浅田 飴 うがい 薬。 「アズレン」うがい薬の成分よりも大切な選び方

【楽天市場】【第3類医薬品】浅田飴 AZうがい薬(100ml)【KENPO_11】【浅田飴】:楽天24

浅田 飴 うがい 薬

(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)口内にひどいただれのある人 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。 [関係部位:症状] 口:刺激感 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。 効能・効果 口腔・咽喉のはれ,口腔内の洗浄 効能関連注意 用法・用量 1回,本剤10〜13滴(約0. 4mL)を水又は微温水約100mLにうすめて,数回うがいしてください。 これを1日数回行ってください。 成分分量 100mL中 成分 分量 アズレンスルホン酸ナトリウム 0. 5g 添加物 グリセリン,l-メントール,エタノール,クエン酸ナトリウム 保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変化します)。 (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。 消費者相談窓口 会社名:株式会社浅田飴 問い合わせ先:お客様相談室 電話:03-3953-4044(ダイヤルイン) 受付時間:9:00〜17:00(土,日,祝日を除く) 製造販売会社 ジャパンメディック(株) 会社名:ジャパンメディック株式会社 住所:富山県富山市横越168 販売会社 (株)浅田飴 剤形 液剤 リスク区分等 第3類医薬品.

次の

浅田飴AZうがい薬

浅田 飴 うがい 薬

浅田飴はどんな薬? 浅田飴は、株式会社浅田飴が大正15年から販売している市販薬で、現在では指定第2類医薬品と医薬外品(一部)として服用されている、せき・こえ・のどに浅田飴!でお馴染みの薬です。 浅田飴は、 咽の炎症や咳込みが酷い場合に効果を発揮します。 現在ではカロリーや糖分を控えられている方でも服用できる シュガーレスや、服用しやすさの点から、お子様から高齢者の方まで服薬できる ドロップタイプ、また品質を保ち有効成分を守る 糖衣錠タイプがあります。 薬用成分である生薬(キキョウ根エキス94. 5mg・トコンエキス40. 5mg・マオウエキス40. 5mg・ニンジンエキス67. 5mg)は従来通り配合され、添加物としてI-メントール・還元水アメ・還元麦芽糖水アメ・アセスルファコムK・塩化Na・コハク酸2Na・アラビアゴム・カルナウバロウ・タルク・サラシミツロウ・食用色素や香料を用いて、心地よいクール感が咽に爽やかさを提供する商品です。 スポンサーリンク 浅田飴はどんな症状に効果的? 浅田飴は、以下の症状がある場合に効果があると言われています。 咳込み 痰の詰まり 咽周辺の痛みや腫れの炎症 声のかすれ これらの不快感の諸症状に効果が期待できます。 浅田飴の副作用にはどんなものがあるか? 浅田飴を服用した場合に、皮膚系では 発疹・発赤やかゆみが生じ、顔に腫れがみられる場合があり、消化器系として、 吐き気・嘔吐、食欲不振、精神神経系として 目眩が生じる事があります。 また、特に 小麦アレルギー体質の方は、製造過程で小麦成分を使用するのでアレルギー反応が出やすいので服薬は控えられた方が良いかと思います。 さらに、有効成分であるマオウエキス・メチルエフェドリンが血糖値を動かす事も考えられますので、主として糖尿病既往者が、急に 唇の色が変色したり、声の更なる かすみ、動悸・息苦しさ、意識の混濁などのアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を招いたりする事も考えられますので、服用の際には十分にご注意戴きたいと思います。 浅田飴と他の飲食類や薬との飲み合わせが悪く、稀に咽周辺に違和感が翌日まで残ってしまう事があるようですので、長期間の服用は避けて頂き医療機関を受診され、処方箋としてポピュラー的なトローチや飴類の薬がありますので、医師にご相談されて下さい。 スポンサーリンク 浅田飴を飲む際に気をつけることは? 浅田飴を服用後、服薬方法を間違えると症状が悪化してしまう事がありますので以下の項目をご参考にして服用して下さい。 浅田飴は、辛い痛みに直接浸透して速く効き、副作用が起きにくい薬ですが、医薬品である事から次の項目に該当される方は服薬時にご注意頂きたいと思います。 また、浅田飴(指定第2類医薬品)の服薬回数と量は、15歳以上の方は1日3回を限度に(服用間隔を4~5時間以上)特に食前食後食間などの指定はありませんので、1回量2~3錠を、8歳〜15歳未満の方は1回量2錠、5歳〜8歳未満の方は1回量1錠を1日3回を限度に口中に含み、噛まないようゆっくり溶かしながら服用して下さい。 尚、 5歳未満の方の服用は不可とされております。 お子様への服用時は咽に痞えてしまい、呼吸が苦しくなったり、気管支を傷付けたりする可能性がありますので、保護者の管理のもとに服用行なさって下さい。 また、溶かした後の 口の中に違和感のある味が残っている場合は、水かぬるま湯を飲んで洗い流して頂き、ジュース類や他の飲食材と一緒に飲む事や、服薬する前後のアルコール類の飲酒はしないように定められた用法用量の服薬をして下さい。 浅田飴の保管場所は、直射日光が当たらず湿気のない場所へ保管し、他の容器への移し替えは、品質が変化する可能性がありますので、開封後は使用期限内であっても、お早めに服用して下さい。 まとめ 四季を通し、知らぬ間に咽がいがらっぽくなり、咳や咽に炎症が起きて痛みや腫れが生じてしまう事は度々あると思いますが、その不快感を取り除いてくれる薬の一つに、飴タイプの浅田飴があります。 軽い症状時には効果が得られる市販薬で、ドラッグストアや調剤薬局で購入できるのが利点ですのでお試しになってみて下さい。 また、浅田飴と一緒に手洗いや、うがいを外出先から戻られた時にされて、適度な水分補給や、バランスの採れた栄養を摂取して頂きたいと思います。

