回復術士のやり直し イラスト。 月夜涙の『回復術士のやり直し』がコミカライズされたそうだが

回復術士のやり直しは盗作疑惑があるのになぜ後ろ楯が多いのでしょ...

回復術士のやり直し イラスト

回復術士は一人では戦えない。 そんなに縛られ他人に利用され続けた。 彼はある日、回復《》の先にあるものに気付き、回復術士はに至るだと確信する。 しかしその可性に気付いたころにはすべてを奪われていた。 彼はそのものを回復《》して四年前に戻り、やり直すことを決める。 これは、一人の回復術士が前世の知識と回復《》でとなり、すべてを掴む譚。 はより「」にて連載中の作品。 は「即死との越」。 書籍版はしんぶ氏がを担当しからより刊行されている。 単行本は段階で累計万部に達している。 羽賀がを担当したはよりUPにて連載開始。 にが発表された。 発表が行われた後に(代わりにで試しが出来る)。 に放映開始予定。 時期は。 主な登場人物 ケヤルガ(:保住有哉)。 最初の名前はケヤル。 回復のだが、においてのような扱いを受ける。 「」のによってに戻り、回復から生したを使いこなしてのためにことになる。 その過程で容姿を変え、名前もケヤルガと名乗ることになる。 なお、なろう版では名前が異なり「」「ガ」となっている。 (:) ジオラル王第一にして術の。 最初の名前は。 そうな印とは裏に、なである。 ケヤルにひどい扱いをしたため彼からの対とされる。 時に記憶と容姿をざんされ、ケヤルガの従者兼、となる。 (:) 亜人の一種である氷族の。 的なを持つが、上限があまりにも低いことからとしてはにぶつかっていた。 に捕らえられ、として売られていたところをケヤルガに買われた。 彼のでし、やがてはに匹敵するを得ることになる。 (:)。 最初はある形でケヤルたちの前に現れ、に戻ったケヤルガと別の形で出会うことになる。 ノルン(:) ジオラル王第二にして、軍師。 クレハ(:) の名門、の当を務める士。 (:) ケヤルガが育てた。。 の麗人。 を慕い、たちを性的に食うのが大好きな。 男には非常に的で、ケヤルの対の一人。 ゴツい外見の男で、の。 ケヤルを性的はけ口とし、彼の対の一人となる。 盗作疑惑 のをるうえで避けては通れないのが疑惑である。 彼は執筆した作品の大半がを摘されている 常習犯であり(や設定の類似だけでなく、言い回しや決め、あとがきに至るまでする文が多数見つかっている)、この作品も同じく「」内で執筆されもされた木塚氏による『二度のはのを嗤い歩む』からのが著しいという摘が絶えない。 自体もコユ氏の『』のとみられている。 の態度を見る限りそういった問題に対してはもう開き直っている、というより売りにしているような印さえ受ける。 なお、以外にもにの描写について強いを受けている。 コメント禁止措置 なろうの感想欄での否定的・な書き込みはによりこまめに消されている。 やでもが禁止されており、内におけるについても(あくまで侵という名ではあるが)高でされるなど、この作品に対する感想は的にはなもの以外を許されない状態である。 関連動画 関連静画 関連商品 小説 漫画 関連リンク• 関連項目• 問題作•

次の

回復術士のやり直し ~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~【電子特別版】

回復術士のやり直し イラスト

・この商品は電子書籍です。 (紙の書籍ではありません)• ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 ・もご確認ください。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 」 回復術士は一人で戦えない。 そんな無力な存在だからこそ勇者や魔術師に利用され、奪われ続けた少年・ケヤル。 しかし彼はある日、回復《ヒール》を極めた先にあるものに気付き、世界そのものを再構築し四年前からやり直すことを決意する。 「これで世界は俺の思い通りになる……、さぁ、復讐《パーティ》のはじまりだ!

