雹 霰 違い。 「ひょう」と「あられ」の違いは?

霰(あられ)と雹(ひょう)の定義の違いは大きさ?みぞれとの違いは?

雹 霰 違い

雹(ひょう)の意味 雹は、積乱雲のなかで作られて降ってくる氷の粒であり、大きさは直径5mm以上となります。 積乱雲ですから、雷を伴って降ってくることが多いだけでなく、大きいものでは何cmもの大きさにもなり、一度降ってくるととても危険で、甚大な被害を及ぼすこともしばしばあります。 世界最大級では30~40cmの記録も残っています。 5~6月に降ってくることが多いです。 霰(あられ)の意味 霰は、雹と発生原理は同じですが、直径5mm未満のものをいいます。 霰には2種類あり、「雪霰」と「氷霰」に分けられます。 雪の周りに水滴がついたものを雪霰といい、氷の粒を氷霰といいます。 雪と同じようにも見えますが、規則正しい雪の結晶とは異なり、その構造はとても複雑な形状をしています。 一般的には雪霰のことを特に「霰」と呼ぶことが多いです。 雹と霰の使い分け 雹と霰の違いは、端的に大きさです。 天気予報やニュースなどで雹の被害が放送されることもありますから、イメージはつかみやすいと思います。 広辞苑によると、もともとは霰の中に雹も含まれていたとされています。 雹は初夏に降りやすいといわれていますが、本来であれば夏の高温のもとでは解けてしまうので、大雨となることが多いですが、7月でも大型の雹が降ってきて家屋や自動車、農作物の被害をもたらすことがあります。 雹と霰の基準は5mm 雹は大きさとその被害の大きさからかなり危ないように見えますが、直径5mm以上であれば雹になるので、小さいものも出てきます。 もしかすれば、形成されたときは大きなものも、降ってくるなかでサイズが小さくなることもあるかもしれません。 しかし、小さくても氷の粒ですから、万が一雹が降ってくるようなことがあれば頭上に気をつけなければなりません。 霰のときでも場合によっては大きくなり、雹になることもあるので気を付けましょう。

次の

「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」

雹 霰 違い

霰(あられ)と雹(ひょう)、霙(みぞれ)の違いって何だと思いますか? 素朴な疑問を調べてみました。 霰と雹と霙の定義 霰と雹と霙の違いと聞かれて、何と答えるでしょうか。 【霰(あられ)】 空から降る氷の粒のことで、直径5ミリ 未満のものを霰といいます。 【雹(ひょう)】 空から降る氷の粒のことで、直径5ミリ 以上のものを雹といいます。 【霙(みぞれ)】 空から雨と雪とが混じって降ってくるのを霙といいます。 お気づきでしょうか。 霰と雹の違いは 大きさの違いだけなんですね。 小さかったら霰、大きかったら雹なんです。 霰と雹は氷の塊という意味では一緒というわけです。 大きさの違いだけで名前を変えてしまうなんて、 ややこしいというか、日本独特の感性なんだなと思いますね。 霰は冬の季語、雹は夏の季語というのも細かい日本語表現として興味深いです。 ちなみに英語では霰も雹も「hail」となるようです。 霙の方はもう全く別物です。 そもそも雪は水蒸気が結晶になったもので、氷とは呼びませんからね。 つまりは雪と同じくくりと認識してよさそうですね。 次はそれぞれがいつ頃降るものなのかを見て行きましょう。 霰と雹と霙が多く見られる時期 霰と雹に関しては大きさの違いだけで、ものとしては同じだとお伝えしましたね。 霰と雹は夏場、特に 初夏に多く見られます。 なぜかというと、霰と雹は積乱雲(カミナリ雲)の中で作られるからです。 ここで霰と雹の作られ方を説明しておきますね。 積乱雲の中は非常に強い上昇気流、つまり上に向かって風が吹いています。 その中で水滴ができると、下に落ちようにも上昇気流のせいでなかなか落ちず、 雲の中を行ったり来たりします。 行ったり来たりしているうちに、積乱雲の中にある周りの氷の粒がくっつき、 少しずつ大きな氷の塊になっていきます。 そして上昇気流では上に持ち上げられないほどの大きさになった時、 霰や雹として地上に降ってくるというわけです。 このようなしくみなので、積乱雲が多い夏場に霰や雹が多く見られるのですね。 一方霙の時期ですが、ある程度気温が低くなければ雪として降ってきませんので、 それなりの気温の時期ということになります。 雪が降り始める時期と降らなくなる時期がその条件に当てはまるので、 冬の始めや春の始めに多く見られます。 興味本位で、霰や雹にまつわるこんなことも調べてみました。 世界で一番大きな雹 霰や雹って、降ってくるともの凄く大きな音がするんです。 地面や壁に跳ね返って、バラバラバラーッ! まあなんたって、小さいとはいえ氷の塊が大量に降ってくるわけですからね。 そんな轟音を聞いていると、建物や車が傷ついたりしないかと心配になってしまいます。 そこでふと思ったわけです。 もっと大きい雹が降ってきたら大変なことだなと。 調べましたよ、世界一大きな雹の大きさを。 1917年の6月、 直径およそ30センチの雹が降ってました、埼玉県で。 もうね、脅威の大きさです。 それが上空何千メートルかから落ちてくるんですから、家とかも穴が開きそうです・・・ 今でもゴルフボールくらいの大きさのものは降ってきたりするそうですが、 それでも当たったら命に関わりますね。 傘程度じゃ防げなさそうです。 「雹害」って言葉もあるくらいですから、 霰や雹の被害って、結構あるもんなんですよ。

