片栗粉 成分。 意外と知らない「片栗粉」について。成分・使い方を小麦粉と比較し理解しよう

デンプン

片栗粉 成分

アトピー・アレルギーでも美味しいものを食べさせたい…そんな人には【らでぃっしゅぼーや】。 アレルゲン除去商品をはじめ、安全な有機オーガニック野菜や添加物を極力避けた商品が豊富です。 小麦アレルギーでも工夫次第で代替食材はいくらでも! 小麦アレルギーと診断された場合、食生活をガラリと変えなくてはいけない」と思いがち。 でも大丈夫。 炭水化物として「米」や「イモ類」などで補うことができるので問題ありません。 また、ご飯を主食とした和食中心の食事にするだけで、自ずと小麦粉を回避することができます。 子供が大好きカレーも、市販のルーは小麦粉が含まれていますが、カレールーは自家製で作れますし、粘りは「片栗粉」や「コーンスターチ」でも代替可能。 たくさん作りおきして冷凍するのがおススメです。 普段の食卓は、和食中心にすることをオススメします。 和食は小麦粉を利用する調理法が少ないのが特徴。 魚、野菜、海草、など食事としての栄養バランスも良くなり、洋食や中華よりも健康に良い。 世界にも注目される健康和食にシフトチェンジも良いんじゃないでしょうか? 小麦アレルギー関連コンテンツ.

