初音 ミク project diva x。 「初音ミク

PlayStation®VRでライブ鑑賞! PS4®『初音ミク

初音 ミク project diva x

お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 パッケージ版は順次出荷を行ってまいりますので、確実にご購入されたいお客様については、各販売店様でのご予約をおすすめいたします。 なお、パッケージ版の次回出荷までは、しばしお時間いただく予定です。 しておりますので、ご購入を予定されている方は、ダウンロード版のご利用もご検討いただければ幸いです。 特典同梱の有無については、以下よりご確認ください。 ・パッケージ版(通常版):上画像の「ピンク色のシール」があるものに同梱しています。 ・パッケージ版(限定版):すべて同梱しています。 ・ダウンロード版:2020年5月13日(水)まで添付しています。 (Team SEGA feat. HATSUNE MIKU Project).

次の

情報まとめX

初音 ミク project diva x

「初音ミク -Project DIVA- X」プロモーションムービー リズムゲームのシステムはシリーズを踏襲。 新操作「ラッシュノーツ」で新鮮なプレイフィールも 「Project DIVA X」のリズムゲームは,従来のシリーズ作品を踏襲したシステムとなっている。 ボタンの同時押しや長押し,画面のスクラッチ操作といった要素も引き続き実装されている。 なかでもスクラッチ操作は,オプションでの切り替えなく,「画面のスライド操作」と「スティック操作」をどちらにも対応。 場面によって操作を使い分けられるようになっている。 なお,リズムゲームの難度は「EASY」「NORMAL」「HARD」「EXTREME」の4段階が用意されている。 リズムゲームのチュートリアル楽曲は,前作までと同じく「levan Polkka」。 実際にプレイしながら,基本的な操作方法を身につけられる もちろん,リズムゲーム中には3Dグラフィックスで描かれた,初音ミクをはじめとするキャラクターが歌って踊るPVが流れる。 楽曲に合わせた,さまざまなパフォーマンスやステージ演出が用意されているので,見ているだけでも楽しくなってくる。 ちなみに後述する「フリープレイ」では,リズムゲームをプレイしないでPVのみを鑑賞することも可能だ。 リズムゲームにおける新要素としては 「ラッシュノーツ」が挙げられる。 ラッシュノーツとは,その名のとおり,規定時間内にひたすらに連打する操作のことだ。 特定のアイコンを「SAFE」以上の判定で入力に成功すると,一定時間内に対応したボタンや方向キーを連打することでスコアアップが狙えるようになる。 実際にプレイしてみたところ,ラッシュノーツは曲の切れ目やテンポのいい場面で出現することが多い印象を受ける。 ラッシュノーツは連打すればするだけスコアを稼げるものの,その後のコンボをつなげられなければ高スコアは望めない。 どこまで連打するのか,引き際を見極めることも重要になるだろう。 「Project DIVA X」の収録楽曲は「ウミユリ海底譚」や「愛の詩」などの人気楽曲に加え,「ハジメテノオト」や「卑怯戦隊うろたんだー」といった懐かしい名曲も収録。 さらにオープニングテーマとして書き下ろされた「罪の名前」や,人気ユニット「livetune」のkz氏による最新作「Satisfaction」,そしてメドレー6曲を含む全30曲のラインナップとなっている。 メドレーを構成する楽曲もカウントすれば,シリーズ最多の全51曲だ。 Mitchie M氏がメドレーアレンジを担当した「キュート・メドレー 〜アイドル サウンズ〜」。 「ビバハピ」や「アゲアゲアゲイン」など,同氏の楽曲のみで構成されている 「初音ミク -Project DIVA- X」収録楽曲 Satisfaction<アーティスト:livetune> LOL -lots of laugh-<アーティスト:mikumix> 独りんぼエンヴィー<アーティスト:koyori(電ポルP)> 卑怯戦隊うろたんだー<アーティスト:シンP> 罪の名前<アーティスト:ryo(supercell)> ハジメテノオト<アーティスト:malo> 紅一葉<アーティスト:黒うさP(WhiteFlame)> 愛Dee<アーティスト:Mitchie M> Calc. ライブクエストは,ストーリーやコミュニケーションを楽しみながらクエスト(リズムゲーム)に挑戦する新しいゲームモードだ。 