東京 駅 横須賀 線 ホーム。 【JR東京駅】横須賀線・総武快速線(地下1・2番線:久里浜方面)の階段・エスカレーター・エレベーター付近の降車位置情報

【東京駅・大手町駅】東西線大手町駅からJR東京駅への乗り換え方

東京 駅 横須賀 線 ホーム

巨大すぎる東京駅 東京の中心「東京駅」。 新幹線の起点の駅は、日本で一番多くのプラットホームを抱える東京の玄関口です。 その全体像はとても巨大で、構内図はとても複雑。 出典 まさに迷宮で乗り換えもとても大変。 そこではじめての東京駅でもわかりやすい構内図と、迷わない乗り換え方法を攻略します。 わかりやすい東京駅構内図 まずは東京駅を全体的に見てみましょう。 東京駅はJRの新幹線と在来線のホームが並んでいる駅の形をしています。 駅舎が特徴的な「丸の内口」が西側。 新幹線の「八重洲口」が東側です。 一方、階層で見てみると3階に分かれています。 3階:ホーム 2階:コンコース 1階:グランスタ 商業施設 特徴的なのが地階ホームです。 ディズニーに行くのに便利な京葉線と、総武線とが通っているのですが、これらのホームがとても地中深くにあり他のホームと離れています。 乗り換えに時間がかかるで注意してくださいね。 また地下鉄の駅として東京メトロ丸ノ内線の東京駅があり、さらに大手町駅と有楽町駅とも地下通路でつながっています。 迷わないためには全体的な構内図を把握しておくのが大切なのです。 では、それぞれの乗り換えについて見てみましょう。 新幹線の乗り換え 東京駅の新幹線エリアは、八重洲口側です。 東京駅の西側であり、東海道・山陽新幹線の乗り場と東北・上越・北陸新幹線等の乗り場があります。 なお、それぞれJRの会社が異なるそれぞれの新幹線は改札が異なるので注意してくださいね。 それぞれ利用する新幹線の改札口を利用しましょう。 新幹線と在来線との乗り換え また新幹線と在来線との乗り換えについても、東京駅のホームはそれぞれが並行して並んでいるため難しくありません。 乗り換え改札がありますので、これを目指すようにするとわかり易いと思います。 注意すべき点が、新幹線ホームの北寄りの階段にある日本橋口改札です。 この改札は新幹線専用の改札口であり、在来線との乗り換えが出来ないのです。 在来線との乗り換えの場合は、中央寄りあるいは南寄りの階段を利用するようにしましょう。 巨大な東京駅でありますが、新幹線と在来線に関してはあまり難しくなくそこまで迷うことはないでしょう。 一方で、その広さから乗り換えにはある程度の時間はかかります。 切符購入の必要が無くても最低5分。 新幹線ホームから遠い中央線のホームだと15分程度は見積もっておいて方が良いと思います。 京葉線の乗り換え 東京駅で特に乗り換えに時間が掛かるのが京葉線です。 京葉線:湾岸エリアを通りながら千葉方面へと向かう路線。 ディズニーがある「舞浜駅」や、幕張メッセがある「海浜幕張駅」などがあります。 なにしろ東京駅の地下深くにホームがあり、エスカレーターと歩く歩道とを使いながら長い距離を移動する必要があるのです。 乗り換えは最低でも20分くらいを見積もり、時間には余裕を持っておくことをおすすめします。 京葉線ホームの場所 京葉線ホームがあるのは、東京駅の南側。 コンコースに「京葉ストリート」という商業エリアがあるのですが、その先にあります。 京葉ストリートを目印に移動し、ここを通り過ぎたらひたすら歩く歩道とエスカレーターを進みましょう。 進んだ先に、京葉線のコンコースがあるのです。 真っ直ぐ進めば良いだけなので迷うことはありませんが、乗り換えには時間と体力を使うことを覚悟しておきましょう。 総武本線・横須賀線の乗換え 京葉線と同じく地下深いのが総武本線・横須賀線のホームです。 千葉の外房内房や横須賀などへと向かうと路線で、特急も多く発着しレジャーなどにも使いやすいのですが、やはり乗り換えは少しややこしい。 総武本線・横須賀線の地下ホームの場所 とは言え、このホームがあるのは丸の内中央口の下です。 丸の内中央口の改札の隣に下へのエスカレーターがあります。 あるいは地階のグランスタからも行くことが出来、京葉線のホームに比べるとそこまで離れておらず、時間もそこまでかかりません。 とにかく丸の内中央口の下にあることを把握しておけば迷わずに辿り着くことが出来るでしょう。 丸ノ内線と地下鉄の駅 東京駅はほぼJRの駅と言っても過言ではなく、東京の他の巨大ターミナル駅のように私鉄路線や地下鉄の駅との接続はありません。 唯一あるのが東京メトロ丸ノ内線の「東京駅」が丸の内側の地階にあります。 あるいは「大手町駅」や「有楽町駅」といった地下鉄駅とも地下通路でつながっているため乗り換えることが出来ます。 東京駅周辺には地下通路が網の目のように張り巡らせていて、隣の駅まで外に出ずに行くことが出来ます。 駅名が違うので分かりにくいですが、これらの駅に乗り換えることを知っておくとだいぶ移動の選択肢を広げることが出来ます。 グランスタと待ち合わせ場所 巨大な東京駅のもうひとつの大きな特徴として、商業施設が多いことが挙げられます。 東京駅構内の商業施設 改札内外問わずとにかくたくさんのお店があり、もはや東京駅全体がひとつの大きな商業施設と言っても過言ではありません。 代表的なのが改札内コンコースにあるグランスタ。 ここは東京駅のエキナカとして改札から出ずに飲食や買い物が出来、いつでも賑わっています。 やはり駅弁のお店は多くあるのですが、それ以外にも東京を代表するお土産や人気の洋菓子店のお店。 多くのエキナカグルメも楽しむことが出来ます。 新幹線の出発前や到着後にはぜひ立ち寄りたい場所であります。 待合せ場所「銀の鈴」も そして、東京駅の待ち合わせ場所として長い間親しまれてきた「銀の鈴」もこのグランスタにあります。 スマホの発達で待ち合わせ場所を決める必要もなくなってきてますが、今も変わらず人々の往来を見つめています。 東京駅はこれからも日本全国と東京とを結ぶ駅として多くの人の流れを生みだすことでしょう。