次の

片栗粉

片栗粉 成分

小麦粉と片栗粉の違いからどんな風に使い分ける必要があり、どんな時なら代用が出来るかご存知ですか? ご家庭で自炊することが多ければ大概どちらも常備してある粉であると思いますが、殆ど自炊しない方は家にないことも多く、どちらかを買ったらそれぞれが代用として仕えないかと考えることもあるかと思います。 しかし小麦粉と片栗粉はじつは見た目の違いもさることながら、糖質やカロリーの違いもありますし、主な用途も料理に使った時の仕上がりも違い、使い分ける必要があり、 お互いの代用品として使うことが出来る場面は多くありません。 これは料理を普段する人からすれば当たり前のことかもしれませんが、逆に料理しない人、あるいはお子様からしたら「じゃあ何がどう違うの?」と思うこともいくつかあるかと思います。 そこで今回は小麦粉と片栗粉の違いに興味がある方のために 『小麦粉と片栗粉の違い!見た目は同じでも使い分けや糖質やカロリーは違うの?』と言う記事を書かせていただきました。 似ているようで結構違う小麦粉と片栗粉の違いについて興味ありませんか? Topics• 小麦粉と片栗粉のそれぞれの特徴 小麦粉と片栗粉は見る人が見たら見た目は同じように見えることもあるかと思いますが、かなり別物。 そのことをご理解いただくためにも、ここではそれぞれの粉の特徴をご紹介させていただきます。 小麦粉 原材料は 小麦。 また小麦粉は小麦に含まれる粘り気の素になるタンパク質 「グルテン」の含有量により更に「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の3つに分類され、細かく言うとこの 3種類それぞれで用途も変わってきます。 例えばグルテンが6.5~8.5%と少ない薄力粉は、ふわっと、あるいはさくっと軽く仕上げられるためケーキや天ぷらの衣などに。 通称「うどん粉」とも言うグルテンが8.5~10.5%とそこそこ多い中力粉は、滑らかさとコシが出るために名前の通りうどんや餃子の皮に。 11.5~13%とグルテンがかなり大目の強力粉はしっかりとした弾力やしっとり感が出るためにパンやラーメン、時にはパスタを作る時にも使われます。 以上をまとめると全般的に小麦粉は、「 グルテンを含み、水と混ざりやすくしっかりと形を作ることが出来て、火を通すとしっとりとした食感になる」と思ってください。 また高温で暫く火を入れなくてはなりませんし、ダマになりやすく、大した粘度はありませんが一応とろみをつけることもでき、シチューやカレーのルーが入れるだけでとろみがつくのは小麦粉が大量に使われているからです。 これ以外の特徴としてはたんぱく質が殆どのため焦げやすいとか、逆にキレイな狐色の焼き色がつけやすいと言う特徴もあります。 ちなみにパスタを作る時に使う「デュラムセモリナ粉」、ふすま(表皮)や胚芽を取り除かずに小麦の粒をまるごと挽いた「全粒粉」などの小麦粉も存在します。 片栗粉 原料は、かつてはその名の通り「カタクリ」と言う植物から作られていましたが、今では ほとんどがじゃがいもです。 いくつかの違う原料から作られてもいる片栗粉ですが、どの片栗粉の成分はほぼ「デンプン」だけで出来ており、種類は特にありません。 グルテンが含まれていないためカリッと、またはサクッとした食感になるのですが、水分の吸収が悪く、片栗粉単体でしっかりとした形を作ることは困難です。 その為簡単に片栗粉は「 デンプンで出来ており、水に溶けにくく単体ではしっかりとした形は作ることが出来ず、火を通すとカリッとした食感になる」と思ってください。 また焦げにくいため生地が手や台にくっつかないようにするための打ち粉に使ったり、粒子が細かいためにダマになりにくく、かなり低温で早く強いとろみがつけられるので日本食や中華料理の餡やスープのとろみ付けに良く使われます。 ではここまで紹介させていただいたそれぞれの特徴を踏まえた上で次はその違いをより分かりやすくご紹介します。 【スポンサーリンク】 小麦粉と片栗粉の違いと代用できるかどうか?について まず簡単にそれぞれの違う特徴を列挙していきます• 原料は小麦粉は小麦、片栗粉はじゃがいも• 小麦粉はグルテンが含まれている• 小麦粉は水に溶けやすく、片栗粉は水に溶けにくい• 小麦粉はしっかりしっとり、片栗粉はサクッした食感を作る• 小麦粉は焦げやすい、片栗粉は焦げにくい• 小麦粉はとろみがつけにくい、片栗粉はとろみがつきやすい ざっとあげるとこれだけ違いがありますので、料理を作る時に小麦粉を片栗粉で、あるいは片栗粉を小麦粉でそれぞれ 代用することが出来ないものが多く、代用出来るものについても工夫と腕が必要です。 例えば天ぷらを作る時にはサクっとした食感を作りたくて片栗粉で衣が作れるかと言うと、片栗粉だけでは水に溶けにくく、衣の形をとることが出来ませんし、片栗粉をベースに小麦粉を混ぜて衣を作るとバリバリの硬すぎてあまり美味しくない衣が出来ます。 とろみをつけるときも同じで、シチューやカレーに片栗粉を使ってとろみをつけようとすると煮込む時間の関係上、失敗しやすく変なダマが出来たり、とろみを越えてゲル上になったりしてしまい、中華餡を作る時に小麦粉でとろみをつけようとしてもゆる過ぎたり、火が入りすぎて焦げたりします。 同じくパンや麺類も代用がまず出来ません。 出来るとすれば打ち粉や魚や肉の表面にまぶす時ぐらいですが、小麦粉のほうが圧倒的に焦げやすく、粘り気で層を形成してしまいますし、片栗粉は水分をきちんと含ませないと折角つけたのに剥がれやすく、それぞれを代用品にすると思ったとおりの結果に出来なくなることも多いです。 その為代用できそうな時でも基本的に小麦粉と片栗粉はしっかりと使い分けることが大事です。 小麦粉と片栗粉の糖質やカロリーの違い 小麦粉と片栗粉の調理に使った時の違いの他にも小麦粉と片栗粉は成分が違うわけですから、内包する糖質やカロリーについても当然差が出てきます。 まず 糖質ですが、 100gで小麦粉が75gぐらい、かたくり粉ならば82gぐらいで 小麦粉の方が低めです。 この糖質が高いかどうかと言いますと、 片栗粉のほうが丁度炊いた白米の倍ぐらいの糖質があると思ってください。 全く砂糖を含んでいない両者がどうしてここまで高いかと言うと糖質の基になる炭水化物が多いことがその理由であり、糖質だけで見ると片栗粉のほうがやや高くなります。 しかし カロリーに関しては小麦粉が 100gで370キロカロリーぐらい、片栗粉が330キロカロリーぐらいと 片栗粉の方がやや低め。 その為例えば糖質とカロリーを気にすることが多いダイエット目的ですと総合的に片栗粉のほうが向いていて、栄養学的には小麦粉のほうが栄養が多いと表現することが出来ます。 そもそも片栗粉の100あたりのカロリーが低いといっても小麦粉と違い、片栗粉100%での主食と言うのは殆どなく、食べ物でのダイエットで最も影響が大きい主食変更が出来ないので、そこまで大きな違いがあるとは言えませんし、100gの炊けたご飯が半分ほどのカロリーなのでどっちもどっちとも言えます。 小麦粉と片栗粉の使い分けポイント 最後に小麦粉と片栗粉の使い分けポイントを簡単にご紹介します。 パンや麺類など主食の主原料とするなら小麦粉• 揚げ物に使うと小麦粉はしっとりとした衣を作り、片栗粉はカリッとした衣になる• とろみは片栗粉の方がつくので、とろみをつけてすぐ食べる、またはある程度以上硬くしたいなら片栗粉• 時間をかけて煮込むとゆるくとろみがつけられるのでシチューなどのとろみつけには小麦粉• 打ち粉にする時、小麦粉は焦げやす• 片栗粉は色が入りにくく、水分を吸収しにくいので衣がはがれやすく魚や肉に塗して焼くときは注意• 糖質・カロリーの違いはあるが大きな差でもなく、代用できることが少ないので気にしてもしかたない 以上が大まかな小麦粉と片栗粉の使い分けのポイントですので参考にしてみて下さい。

