ひと よ 映画 あらすじ。 映画『愛を読むひと』の感想・考察 なぜ切ない結末になったのか&ハンナの怒り

解説・あらすじ

ひと よ 映画 あらすじ

佐藤健 雄二役の さん。 「僕が健くんに期待していた部分が、雄二という役を演じてもらいながら見えてきたものが凄いあって良かったです( 監督)」 普段、あまり見ない佐藤健さんの髭姿は、雄二にあわせて監督が提案しました。 そんな佐藤さん演じる雄二が楽しみです。 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie 主演は、佐藤健さんですね。 こういったヒューマンドラマの主演って、久しぶりな印象ですけどね。 佐藤さんが髭を蓄えて出演しているというのもまた珍しいです。 新たな境地を開拓しているのかもしれませんね。 佐藤健さんの関連記事については、以下の記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。 松岡茉優さん出演の関連映画記事• 映画『ひとよ』の監督:白石和彌さんを紹介 監督 コメント 「俳優部の皆さんが充実した顔でクランクアップを迎えられていたのは、何より良かったです。 俳優部皆さんの芝居を堪能でき、どのシーンも想像以上のシーンになっているので、 撮影を終えての 手ごたえはありますし、良い映画に向かっていると感じています。 続 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie ここでは、映画『ひとよ』の監督の白石和彌監督についてご紹介してまいります。 このサイトでは、3回くらいもうご紹介しているかも知れませんね。 かなり多作ぶりを発揮する映画監督ですよね。 2019年の監督作品ですと、麻雀放浪記2020、凪待ちについで3作目ですね。 2018年も孤狼の血など含めて3作ほど監督されています。 いや、よくできるよな〜。 白石和彌監督の作品映画については、以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。 e-avanti. 劇作家・演出家・俳優の桑原裕子さんが旗揚げした劇団「KAKUTA」の15周年記念作品ですね。 「ひと夜」の出来事によって重荷を抱えた人生を送らなければならなくなった家族の再会と、再出発を描いた作品ですね。 劇団「KAKUTA」は1996年から立ち上がっている劇団ですね。 現在は桑原さんが主宰として脚本なども担当していらっしゃるようですね。 こういった形から映画化されるっていうのも珍しいかも知れませんね。 スポンサーリンク まとめ:映画『ひとよ』のみどころ いかがでしたでしょうか。 今回は、映画『ひとよ』についてご紹介してまいりました。 みどころとしては、以下ですね。

