アパホテル みなとみらい。 アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>(2019年9月20日開業) アクセス【楽天トラベル】

ALL Hotels by APA Hotels in Minato Mirai 21

アパホテル みなとみらい

横浜みなとみらいの北仲通地区に巨大ホテル「 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が、2019年9月20日オープンしました。 「この1棟で周辺ホテルの勢力図を塗り替えるんじゃないの?」「駆逐されるホテルが出てくるんじゃないの?」と思える2,311室。 みなとみらいやベイブリッジを一望できます。 絶景です。 せっかく泊まるならキレイな夜景や景色が見える部屋に泊まってみたいですよね? だがしかし、 眺望なしの部屋もあるので要注意。 とにかく安く泊まりたい人にはオススメですが、1,000円くらいの差なら、景色が見える部屋の予約をオススメします。 このブログでは実際に自腹で宿泊してみて、どの方角の客室がオススメか、また予約するときの注意点なども書いていきます。 全方角コンプリート。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉とは アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、アパホテルグループが手がけるホテルブランドの1つで、横浜北仲通地区に地上35階・2,311室、1棟の建物では国内最大客室数のホテルとして開業しました。 みなとみらい線 馬車道駅4出口 万国橋口 から徒歩3分、JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線 桜木町駅から徒歩11分に位置します。 横浜ワールドポーターズや入園料無料の遊園地 コスモワールド、新たな観光施設となるなどが徒歩圏内にあり、遊ぶ施設には不便しません。 ちなみに日本での最大客室数ホテルは、東京「品川プリンスホテル」で、2棟合わせて3,679室のモンスターです。 ベッド下収納 収納スペースになっているベット下。 大きめのキャリーケースでも複数収納できます。 枕元に集約されている照明・空調スイッチ・コンセント。 電源コンセントは枕元の両サイドにあります。 なにげに嬉しい紙コップ。 アメニティとしては位が低いかもだけど、個人的には紙コップが常備されていると素晴らしいと感じちゃいます。 フル活用。 あと何と言ってもテレビかな。 まずデカイ。 そしてベッドの足元の位置に壁設置。 大浴場の混雑状況やWi-Fi情報がすぐ分かるのもありがたい。 TOSHIBA製。 個人的にテレビはTOSHIBA派。 ツイン客室(シティ側)左端:夜 目の前に見えている棟は横浜第二合同庁舎。 庁舎の向こう側(写真で言うと棟の左横あたり)が、最寄りのみなとみらい線馬車道駅です。 シティ側だけ、携帯を買い換えてiPhone11で撮影。 ナイトモードが格段にキレイ。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のプール・大浴場 客室にお風呂はありますが、大浴場はかなり良かったのでオススメです! 大浴場とプールはともに4階にあります。 4階:ベイサイドプール プール利用(遊泳)は、夏季のみ営業(有料)。 遊泳期間外はプールサイドテラスを無料で使うことができます。 また4階のお風呂には 部屋着や館内スリッパのまま行っても大丈夫です。 4階にはなぜかファミリーマートが2店舗あります。 WESTとEAST(大浴場側)の2店舗。 WESTの方にはお土産が多めにあって、大浴場も近くにないため比較的空いています。 いずれにせよ館内でこういうお泊まりグッズも完璧に手に入る&ATMもあるなんてのは便利以外の何物でもない。 他にも、ホテル館内にはいろんなお店が入っています。 宿泊者が無料で利用できるフィットネスジム 6:00~22:00 も。 