次の

【東京駅・大手町駅】東西線大手町駅からJR東京駅への乗り換え方

東京 駅 横須賀 線 ホーム

以前、という記事を書きましたが、中でもトリッキーな乗り換えの一つが、総武線快速電車と、横須賀線に乗り換えるケースです。 始めにお断りしておきますと、・山陽新幹線から乗り換える場合、東京駅ではなくてでの乗り換えをお勧めします。 理由は、この写真をご覧ください。 これは、の乗り換え通路です。 って、乗り場のすぐ隣が、横須賀線・総武快速線のホームなんです。 なので、で乗り換えた方が歩く距離が短く、迷子になる確率が低いんです。 ただし、・・・・と、中央線から乗り換える場合や、で方面に行く場合、誠に残念ながら東京駅で乗り換えるしかありません。 そんな方のために、東京駅で総武快速線・横須賀線に乗り換えるコツをお教えしたいと思います。 東京駅で、総武線快速電車と横須賀線に乗り換える場合、覚えてほしいのはこの3つです。 丸の内地下中央口に着いたら、改札を出ずにエスカレーターを降りる 総武快速線、横須賀線と言えど、在来線には変わりありません。 なので、に従って、丸の内方向へ歩いていきます。 間違っても、八重洲地下口や京葉地下口に降りないように注意してください。 丸の内南口に出た方は右へ、丸の内北口に出た方は左に曲がって、丸の内中央口を目指します。 丸の内中央口には地下へ降りる階段・エスカレーターがありまして、ここを降りると丸の内地下中央口の改札口がありません。 この改札口を出ずに、エスカレーターで更に下に降りると、総武線地下ホームがあります。 ただ、東京駅の総武快速線・横須賀線の地下ホームって、かなり地下深いところにあります。 なので、正直東京駅での乗り換えはお勧めできません。 や錦糸町駅など、東京駅以外の駅で乗り換えを強くお勧めします。 また、新幹線からの乗り換えは、最低でも10分、できれば15分は見ておかないとまずいので、気を付けてください。

