オイラックス クリーム。 レスタミンコーワクリームとオイラックスクリームの違いは?

レスタミンコーワクリームとオイラックスクリームの違いは?

オイラックス クリーム

患者さんが「背中が痒いけど、先生が出すステロイド薬が効かないので困っている」との訴えがありました。 かゆみの原因が皮膚にある場合、乾燥している状態をしっかりと保湿継続するだけでも改善が見られる場合があります。 この時に我慢できずに、痒いからと掻きすぎると角質に傷がつき炎症が起きてかゆみが悪化してしまいます。 医師の処方した皮膚の状態に適したステロイド薬で皮膚の炎症状態が収まるまでしっかりと続けて角質のバリア機能が回復するまで本来は継続し、少しづつ薬を減らして保湿をしっかりとする事で痒みも減ってくるとは思うのですが、「すぐに痒みを抑える為の薬がどうしても欲しい」とのことでした。 こちらで勝手に薬を提案する事ができないので、患者さんには先生に状態を診てもらって処方箋を待つことになりました。 薬局に置いている薬として痒みに対して処方されるであろう薬として、内服では抗ヒスタミン薬、塗り薬ではステロイド以外ではレスタミンクリームやオイラックスクリームがあります。 アトピー性皮膚炎に用いられる免疫抑制剤のプロトピック軟膏(タクロリムス水和物)もかゆみを抑える時に使用される事があります。 レスタミンクリームとオイラックスクリームの違いは? レスタミンコーワクリームとオイラックスクリームですが2つのクリームの違いを比較してみたいと思います。 まずレスタミンコーワクリームは成分名がジフェンヒドラミンと呼ばれる第一世代の抗ヒスタミンH 1 受容体拮抗薬になります。 出典:興和創薬株式会社 オイラックスクリームは成分がクロタミトンと呼ばれる物質です。 インタビューフォームから開発の経緯を見たところ、スイスのガイギー社(現ノバルティス ファーマ社)により合成され1948年にスペインで初めて発売されました。 オイラックスは、湿疹、蕁麻疹、神経皮膚炎、皮膚そう痒症、小児ストロフルスに適応があります。 オイラックスHには、ヒドロコルチゾン2. クロタミトンの薬効薬理を見ると抗ヒスタミン作用を示さないと書いています。 ヒトの皮膚感覚のうち掻痒感を抑制するが、他の皮膚感覚には影響を与えないことなどから、抗ヒスタミン剤、局所麻酔剤とは作用機序を異にすると考えられています。 皮膚に軽い灼熱感を与え、温覚に対するこの刺激が競合的にそう痒感を消失させるといわれてるので、蚊にかまれた時に爪で十字に押し付ける事で痒みを紛らわす方法と同じような感じでしょうか?(ちなみに東日本では蚊にかまれると言わず、くわれるが多いそうです) オイラックスHクリームの添付文書の薬効薬理より、クロタミトン単体との比較がされています。 クロタミトンのみでは抗炎症作用がほとんどなく、鎮痒作用もステロイドを含有したオイラックスHクリームより弱い事がわかります。 1)抗炎症作用 ウサギの脱毛した皮膚にクロトン油皮膚炎を起こさせ、これに1日2回オイラックスHクリーム又はオイラックスクリーム10%を13日間連日貼付した実験で、 オイラックスHクリーム貼付群で発赤は7日目、糜爛は10日目、痂皮は12日目に消失し、無処置群に比べて明らかな差がみられたが、オイラックスクリーム10%では特別な差はみられていない。 2)鎮痒作用 軽症皮膚疾患患者の両前膊屈側中央に1,000倍塩酸ヒスタミン液を滴下し、注射針で軽く皮膚を穿刺しそう痒を起こさせた後、オイラックスHクリーム又は比較薬剤を塗布し、止痒に要する平均時間比を求めた試験で、 オイラックスHクリームは1%ヒドロコルチゾン、オイラックスクリーム10%より大なる鎮痒作用が認められている。 3)ヒスタミン発斑に対する抑制効果 軽症皮膚疾患患者の前膊屈側にオイラックスHクリーム又は比較薬剤を塗布後、それぞれの局所において、1,000倍塩酸ヒスタミン液による発斑試験を行った結果、 オイラックスHクリームは1%ヒドロコルチゾンに比しかなり強く膨疹、紅斑を抑制することが認められている。

次の

オイラックスは疥癬の薬?