次の

霰(あられ)と雹(ひょう)の違いを教えて下さい。

雹 霰 違い

まず雲の水蒸気が凍ります• 凍ってできた氷の粒が落下しようとします• ところが、積乱雲の中では下から上へと強い風が吹きます• 本来なら溶けながら地上に落ちるはずの氷の粒が、風の影響で雲の上部へ押し上げられます• そして再び凍りついてしまいます• 氷の粒が落下しようとして再び舞い上がります• これを何度も繰り返します• その結果、氷の粒は風に影響されないほど大きく成長します• 最終的にその重さで固まった氷が地上に落ちて、 ひょうとなります 春と秋に降りやすい 実はひょうは 冬以外の季節に降りやすい傾向があります。 これは地表の気温と上空の気温さが大きい、春・夏・秋に 積乱雲が発生しやすいから。 ただし夏はひょうができても、途中で溶けて雨になることが一般的には多いですね(降ることもあります)。 一方で冬は積乱雲が発生しにくいので、ひょうが降りにくくなります。 ひょうが降るときは危険 もしもひょうが降る予報が出た場合、外出は控えたほうが安全です。 というのも、ひょうは大きいもので直径2~3センチにもなり、落下速度も時速数十キロを超えることがあるからです。 当たると大怪我をする恐れがありますので、もし 外出中にひょうが降りだしたら、急いで屋内に避難しましょう。 霰(あられ)とは? 5ミリ未満の氷の粒 あられはひょうと同じく雲から降るもので、 直径5ミリ未満の氷の粒のこと。 実はひょうとの違いは、 「直径5ミリより大きいか小さいか」のみ。 5ミリ以上になるとひょうになり、5ミリより小さいとあられの扱いとなります。 そのため発生する仕組みはひょうと同じ。 ただし氷の粒が小さいため、冬にも降ります。 雪あられと氷あられ あられは降った時の状態によって、• 「雪あられ」• 「氷あられ」 に区分されます。 雪あられは 白く柔らかいあられのことで、雪と一緒に冬に見られるもの。 一方の 氷あられは 半透明でやや硬く、ひょうのように春や秋に降る傾向があります。 ちなみに天気予報では、• 雪あられは「雪」の予報• 氷あられは「雨」の予報 となります。 ただし観測データでは、どちらのあられが降っても「あられ」の扱いになります。 霙(みぞれ)とは? 雨交じりの雪 みぞれは 雪と雨が混ざった状態、または雪が溶けかかった状態で降る事を指します。 ひょうやあられとは違い、氷の粒は混ざりません。 また気象上の扱いは「雪」となるため、シーズン最初にみぞれが降ると、これが「初雪」の扱いに。 更に天気予報では「雪または雨」、あるいは「雨または雪」と伝えられることになります。 直径5ミリ以上の氷の粒が地上に降ること• 積乱雲の時に発生しやすく、雷を伴うことも• 空気中の水が凍って氷の粒となって成長したものなので、 氷の結晶は存在しない• 冬よりも春・秋に発生しやすい。 まれに夏に発生することもある• 直径5ミリ未満の氷の粒が地上に降ること• ひょうとの違いは氷の粒の大きさだけで、発生する仕組みはひょうと同じ• ひょうと同じく、 氷の結晶は存在しない• 雪混じりで白くもろい「雪あられ」と、半透明で硬い「氷あられ」の二種類がある• 気象上は「雪あられ」は雪、「氷あられ」は雨の予報となる• 雪に雨が混ざった状態、あるいは溶けかかった状態で降ること• 雪が混ざるため、雪の特徴である 氷の結晶が存在する• 気象上は雪の扱いとなる• 天気予報では「雪または雨」、あるいは「雨または雪」と伝えられる 【関連記事】• 降る予報のときは注意して! ひょう・あられ・みぞれは似ていますが、実は みぞれだけが雪の一種ということなんですね。 ひょうと あられは発生する仕組みは同じですが、 粒の大きさが違う氷の粒のこと。 一方で みぞれは 雨交じりの雪のことで、ひょう・あられと違って氷の結晶をもちます。 この中でも、 ひょうが降る時は、時として大きな被害が出ることも。 天気予報で「ひょう」の予報が出たときには、特に注意して過ごすようにしましょう!.

次の