ポケモン やみのいし。 やみのいし

めざめいし (めざめいし)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン やみのいし

目次(Contents)• (ポケモン以外のカードは、 すべてトラッシュする。 与えられるダメージはグッズ13枚ぶんまで。 倒れても手札に戻ってくる「モヤシ」能力と1エネで最大130ダメージを出せる『ガレキスラッシュ』が特徴の2進化ポケモン。 「ポケモンGX」や「TAGTEAM」に対しては2パンが基本となってしまうが、「非GXポケモン」でそれらを2パンまで持ち込めるのは素直に強いと思います。 ただし「2進化ポケモンであること」と「火力を出すまでに時間がかかること」、これら2つの弱みを持っており、それを如何にして構築で補っていくかがカギとなりそうです。 自分の手札にある2進化ポケモンを1枚、そのポケモンへと進化する自分の場のたねポケモンにのせて進化させる。 これも食中毒で寝込んでいるときに発見したので、やはり人は追い込まれると色々と思いつくんだなぁと思いました。 《ふしぎなアメ》の効果を内蔵しているポケモンですが、こちらはポケモンを出した番でも進化が出来るという大きな強みを持っています。 ただし、自身が2進化ポケモンなので、やはり《ふしぎなアメ》によるサポートは必要です。 また、HPが150しかない為、《グズマ》で引きずり出されて「TAGTEAM」の攻撃を受けてワンパンされる可能性もある点に注意です。 そして山札を切る。 (最初の自分の番や、出したばかりのポケモンにも使える。 ) 《ニダンギル》を採用する必要は出てくるものの、すぐに進化が出来るカード。 1体目の《ギルガルド》を出すにはいいですが、いったん出してしまえば《ギルガルド》はきぜつしても戻ってくるので、やや噛み合わせが悪いですね。 《リセットスタンプ》や《ジャッジマン》などで手札を荒らされた後の立て直しにも使えそうです。 残りのカードはトラッシュする。 山札を掘り込みに行く「グッズ」。 必要なカードを探しに行きながらトラッシュのグッズを肥やしに行くことが出来ます。 《ギルガルド》と同じく、「モヤシ」能力を持つエネルギー。 《ギルガルド》はポケモンのみを手札に戻すので、普通のエネルギーだとトラッシュに行ってしまいますが、このカードを使えば安心。 また《ギルガルド》を立ててからすぐに攻撃できるようになります。 あまり見かけませんが特殊エネルギーメタに注意。 サンプルデッキ 今回は《メガニウム》を採用し、《ギルガルド》に繋いでから攻撃を仕掛けるデッキとして組んでみました。 《ハプウ》はデッキトップを6枚見て、そこから2枚を手札に加えるサーチカード。 他のカードはトラッシュにいくのでグッズを肥やせますし、見る枚数と手札に加えるカードの種類を問わないのが強力だなぁと思い、採用してみました。 《ヌケニン》は時間稼ぎとしての役割が期待できます。 このデッキは「非GXポケモン」しかいない為、《ヌケニン》が付いていればこちらのポケモンがきぜつしても、相手はサイドを取ることが出来なくなります。 ところで《ギルガルド》に付いていた場合の裁定はどうなるのでしょうか???おそらくトラッシュだとは思いますが・・・ 《基本超エネルギー》は《トキワの森》や各種特殊エネルギーメタへの対策です。 あとは純粋にエネルギーの枚数が増えるので殴れず仕舞いになることは避けられそうだと思い、採用してみました。 ここら辺は実際に組んでから調整したいと思います。 まとめ 今回は《ギルガルド》を使ったデッキについて書いていきました。 最初は使いにくそうだなと思っていましたが、よく考えてみると結構強そうな感じがしてきました。 【メガヤミラミ&バンギラス】を組みつつも、パーツを少しずつ集めていきたいと思います! おわり。

