ご参考までに 使い方。 ポジショニングとは|使い方から参考例まで徹底解説

「ご参考までに」はどう使う?敬語や類語など使い方を完全マスター

ご参考までに 使い方

認識しておいてください• 参照してください• 目を通しておいた方が業務がスムーズに運びます ビジネスシーンで「ご参考までに」と言われた場合は、聞き流さずにきちんと確認しましょう。 事前に参照すべき資料を確認していなかったがために、会議で話についていけなかったり、取引先に迷惑をかけてしまったりする可能性があります。 ただし、「ご参考までに」がプライベートで使われた場合は、確認を強制する意味合いはありません。 【補足】「参考」と「参照」の違い 「参考」と「参照」にはどちらも「何かを決めたりする時に、何かにあたって調べること」という意味があります。 しかし、「参考」と「参照」では対象とするものの範囲が異なるため、実際に使う場合には注意が必要です。 「参照」は、目に見える文書やデータ化されたもののみを対象としており、「参考」の方が対象が広範囲に渡ります。 例文:(相手の行動の場合:尊敬語)「 ご参考までに過去の資料も ご覧になりますか。 」 「 ご参考までにお手元の資料を ご覧ください」 例文:(自分の行動の場合:謙譲語)「 ご参考までに資料を添付 いたします。 」 「 ご参考までに次回のイベントの日程を掲載 させていただきました。 」 敬語を正しく使えることは、できる社会人のポイントです。 「ご参考までに資料を拝見してください」のように、尊敬語と謙譲語を間違えないよう注意しましょう。 【補足】「ご参考までに」の注意点 メールや文書で「ご参考までに」を使う場合、その内容はもしかしたら相手に確認してもらえないかもしれない可能性があります。 「ご参考までに」の重要度は人によって異なるため、「参考程度でいいなら見なくてもいいか」とスルーする人もいるからです。 きちんと目を通してもらいたい大切な内容については「ご確認ください」「ご参照ください」「ください」といった言葉で確認を促すようにしましょう。•

次の

ビジネスシーンでの「参考までに」の意味・使い方と例文・敬語表現

ご参考までに 使い方

「ご参考ください」は誤った日本語 「ご参考ください」の意味は「照らし合わせて手がかりにしてください」 「参考」の意味は「照らし合わせて考える。 自分の考えややり方を決める手がかりにする」という意味です。 よって、「ご参考ください」の意味は「照らし合わせて手がかりにしてください」です。 ビジネスシーンでは会議で補足資料を配布するときによく使われます。 「参考する」という動詞はなく、「ご参考ください」は誤用 しかし、「ご参考ください」は間違った日本語なので注意が必要です! 「ご参考ください」の原型は「参考する」になりますが、「参考する」という動詞は日本語にありません。 「参考にする」というのが正しい動詞の形です。 「ご参考ください」は広く使われている表現なので使っても違和感を抱かれることは少ないと思いますが、間違った日本語ですので正しい言い換え表現を紹介していきます。 「ご参考ください」の類語 「ご参照ください」は「文章や図を引き比べて参考にしてください」 「参考」の類語に「参照」があります。 「参照」は「文章や図を比べて参考にする」という意味になります。 つまり、「参考」も「参照」も「照らし合わせて自分のやる方や考え方の手がかりにする」という意味では同じですが、「参照」の方が「他のものと比べる」という語感が強いです。 「ご参照ください」は慣習的に広く使用されている言い回しですが、「ご参考ください」と同じ理由で誤った日本語となります。 ・ご参照願います ・ご参照のほど、よろしくお願いいたします ・ご参照くださいますよう、何卒お願い申し上げます などと言い換えましょう。 「ご覧ください」「ご覧になってください」 「ご覧ください」は「見てください」という意味です。 「ご覧ください」は「ご覧になってください」の省略形です。 「ご覧になってください」=「見る」の尊敬語「ご覧になる」+丁寧語「ください」 で成り立っています。 「ご覧ください」「ご覧になってください」は尊敬表現なので、目上の人に対して使うことが可能です。 「ご覧ください」「ご覧になってください」は「見てください」の意なので、文章以外のものに対しても使うことができます。 ・ご覧くださいませ ・どうぞご覧ください ・ご覧くださいますようお願いいたします ・よろしければご覧ください などと表現するとより丁寧になります。 「参考」の使用上の注意点 「参考になりました」と目上に言うのは失礼 上司や取引先に何かを教わったときに 「参考になりました」と返すのは失礼になりますので注意です。 「参考程度にしかならなかったのか」と思わせてしまうかもしれないからです。 「 大変勉強になりました」と言い換えましょう。 「参考までにご教示ください」と教えを請う表現は上司などに使うことができます。 「参考までに教えてください」は、「参考にする程度などでそこまで詳しく教えていただく必要はありません」という意味合いなので、謙虚さを示すことができます。 「ご参考までに」だと見てもらえない可能性も 「ご参考ください」「ご参考までに」という表現は、「参考にするかどうかは相手次第」であり、必ず見てもらえるか分かりません。 なので、必ず目を通してもらう必要がある資料などに対しては、「ご一読ください」「ご覧ください」などの言い換え表現を使うようにしましょう。