オイラックス クリーム

疥癬の治療にも応用されます。 作用はおだやかで、副作用も少ないです。 かゆみをともなう軽い湿疹や、虫さされに適します。 【作用-2】 疥癬(かいせん)は、疥癬虫、別名ヒゼンダニというダニが皮膚に寄生して起こる皮膚感染症です。 小さな赤いボツボツができ、とくに夜間に強いかゆみを生じるのが特徴的です。 このお薬は疥癬虫に対して駆虫作用を示すことから、疥癬の治療にも広く使われています。 特徴 正式な適応症ではありませんが、病院では疥癬(かいせん)の治療に用いることが多いです。 炎症やかゆみを抑える作用は弱いです。 注意 【診察で】 アレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】• 指示どおりに使用してください。• 疥癬の使用例としては、7日間毎日、頚から下の全身に塗るなどします。• 目やその周囲、口内、また粘膜には使用しないでください。• 口の周りに塗る場合など、舐めたり、誤飲しないようにしてください。 とくに、小さい子供、あるいは判断力の弱っている高齢の人に用いる場合、ご家族など付き添いの方も注意しましょう。 効能 【適用】 湿疹、じん麻疹、神経皮膚炎、皮膚そう痒症、小児ストロフルス 【応用】 医師の判断で、別の病気に応用されるかもしれません(疥癬など) 用法 通常、症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 外用薬ですので、副作用はまずありません。 塗布直後の一過性の軽い熱感は心配いりません。 もしも、かえって赤みやカユミがひどくなるようでしたら、早めに受診してください。 一過性の刺激感、熱感、ひりひり感• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

市販薬「オイラックス」と処方薬「オイラックス」の違い

オイラックス クリーム

はじめに かゆみを抑える効果のあるオイラックスクリームとオイラックスHクリーム どのような効果効能があるのか、またオイラックスHと普通のオイラックスは何が違うのか、説明していきたいと思います。 目次 オイラックスってどんな薬? オイラックスは1957年9月に、オイラックスHは1960年5月に販売を開始した薬で、かゆみどめの塗り薬として広く使われています。 オイラックスの有効成分は、クロタミトンです。 オイラックスHの有効成分は、クロタミトンに加えてヒドロコルチゾンとなります。 【効能又は効果】 湿疹、蕁麻疹、神経皮膚炎、皮膚そう痒症、小児ストロフルス 引用:オイラックスクリーム 添付文書 効能又は効果 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、皮膚そう痒症、小児ストロフルス、虫さされ、乾癬 引用:オイラックスHクリーム 添付文書 オイラックスとオイラックスHの違い オイラックスHは、オイラックスにヒドロコルチゾンというステロイドを配合した薬であり、かゆみ止めの作用のほか、炎症を抑える作用が付与されています。 逆にいえば、普通のオイラックスには、ステロイドが含まれていません。 オイラックスHは、炎症を起こしてしまっていて、かゆみがひどいときに使われます。 あぶにさされた!とかの虫刺されであれば、オイラックスHを使うケースが多いです。 (さされてから時間がたって、炎症が落ち着いているとなれば、普通のオイラックスを使うこともあります) クロタミトンはどうしてかゆみを止めるの? 実はよくわかっていないんですね笑 クロタミトンを使用すると、皮膚に軽い熱感を生じさせることが知られていますが、この熱感の刺激により、かゆみを抑えるのではないかとされています。 オイラックスの用法・用量 【用法及び用量】 通常症状により適量を 1 日数回患部に塗布又は塗擦する。 引用:オイラックスクリーム 添付文書 用法及び用量 通常、1日1~数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。 なお、症状により適宜増減する。 引用:オイラックスHクリーム 添付文書 どちらも基本的には、1日に数回塗るようにとのことです。 医師によっては、頓用でかゆい時にぬって!という形で処方される方もいらっしゃいます。 オイラックスHのほうはガーゼに塗って湿布のように使ってもよいとの記載があります。 医師の指示に従って使用するようにしましょう。 オイラックスの副作用・注意点 報告されている副作用は下記の通りです。 症状として、熱感・灼熱感16件(1. 7%)、刺激症状(ピリピリ感、ひりひり感等)30件(3. 2%)、発赤増強・紅斑増悪 7 件(0. 7%)、分泌物増加 3 件(0. 3%)、浸潤傾向 2 件(0. 2%)が認められている。 引用:オイラックスクリーム 添付文書 症状としては、皮膚刺激症状(1. 5%)、熱感(1. 1%)、せつ発生 0. 5%)の他、ピリピリ感、牽引痛、疼痛感、しびれ感、患部湿潤等がみられた。 引用:オイラックスHクリーム 添付文書 どちらも皮膚刺激作用が多く報告されています。 使用していて、かゆみがよりひどくなった、発疹などが生じた場合は使用を中止して医師に相談したほうがよいでしょう。 有効成分であるクロタミトンは刺激作用があるので、目や口、その他粘膜には使用を控えたほうがよいです。 使用すると、クロタミトンの影響により、塗った部位が少し熱をもった感じがしますが、しばらくすると消えるので、慌てなくて大丈夫です。 まとめ オイラックスクリーム、オイラックスHクリームともに、有効成分クロタミトンによるかゆみ止めの塗り薬です。 オイラックスHは、追加でステロイドが配合されているので、炎症を鎮める効果があります。

次の