天国へ落ちて行く垂直落下。 【裏ワザ】 スーパーマリオブラザーズ

第2話果てのない落下

天国へ落ちて行く垂直落下

まだ十七歳の少年、水夫見習いは、痛さに堪えかねて、「おかあ様、おとうさん」と、両親を叫び求めては、泣いていた。 そしては、しばらく息を詰めて、死のような沈黙の中へ落ちて行くのだった。 藤原は、ボーイ長の寝床の端板にもたれかかって、ボーイ長の顔をのぞき込んだ。 … 葉山嘉樹『海に生くる人々』 より引用• それが最後だった。 それを耳もとで聞きながら啓一郎もふかぶかと官能の 闇 やみの中へ落ちて行った。 しばらくはそのままの姿勢を続け、丸木舟から転げるように体を返した。 … 阿刀田高『花の図鑑(上)』 より引用• 口上を全て言い終えた定吉は、ガックリと力を抜く。 彼の意識は再び闇の中へ落ちて行った。 … 東郷隆『 定吉七番シリーズ 4 ゴールドういろう』 より引用• と足を上げ武士は死骸をポンと蹴る。 二つばかり転がったが、ゴロゴロと河岸の石崖伝い河の中へ落ちて行った。 パッと立つ水煙り。 … 国枝史郎『三甚内』 より引用• そして事実、その瞬間に頭が混乱してきて、彼は忘却の 深淵 しんえんの中へ落ちて行った。 意識されない生命の波が、彼の頭の上に集まったかと思うまもなく、とつぜん、まるでもっとも強力な電流が彼の身内に流れたかのようであった。 … トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』 より引用• ただ土の下へ心が沈む丈で、人情から云っても道義心から云っても、殆んど此圧迫の賠償として何物も与えられていない。 ただ土を掘り下げて暗い中へ落ちて行く丈である。 「土」を読むものは、屹度自分も泥の中を引き摺られるような気がするだろう。 … 夏目漱石『『土』に就て』 より引用• 留の躰は宙に浮き、まっさかさまに暗い大川の中へ落ちて行った。 池波正太郎『剣客商売 15 二十番斬り』 より引用• 小百合はレモンのことなんか、すっかり忘れてしまっていたのだ。 二個のレモンが、小百合の袋の中へ落ちて行く。 … 赤川次郎『殺意はさりげなく』 より引用• 鳥は苦しそうに鳴きながら、何羽も赤黒い空へ舞い上がった。 が、すぐにまた煙に巻かれて、 紛々 ふんぷんと火の中へ落ちて行った。 それがまるで遠くからは、嵐に振われた無数の木の実が、しっきりなくこぼれ飛ぶように見えた。 … 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』 より引用• たゞ土の下へ心が沈む丈で、人情から云つても道義心から云つても、殆んど此壓迫の賠償として何物も與へられてゐない。 たゞ土を掘り下げて暗い中へ落ちて行く丈である。 「土」を讀むものは、屹度自分も泥の中を引き摺られるやうな氣がするだらう。 … 長塚節『土』 より引用• わずかに身を引いた秋山小兵衛の青竹の杖が、横堀の打ち込んだ刀を下から巻きあげるようにして撥ね飛ばした。 横堀の手をはなれた大刀は闇を切り裂いて宙を飛び、外濠の水の中へ落ちて行った。 唸り声を発し、横堀は飛び退って差し添えの脇差の柄へ手をかけた。 … 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』 より引用• 白い無地の封筒に入れたプクーンとしたのをすぐ前のポストに入れに自分で出かけた。 中へ落ちて行くのを聞き届けてから一寸の間門の前に立って、けむった様な屋敷町を見通した。 近所に住んで居る或る只の金持の昔の中門の様な門が葉桜のすき間から見えたり、あけっぱなしの様子をした美術学校の学生や、なれた声で歌って行く上野の人達のたまに通るのをジーット見て居ると、少し位の不便はあってもどうしても町中へ引越わけにはいかない、なんかと思った。 … 宮本百合子『千世子(二)』 より引用• と折り紙つきの東吾の早業であった。 月光の中で、東吾がはね上げた左吉の剣が流星のようにとび、同時に左吉の体はまっしぐらに大川の中へ落ちて行った。 … 平岩弓枝『御宿かわせみ 02 江戸の子守唄』 より引用• その少し先では八百屋に行列している。 新宿の伊勢丹の飾り窓には六尺四方ぐらいの日本画に、敵航空母艦群の沈没の様を描き、手前の一艦の燃える甲板から海の中へ落ちて行く米兵を数十人描いたのが飾られている。 署名はないが、ちゃんとした絵だ。 … 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』 より引用• この中からは光であっても外に出てくることはできない。 ブラックホールは単に元の星の構成物質がシュヴァルツシルト半径よりも小さく圧縮されてしまった状態の天体であり、事象の地平面の位置に何かがある訳ではなく、ブラックホールに向かって落下する物体は事象の地平面を超えて中へ落ちて行く。 ブラックホールから離れた位置の観測者から見ると、物体が事象の地平面に近づくにつれて、相対論的効果によって物体の時間の進み方が遅れるように見えるため、観測者からはブラックホールに落ちていく物体は最終的に事象の地平面の位置で永久に停止するように見える。 と、骸骨はユラユラと揺れたが、すぐに、生命を取り返したかのように、グルリと方向を変え、傾き、穴ばかりの眼で五郎蔵を見下ろしたかと思うと、急に五郎蔵目掛け、仆れかかって行き、その全身をもって、五郎蔵の体を蔽い、白い歯をむき出している口で、五郎蔵の咽喉の上を蔽うた。 恐怖の声が、道了塚の頂きから起こり、つづいて、 氷柱 つららのようなものが、塚の縁から穴倉の中へ落ちて行った。 穴倉の中の光景を見て、気を取りのぼせた薪左衛門が、天国の剣を手から取り落としたのであった。 … 国枝史郎『血曼陀羅紙帳武士』 より引用• 胴巻をグルグルと 手繰 たぐり出し、背を抱いていた手を放すと、典膳は、弓のようにのけ反ったまま、川の中へ落ちて行った。 お浦は、岸から覗き込んだ。 … 国枝史郎『血曼陀羅紙帳武士』 より引用• 自分はうしろから強く突いた。 彼は勾配の強いスレートの屋根の斜面を辷り、蛇腹の出ッ張りにぶちあたってもんどりをうち、足を空へむけたみょうな恰好で垂直に闇の中へ落ちて行った。 空が白んできた。 … 久生十蘭『黒い手帳』 より引用.

