ノン フィクション 花子。 ザ・ノンフィクション

地縛少年花子くん

ノン フィクション 花子

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。 5月10日は「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~ 前編」というテーマで放送された。 あらすじ 『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)より 東京杉並区「ハナ動物病院」の院長、獣医師・太田快作。 院名の由来は大学生のときに保健所から引き取った愛犬、花子(18歳)だ。 太田は老犬となった花子を大きなリュックに入れ、それを前に抱えて通勤している。 もともと犬が好きで獣医学部に進んだ太田だが、花子との出会いから徹底的に動物の命について考えるようになる。 当時、太田の通った大学の獣医学科では外科実習で保健所の動物を使った動物実験(実験後は基本、殺処分される)が行われていたが、太田はそれを拒否。 欧米の大学で一般的な「動物実験代替法」で単位を取得する(なお、同大でも2018年から生体を用いた外科実習は行われていない)。 ほか、散歩にも連れていかれることがなかった学内の実験動物の待遇向上のため、学内に「犬部」を発足。 賛同者を集り、犬部の活動は保護犬の里親探しにまで広がり、のちに本や漫画にもなった。 太田の動物愛護の活動は現在も続いており、休日は保護猫や多頭飼育で崩壊した家の飼い犬などを無料もしくは実費のみで避妊、去勢手術を行っている。 さらにハナ動物病院では犬、猫の保護も行っており、月に一度開催される譲渡会は多くの人でにぎわう。 花子について「今の僕の全て」「花子が僕をつくった」と話す太田。 太田の20代、30代を共に過ごした花子だが、19年の夏の夜に倒れる。 花子の腹には小さな腫瘍が見つかるが、もう花子は手術に耐えうる年齢ではなかった。 飼育を放棄、ボランティアにクレームする飼い主 今回は動物がテーマの回だったが、聖人のような太田から、見るのも嫌になるような飼い主も登場する「人間回」でもあった。 番組内で、年間4万6,411匹の犬、猫が殺処分されていると伝えられ(18年)、その多くが子猫だという。 太田も休日返上で通常2〜1万円程度かかる猫の避妊、去勢手術を保護猫ボランティア活動をする団体と提携し、無料もしくは実費(2,000〜3,000円)のみで行っている。 そんな中、格安で手術ができることを知った飼い主が、保護猫ではない飼い猫の施術をしにやってきた。 だが、迎えに来た時間通りに手術が終わっていないことに対し、感じ悪くクレームを吐く。 番組内では、姿も映らず声も変えられていたが、激高するのではなく、不思議なほど偉そうに嫌味なクレームを重ねていて、その振る舞いは日常においても感じ悪く生活しているのであろうことが伝わる。 さらに、別の飼い主はすでに7匹飼っているため、今回手術した猫を「もしよければ(保護猫団体で預かってほしい)」と、飼育を放棄する。 こうしてみると、「動物好きに悪い人はいない」は、ウソではないだろうか。

