりごり突破してシュート、こぼれ球をラウール・ガルシアが押しこみゴール。 しかし終了間際のFK、ゴール前の混戦状態からこぼれた球が上手い具合にケビンのところへ。 ケビンがすかさずシュートして同点に。 その後のFKではドス・サントスのシュートがポストに当たり、これは命拾いしました。 アトレティコは勝ち切れませんでした、くやしいなぁ。 フィリペ・ルイスのミドルシュート(GKアワテに弾かれる)、ラウール・ガルシアのヘディング(バーに弾かれる)は惜しかった。 あと、パスにしてしまった(ゴール前でDFにカットされる)フィリペ・ルイスのゴール前でのチョイスが悔やまれます、シュートしていたら! ファルカオがスーパーFWだということがよくわかりました。 移籍せず残留してくれるといいのですが。 アトレティコはアウェイで3敗目。 どうもマジョルカとは相性が悪いみたいです。

次の