次の

東京駅の京葉線から横須賀線への乗り換え経路

東京 駅 横須賀 線 ホーム

改札内のルートは、下の簡略構内図のように少し大回りになります。 (八重洲連絡道路の途中に動く歩道はあります) 改札外のルートは、改札を出てもよい場合はこちらの方が距離は短いです。 <総武本線・横須賀線の東京駅> ホームは地下5階にあり出口改札は地下1階にあります。 (1階の改札にも行けます) 成田空港からの成田エクスプレスもこのホームになります。 *簡略した構内図なので、公式ページのと合わせてご覧ください。 スポンサーリンク [ 京葉線までの2つのルートをご紹介しています。 他にもルートはあるので参考程度にご覧下さい ] 1. (徒歩約20〜30分) 2. (徒歩約15〜25分) 1.[改札内の八重洲連絡道路から京葉線] ・地下5階のホームから地下1階にある改札(丸の内地下北口・中央口・南口)まで上がります。 ・地下中央口改札の反対側に在来線方面の地下通路と1階へ上がるエスカレーターがあるので、1階に上がります。 (1階には丸の内改札と八重洲改札と在来線ホーム上り口に新幹線乗換え口などあり、広い改札構内になっています。 ) ・丸の内側の中央付近に出てくるので、丸の内(西側)から八重洲(東側)にすすんで行くと、上記の簡略構内図の ように新幹線の乗り換え口があるので手前を右に行くと「ケイヨウストリート」八重洲連絡道路が見えてきます。 (*方向がわからなくなったら、京葉線の表示か八重洲南口の表示を目印に行くとよいと思います。 ) ・あとはこのまま八重洲連絡道路(ベイロード)を進んで行くだけです。 (京葉線までの間にはエスカレーターと動く歩道が3個連続とまたエスカレーターとなってます。 ) ・2箇所目の階段を下りると前方に京葉線東京駅の八重洲口の改札とホームに降りる階段があります。 右奥からもホームに降りることができます。 誤って八重洲改札から出ないようにご注意ください。 ・そこを降りると広いコンコース(地下3階)で1・2番と3・4番線ホームへの降り口があります。 ・さらに降りるとホーム(地下4階)に到着します。 ・大人の普通の歩きで約20〜30分です。 ・改札内ルートの総武線(成田エクスプレス)ホームから京葉線ホームまでは、長い距離の移動なので 乗り換え時間には余裕をみていたほうがよいと思います。 さらにお子様連れの方や荷物のある方、初めての方は 案内表示など見ながらとなるのでもう少し時間はかかります。 2.[改札外の丸の内自由通路から京葉線] ・地下5階のホームから地下1階にある改札(丸の内地下北口・中央口・南口)まで上がります。 ・京葉線までの自由通路は南側にあるので、地下南口改札から出るとわかりやすいです。 * 改札を出ることになるので、出てもよい場合のルートになります。 ・改札を出ると広めの地下構内になっています。 まっすぐ進んでいくと地下構内の奥に細長い通路が (丸の内自由通路)見えてきます。 *地下構内には、この他にも連絡通路があるので間違わないで下さい。 ・丸の内自由通路(アートロード)を進んで行くと、京葉線の「京葉地下丸の内口」側の改札に着きます。 JR京葉線の改札までは同じ地下1階にあります。 (多少の高低差はあります。 ) ・改札を入り(地下1階)、そこを降りると広いコンコース(地下3階)で1・2番と3・4番線ホームへの降り口があります。 ・さらに降りるとホーム(地下4階)に到着します。 ・大人の普通の歩く速さで約15〜25分です。 お子様連れの方、荷物をお持ちの方などは、もう少し時間はかかります。 ・改札を出てもよい場合は、南口改札を出てまっすぐ進んでいくだけなのでわかりやすいと思います。 <JR京葉線東京駅> 京葉線ホームは東西になっていて、改札は2箇所あり東側に「京葉地下八重洲口」で、 西側に「京葉地下丸の内口」改札があります。 京葉線の東京駅の簡略した構内図です。 (公式ページで最終確認をしてください。 ) ホテルに宿泊して東京ディズニーリゾートを満喫!.

次の