次の

TVアニメ「地縛少年花子くん」第1話ノンクレジットオープニング

ノン フィクション 花子

「フィクションであり…」で答えていいのかな(笑) といいますか、ノンフィクションの場合、定型的な文章はあまりないような。 「この物語は事実に基づいています」とか… ちなみに「洋画」カテゴリなので、アメリカ映画のエンド・タイトルに出る「定型文」を書いてみますね。 いろんな表現がありますが(映画会社によって違ったりする)パターンとしては、だいたいこんな感じです。 No identification with actual persons,places,buildings and products is intended or should be inferred. " これと、「著作権主張(この映画はアメリカと他の国の法律により守られており…云々)」と「この映画では動物は傷つけてません」というアメリカン・ヒューマン・アソシエーションの文、これら3つがだいたいセットで、エンド・タイトルの最後にずらずら出てきます。 Q この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません。 と書いてありますが、これには恐らく続きとして「特定のものへの批判中傷ではありません」と書いてあると思います。 ふと思ったのですが、風刺のような作品の場合、これって引っかかりませんか? 風刺とは、特定のものへの意見であり、捉え方によっては批判中傷ですよね? 僕は今、自分という個人に起きた、僕としては理不尽なことを小説に書いてどこかに発表してやろうかと思ってます。 でも、思ってるだけです。 仮に僕がこれを出版できた場合、この文句が入ると思いますが、その場合、この約束文句に対して嘘を言うことになりますよね。 僕に起きた理不尽な経験を作品の題材として書けば、当然その経験は現実に起きたことだから、誰かを批判することになります。 このこの物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません~~という件は、どこまで踏み込んでいいものなのでしょうか。 A ベストアンサー 「このこの物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません」と言うのは、定型文書であり、言い訳でも有ります。 実際に全くの想像ばかりで書かれた小説はそれ程存在すると思いません。 必ず、現実に起こったことを元にしたり、織り交ぜたりする必要が出てきます。 当然、貴方の経験を元に書かれた小説が、登場人物や会社の名前を変えて書いたとしても、その内容から現実に有った事で、ある人物や会社を誹謗している事が知っている人には分かる内容ですと、幾らノンフィクションだと書いてあっても、名誉毀損の裁判を起こされる可能性が生じます。 ですから、現実に有ったことを下敷きにして、関係者に現実に有ったこととして認識されないレベルの、変形+創作が必要になります。 ノンフィクションの小説をその視点で読めば、ここら辺のさじ加減が分かると思います。 Q すみません。 教えて下さい。 現在、動画を作成しているのですが、 『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、 ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?) を作りたいと思っています。 しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。 知りたい事を箇条書きにしてみます。 その順番を知りたいです。 ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。 よろしくお願いします。 すみません。 教えて下さい。 現在、動画を作成しているのですが、 『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、 ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?) を作りたいと思っています。 しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。 知りたい事を箇条書きにしてみます。 A ベストアンサー 実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。 オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。 邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。 てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか? ・Presents(つくった方や会社名など) ・In Association with 協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名) ・CAST ・Exective Producer ・Producer ・Co-Producer(共同プロデューサー) ・Written by (脚本を担当された方) ・Director of Photography(撮影された方) ・Music by(音楽 ・Production Designer(美術を担当された方) ・Costume Design (衣装デザイン) ・Editor(編集された方) ・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者) ・Visual Effects (特殊効果) 他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。 imdb. 次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。 邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。 で、最後に Directed by これは質問者さんの名前でしょうか?) スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。 実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。 オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。 邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。 てなわけで、こん... A ベストアンサー 少女漫画のコミックを数点確認しましたが、 「花とゆめ」は『フィクションです。 』とは、書いてありますねー。 「KCなかよし」は書いてありません。 「少コミフラワーコミックス」にも書いてありません。 対象年齢が低いと書かれていないような。 対象年齢が低いほど、書いてあった方がいいような。 いくつか想像してみましたが、すっきりする答えは思いつきませんでした。 「この作品はフィクションです。 」をつけるようになった訳ですが、調べてはみたのですが、ソースは見つかりませんでした。 確か昔の特撮の敵の名前が、どこかの領事館の息子と同じだったため、いじめにあったとか。 それが始まりだと聞いた事があります。 Q 思ったんですが、違法ダウンロードがバレる仕組みってどうなっているんですか? 例えば、ニコニコ動画、YouTube、FC2動画、torrentに違法アップロードされている動画、音楽、ゲーム等をダウンロードした場合どうやってダウンロードしたのがわかるのか? 各動画サイトやtorrentサイトで運営が常に監視しているんですか? ダウンロードした瞬間にIPアドレスがわかってそれをプロバイダに連絡して警告やメーカー、著作権のある者に伝えるんですか? あ、メーカーや著作権のある者が監視しているのか? この辺がわからないんです。 そもそもダウンロード禁止法の前に違法アップロードの方が疎かになっていませんか? 根本的なところを直さなければ無くならないと思うですが。 毎日新しい違法アップロードが行われてます。 (削除されてもまたアップロードされている) この法律機能しているんですか? A ベストアンサー 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。 アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったというものだったら、確かに摘発されて当然でしょうが、そういう集団犯罪行為が証明されない限りは逮捕も処罰も出来ないだろうと思います。 まして、誰もが録画しているテレビ番組の内容が投稿されて、それをダウンロードしたから著作権違反で逮捕なんてやったら、逮捕された側はテレビを録画したら合法なのに、YouTubeからダウンロードしたら違法なのかと、逆に裁判にかける可能性が大きいですし、事実上は取り締まれないのだろうと思います。 改正著作権法をもう一度読み直してはいかがでしょうか。 (以下リンク参照。 itmedia. html 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。 アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったという... 頭の中で、 フィクションが事実でないこと。 「non」で打ち消して、事実でなくない(二重否定)ので、ノンフィクションが事実という意味だ。 仮に、実話という意味で「fact」という単語があって、虚構という意味で「nonfact」という単語があれば、分かり易いと思うのですが。。。 同様に違和感を感じている方はいませんか? 適切な表現かどうかわかりませんが、これ以外に、二重否定で表の意味(?)の言葉を表す例はないでしょうか? A ベストアンサー これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそのまま使え、「捉える」は「とらえる」と書くのが正しいということになるでしょう。 ただ、慣用的に使われている状況というのは、あくまで多くの人が見てどちらが自然な使い方に見えるかどうかということでしかなく、どちらが正しい、どちらが間違っている、というレベルの問題ではないと思います。 ですから私の感覚から言いますと、「この問題の捉え方が重要だ」、「逃げた猫をやっと捕らえた」という使い分けが自然に感じます。 4の回答もその感覚を基準にしたものです。 しかし、No. 5さんの『「映像を捕える」でも正解です。 』にも納得できます。 というのは、「映像」というものに対して「捕える」が正しいか、「捉える」が正しいか、「とらえる」が正しいかを説明できる理論的なものやオーソライズされたものがないからです。 ただひとつあるとすれば、先ほど申し上げた「常用漢字」に入っているかどうかです。 昭和56年(1981年)に定められた常用漢字1945文字のひとつが「捕(ら)える」です。 この基準に従えば、正しいのは「捕(ら)える」と「とらえる」だけです。 しかし、お上は漢字の使用に関して、教科書などを除いて実質的な制限を定めていません。 ですから「捉える」という表現も可能であり、例えば文学や歌詞の世界では「女」と書いて「ひと」と読ませたり、「昏い」と書いて「くらい」と読ませたりできるのです。 以上、自説ですが参考にしていただければと思います。 これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそ...