次の

「ご参考までに」の意味や使い方!ビジネスでのメール/送付/参照を解説

ご参考までに 使い方

「ご参照してください」は誤用? 「ご参照してください」は誤った使い方になります。 「参照する」を相手に促す時、「ご参照」で既に相手の行為になっています。 「する」を変形させた「して」はいらなくなるのです。 目上の人には使えるの? 「ご参照ください」は丁寧さを十分に備えた謙譲語です。 上司や目上の人に対しても使うことができます。 尊敬語で表現するなら「参照なさってください」の形で使うこともできます。 類語・同義語 参照、参考の違いと使い分け 参照と似ている言葉に「参考」があります。 この2つは大きな違いがあります。 「参照する」を使う時は、目に見えるものが参照の対象物として存在します。 照らし合わせるという意味で確認し、そのものの理解を深める意味で使われます。 見れば(参照すれば)わかることがはっきりしている時に使われるという点で参考と大きく異なります。 例えば「お支払いの詳細は明細書をご参照ください」として使われます。 参考にするとは、その考えや考え方を取り入れるということです。 たとえそれが目に見える資料や書籍などだったとしても、そこに書かれている直接の文字や数字ではなく、その内容を自分に活かすことが参考にするということです。 参考という言葉は、情報の受け手次第でその有効性が決められるものです。 こちらから参考となるものを提示しても、相手の役に立つかどうかは不確かだという意味も含んでいます。 どの部分が相手にとって参考になるかも分かりません。 役に立つかもしれないので見てください、もしくは聞いてみてくださいという気持ちを持って参考を使いましょう。 参考は「参考する」とは言わず「参考 にする」ですよね。 「ご参考にください」というのは文法的におかしいので、「参考になさってください」とするのが適切です。 また、参考にするのか、しないのか、参考になるのか、ならないのかは相手判断によると考えるべきで強制はできません。 したがって 「ご参考ください」という表現は敬語としては不適切となります。 ご覧くださいの表現 同じように相手に何かを見ることを促す言葉として 「ご覧ください」があります。 くだけた言い方だと「見てください」になります。 参照や参考などの細かな意味を含まず、様々な意味を総じてみてほしい時に、使うことができる敬語表現です。 ご覧くださいは参照や参考と組み合わせて使われることもあります。 気をつけなければいけない点として相手がそれを見ることを喜ぶ時や、見ることでメリットになる時に使うように心がけましょう。 役に立つ資料、重要ポイントの提示、詳細の把握などです。 また、多忙な上司に対して、自分の報告書や資料などを見てもらうといった時にはご覧くださいは不適切です。 「お目通しのほど、宜しくお願いいたします」「ご一読いただけますと幸いです」など手間をねぎらう表現に変える方がいいでしょう。

次の