次の

落下

天国へ落ちて行く垂直落下

「ドライブにでも行きましょうか?」 相手の提案で行くことにした。 この人は車にはお金を掛けているらしいが、カーナビが7大公害の一つの騒音か?というくらい騒がしい音だった。 何故、こんなにしょっちゅうピンピュン音が鳴らなければいけないのだろうか。 いい歳をした男が、大きな音量で女性アイドルの歌を聴くのも嫌でしょうがなかった。 これはなんとかしなければ…… そうだ!会話を弾ませれば曲が気にならなくなるかも 「あの、ハンプ……いえ、お仕事は何をされてますか?」 相手は、一分間の沈黙の後に、ボソッとしゃべった。 「僕の事、おばさんから聞いていると思ったんですけど……」 はい、会話は終了だな、とシュエホアは思った。 何よこの人!それでも言うでしょ!普通は!?……重苦しくて堅苦しくて!酸欠になりそう!! その後も、会話らしい会話はほとんど交わされなかった。 本当に、ただ移動の為に車に乗っているだけという感じだった。 まあ、こちらも興味など全くないので、車外の景色を眺めている方が気が楽だった。 都会から緑のトンネルをいくつも越えると、当たり前だがやっぱり山の中だった。 車は、ある絶景ポイントにたどり着いた山紫水明…という美しい言葉が浮かぶ。 目の前には絵のように美しい山河が広がり、辺りにの木々の間を涼やかな風が走り抜け、にぎやかに楽しげに鳴いている鳥の声に心が癒された。 一応、観光地みたい 背後の手すりに背をもたれさせると大きくゆっくりと深呼吸した。 背にした手すりの向こう側は、 ほぼ垂直の断崖絶壁になっているが、その下は緩やかな河が流れていた。 まさかサスペンス劇場みたいに、ここから突き落とすんじゃないだろうな…… 19号さんは携帯で景色を撮るのに夢中のようだった。 その様子を見て、また深いため息が出た。 もう、絶対お見合いなんてしないわ! 全く、興味を感じない人と一緒に行動するのは本当に苦痛だ。 ふと、K宮博物院で見たあの素敵な男性の後ろ姿を思い出した。 あのゆったりとした優雅な歩み。 柔らかいクリーム色の照明から、ほの暗い場所へと遠ざかって行く足音さえも心地よい音楽に聴こえた。 その刹那、男性はこちらに振り返えろうとした様子があった。 鼻筋の通った美しい横顔が見えた気がした。 見えた!?いや、どうだったろう 覚えていない……あの人にはもう、会えないんだろうな… 目を閉じてゆっくりと息を吐くと手すりに身体をもたれ掛けた。 見上げるといつもと変わらない綺麗な青空がある。 だが、何か違和感を覚える。 空気が悪く重く感じるのは何故だろうか…… あれ?音が消えた!? 錯覚かも知れないが辺りが急に静まり返ったかに思えた。 鳥のさえずりも聞こえなくなり風も感じなくなった。 もっと驚いたのが、あのハンプティ・19号さんもいつの間にやらいなくなっていたことだ。 嘘、まさか神隠し!? あの大きな身体が、まるでイリュージョンの魔法にかかったかのように跡形もなく消えてしまっている。 まあ、中途半端に身体が残されてても怖いが…… 冗談はさておき、行方不明になったハンプティ・19号さんを探さなければ。 「はあー困ったな……ひょっとして、御手洗いにでも行ったかな?それならちゃんと行き先を言ってよね!」 もう少し待ってみて来なかったら探すことに決めた。 この不気味なほど静かなのも気になる。 その時、何処から吹いて来たのか、いきなりものすごい突風が吹き荒れてスカートの裾を捲り上げそのせいで生白い太ももが露わになった。 慌てて両手で裾を押さえるが、両端は相変わらず捲り上がったままの状態だ。 ちょっと気分はマリリン・モンロー。 「イヤン、バカ~ン」 しかし、恍惚の表情を浮かべている場合ではない。 「う!目と口に埃が入りそう……」 お色気ムード終了。 やっと ……見つけたぞ。 我が…魂…… 「あれ?今何か聞こえたような!?」 それは地の底から響くような声だった。 きっといまのは風の音か空耳だろうと自分自身を納得させ、そろそろこの場所から離れようと歩き出した時だった。 