干渉 英語。 知っておけば役に立つ!「英語の習得が難しい」と感じる理由は?

知っておけば役に立つ!「英語の習得が難しい」と感じる理由は?

干渉 英語

「それには干渉しない方が良いと思います。 」って言いたかったのですが、「干渉する」の表現がわかりませんでした。 早速、調べました。 私のプライバシーに干渉しないで。 私は私の私生活に干渉する人が嫌いです。 I hate people who interfere with my private life. 私たち夫婦はお互いに干渉はしません。 ベンジャミンは私たちの家族の問題に干渉する権利はない。 Benjamin has no right to interfere in our family affairs. いかなる国も他国の内政に干渉してはならない。 See you next time!

次の

知っておけば役に立つ!「英語の習得が難しい」と感じる理由は?

干渉 英語

裁判に対する政府の干渉• governmental interference in a trial• 彼に干渉するのはよしなさい• Don't interfere with him. /Let [Leave] him alone. 私は干渉されるのは嫌いだ• I hate to have people meddle in my affairs. 干渉好きな人• a meddlesome person/《英口》 a nos e y person• 過干渉• excessive meddling• 2〔他国に対する介入〕intervention 干渉する intervene in.

次の

干渉 (物理学)とは

干渉 英語

こんにちは^^なみのリズムのアサコです。 一般的に、「英語の習得は難しい」と思われています。 「いや、難しいなんてのは思い込みだ」という言い方もできますけど、いずれにせよ、多くの人が難しいと感じていることは事実です。 その難しさの理由って一体何なんでしょう? いろんな理由があげられますが、原因はたったひとつに集約することができます。 それは、「 母語干渉」。 「『母語干渉』なんて初耳」という人がほとんどだと思いますが、 このことについて知っているかどうかが、英語マスターのカギなんです。 逆に言うと、このことを知らないと、英語習得が遠回りになります。 それでは、説明していきましょう。 「母語干渉」って何ですか? 皆さんは文法を学び始めた頃に、名詞に aや theを付け忘れることってありませんでしたか? 例えば、「『私は本を持っています』という日本語を英語に訳しなさい」という問題があったとします。 bookの前に aを付け忘れてしまうのですね。 これは、 「母語干渉」によって引き起こされるミスなんです。 日本語では、いちいち「一冊の本を持っています」とか、「複数の本を持っています」とは言いません。 だから、英語で aをつけたり、複数形にすることを忘れてしまうのです。 このように、私たちは 英語を学ぶときに、無意識に母語(日本語)のルールを当てはめようとする習性があります。 これを「母語干渉」と言います。 考えてみれば当然の話なのですが、英語と日本語の文法はちがいます。 だから、日本語のルールを英語に当てはめようとするのは筋違いなのですが、わかっていても、つい無意識にやってしまう。 どうも、そういうふうに脳にプログラミングされてしまっているみたいなのですね。 この間とある企業の守衛さんに「『急ぐ』ってなんていうの?」と聞かれました。 「急いで行きなさい」という意味で言ったんだと思います。 でも、英語ではこういう表現はしないですよね。 でも、日本語の「急いで行きなさい」という言いまわしにつられて、英語でも hurryと goを並べてみたという具合だと思います。 こうした母語干渉は、英語学習のあらゆる場面で現れます。 文法、リスニング、スピーキング…。 本当に、あらゆる場面で。 文法ミスをしてしまうとき、英語がなかなかできない!と思うとき… 犯人は100%この母語干渉なんです。 初級者から上級者まで、レベルは違えど、みんな同じ原因でミスをしているんです。 私だって例外ではありません。 日本語に惑わされて、間違えてしまうことはよくあります。 英語マスターのカギは、母語干渉とどうつきあい、どう克服するかにかかっていると言って過言ではないでしょう。 母語干渉から逃れるためにはどうしたらいいの? では、母語干渉から逃れるためにはどうしたらいいのでしょうか。 まずは、 「母語干渉が自分に起きている」ということをしっかりと自覚することです。 「あ、今日本語にとらわれて、英語の言い方間違えたな」という風に。 