次の

ポケモンGO攻略|ポケGO速報まとめサイト

ポケモン やみのいし

目次(Contents)• (ポケモン以外のカードは、 すべてトラッシュする。 与えられるダメージはグッズ13枚ぶんまで。 倒れても手札に戻ってくる「モヤシ」能力と1エネで最大130ダメージを出せる『ガレキスラッシュ』が特徴の2進化ポケモン。 「ポケモンGX」や「TAGTEAM」に対しては2パンが基本となってしまうが、「非GXポケモン」でそれらを2パンまで持ち込めるのは素直に強いと思います。 ただし「2進化ポケモンであること」と「火力を出すまでに時間がかかること」、これら2つの弱みを持っており、それを如何にして構築で補っていくかがカギとなりそうです。 自分の手札にある2進化ポケモンを1枚、そのポケモンへと進化する自分の場のたねポケモンにのせて進化させる。 これも食中毒で寝込んでいるときに発見したので、やはり人は追い込まれると色々と思いつくんだなぁと思いました。 《ふしぎなアメ》の効果を内蔵しているポケモンですが、こちらはポケモンを出した番でも進化が出来るという大きな強みを持っています。 ただし、自身が2進化ポケモンなので、やはり《ふしぎなアメ》によるサポートは必要です。 また、HPが150しかない為、《グズマ》で引きずり出されて「TAGTEAM」の攻撃を受けてワンパンされる可能性もある点に注意です。 そして山札を切る。 (最初の自分の番や、出したばかりのポケモンにも使える。 ) 《ニダンギル》を採用する必要は出てくるものの、すぐに進化が出来るカード。 1体目の《ギルガルド》を出すにはいいですが、いったん出してしまえば《ギルガルド》はきぜつしても戻ってくるので、やや噛み合わせが悪いですね。 《リセットスタンプ》や《ジャッジマン》などで手札を荒らされた後の立て直しにも使えそうです。 残りのカードはトラッシュする。 山札を掘り込みに行く「グッズ」。 必要なカードを探しに行きながらトラッシュのグッズを肥やしに行くことが出来ます。 《ギルガルド》と同じく、「モヤシ」能力を持つエネルギー。 《ギルガルド》はポケモンのみを手札に戻すので、普通のエネルギーだとトラッシュに行ってしまいますが、このカードを使えば安心。 また《ギルガルド》を立ててからすぐに攻撃できるようになります。 あまり見かけませんが特殊エネルギーメタに注意。 サンプルデッキ 今回は《メガニウム》を採用し、《ギルガルド》に繋いでから攻撃を仕掛けるデッキとして組んでみました。 《ハプウ》はデッキトップを6枚見て、そこから2枚を手札に加えるサーチカード。 他のカードはトラッシュにいくのでグッズを肥やせますし、見る枚数と手札に加えるカードの種類を問わないのが強力だなぁと思い、採用してみました。 《ヌケニン》は時間稼ぎとしての役割が期待できます。 このデッキは「非GXポケモン」しかいない為、《ヌケニン》が付いていればこちらのポケモンがきぜつしても、相手はサイドを取ることが出来なくなります。 ところで《ギルガルド》に付いていた場合の裁定はどうなるのでしょうか???おそらくトラッシュだとは思いますが・・・ 《基本超エネルギー》は《トキワの森》や各種特殊エネルギーメタへの対策です。 あとは純粋にエネルギーの枚数が増えるので殴れず仕舞いになることは避けられそうだと思い、採用してみました。 ここら辺は実際に組んでから調整したいと思います。 まとめ 今回は《ギルガルド》を使ったデッキについて書いていきました。 最初は使いにくそうだなと思っていましたが、よく考えてみると結構強そうな感じがしてきました。 【メガヤミラミ&バンギラス】を組みつつも、パーツを少しずつ集めていきたいと思います! おわり。

次の

【ポケカ】ギルガルドデッキを考えてみた【ミラクルツイン】

ポケモン やみのいし

目次(Contents)• (ポケモン以外のカードは、 すべてトラッシュする。 与えられるダメージはグッズ13枚ぶんまで。 倒れても手札に戻ってくる「モヤシ」能力と1エネで最大130ダメージを出せる『ガレキスラッシュ』が特徴の2進化ポケモン。 「ポケモンGX」や「TAGTEAM」に対しては2パンが基本となってしまうが、「非GXポケモン」でそれらを2パンまで持ち込めるのは素直に強いと思います。 ただし「2進化ポケモンであること」と「火力を出すまでに時間がかかること」、これら2つの弱みを持っており、それを如何にして構築で補っていくかがカギとなりそうです。 自分の手札にある2進化ポケモンを1枚、そのポケモンへと進化する自分の場のたねポケモンにのせて進化させる。 これも食中毒で寝込んでいるときに発見したので、やはり人は追い込まれると色々と思いつくんだなぁと思いました。 《ふしぎなアメ》の効果を内蔵しているポケモンですが、こちらはポケモンを出した番でも進化が出来るという大きな強みを持っています。 ただし、自身が2進化ポケモンなので、やはり《ふしぎなアメ》によるサポートは必要です。 また、HPが150しかない為、《グズマ》で引きずり出されて「TAGTEAM」の攻撃を受けてワンパンされる可能性もある点に注意です。 そして山札を切る。 (最初の自分の番や、出したばかりのポケモンにも使える。 ) 《ニダンギル》を採用する必要は出てくるものの、すぐに進化が出来るカード。 1体目の《ギルガルド》を出すにはいいですが、いったん出してしまえば《ギルガルド》はきぜつしても戻ってくるので、やや噛み合わせが悪いですね。 《リセットスタンプ》や《ジャッジマン》などで手札を荒らされた後の立て直しにも使えそうです。 残りのカードはトラッシュする。 山札を掘り込みに行く「グッズ」。 必要なカードを探しに行きながらトラッシュのグッズを肥やしに行くことが出来ます。 《ギルガルド》と同じく、「モヤシ」能力を持つエネルギー。 《ギルガルド》はポケモンのみを手札に戻すので、普通のエネルギーだとトラッシュに行ってしまいますが、このカードを使えば安心。 また《ギルガルド》を立ててからすぐに攻撃できるようになります。 あまり見かけませんが特殊エネルギーメタに注意。 サンプルデッキ 今回は《メガニウム》を採用し、《ギルガルド》に繋いでから攻撃を仕掛けるデッキとして組んでみました。 《ハプウ》はデッキトップを6枚見て、そこから2枚を手札に加えるサーチカード。 他のカードはトラッシュにいくのでグッズを肥やせますし、見る枚数と手札に加えるカードの種類を問わないのが強力だなぁと思い、採用してみました。 《ヌケニン》は時間稼ぎとしての役割が期待できます。 このデッキは「非GXポケモン」しかいない為、《ヌケニン》が付いていればこちらのポケモンがきぜつしても、相手はサイドを取ることが出来なくなります。 ところで《ギルガルド》に付いていた場合の裁定はどうなるのでしょうか???おそらくトラッシュだとは思いますが・・・ 《基本超エネルギー》は《トキワの森》や各種特殊エネルギーメタへの対策です。 あとは純粋にエネルギーの枚数が増えるので殴れず仕舞いになることは避けられそうだと思い、採用してみました。 ここら辺は実際に組んでから調整したいと思います。 まとめ 今回は《ギルガルド》を使ったデッキについて書いていきました。 最初は使いにくそうだなと思っていましたが、よく考えてみると結構強そうな感じがしてきました。 【メガヤミラミ&バンギラス】を組みつつも、パーツを少しずつ集めていきたいと思います! おわり。

次の