トレッドミル2台、ローイングマシン1台、クロストレーナー1台 隣にはエステもありましたね。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキング 最後に朝食について。 個人的に朝食はバイキングが好き。 その日の状況や体調によっていろいろ選べるから。 3階にあるバイキングレストラン「ラ・ベランダ」と大規模宴会場「横浜ベイタワーホール」が朝食会場です。 会場が分かれる基準はよく分からないものの、 僕が泊まったときは宴会場の方でした。 2回とも。 宴会場は円卓の相席。 朝イッパツめ、寝起き顔の相席は気まずいというか恥ずかしい…。 特に女性はちょっとかわいそうかも。 これがなかなかの混雑。 朝食は6:30開始の、9:45終了。 初日、9:00過ぎに行ったら料理がスカスカで売り切れ続出。 2回目、6:30に意気揚々と先頭のつもりで行ったらすでに行列。 想像以上に混雑しますよ。 とはいえ、バランスのいい和洋食で種類は50種類以上とかなり豊富。 マグロのお茶漬けやアクアパッツァなど朝食メニューとしてはめずらしい料理も置いてあり、とても豪華です。 デザートにハーゲンダッツがあった。 すげぇ。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のカフェ・レストラン ホテル館内にはカフェ・レストランが5軒あります。 1階:haishop cafe(ハイショップカフェ) ソフトドリンクやアルコールなどのドリンク類、パスタなど軽食メニューが楽しめるナチュラルな雰囲気のカフェでした。 1階:創作和食レストラン「和善」 少し高級感がただよう和食レストランですが… ランチの定食メニューはリーズナブルだったので機会があればぜひ食べてみたい。 1階:ブルワリーレストラン「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」 クラフトビール醸造所併設のアメリカンな雰囲気のレストラン。 常時20種類の生ビールを楽しむことができ、ビールに合うメニューも豊富です。 3階:レストラン「ラ・ベランダ」 朝食会場にもなっているブッフェレストラン。 他のレストラン同様、宿泊せずにレストランだけの一般利用も可能で、ランチはシェフ自慢のビュッフェ、ディナーは地域の食材を使用したビュッフェやアラカルトのメニューとなっています。 ガラス張りの店内からはみなとみらいの景色が一望できます。 09)=== ランドマーク側やベイブリッジ側の選択は高層階プランのみに変更になりました。 またランドマークタワー側とみなとみらい側は「みなとみらい側」という選択肢に統合されました。 どちらになるかはお楽しみ。 === 施設滞在の快適性を求めるならオススメです。 大浴場もあるし。 きちんと「外周側」の客室を予約すれば景色も素晴らしいし。 未就学児の添い寝が無料で、しかも予約時の申告が不要なのもありがたい。 大人2名、4歳の子1名とかなら「大人2名」で予約すればOKです。 チェックインのときに子供用の朝食を追加することもできます。 ) あと、予約はアパアプリがオススメですよ。 便利だし、チェックインも瞬殺で終わります。 この【自腹検証】ブログ、泊まるときはアパアプリで予約していますが、こんな短期間にホテルを予約して1泊を繰り返すなんてしたことないので、アプリの便利さ&慣れが悪い方向に発芽し、、、 アホみたいな予約ミスをしてしまいました。 6,800円、空室のために捨ててしまった。 エア宿泊。 このときばかりは「俺はなんでアパに何回も泊まってこんなにお金を使ってるんだ・・・?」と自問しました。 自答できず。 あの日、横浜で一番ぜいたくな6,800円の使い方をしたのは間違いなく僕だと思う。 ちなみに〈横浜ベイタワー〉特有のものではありませんが、近しい人へのお土産はコレが鉄板ですよ。 アパ社長カレー。 ネタにもなるし、1個390円と安いし、なんと言ってもおいしい。 いろんな意味でハズれないお土産だと思います。