ライブクエストを進めるにつれて,新たな楽曲やステージ,モジュールが解放されていく。 STORY 初音ミク達はある日,歌の力である5つのエレメントの輝きを失ってしまった。 輝きを取り戻すためには歌うことが必要だが,彼女達は自らの力だけでは歌うことができない。 そこでプレイヤーは彼女達と協力し,各エレメントが司るエリアで彼女達を歌わせることになった。 一度見たストーリーは「アルバム」モードでリプレイできるため,すべての選択肢の反応を試してみるといったことも可能だ ライブクエストの中心となるのが「エリアクエスト」だ。 エリアクエストではミク達と一緒に5つのエレメント(ニュートラル,キュート,クール,ビューティ,カオス)が司るエリアを巡り,リズムゲームに設定されたクエストに挑むことになる。 各エリアには,それぞれのエレメントに対応した楽曲が存在。 エリアクエストでは,その楽曲ごとに用意されているクエストに挑戦していく クエストに設定されている難度でリズムゲームをプレイ。 その結果,目標スコアや条件を達成できればクリアとなる ライブクエストのリズムゲームは,これまでのシリーズ作品とは異なるクリア評価方法を導入している。 「Project DIVA X」では,リズムゲームの判定を成功させるたびに上昇していく「ボルテージ」が,それぞれのクエストの目標値を満たせばクリアとなる。 画面下にあるのがボルテージのゲージだ リズムゲームで稼いだボルテージは,各エリアに存在する「ジェム」に溜まっていく。 基本的には,新しい楽曲をクリアすることでボルテージが溜まっていき,エリアに存在するすべての楽曲をクリアすると,メドレー楽曲が出現。 そのメドレー楽曲をクリアすることで,ジェムが完全にボルテージで満たされる。 ジェムが満タンになると,そのエリアのエレメントが復活し,新たなエリアを1つ開放できるようになるというのが,基本的な流れだ。 こうして5つのエリアを巡り,すべてのエレメントを復活させていくのだ。 なお,最初に選べるエリアは「ニュートラル」のみ。 序盤はチュートリアルを兼ねた内容になっているので,ここでライブクエストのシステムに慣れておこう。 ちなみに,すべてのエリアをクリアすると,稼いだボルテージがジェムに数値化されて溜まっていく。 これが,一定値に達するとエレメントの結晶「クリスタル」が手に入り,新たなクエストや楽曲が開放できるようになるのだ。 エリアクエストでプレイできるようになった楽曲やステージは,別のモードでも選択可能だ。 約300種類のモジュールを収録。 さまざまなコスチュームとアクセサリでボーカロイドを彩ろう 「Project DIVA」シリーズと言えば,多彩なモジュール(コスチューム)にも触れないわけにはいかないだろう。 ライブクエストでは,リズムゲームの途中でチャンスタイムが発生し,画面左下に星形のゲージが表示される。 そのチャンスタイムの最後に特大のスクラッチアイコンが流れてくるのだが,ゲージが満タンの状態で入力に成功すると,変身演出が発生し,モジュールがランダムドロップする。 そのままリズムゲームをクリアすれば,ドロップしたモジュールを獲得できるという仕組みになっている。 従来のようにショップで入手する方式ではないので,シリーズファンは覚えておいてほしい。 変身シーンは,まるでアニメの1シーンのようだ。 開発陣の「お約束」へのこだわりが垣間見える 獲得したモジュールはリザルト画面で確認できる。 すでに持っているモジュールに変身することもあるが,重複しての獲得はできない 「Project DIVA X」に用意されているモジュールは,本作の収録楽曲をイメージしたデザインに加え,これまでのシリーズ作品から再収録されているものも含めて約300種類にのぼる。 そして,モジュールはただ着せ替えて楽しむだけのものではない。 それぞれにエレメントが設定されており,楽曲のエレメントと合わせると,スタート時のボルテージレートにボーナスが発生するのだ。 また,すべてのモジュールには「スキル」が設定されている。 その効果はリズムゲームでのプレイを助けてくれるもの,スコアをアップさせてくれるもの,新しいモジュールを獲得できる確率を上げてくれるものなど,さまざまだ。 