次の

[B!] 映画『世界にひとつのプレイブック』ネタバレあらすじキャスト評価

ひと よ 映画 あらすじ

もくじ• 映画「ひとよ」の原作 松本紀保プロデュース アフタートーク第4弾です! 4月13日 金 19時30分の回~終演後、女優、劇作家、演出家であり劇団KAKUTA主宰 桑原裕子さんをお招き致します。 いつも拝見する度思う、どこか欠けている人々の切なさを描く桑原さんが「Farewell」の世界をどう感じてくださるか。 ひとよを劇団に書き下ろしたのは、2011年の夏で、福島生まれの桑原裕子さんが震災への思いも含めて書いてます! 震災が起きた直後に書かれた作品ですが、震災の話ではありません! ひとつの家族を通じて 「本当の再生とはなにか、私たちはどう歩み出せばいいのか」を、まだ見つけられてないまま模索している時期に書かれています。 」 15年前、ある田舎のタクシー会社で起きた 「ひと夜」の出来事で、運命が変わった家族! 母親が父親を殺した事件・・・! その後、母親と長男、次男、長女の4人がバラバラになってしまいます。 一家は「ひとよ」の出来事に囚われたまま別々の人生を歩んで、15年後に再会します。 今も営業を続けるそのタクシー会社へ、家族の待つ家へ、再び戻ってきたことには意味があるのか? 皆さん、大雨大丈夫でしょうか? 宣伝部は、自宅の窓を開けたまま撮影現場に来ちゃいました😂 稲村家 は、しっかり戸締りしてると思います! 【】 雨粒は落下中の空気抵抗により、まんじゅう型。 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie 稲村家の家族は、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうと家族がもがきます。 これからの家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは・・・「家族の絆と究極の愛のかたち」を問いかけます。 スポンサーリンク 映画「ひとよ」のキャスト 佐藤健、20代最後の一日に落語の名作「死神」を披露!30th ANNIVERSARY EVENT — 2Tkrblog 2Tkrblog 主演の佐藤健 つい先日、30才になって、アニバーサリーイベントを埼玉で開催していた佐藤健さんです! 主人公の稲村雄二のキャストは、佐藤健さんで、ひとよで人生が変わった稲村家の次男雄二を演じます。 母親が起こした事件を許せない息子で、やさぐれている風貌! 15年前の事件に縛られて、家族と距離をおいて、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働いています。 お金のために母親の事件をネタに記事を書く。 佐藤健さんは、2月に公開された映画「サムライマラソン」や「るろうに剣心」の真っすぐな侍のイメージが強いので、長髪に髭の今までにないやさぐれた雰囲気が楽しみです。 長男・鈴木亮平 稲村家の長男の大樹役のキャストは、鈴木亮平さんです。 事件のことで悩み続けた長男、事件で就職の内定を取り消されています。 妻二三子(MEGUMI)の実家の町の電気屋で働いていて、幼少期から人とのコミュニケーションに苦手意識を持っています。 稲村家の兄弟で唯一、妻と子供、家庭を持ってますが、二三子に思い悩んで、別居中です。 両親は亡くなっていると妻に言って結婚していた! 事件のことを知らなかった妻と、こはる(田中裕子)はかみ合わず、大樹と離婚騒ぎになります! 長女・松岡茉優 2人の妹・長女の園子を、松岡茉優さんが演じます。 子供たちのために父親を殺してくれた母親を信じ続ける長女です。 園子は、15年前の事件によって、美容師になる夢を諦めて、スナックで働きながら生活しています。 松岡茉優さん、歌上手すぎる! 不器用すぎて気持ちが伝わらない家族をつないでくれる存在です。 田中裕子 3人の母親役・こはるは、田中裕子さんです。 15年前、 子供を守るために父親を殺しましたが、出所して稲村家に戻ってきます。 子供たちを不器用に愛する母親! 他にも、白石監督の常連の音尾琢真さんやタクシードライバーの佐々木蔵之介さんなど、個性的なキャストがいます。 佐藤健さんのおばあちゃんが、おしゃれイズムで、 映画のロケ地が茨城県の大洗だったことを話していました! ひとよでワイルドな佐藤健さんもいいけれど、ドラマ「義母と娘のブルース」の毎回違う職業で登場する、天然ナチュラルな佐藤健さんが見たい! 綾瀬はるかさんとのちょっとズレたむずキュンも面白かった! スポンサーリンク 映画「ひとよ」のネタバレ 母親こはるが父親を殺す 稲村家は田舎の町でタクシー会社を営んでいます。 家族経営の会社だから、母親のこはる(田中裕子)は、深夜まで運転手として働いていました。 ある日、こはるは暴力をふるう夫を殺して、子供たちを守るためにやったと誇らしく話して、自首をして15年後に帰って来ることを誓いました。 夫の暴力から逃れて、明るい未来を想像していたのでしょう。 15年後、こはるが戻る 15年後の父親の法要の日に、こはるが帰ってきます。 タクシー会社は、稲丸タクシーと名前を変えて営業されていました。 こはるの甥の丸井進(音尾琢真) が経営していて、15年前から働いている柴田弓(筒井真理子)や牛久真貴(韓英恵)新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)で続けられていました。 しかし、子供たちはこはるの願いとは違う人生を歩んでいました。 長男(鈴木亮平)は、妻の二三子(MEGUMI)の実家の電気屋で働き、次男(佐藤健)は、売れないフリーライター、長女は美容師を諦めて、スナックで働いていました。 ワケありな従業員たち タクシー会社の従業員もみんなわけありです。 柴田弓(筒井真理子)は、姑の介護をしながら、秘かに年下の歌川要一(浅利陽介)と付き合っている! 新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)は、元ヤクザで、足を洗って息子との再会を喜んでいました。 佐藤健のベッドシーン 今日は さんの誕生日です。 おめでとうございます! 稲丸タクシーのドライバーとして働く<モー>こと牛久真貴を演じた韓さん。 佐藤健さんのベッドシーン初めてみました! 激しくワイルドなベッドシーン、貴重です! ひとよの事件が起きる こはるのことが好意的に雑誌で取り上げられて、タクシー会社は好転できると思っていたある日、事件が起きます。 無断欠勤した柴田弓(筒井真理子)が姑を殺してしまったと告白します。 またまた、 ひとよでタクシー会社に暗雲が立ち込める。 こはるの言葉 そんな時に、堂下(佐々木蔵之介)が、今まで息子に渡していたお金が覚せい剤に使われていたものだとわかってやけ酒で泥酔していました。 雄二(佐藤健)の運転で、3人は堂下(佐々木蔵之介)のタクシーを追いかけて、何とかタクシーを止めました。 堂下は、息子と再会して喜んだ 「ひとよ」は何だったんだと悔やみます! そこにこはるが「自分にとって特別なひとよなら、それでいいではないか」と言います。 一度壊れたから、絆が深くなった家族! そして、騒ぎが収まると、園子がこはるの髪を切ることになって、稲村家の家族が庭に出ます。 次の日、雄二は事件のデータを消して、「またね」と言って東京に戻ります。 映画の結末は、ここまでです。 ひとよを見たときに、大樹の右手の人差し指がずっと曲がっていたことに気付きましたか? そのことに関連して、原作では、家族が大爆笑、大号泣で終わります! 原作のラストは・・・! 大樹が空を指をさすと、人差し指が、父親に虐待されて曲がっているので、知らせたい方向を示せない! それを見て家族が大爆笑・・・そして、大号泣・・・寄り添う家族たち。 過去は消せないけど、これからも寄り添って生きていく。 ひとよでワイルドな佐藤健さんもいいけれど、ドラマ「義母と娘のブルース」の毎回違う職業で登場する、天然ナチュラルな佐藤健さんが見たい! 綾瀬はるかさんとのちょっとズレたむずキュンも面白かった! スポンサーリンク 劇団KAKUTAの舞台「ひとよ」を観た人の感想 2011年に書き下ろされて、2011年と2015年に劇団KAKUTAによって舞台化された「ひとよ」の感想がスゴイ! 劇団KAKUTAの「ひとよ」の余韻をまだ引きずっていますが観れてホント良かったです! 吉永さんて…実は神様なんじゃないの? 救いの神。 だから片言な日本語 笑 来週は横浜公演なんですね、また観たいな。 — TY ponyponypony122 また観たい! 劇団kakuta『ひとよ』観劇して来ました。 冒頭から引き込まれました! 出演者の方々のキャラ設定、テンポ、そして脚本…すべてが合致した超素敵な舞台でした。 何度でも観たくなってしまう…。 — TY ponyponypony122 引き込まれました! 劇団KAKUTA 『ひとよ』 大千秋楽観劇。

