寝台列車 価格。 寝台特急「北斗星」

はじめての寝台列車 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に乗ってみよう!

寝台列車 価格

今では唯一の定期寝台夜行列車となった「サンライズ瀬戸・出雲」(写真は「出雲」)。 車内は個室中心で人気は高い(写真:tetsuo1338/PIXTA) 冬から続く新型コロナウイルスの感染拡大は、夏も衰えを見せる気配が感じられない。 政府や専門家は、新型コロナウイルスへの感染を予防するためには、密閉・密集・密接の「3密」を避けることが有効であるという。 我が国では、4月7日に政府が「緊急事態宣言」を発令し、全国各地を結ぶ夜行高速バスは、「3密」になる危険性が高いこともあって運休が相次ぐようになった。 緊急事態宣言が解除された現在も、一部では運行が再開されていない夜行高速バス路線もある。 一方で、現在では唯一の定期寝台夜行列車となった「サンライズ瀬戸・出雲」は緊急事態宣言期間中も運行を続けた。 同列車は個室寝台が主体であり、新型コロナウイルス感染の可能性は低いと言える。 コロナ禍における個室寝台列車の可能性について考えてみたい。 「密」を避けられる個室 筆者は4月中旬、3月のダイヤ改正でデビューしたばかりの特急「サフィール踊り子」に熱海から品川まで乗車した。 15時過ぎ、熱海駅へ入線する伊豆急下田行きの「踊り子」車内を見ると、グリーン車や普通車指定席の乗客は皆無であり、自由席は各車2~3人程度の乗客しかいなかった。 それゆえ全車がグリーン車指定席である「サフィール踊り子」はさらに乗客が少ないのではないかと思ったが、プレミアムグリーン車は定員20人に対して乗客3人であったものの、グリーン個室は半分程度埋まっていた。 まだデビューしたばかりの列車であるうえ、伊豆方面から東京方面への帰路に適した時間帯に運転されるため、もともと需要が見込める要素はあるものの、価格面で割高となる個室グリーン車が健闘していた。 そこで気づいたのが、個室は「3密」を避けられるということである。

次の

「ななつ星」の料金は?豪華すぎるJR九州寝台列車の旅は1泊2日で30万円から

寝台列車 価格

JR西日本の来島達夫社長は11月20日、大阪市内の本社で行われた定例会見でこう述べた。 来島社長の夢がもうじき実現しようとしている。 ウエストエクスプレス銀河は、JR西日本が開発を進めている新たな長距離列車の名称だ。 近年は豪華長距離列車の旅がちょっとしたブーム。 2013年10月に運行開始したJR九州の「ななつ星in九州」が大ヒットを収めると、JR東日本が2017年5月に「トランスイート四季島」そして、同年6月にJR西日本が「トワイライトエクスプレス瑞風」を投入した。 瑞風よりも気軽に 話は瑞風のデビュー以前にさかのぼる。 来島社長は豪華長距離列車時代の到来を予感しつつ、安価で手が届きやすい列車についてもひそかに考えを巡らせていた。 そこで2016年11月29日、瑞風の運行に関する詳細を発表した際、「瑞風よりも気軽にご利用いただける列車も投入したい」と発言。 これがすべての始まりだ。 当時は「ようやく検討をスタートさせた」という段階であり、いつ頃運行開始するか、どのルートを走るか、そもそも寝台列車なのかどうかも決まっていなかった。 ただ「サンライズ出雲のノビノビ座席のようなカーペット式の設備」は、来島社長のこだわりで、昼行ではなく、夜行も楽しめる列車を想定していた。 このコンセプトは最後まで生かされた。 そして今年11月20日にウエストエクスプレス銀河の詳細が発表された。 運行開始日は2020年5月8日。 京都から大阪、神戸、姫路、生山、米子、松江などを経て出雲市に向かう夜行の特急列車として運行を開始する。 同年9月までは週2往復程度、同ルートを走る。 京都を21時頃出発して出雲市には翌朝9時半頃に到着する。 約12時間の旅だ。 逆ルートは出雲市を16時頃出発し、大阪に翌朝6時頃到着する。 途中駅では、最大30分程度停車する駅もあり、こうした駅ではホームで地元住民らによる名産品の販売や伝統芸能の披露などのおもてなしイベントが行われる予定だ。

次の

豪華寝台列車トランスイート四季島(しきしま)の料金やコース(ルート)は?クルーズトレインの車内や口コミは?

寝台列車 価格

2017年08月25日編集:2017年10月~2018年2月出発分の料金は改定されています。 2016年09月22日編集:2017年3月~9月出発分からさらに値上げされます。 2015年09月15日編集:2016年4月~9月出発分から一部コースが変更され、新料金が適用されます。 2015年02月19日編集:2015年3月~9月出発分(第六期)の料金に合わせて編集済み。 「1泊2日コース」に佐賀県有田の窯元見学が加わります 2014年8月14日追記:第五期(2014年12月~2015年2月)の料金やコースに合わせて編集しました。 2013年9月13日追記:ついに車両が完成し、報道陣にその姿に表しました。 2012年9月20日追記:「ななつ星」の営業開始日と宿泊代金の最高額が決定しました。 営業開始日は2013年10月15日で、3泊4日の一人利用「DXスイートA」が95万円の最高額となりました。 予約受付は約1年前からの2012年10月1日からです。 以下の情報を改めて更新します。 「クルーズトレイン ななつ星 in 九州」 このJR九州が企画する豪華列車の正式名は「クルーズトレイン ななつ星 in 九州」となっています。 ネーミングの「ななつ星」(七つ星)の由来を改めて紹介すると、九州の7つの県を世界に紹介するためとのことだそうです。 その点は以前、で紹介しました。 今回JR九州からの正式発表でその「七つ星」観光列車の詳しい情報が明らかにされました。 豪華な食事とサービスが魅力の観光列車で九州の良く知られた観光地を巡る旅は、異次元の旅行体験と満足感を与え、利用者は大満足。 リピーターもかなりの数に上るとか。 サービスの質の高さはお墨付き。 2013年には「日経優秀製品サービス賞」の最優秀賞にあたる日本経済新聞社賞を、2016年には、「日本サービス大賞」の最優秀賞とされる「内閣総理大臣賞」を受賞しています。 夜は展望車で音楽、マジ ック、郷土芸能の提供あり。 左記のサービスに加え、 美々津まち歩き、宮崎市内観光 天空の森での散策・記念植樹 など。 車両と客室 全7両編成の車両は30億円かけて製造。 「感動や思い出はお金にかえられない!」と担当デザイナーの水戸岡鋭治さんが語ったとのこと。 デザインはかなりレトロチックでありながら高級感あふれる「古代漆」(こだいうるし)の外観になっていて、内装は和洋折衷をコンセプトに仕上げました。 7両のうち5両は客室。 部屋は全部で14室。 畳の和室車両、豪華な「デラックススイート」(2両)用意されています。 車内サービスは、ピアノの生演奏が楽しめるバー形式のカウンターも備え付けられています。 1部屋の定員は2人となっているようですが、補助ベットの搬入も可能で、その際は3人部屋に早変わり。 本当に豪華なラウンジです。 以上が2013年10月にスタートしたJR九州が満を持して企画する「クルーズトレイン ななつ星 in 九州」の豪華な旅の全貌でした。 2016年度および2017年度の企画も予約がいっぱいで抽選式となっており、今のところ大成功と言えるでしょう。

次の