ライブクエストでは,シリーズ作品ではおなじみの「ヘルプアイテム」が使用できないので,クエスト攻略にはスキルの活用が欠かせないだろう。 モジュールは各キャラクターに紐付いているため,別のキャクターに着せることはできない ライブクエストで入手できるのは,モジュールだけではない。 リズムゲームをクリアすると,アクセサリとプレゼント用のアイテムが手に入ることもある。 アクセサリはモジュールとは別に,キャラクターに着せ替えられるアイテムだ。 「頭」「顔」「胸」「背中」という4つのカテゴリに分かれており,すべてのキャラクターで共通となっている。 アクセサリにもエレメントが設定されており,楽曲のエレメントと合わせることで,ボルテージにボーナスが発生するのはモジュールと同様だ。 さらに,アクセサリの組み合わせ次第でも,ボーナスが発生するようになっている。 アクセサリの種類も豊富で,「天使の羽」や「ランドセル」といったポピュラーなものから,「はちゅねミク」や「ミクダヨー」といったおなじみのネタアイテムまで,多数用意されている。 設定したモジュールやアクセサリは,リズムゲーム中の姿に反映されるため,ボルテージのボーナスではなく,見た目だけを重視して選ぶのも自由だ。 自分だけのコーディネートにこだわってみよう。 モジュールとアクセサリの組み合わせを登録することができる。 それぞれのセットに名前を設定できるため,ステージに合わせて用意しておくといいだろう もう一つのプレゼント用のアイテムは,「ホーム」で使用することになる。 これについて,詳しくは後述している。 「スペシャルライブ」で特別な報酬を手に入れよう エリアクエストを進めていくと,突発的にイベントが発生することがある。 それが,ライブクエストのモードの1つ「イベントクエスト」だ。 イベントクエストのリズムゲームは,ライブクエストのルールが採用されている。 クエストによっては,キャラクターや楽曲,モジュールなどに制限がある場合も このイベントクエストの中でも,とくに重要なのが「スペシャルライブ」である。 これは,通常のイベントクエストと同じく,ゲームの進行度によって発生するものだ。 まず,通常のイベントクエストでは1曲だけプレイすることになるが,スペシャルライブでプレイするのはなんと3曲。 プレイヤーが楽曲を選択し,1コーラスずつシームレスに特別編集されたバージョンをプレイしていく。 キャラクターやモジュールなどは楽曲ごとに設定するため,スペシャルライブでは最大3人のキャラクターが登場するというわけだ。 3曲続けてプレイするので,通常のクエストよりも大量のボルテージを獲得するチャンスでもある。 なお,スペシャルライブでは,3曲めにチャンスタイムが発生する。 モジュールを獲得したいキャラクターは3曲めに設定しておこう。 キャラクターとのコミュニケーションが楽しめる「ホーム」 ライブクエストの起点となるホームでは,キャラクター達とのコミュニケーションを楽しめる。 たとえば,ライブクエストで獲得したアイテムをプレゼントすると,さまざまな反応を見ることができる。 アイテムの種類は「フード」「トイ」「インテリア」「ミュージック」「カルチャー」のカテゴリに分かれており,プレゼントによってキャラクターの親密度が上昇したり,イベントが発生したりする仕組みだ。 このようなイベントは240種類以上用意されている。 ストーリーと同じく「アルバム」に記録されていくので,プレイしたイベントは好きなときに振り返ることができる。 キャラクターからお願いされる「プレゼントイベント」では,相手の要求に合ったアイテムをプレゼントできれば親密度が大幅に上昇する また,ホームに表示されているキャラクターをタッチすると,さまざまな反応を返してくれるので,ぜひ試してほしいところだ。 こうした反応はキャラクターによって異なるだけでなく,着用しているモジュールのエレメントによっても変化する。 ホームのテーマ(背景)は現代風の部屋やSFチックな部屋,あるいはツリーハウスなど,好きなものに変更可能だ。 キャラクターに渡したプレゼントも飾られていく さまざまな遊び方で「Project DIVA X」をプレイ ライブクエストは,これまでの「Project DIVA」シリーズとは異なるシステムとなっているが,ソングエナジーやクリアランクといった従来のルールでプレイできる「フリープレイ」も搭載されている。 