次の

【楽天市場】【第3類医薬品】浅田飴 AZうがい薬(100ml)【KENPO_11】【浅田飴】:楽天24

浅田 飴 うがい 薬

キング・オブ・ウガイ薬「イソジン」 イケダハヤトさんのブログ「」のパクリです。 言ってみたかっただけ。 うがい薬はドラッグストアの売れ筋商品。 バイトを始めて感心したことが2つある。 1つはうがい薬を買う人の多さ。 風邪の季節になるとバンバン売れてく。 うがい薬を使わない家庭で育って、生まれてこのかた使った記憶がない僕だから、世の中にはこんなにうがい薬を使う人がいるのかあ・・・と勉強になった。 もう一つ気づいたことは、店頭にはうがい薬がいくつかあるのだけど、CMで有名な「イソジン」を購入する客が圧倒的に多いこと。 あのCMは最近みないけれど、でもいまでも一番売れているうがい薬は、たぶん「イソジン」だと思う。 でもちょっと待って。 うがい薬はイソジンだけじゃないですよ。 うがい薬の3タイプ 僕が思うに、うがい薬は、ざっくり分けると次の2種類がある。 菌・ウイルスを殺す「殺菌タイプ」 菌やウイルスを殺して喉のイガイガを治す。 「イソジン」など 消炎&組織修復をする「炎症ケアタイプ」 炎症を抑えて、痛んだ組織も修復することで喉のイガイガを治す。 「パブロンうがい液AZ」など 殺菌&消炎系の「中間タイプ」 細菌を殺す成分と消炎の両方の成分を含有。 「新コルゲンコーワうがいぐすり」など 殺菌タイプの代表はイソジンだ。 「ポビドンヨード」という殺菌成分が入っている。 炎症ケアタイプの代表は「パブロンうがい液AZ」や「浅田飴AZうがい液」だ。 AZはアズレンのAZ(アズ)、と覚えておくといい。 中間タイプは「新コルゲンコーワうがいぐすり」や「キレイキレイ うがい薬」がある。 僕が知る限り、殺菌&消炎系は基本的に殺菌成分「セチルピリジニウム」と消炎成分「グリチルリチン」の組み合わせだ。 イソジンに死角あり。 使用者は再考したらどうでしょう? 3タイプのなかで、イソジンなどの殺菌タイプのうがい薬は他と比べてどれくらい優れているのか。 炎症ケアタイプよりも殺菌タイプの方が安いのだろうなとなんとなく思っていたのだけど、実際に近所のドラッグストアで、1000円単価で比較したら、あれれ?ぜんぜん違う結果になった。 会社員で朝急いでうがいをして、白いYシャツに飛び散ってしまった経験はないだろうか?僕のお客にはそういう人がいましたよ。 アーメン。 そんな憂き目に遭いたくない人は、透明色をウリにしている中間タイプの「新コルゲンコーワうがいぐすり」をお勧めする。 炎症ケア系のアズレンスルホン酸は紫色だ。 ついでに、以下のブログを紹介する。 イソジンをお勧めしない医療者は珍しくない。 この医師が推奨しているアズレン系は値段もイソジンより安い。 アズレン系うがい薬の有用性 : 野口内科 BLOG 選ぶポイントは「効果」「予算」「色」 風邪の予防については、いずれのタイプもあまり期待できないかもしれない。 風邪の原因のほとんどは、細菌じゃなくてウイルスだ。 殺菌効果がもろ刃の剣になって、細胞にダメージも与えてしまったのではないかと考えられている。 京都大学の実験結果はとても有名で、いまのところ「イソジンは風邪の予防にはならないんじゃないの?」というムードになっている。 ただ、これも将来は研究結果が出て覆る可能性もある。 薬剤師と登録販売者には、「効果」「予算」「色」について聞いた上で購入することをお勧めしたい。 ついでに、イソジンの予防効果についても。 ちなみに先述の京都大学教授の実験では、うがい自体は風邪の予防に有益であるとしている。 僕は風邪の予防とか意識せずに、一年中、水でうがいしている。 うがいしないと、なんか口のなか気持ち悪いし。

次の