次の

アパホテル&リゾート 横浜みなとみらいに!客室からの景色や大浴場など現地レポ

アパホテル みなとみらい

「激安プラン」の衝撃 「インパクト」という点でホテルブランドを挙げるならば、「」はまさにトップクラスに位置するであろう。 その軒数や客室数はもとより、元谷代表のカリスマ性や元谷芙美子社長の存在感をはじめ、展開スピードや利益率といったビジネス視点からも、また、限られた客室面積や料金変動幅の大きさというようなゲスト目線からしても、とかく話題になるホテルだ。 コロナ禍においては、いち早く軽症者受け入れ施設として注目されたことも記憶に新しい。 いまだコロナショックの出口は見えないが、このタイミングでアパホテルが再びニュースで話題になった。 その名も「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」という。 今回宿泊したアパホテル池袋駅北口(筆者撮影) その価格のインパクトは絶大で情報は大きく拡散された。 内容としては、アパホテル公式サイト・アパアプリ経由の予約(アパ直)限定のプランとなり、期間は2020年5月10日(日)〜2020年6月30日(火)まで。 アパホテルといえば料金変動幅の大きさが特徴のひとつと前述したが、それにしても2500円とは激安だ。 何かと話題性の高いアパホテル。 今回、筆者は都内のアパホテルに宿泊する機会があったので、最新の現場の状況についてお伝えする。 だがその前に、いま一度アパホテルについて整理してみたい。 アパホテルはその規模について「全国最大656ホテル10万1402室」を謳う(2020年5月10日プレスリリース)。 これはアパホテルの看板を掲げた施設に加え、パートナーホテル等も含んだ数字である。 「アパ パートナーホテルズ」の軒数は355ホテル3万1931室(2020年5月20日現在)とされ、アパホテル本体としては約300軒・7万室ほどのボリュームとなる。 全国15万室を目指して アパ パートナーホテルズとは、アパが定める基準をクリアした提携ホテルで全国各地に立地する。 タイプとしては独立系を中心としたビジネスホテルが多い。 パートナーホテルということで、アパ会員であればアパポイントを貯めることができ、アパ空白地帯にあっても会員にとっては利用価値があるホテルとなる。 アパホテルは近年、10万室という自社目標を掲げてきたが、パートナーホテルズの室数も加算した場合にここへきて達成されたということになる。 さらに2025年3月末までに15万室の展開を目指すとしており、同社の鼻息は荒い。 近年のビジネスホテルブーム下においては、多くの巨大チェーンが席巻し、全国展開を進めてきた。 全国チェーンの強みのひとつは「会員プログラム」であろう。 会員には無料宿泊やキャッシュバックといった特典があり、顧客はポイントを貯めるために同一チェーンを利用する傾向があり、顧客囲い込みという側面も強い。 一方で、巨大チェーンの出店によりご当地の独立系や小規模チェーンのビジネスホテルは辛酸をなめてきた。 そうした状況下で、知名度の高いアパホテルとの提携が魅力であることは想像に難くない。 ここまで「ビジネスホテル」と一括りに表現したが、一つ疑問が生じる。 それは、「そもそもアパホテルはビジネスホテルなのか」ということだ。 実際メディアでは、アパホテルをビジネスホテルとして紹介することは多い。 かくいう筆者も、TBSの人気番組『マツコの知らない世界』の「ビジネスホテル特集」でアパホテルをビジネスホテルとして紹介したことがある。 アパホテルはビジネスホテルか? そもそもビジネスホテルとは宿泊に特化したホテルを指し、業界では「宿泊特化型ホテル」ともいわれる。 特徴となるのは、ダイニングレストランやバー、ウエディングや宴会など様々なサービスを提供するシティホテルと異なり、「リミテッドサービス」である点だ。 このような側面からアパホテルをみた場合、確かにビジネスホテルといった店舗も多い。 一方で、例えば2019年9月20日に横浜みなとみらい地区に開業した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」をみると、複数のダイニングレストラン、最大600名収容可能なバンケット施設、屋外プールやエステなどを擁し、さながら「シティホテル」、あるいは「リゾートホテル」といった趣だ。 様々な工夫が詰まった客室(筆者撮影) この他にも、軒数は少ないがリゾート地にて展開するアパホテルもある。 