エレメントの制限がないため,モジュールやアクセサリによるボーナス要素がなく,新たなモジュールを獲得することはできない。 とことんリズムゲームをプレイしたい人にオススメだ。 なお,従来のシリーズと同じく「ヘルプアイテム」が使用できる。 アイテムは最大3つ装備できるほか,使用しても消費されない。 すべてのアイテムが選択可能になっているので,初心者も安心して楽しめるようになっている。 もちろん,逆にプレイヤーが不利になる「チャレンジアイテム」も健在だ。 チャレンジアイテムを3つ使った状態での最高難度「EXTREME」の楽曲は,腕に自信があるプレイヤーでも手を焼くはず。 我こそはという人は,ぜひチャレンジしてほしい。 エディット要素としては,収録楽曲やステージ,照明,カメラワークなどを設定して,自分だけのライブシーンを演出できる「ライブエディット」モードが用意されている。 どのタイミングでどこにカメラを切り替えるのか,といった細かい演出もプロデューサー気分で決められるのだ。 ステージごとに異なる「ステージ演出」や「ワンショット演出」を設定して,ライブを盛り上げよう 演出やライト,カメラの設定はタイムラインで管理される。 どのタイミングで,どの設定が使われているかがひと目で分かる また,ライブエディットで使用できる楽曲はすべてフルサイズのもの。 楽曲によってはリズムゲームでは見られないモーションもあるので,見逃せないところだ。 なお,ライブエディットを利用するには,追加コンテンツ「ライブエディットスタートパック」(無料)をPlayStation Storeからダウンロードしておく必要がある。 初音ミクファンなら見逃せないシリーズの集大成的な面白さ 2009年にリリースされた「初音ミク -Project DIVA-」から数えて,7年めとなる「Project DIVA」シリーズ。 その最新作「Project DIVA X」には,初音ミクをはじめとするキャラクター,そして彼女達のファンへの開発陣の愛情が「これでもか」と言わんばかりに注ぎ込まれている。 ライブクエストでは,ミク達の同行者としてプレイヤーがストーリーに参加する。 つまり,第三者的にミク達を見守るのではなく,一緒にゲームの世界を冒険することになるのだ。 ストーリー中に登場する選択肢では,その決定によってミク達の反応が変わる。 ホーム画面でキャラクターに触れれば,さまざまな反応を返してくれる。 こうした「キャラクターとのコミュニケーション」という要素も,大いに注目してほしい。 また, リズムゲームにおいても,本作では高難度であっても楽曲のテンポが損なわれることはない。 流れてくるメロディアイコンを入力すれば,自然とリズムに乗れるようになっているため,プレイ中の爽快感とプレイ後の満足感がしっかりと堪能できる。 ビジュアル面の強化も触れておきたい。 約300種類のモジュールを収録,というだけでもファンには嬉しいはずだ。 「海パン姿で熱唱するKAITOが見たい」「ボーイッシュなミクが見たい」という要望を,見事に叶えてくれることだろう。 新規も古参も問わず,あらゆる初音ミクファンが見逃してはいけない一本になっている。 ゲームの進行状況に応じて,イラストのコレクションも追加されていく PS Vitaのカメラ機能を使って,ミク達と一緒に写真を撮ることができる。 キャラクターやモジュール,ポーズ,表情などを設定可能だ.

次の

称号X

初音 ミク project diva x

2016. 1 2016. 27 2016. 13 2016. 24 2016. 12 2016. 5 2016. 29 2016. 22 2016. 21 2016. 15 2016. 7 2016. 9 2016. 7 2016. 26 更新! 2016. 28 2016. 21 2016. 29 2016. 24 2016. 23 2016. 22 2016. 17 2016. 16 2016. 14 2016. 9 2016. 3 更新! 2016. 18 更新! 2016. 17 2016. 9 2016. 8 2016. 7 2016. 4 更新! 2016. 2 2016. 30 2016. 26 2016. 21 更新! 2016. 15 2016. 14 2015. 27 2015. 24 2015. 17 更新! 2015. 10 2015. 7 2015. 2 2015. 30 公式サイトリニューアルオープン!.

次の