次の

【映画】蛇のひと あらすじ ネタバレ 賢さをどう生かすかは自分次第

ひと よ 映画 あらすじ

【あらすじ】 警官のソンヨル(チャ・スンウォン)は自身の飲酒運転により、娘を1年まえに亡くした。 それ以降、妻ジヨン(ソン・ユナ)の夫にたいする態度は完全に冷めていたが、ソンヨルは関係をとりもどすべく、歩み寄る毎日をおくっていた。 殺人事件がおこり現場によばれるソンヨル。 そこには妻ジヨンの大切にしていたピアスがおちていた。 ジヨンをといただすも、答えようとしない。 捜査の過程でみつかる証拠は、どれもジヨンが犯行現場にいたことをさししめすものばかり。 しかも殺されたのは、裏社会で名のしれたジャッカル(リュ・スンリョン)の実弟。 弟殺害の報復のため、ジャッカルまでもが妻ジヨンをつかえようと動き出していた… 【考察】 エンドロールにもう一つの事件が 映画のタイトル『シークレット』は、劇中のジヨンのコトバをそのままつかうと、 「人生をかえるほどの秘密」という意味です。 いったいどんな秘密なのでしょうか? どんなにソンヨルにきかれても、答えなかったジヨンですが、 死を覚悟したとき、せきをきったように吐き出します。 それは、 「夫を殺してほしい」と依頼していたこと。 愛する娘が死んで1年。 死因は夫の飲酒運転による、交通事故です。 しかも、飲酒のまえに愛人とホテルで密会していたことも、ジヨンは知っていた様子。 罪のない娘は亡くなり、その原因をつくった夫は生きている。 ジヨンにとっては、地獄のような1年だったんでしょうね… そんなジヨン。 すべての事件が解決したあと、ジヨンにかんする衝撃的な情報が、 夫ソンヨルと、私たち観覧者につたえられます。 なぜ、ジヨンがそんなことをしたのか。 その答えを知ったとき、あなたはジヨンを、そしてソンヨルを許せるでしょうか? 悪党をトリコにしていた、コピ・ルアク 裏社会でその名をとどろかしていた、ジャッカル(リュ・スンリョン)。 出で立ちも異様でしたが、なによりきになったのがこれ。 画像はお借りしました。 ジャッカルが愛用していた、コピ・ルアク。 劇中では豆をそのまま食べてましたね。 世界一高価なコーヒー豆として有名。 その高値ゆえ、ジャコウネコを乱獲し檻にとじこめ、強制的に豆を排出させるヤカラもでてきたことから、ハロッズなどでは取扱をやめたそう。 しかし、 映画のなかで葉巻のように、ワルの嗜好品として登場したのは初めてでした。 …コーヒーとしては飲まないんですねw 劇中では、ジャッカルの捜し物だとわかりやすくするモチーフとして 使われておりました。 【ウソ、真実、秘密。 どれが1番ひとを傷つけるのか】 話をストーリーに戻します。 今回は事件が、じつは同時におこっています。 それは偶然がきっかけとなり、誰かのたくらみで簡単にほどけないよう、手をくわえられたシナリオです。 妻を裏社会から、警察からまもるためソンヨルを奔走させることで、 誰がいちばん得をするのか? ここを考えると犯人がおのずと見えてくるはず。 大人たちは、自分に都合がいいようたくさんのウソと秘密をばらまきます。 たったひとつの真実が、無防備なだれかも傷つけていることも知らずに。 この映画『シークレット』は、事件の展開と夫婦のひみつを楽しんだあとに、ホントの「秘密」が始まります。 エンドロールであらわになる、もうひとつの妻の秘密。 そして夫の罪。 バレていないとおもっている自分だけの真実が、 じつは誰かの秘密になっているかもしれないとヒヤリとする。 そんな映画『シークレット』でした。

次の