そう考えると、アパホテル=ビジネスホテルかといえば、それは正しくもあり、正しくもないという答えになるだろう。 つまり、ビジネスホテルというカテゴリーを超えた多層的なブランド展開がアパホテルの特徴のひとつといえる。 やや話は逸れるが、従前の別ホテルがアパホテルに変わった、すなわち「リブランド」したというケースを多く聞く。 東京に在住しているとアパホテルの新築物件を見かけるケースが多く、豪華なロビーのあるピカピカホテルというイメージを持つ人もいることだろう。 一方、地方都市へ出向くと、かなり旧いタイプのアパホテルに出会うことがある。 巨大チェーンになるほどブランディングという点ではジレンマが出てくるのは必定であるが、このようにアパホテルはブランディングの変遷という点でも大変興味深いホテルブランドといえる。 若いカップルでごった返す館内 多くの人々がその名を認識し、かつ高い利益率を確保しているのであればそのブランディングは秀逸であることは間違いない。 前置きが長くなったが、さて「2500円の格安戦略」とアパホテルの「ブランディング」について、大変気になるところだ。 そこで今回、実際に2500円で予約をして出向いてみた。 予約したのは、自宅最寄りの池袋エリアに構える「アパホテル池袋駅北口」と「アパホテル山手大塚駅タワー」で、一般的には閑散日とされる日曜日を選んだ。 同エリアで池袋北口のような夜の繁華街とそうではない場所で、何らかの違いがあるのかも興味深かった。 まず、夕刻前に池袋駅北口へチェックイン。 いくら2500円とはいえコロナ禍で日曜日という条件ならば混んでいないだろう、と予想していたが見事に裏切られた。 ホテルのエントランスはゲストが次々と往来している。 それも若いカップルばかりなのだ。 夕食時に外出しようと部屋を出るも1基しかないエレベーターはなかなか来ない。 筆者の客室は低層階であったが、ハイフロアから下ってくるエレベーターの扉が開くとマスク姿の若い男女でキュウキュウ。 入り込む余地がなかった。 ロビーで知人と待ち合わせをしていたが、遅刻するとの連絡があったためしばらくロビーの様子を見ていた。 やはり多くの若いカップルが出入りしている。 コロナショック以前であれば、訪日外国人旅行者ばかりという光景だったのでこうも変わるものかと驚いた。 筆者はホテル評論家としてテレビなどへの露出も多く、ホテルにいると時々声をかけられることがある。 この日も、ロビーにいると若いカップルから声を掛けられた。 話を聞くと「2500円で泊まれるなんて信じられない!」となんとも興奮気味。 「アパホテルは高くて泊まったことはなかったが、今回のチャンスを逃すまいと会員になった」という。 孤高のホテルブランドに この日出会った若いカップルは2人とも実家暮らしとのことで「こうやってホテルを使えるのは嬉しい」と話す。 しかし、こんなにも混んでいるとは思わなかったそうで、「コロナに負けるなプランなので感染しないように気をつけます」と笑って、近くのドン・キホーテへ出掛けていった。 一方の大塚であるが、池袋に比べるとかなりドライな雰囲気。 男性のひとり客を多く見かけた。 年齢的にも20代から60代くらいと幅広い印象だ。 ビジネスユースが中心だろうか。 駅からの近さでいうと断然、大塚に軍配は上がるが、ナイトレジャーを目的としたステイであれば、夜の繁華街の中心部という立地の池袋北口はやはり魅力的だ。 繁華街のアパホテルでいえば、新宿・歌舞伎町エリアなども気になるところであるが、いずれにせよ日曜日でこのような混雑なのだから、土曜日ともなれば推して知るべしだ。 アパホテル山手大塚駅タワー 2500円プランは「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社ができる協力を行うべく、テレワークでの利用や長時間通勤による感染リスクの軽減等、幅広い用途でご利用を頂けるように」(公式サイトより)することが目的とのこと。 いずれにせよ、「三密を避ける」という点から言えば、2500円プランが混雑をもたらし、間接的にせよ「三密を助長させている」ならば、その格安戦略は裏目に出ているように見える。 一方、ブランディングという点でいえば、アパホテルという存在感をさらに際立たせたこと、直販というチャネルによる新たな会員、顧客の獲得という点からも効果的な「空室の有効活用」と言えるだろう。 外部サイト.