次の

回復術士のやり直し ~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~【電子特別版】

回復術士のやり直し イラスト

回復術士のやり直し あらすじ 穏やかな日々を送っていたケヤルは勇者に憧れるごく普通の少年だったが、【癒】の勇者にめざめ、村の人たちに応援されて勇者の一人となり、輝かしい旅立ちを迎えた。 しかし、その先に待っていたのは、地獄そのものとしか言いようのない悪夢の日々であった。 ケヤルの【回復】は、対象者の痛みや恐怖といった経験をケヤル自身が受けなければならないという致命的な欠点を持っていたうえ、表向きは清楚に振る舞いながらも本性は残忍非道かつ加虐趣味と支配欲の塊であったフレアからは、回復専門の道具としてしか扱われないだけでなく薬漬けにされ、日常的に仲間から虐待や性のはけ口にされる。 だが、ケヤルは、薬漬けの果てに【薬物耐性】というスキルを後天的に獲得したことによって正気を取り戻した。 魔王戦において負傷していたブレイドやブレットを回復せず、魔族によって嬲り殺しにする。 そして、今までの「回復」を通じて数多の勇士たちの経験や能力を得ていたケヤルは超人的な身体能力も獲得したうえ、自らの「回復」の本質が「再生」ではなく「変化」である事実にも気付いたことにより、【模倣】・【改良】・【改悪】・【略奪】といった派生能力も獲得していた。 自らの手で魔王を倒したケヤルは、賢者の石による世界征服を目論むフレアの真意に気付いており、彼女からの引き渡しの要求を拒否すると、自らの【回復】と賢者の石の両方の力を使って【時間逆行】を発動する。 世界を自らが旅立つ4年前に巻き戻し、前世の記憶を元に人生のやり直しと自らを虐げた勇者たちに復讐して自らの幸せを掴み取るべく、新たな旅立ちに出る。 回復術士のやり直し キャラクター ケアル 本作の主人公で【癒】の勇者。 クラスは回復術士。 物語冒頭では、回復要員のため武器は持たされず、薬漬けにされたり、暴力の捌け口にされる等、奴隷の様な扱いをされていた。 賢者の石により時間を4年前に巻き戻し、自分が受けた境遇への復讐を誓う。 二週目からケアルガと名乗り序盤からすべてを見通せる翡翠眼を所持する。 フレア 【術】の勇者で、ジオラル王国第一王女。 クラスは魔術師。 桃色の長い髪と瞳を持つ。 表向きは聖母のような優しい笑顔を見せるカリスマあふれる美少女だが、内面は全てを見下すサディスト。 第七階位魔術ミョルニルを使う。 ブレイド 【剣】の勇者。 神剣ラグナロク所持。 金髪碧眼の引き締まった体を持つキザで派手好きな男装の麗人。 一人称は「僕」のレズビアンだが、同時に男に対しては常軌を逸した暴力を行い愉悦に浸るサディストでもある。 フレア以外にも目に留まった女性をかどわかしては食い散らかしている。 ブレッド 【砲】の勇者。 神砲タスラム所持。 スキンヘッドで 髭面、黒い肌を持つ筋肉隆々とした大男。 少年趣味のゲイで、ケヤルに一目惚れし、自らの歪んだ支配欲を押し付け性欲の捌け口にしていたサイコパスである。 セツナ 亜人の一種・氷狼族の少女。 ケヤルガに自身の真の名を明かし本当の意味でケヤルガの仲間になる クレハ・クライレット 【剣聖】。 ケヤルの最初の回復の相手。 剣の名門・クライレット家現当主を務める、銀色の長い髪を持つ美少女。 地上最強の【剣聖】のクラスを得ており、剣の技量においては【剣】の勇者を上回る。 回復術士のやり直し 見どころ 二週目の物語 「回復術士のやり直し」は平凡な主人公が【癒】の勇者にめざめ勇者たちと魔王を倒すという単純なストーリーではなく、【癒】の勇者になったのに理不尽に奴隷以下のような扱いを受けた主人公が魔王討伐後に時間を戻し初めからやり直す二週目のストーリーなので他の異世界系とまた違った面白さがあると思います。 復讐 奴隷以下のような扱いを受けた主人公が時間を戻し、自分を堕とし入れた者に復讐をしていくストーリーである。 えげつない過去があったからこ計画的な復讐が見どころだと思います。 回復術師の能力 回復というと傷を治すだけだが、「回復術士のやり直し」では普通の回復魔法の他、対象を正常な状態に巻き戻す【回復】、相手の技能をコピーする【模倣】、相手の能力や記憶を奪う【略奪】、対象の肉体や能力を望んだ形にする【改良】、壊れた形に癒す【改悪】など様々な技能を必要に応じて使い分ける。 能力を使用し犯したりしているがえげつない過去があり復讐だと分かっているので抵抗なく楽しめると思います。 回復術士のやり直し PV,オリジナルCD 「回復術士のやり直し」のPVとオリジナルCDが公式から出ていたのでよかったら見てみてください。 PVが出ているのでアニメ化も期待できそうですね。 PVは下記の公式リンクから。 CDの方は画像からリンク飛べます。 回復術士のやり直し まとめ 『 回復術士のやり直し』のあらすじなどをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。 異世界って未知の世界で好奇心をくすぐられるのに作品の数だけ違う異世界があって楽しさ、面白さが尽きないのでいいですよね。 今回ご紹介させていただいた『 回復術士のやり直し』は時間を戻して二週目という他にはあまりないストーリーであり、さらに主人公の回復(ヒール)スキルの使い方、復讐劇と様々な角度から楽しめる作品だと感じました。 個人的には、復讐系や主人公が過去に何かを抱えていたりする話は、主人公の気持ちにシンクロしてストーリーにのめり込んでしまうので復讐の仕方とか共感してしまい面白かったです。

次の