意識すれば、修正できますからね。 もうひとつは、 英語と日本語のちがいを知ることです。 例えば、英語と日本語では時制の表し方が違います。 日本語では、過去と現在、両方において、「た」という語尾を使うことがあります。 例えば「もしもあなたがいなかったら」という言い方は、過去を表す表現としても、現在を表す表現としても使えます。 「 もしもあなたがいなかったら、寂しいだろうな」 「 もしもあなたがいなかったら、寂しかっただろうな」 もし日本語の「た」は過去形だと思いこんでいたら、上の日本文を英文に直すとき、 100%間違えてしまいます。 ちなみに気づいていない人が多いですが、リスニングができない、つまり英語の音が聞き取れないというのも、母語干渉のせいです。 何も、発音の話だけではありません。 そのメカニズムについては、こちらの講座で詳しく紹介しています。 リスニングに苦労している人はぜひ読んでみてください。 さて、3番目の注意点としては、英文を理解する時や英作文をする際、 日本語訳に依存しすぎるのをやめることです。 日本語訳に依存すると、母語干渉が起きやすくなり、上で述べたようなミスをしやすくなるからです。 具体的にどんな現象が起きるかについては、• という記事で書いたので、気になる方はお読みください。 私がスピーキングの学習法として瞬間英作文を勧めていないのは、瞬間英作文は日本語を英語に訳すという性質上、非常に母語干渉を起こしやすい学習法だからなんです。 他にも、母語干渉を引き起こしやすい学習法についてはこちらにまとめています。 チェックしてみてくださいね。 母語干渉を起こしにくい学習法を選ぼう 逆にオススメなのは、 日本語を介在させずに英語だけの回路をつくる練習です。 例えば、イラストや写真を見て直接英単語を覚えたり、場面とフレーズを直接結びつけて覚えたりする。 また、英文法を英語で学ぶのです。 留学したことのある人やバイリンガルが、「日本語ではなんて言うか適当な訳が見つからないけれど、英語ではこう言う」なんてことを言う人がよくいますよね。 これは、場面とフレーズを直接結びつけて理解していて、日本語を介在させていないからですよね。 ちなみに、この学習は国内にいてもできます。 具体的なやり方はこちらの記事をどうぞ。 カランメソッドも、日本語を介在させないスピーキング学習法としてオススメですよ。 ちなみに、文科省が高校の授業でオールイングリッシュ(すべて英語で授業を行うこと)を推奨しているのも、母語干渉をなるべくなくすためだと思われます(といっても、生徒さんが聞き取って理解ができなければ意味がないのですが…)。 日本語を絶対使うな、というわけではない 注意していただきたいのは、英語を学習する際に、日本語を完全に排除しろと言っているわけではない、ということです。 難しい文法などを理解する際は、日本語で英文が表す状況を説明した方が役に立つ場合も多々あります。 ただし、 日本語訳を起点とした英訳、そして日本語訳に依存した英文読解は、母語干渉を引き起こしやすいです。 なので、こうした学習をメインに行っていると、英語の習得が難しくなります。 ただ、英語を学び始めの初期の段階では、日本語に頼らなければ学習自体が難しいと思います。 けれど、学習段階を進めるにつれて、徐々に日本語から離れていくことが望ましいです(翻訳者や通訳者を目指すのでなければ、です)。 ずっと日本語訳に頼った学習をしていると、特に、リスニングやスピーキングなど、コミュニケーションで英語を使おうとする際に、やっかいな障害となります。 念押しですが、「日本語訳を全く使うな」という話ではありません。 日本語訳はあくまでも参考程度にとどめること。 最終的には、英文の本当に意味するところをとらえる練習をしていくことが大事です。 特にコミュニケーションを主体とした英語を学びたい人は、母語干渉をなるべく引き起こさない方法で、英語学習を進めていくことをオススメします。 それが、英語をマスターするための最短の方法です。 このサイトでは、母語干渉からなるべく逃れ、英語の習得をしやすくするための様々なヒントを提供しています。 以下の記事では、母語干渉を引き起こしにくい学習法をお伝えしています。 ぜひご覧ください。 関連記事 母語干渉を引き起こしにくい英語学習法はこちら。 逆に、母語干渉を引き起こしやすい学習法はこちらにまとめています。 リスニングでお困りですか? 英語の音の聞き取りが苦手なのも、母語干渉が原因です。 日本語を聞くように英語を聞いているから、聞き取れないのです。 リスニングではどんな母語干渉が起きているのか、無料講座でお伝えしています。

次の