関東 梅雨 明け いつ。 梅雨入り・梅雨明けの平均時期はいつ頃? 2019年の予想と結果は?

2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで?

関東 梅雨 明け いつ

もうすぐ夏・・・の前に、梅雨がやってきます! 年によって気象条件が異なりますので、毎年同じ日から梅雨が始まるわけではありませんよね。 ですが、「この頃が梅雨入り、梅雨明けなのかな?」という大体の予想をすることはできます。 今回は、2020年の関東地方の「梅雨入り」「梅雨明け」はいつ頃なのか調べてみました! 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで? 気象庁が発表している平年値によると関東甲信地方の「梅雨入り」「梅雨明け」は以下の通りとなっています。 「梅雨入り」は6月8日頃 「梅雨明け」は7月21日頃 この平年値から、「梅雨入り」「梅雨明け」は大体この時期であることが予想できます。 平年値とは30年間の「梅雨入り」「梅雨明け」の平均値で、現在は1981年から2010年までの平均値が使われています。 平年値は10年経つごとに更新され、2021年からは1991年から2020年までの平均値が使われることになります。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月27日頃 7月9日頃 2012年 6月9日頃 7月25日頃 2013年 6月10日頃 7月6日頃 2014年 6月5日頃 7月21日頃 2015年 6月3日頃 7月10日頃 2016年 6月5日頃 7月29日頃 2017年 6月7日頃 7月6日頃 2018年 6月6日頃 6月29日頃 2019年 6月7日頃 7月24日頃 平年値 6月8日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 梅雨入り・梅雨明けの時期は平年値から予想できますが、過去の記録と見比べると大体当たっていることもあれば、大幅にはずれることも有り得るのでその点はご考慮ください。 梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるの? 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 気象庁の梅雨入り宣言があった直後から晴天が続くこともよくありますし、梅雨明け宣言があったのに全然雨がやまないこともあります。 9月に気象台の観測結果を再検討して梅雨入り・梅雨明けが決定しますので、それまでは梅雨入り・梅雨明けがいつなのかはわからないのですね。 今回紹介した「梅雨入り」「梅雨明け」の時期は平年値を元にした大体の予想ですので参考程度になさってくださいね。

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

関東 梅雨 明け いつ

2019年関東甲信の梅雨入り・明け予想 2019年の関東甲信の梅雨入り・明けの時期を予想します。 気象庁発表の過去データから最近の傾向などをまとめました。 【追記】令和元年は6月7日ごろ梅雨入りと発表がありました。 2019年の関東甲信の梅雨入りは6月7日ごろ 2019年の関東甲信の梅雨入りは6月7日ごろと発表がありました。 平年より1日早い梅雨入りとなりました。 平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。 平年:6月8日ごろ• 2014年:6月5日ごろ• 2015年:6月3日ごろ• 2016年:6月5日ごろ• 2017年:6月7日ごろ• 2018年:6月6日ごろ 引用元: 近年では関東地方の梅雨入りはほぼ平年並みの年が多くなっています。 令和元年も平年と1日違いなので予想がたてやすい年だったかな、という印象です。 2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想 2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想します。 平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。 平年:7月21日ごろ• 2014年:7月21日ごろ• 2015年:7月10日ごろ• 2016年:7月29日ごろ• 2017年:7月6日ごろ• 2018年:6月29日ごろ 引用元: 関東甲信の梅雨明けの平年は7月21日となっていますが、 実際の梅雨明けの時期はバラバラな印象を受けます。 2018年は観測史上初めて6月中に梅雨が明けました。 かと思えば2016年は平年よりも一週間以上遅い7月29日の梅雨明けでした。 年によっては梅雨明けが8月にずれこむこともあるようですが、 その可能性は低いでしょう。 当サイトでは予想をやや広めにとって、 2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想します。 梅雨の定義 梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 引用元: 気象庁では梅雨とは上記のように定義しています。 梅雨の入りと明けには5日間程度の「移り変わり」の期間があり、発表されている日付はその中日をさしていることが多いです。 関東甲信地方に属する都県• 東京都• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 茨城県• 千葉県• 神奈川県• 長野県• 山梨県 関東甲信地方には上記の9都県が含まれています。 引用元: 関東甲信の梅雨の雨の降り方 関東甲信地方の梅雨は年によって降雨量がまちまちです。 関東甲信地方の梅雨の雨量は都市部の水不足などに影響が大きいです。 カラ梅雨だと東京で水使用の制限が呼びかけられたり。 2016年、2017年はいずれも平年雨量と比較して70%台と 雨の少ない年でした。 降りすぎも困りますが、雨が少ないと別の問題も発生します。 令和最初の梅雨には、ほどほどの降雨量を期待しましょう。 以上、2019年の関東甲信地方の梅雨入り・明けの予想でした。

次の

九州北部・関東甲信・北陸・東北南部 続々と梅雨入り(日直予報士 2020年06月11日)

関東 梅雨 明け いつ

その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時• 晴れが1週間以上続くと予想された時• 晴れが1週間以上実際に続いた時 などが、一応の目安とされています。 または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあります。 更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、 梅雨明け宣言が出ない事もあります。 最近では、2017年の東北地方(北部・南部とも)において、梅雨明けの日が速報値として出されたものの、その後天気が長くぐずついたため、最終的に梅雨明けが特定されませんでした。 こうしたケースもあるんですね。 梅雨のない場所もある 日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。 有名な所では 北海道ですね。 この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。 というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。 とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。 少しジメジメした 「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。 それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。 関連記事: 北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる 小笠原諸島にも梅雨はありません。 その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。 例年の梅雨入りの平均時期は? 気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、 梅雨入りと梅雨明けの平均(平年値)はこのような時期となっています。 地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期 沖縄 5月 9日頃 6月23日頃 奄美 5月11日頃 6月29日頃 九州南部 5月31日頃 7月14日頃 九州北部 6月5日頃 7月19日頃 四国 6月 5日頃 7月18日頃 中国 6月 7日頃 7月21日頃 近畿 6月 7日頃 7月21日頃 東海 6月 8日頃 7月21日頃 関東甲信 6月 8日頃 7月21日頃 北陸 6月12日頃 7月24日頃 東北南部 6月12日頃 7月25日頃 東北北部 6月14日頃 7月28日頃 *ここでは、山口県は九州北部に入ります。 より 2019年の梅雨入り・梅雨明けの予想 2019年はやや雨が少なめ? 気象庁が発表している長期予報の6月予報を見る限りでは、• 北日本、沖縄・奄美…曇りや雨の日が、概ね平年並み、あるいは多め• 西日本・東日本…曇りや雨の日が、概ね平年よりも少なめ と出ています。 また気温は、全国的に平年よりやや高い日が多い傾向ですね。 今後の気象の変化によって、予報は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、 2019年(令和元年)の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。 また 気象庁で発表された予報の結果も随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。 そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・ 梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。 梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。 そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。 普段の心がけ次第で、 梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね。

次の