次の

【自腹検証】アパホテル&リゾート横浜ベイタワー 客室の景色を比較してみた。みなとみらいを一望できるのは…?予約するときはご注意を!

アパホテル みなとみらい

横浜みなとみらいの北仲通地区に巨大ホテル「 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」が、2019年9月20日オープンしました。 「この1棟で周辺ホテルの勢力図を塗り替えるんじゃないの?」「駆逐されるホテルが出てくるんじゃないの?」と思える2,311室。 みなとみらいやベイブリッジを一望できます。 絶景です。 せっかく泊まるならキレイな夜景や景色が見える部屋に泊まってみたいですよね? だがしかし、 眺望なしの部屋もあるので要注意。 とにかく安く泊まりたい人にはオススメですが、1,000円くらいの差なら、景色が見える部屋の予約をオススメします。 このブログでは実際に自腹で宿泊してみて、どの方角の客室がオススメか、また予約するときの注意点なども書いていきます。 全方角コンプリート。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉とは アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、アパホテルグループが手がけるホテルブランドの1つで、横浜北仲通地区に地上35階・2,311室、1棟の建物では国内最大客室数のホテルとして開業しました。 みなとみらい線 馬車道駅4出口 万国橋口 から徒歩3分、JR根岸線&市営地下鉄ブルーライン線 桜木町駅から徒歩11分に位置します。 横浜ワールドポーターズや入園料無料の遊園地 コスモワールド、新たな観光施設となるなどが徒歩圏内にあり、遊ぶ施設には不便しません。 ちなみに日本での最大客室数ホテルは、東京「品川プリンスホテル」で、2棟合わせて3,679室のモンスターです。 ベッド下収納 収納スペースになっているベット下。 大きめのキャリーケースでも複数収納できます。 枕元に集約されている照明・空調スイッチ・コンセント。 電源コンセントは枕元の両サイドにあります。 なにげに嬉しい紙コップ。 アメニティとしては位が低いかもだけど、個人的には紙コップが常備されていると素晴らしいと感じちゃいます。 フル活用。 あと何と言ってもテレビかな。 まずデカイ。 そしてベッドの足元の位置に壁設置。 大浴場の混雑状況やWi-Fi情報がすぐ分かるのもありがたい。 TOSHIBA製。 個人的にテレビはTOSHIBA派。 ツイン客室(シティ側)左端:夜 目の前に見えている棟は横浜第二合同庁舎。 庁舎の向こう側(写真で言うと棟の左横あたり)が、最寄りのみなとみらい線馬車道駅です。 シティ側だけ、携帯を買い換えてiPhone11で撮影。 ナイトモードが格段にキレイ。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のプール・大浴場 客室にお風呂はありますが、大浴場はかなり良かったのでオススメです! 大浴場とプールはともに4階にあります。 4階:ベイサイドプール プール利用(遊泳)は、夏季のみ営業(有料)。 遊泳期間外はプールサイドテラスを無料で使うことができます。 また4階のお風呂には 部屋着や館内スリッパのまま行っても大丈夫です。 4階にはなぜかファミリーマートが2店舗あります。 WESTとEAST(大浴場側)の2店舗。 WESTの方にはお土産が多めにあって、大浴場も近くにないため比較的空いています。 いずれにせよ館内でこういうお泊まりグッズも完璧に手に入る&ATMもあるなんてのは便利以外の何物でもない。 他にも、ホテル館内にはいろんなお店が入っています。 宿泊者が無料で利用できるフィットネスジム 6:00~22:00 も。 トレッドミル2台、ローイングマシン1台、クロストレーナー1台 隣にはエステもありましたね。