次の

片栗粉の栄養と効果効能まとめ!他の粉類と栄養比較!ダイエット効果も?

片栗粉 成分

スポンサーリンク 片栗粉の原料ってなに? 片栗粉の原料ってあらためて考えるとよくわからないですよね。 片栗粉はもともとはその名前のとおり、カタクリという植物から抽出されたデンプンのことです。 カタクリっていうのはユリ科の花の名前なんですけど、4月あたりに地面から10cm~15cmくらいのところで、薄紫の花を咲かせます。 江戸時代にも片栗粉は作られていましたが、カタクリから作られるデンプンはとても少量で、カタクリの花自体の数もかなり減少しています。 天然記念物に指定されたり、絶滅の恐れがあるとも言われています。 そこでカタクリの代わりに使われるようになったのが、ジャガイモ(馬鈴薯:ばれいしょ)のデンプンです。 ジャガイモは明治以降北海道で大量生産されるようになったのですが、カタクリのデンプンと似た性質があったため、現在ではジャガイモのデンプンが片栗粉として使われるようになりました。 原料は変わったけど、「片栗粉」という名前はそのままだったんですね。 片栗粉ってどんな特徴があるの? 片栗粉にはグルテンが含まれていません。 そのため揚げ物などの衣にすると小麦粉と比べてカリッとした食感になります。 グルテンていうのは、小麦粉のタンパク質のことです。 粉に水を加えて練ったときに出てきます。 弾力性や柔軟性、粘り気に影響します。 小麦粉が柔らかくしっとりした感じになるのに比べ、片栗粉はサクッ・カリッとした感じになります。 片栗粉はデンプンなので、水と合わさると、のり状のトロっとした状態になります。 よく「とろみ」って言われていますね。 水で溶くだけでカンタンにとろ味がつき、色も透明、匂いも味も特に気になることはなく、料理にツヤが出てくるので中華料理などにもよく使われています。 冷めにくくなるので、熱を逃さず保温効果があります。 そのため料理が保温された状態になります。 料理によって片栗粉を使うか、小麦粉を使うか、また場合によっては混ぜて使うこともあります。 食感などお好みに合わせて使うとより料理が美味しくなりますね。 スポンサーリンク 片栗粉を料理で使うコツ 片栗粉を使った料理はいろいろあります。 片栗粉でとろみをつける場合は、前もって水で溶いておきましょう。 片栗粉1に対して水2で溶きます。 水に溶かして使うので、水溶き片栗粉といいます。 ほとんどの場合、最後の仕上げに加えます。 使う直前に水溶き片栗粉を作るとムラになったり、ダマができたりしてしまうので、30分くらい前に作っておきましょう。 片栗粉は水に溶けにくいという性質があります。 水にしばらく付けておくことで、片栗粉がより水に溶けていきます。 十分溶けていないと、ムラやダマになる原因になります。 入れる直前には、しっかりかき混ぜて濃度を均一にします。 水溶き片栗粉にもきちんと火が通るように料理が十分に加熱され沸騰した状態になったら一旦火を止めます。 おたまなどで水溶き片栗粉を少しずつ「の」の字を書くように全体に行き渡るよう回しながら入れていきます。 その後は、火を止めたままにしてしまうのではなく、1分ほど中火で加熱します。 これでデンプンからとろみ成分がより多く出てくるようになります。 まとめ 片栗粉は料理によく使いますが、とろみを付けたり、食感を調整したりと大活躍です。 しかし水溶き片栗粉など、ムラやダマ担ってしまうとせっかくの料理ももったいないですよね。 うまく使うことができれば、料理全体に光沢が出て、保温効果もあり、美味しくいただけます。 また、唐揚げなど片栗粉や小麦粉を使い分けることで食感も変えることができます。 自分や作ってあげる相手の好みに合わせて片栗粉を使いこなせると料理の幅も広がりますね。

次の