次の

TVアニメ「地縛少年花子くん」第1話ノンクレジットオープニング

ノン フィクション 花子

坂口杏里 6月30日放送のドキュメンタリー番組『 ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)に元タレントの 坂口杏里が出演した。 これまで数々の騒動を巻き起こしてきただけに、彼女の口から語られる赤裸々な告白は高い関心を集めたようだ。 同番組では2018年6月から坂口の密着取材を敢行しており、浅草のストリップ劇場で練習に励む様子の舞台裏から始まった。 また、その後、神戸で夜の仕事に就いていたことも伝えられ、昨年9月には自殺を図り未遂に終わっていたことも明らかに。 ディレクターに泣きながらかけてきた電話で、坂口は「一応、遺書書いたんだけど、本当にけっこうガチで死のうと思って」「ドライヤーの線で首をきつく縛って」「やっぱもう息ができないわけ」「口からと鼻から血がバーッて出て」などと、生々しい様子を伝えていた。 また、一部が公開された遺書には、「私は強い人間じゃないので、このようなことしかできませんでした」と書かれていた。 今年1月には音楽活動を行うことを発表しており、バンドメンバーのオーディションやライブの様子も放送された。 また、亡き母・坂口良子さんの墓前で「一生懸命がんばるから、見ててください」などと誓いの言葉を立てる場面も。 そして、ラストは3月に撮影したバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(同)のロケ風景で締めくくられていた。 芸能界復帰に向けて動き出した坂口だが、視聴者からは「精神的に不安定なのが明らかで心配」「番組内で昼の仕事を拒否していたし、楽して金を稼ぎたい姿勢が見え見え」「人生の成功を考えるなら、芸能界以外にも居場所はあるのでは」「お母さんが望んでいることは芸能界での活躍ではなく、あなたの幸せだと思います」「『強い人間じゃない』という理由で思いつめるなんて、そもそもメンタルが芸能界に向いていないのでは?」と厳しい意見が相次いでいる。 坂口といえば、13年3月の母親の死後にホスト通いや借金などの問題が報じられるようになり、「二世タレントの転落」などと伝えられた。 一時はセクシー女優に転身し、成人向けビデオに出演した後の16年10月には、ツイッターで「やるからには誰に何を言われてもどれだけストレス抱えてもトップになりたいなー」とつづっていた。 しかし、17年9月にインスタグラムで芸能界引退を報告し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。 そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と宣言。 インターネット上には「キャバ嬢に向いてないと思うし、何もかも全うできない印象」「人生に迷っている感じがしてかわいそう」「結婚相手の財力に頼ろうという魂胆が見え見え」といった批判が続出していた。

次の