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の朝食バイキング 最後に朝食について。 個人的に朝食はバイキングが好き。 その日の状況や体調によっていろいろ選べるから。 3階にあるバイキングレストラン「ラ・ベランダ」と大規模宴会場「横浜ベイタワーホール」が朝食会場です。 会場が分かれる基準はよく分からないものの、 僕が泊まったときは宴会場の方でした。 2回とも。 宴会場は円卓の相席。 朝イッパツめ、寝起き顔の相席は気まずいというか恥ずかしい…。 特に女性はちょっとかわいそうかも。 これがなかなかの混雑。 朝食は6:30開始の、9:45終了。 初日、9:00過ぎに行ったら料理がスカスカで売り切れ続出。 2回目、6:30に意気揚々と先頭のつもりで行ったらすでに行列。 想像以上に混雑しますよ。 とはいえ、バランスのいい和洋食で種類は50種類以上とかなり豊富。 マグロのお茶漬けやアクアパッツァなど朝食メニューとしてはめずらしい料理も置いてあり、とても豪華です。 デザートにハーゲンダッツがあった。 すげぇ。 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉のカフェ・レストラン ホテル館内にはカフェ・レストランが5軒あります。 1階:haishop cafe(ハイショップカフェ) ソフトドリンクやアルコールなどのドリンク類、パスタなど軽食メニューが楽しめるナチュラルな雰囲気のカフェでした。 1階:創作和食レストラン「和善」 少し高級感がただよう和食レストランですが… ランチの定食メニューはリーズナブルだったので機会があればぜひ食べてみたい。 1階:ブルワリーレストラン「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」 クラフトビール醸造所併設のアメリカンな雰囲気のレストラン。 常時20種類の生ビールを楽しむことができ、ビールに合うメニューも豊富です。 3階:レストラン「ラ・ベランダ」 朝食会場にもなっているブッフェレストラン。 他のレストラン同様、宿泊せずにレストランだけの一般利用も可能で、ランチはシェフ自慢のビュッフェ、ディナーは地域の食材を使用したビュッフェやアラカルトのメニューとなっています。 ガラス張りの店内からはみなとみらいの景色が一望できます。 09)=== ランドマーク側やベイブリッジ側の選択は高層階プランのみに変更になりました。 またランドマークタワー側とみなとみらい側は「みなとみらい側」という選択肢に統合されました。 どちらになるかはお楽しみ。 === 施設滞在の快適性を求めるならオススメです。 大浴場もあるし。 きちんと「外周側」の客室を予約すれば景色も素晴らしいし。 未就学児の添い寝が無料で、しかも予約時の申告が不要なのもありがたい。 大人2名、4歳の子1名とかなら「大人2名」で予約すればOKです。 チェックインのときに子供用の朝食を追加することもできます。 ) あと、予約はアパアプリがオススメですよ。 便利だし、チェックインも瞬殺で終わります。 この【自腹検証】ブログ、泊まるときはアパアプリで予約していますが、こんな短期間にホテルを予約して1泊を繰り返すなんてしたことないので、アプリの便利さ&慣れが悪い方向に発芽し、、、 アホみたいな予約ミスをしてしまいました。 6,800円、空室のために捨ててしまった。 エア宿泊。 このときばかりは「俺はなんでアパに何回も泊まってこんなにお金を使ってるんだ・・・?」と自問しました。 自答できず。 あの日、横浜で一番ぜいたくな6,800円の使い方をしたのは間違いなく僕だと思う。 ちなみに〈横浜ベイタワー〉特有のものではありませんが、近しい人へのお土産はコレが鉄板ですよ。 アパ社長カレー。 ネタにもなるし、1個390円と安いし、なんと言ってもおいしい。 いろんな意味でハズれないお土産だと思います。

次の