突然、何の前触れもなく足元が揺れだしたかと思うと、自分がもたれている手すりがバキバキと音をたてながら地面から離れていった。 「え!!嘘!?」 慌てて体勢を立て直そうとするが既に手遅の状態だった。 まるで、背中が手すりに貼りついたかのように、そのまま背後の崖から落ちていった。 「キャー!」 必死で、何か他に掴む物はないかと手を伸ばすがその努力も空しいもので、ただ宙を掴むばかりだった。 こうなったら思うことは一つだけだ。 岩の上に落ちないことを祈るしかなかった。 相手は岩だ。 きっと頭が西瓜みたいに割れて見るも無惨な姿になるだろう。 「ひやー!痛いのも嫌だけど!死ぬのも嫌ー!!」 ビュービューガサガサ…… 激しい風の音で目を覚ました。 耳の奥がどうにかなりそうなくらいだ。 いつの間にか気を失っていたらしい。 「あれ?ここは天国!?」 そう思ったが違ったようだ。 信じられないことに身体はまだ下降を続けていた。 不思議なことに体勢はいつの間にか背中側から前向きに変わっている。 ちょっと楽な体勢になったみたい 霧か、靄か、雲かもわからないものの中をいつまでも下に向かって落ちていく。 とても恐ろしい光景だ。 これって夢?現実でこんなことってあり得ない シュエホアはやっぱり自分は死んだのではないか、と思った。 「家族が恋しい……」 涙がぽろぽろと溢れ出て止まらなかった。 「ごめんなさい。 さようなら…」 そして、残して行く家族のことを考え、しばらく泣き続けていたがあることに気が付いた。 あの世って上にあるのでは?と。 なのに自分は下に向かって落ちている。 奈落の底へ。 いや、地獄に向かっている。 地獄…… 生前に悪行に手を染めた者が行く世界。 生前での罪を暴かれ、その報いを受ける所。 昔話で、何度も、地獄の身も凍るような恐ろしい責め苦の惨状を聴かされた。 私ってなんかしたかな…… 自分の犯した悪業を思い出してみる。 学校の図書室で、本の表カバーを他の本のカバーと交換したこと。 保健室に忍び込み、ベッドに超ロン毛カツラを被せたボールを枕の上にセット。 さも人が寝ているように見せかけ、戻って来た怖がりの先生を驚かせた事。 家の食器棚の隅に、微妙に見える角度にタランチュラのオモチャを貼り付け事。 ちょっと可愛く、小さなリボンをつけたので、不気味さが半減したが、やはり大きくて怖いことには変わらない。 ゴム手袋に、水を入れて庭の木に吊るして下を通る人の頭に擦れて驚くようにした事。 まだまだ沢山の悪業?に手を染めてきたが、こんなしょうもないことをしたくらいでと思った。 本当の悪人に比べたら自分のやった事など罪とは呼べない。 よし、尋問されても開き直ろう 身体はまだ下降を続けているらしいが、肝心の底がないかのようだ。 〔ガオー〕 遥か下の方から、大きな獣のような唸り声が聞こえた気がした。 多分、雷鳴であろうと思うが虎のような大きい猛獣の声にも似ている。 いやきっと、恐ろしい赤鬼、青鬼、黒鬼が地獄の門前で、今かまだかと自分を待っているに違いない。 「なんか嫌な予感がする。 やっぱり、謝ろうかな……」.

次の

第2話果てのない落下

天国へ落ちて行く垂直落下

ジュラシック並みに落ちるのは、スプラッシュ、センター、レイジングくらいなもんです。 (タワテラは垂直落下なので省きます) ビッグサンダーも、スピードはあるもののジュラシックほどは落ちません。 また、TDR全体でも、ハリウッドドリームレベルのものはありません。 インディはジュラシックと雰囲気似てるかな。 探検するところが遺跡になって、落ちる距離が3分の1くらいになって、全く濡れない、という感じです。 最大の違いは、左右の揺れですね。 怖いなら真ん中に入れてもらってください。 カリブは、最初にちょっと落ちるだけです。 ちょっと下に移動しますよ、程度のもの。 安全ベルトが無いので、苦手な人にはその分ちょっと怖いらしいですが、逆に言えば安全ベルトが要らない程度の落下です。 その後は、映画のサントラがBGMだったり、ジャック・スパロウがいたりと、パイレーツ・オブ・カリビアン好きには天国のようなアトラクションですよ。

次の