伊勢谷 友介 ボイス。 『ボイス』唐沢寿明&伊勢谷友介、血まみれのまま笑顔でクランクアップ 唐沢「大変な撮影でした」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ボイス 唐沢寿明 犯人 伊勢谷友介 韓国ドラマ?雰囲気的に原作は韓国ドラマなん...

伊勢谷 友介 ボイス

妻殺害の真犯人を推理 凶悪殺人事件概要 殺人事件発生 再開発地区で謎の殺人鬼に追われる樋口 (唐沢寿明)の妻・未希( 菊池桃子)。 110番に応じたのはひかり (真木よう子)。 しかし、電話が切れた。 コールバックをしろという命令にしたがい、迷いつつコールバックしてしまう。 そして、 ひかりは、電話越しに抹殺の一部始終を聞いてしまう。 3年前 3年前、樋口(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)が何者かに殺された。 事件当日の写真と部屋にあった血のついたコートを決め手として、相良 (平原テツ)を逮捕するが、相良は、事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという。 1か月後、裁判が開かれる。 ひかり(真木よう子)は相良の声は 「犯人の声ではない」という証言する。 録音テープに犯人の声があるはずだというが、録音テープに犯人の声はなかった。 しかし、相良は釈放され、その後行方不明に。 3年後 相良を追い続けている樋口 唐沢寿明)。 ひかり(真木よう子)は樋口に自分の父も同じ犯人に殺されたと告白。 事件は殺人事件とならず、もみ消されている。 樋口が追い続けていた相良が転落死する。 他殺のはずが、警察は自殺と公表する。 相良が犯人を知っていた可能性もあったが、死人に口なし。 このことにより、真 犯人の手掛かりは、ひかりの音の記憶のみとなる。 不可解な出来事 ・テープから犯人の声が消されていた。 ・ひかりの父と相良の死が殺人にならなかった。 以上の点から「警察を動かす人物がいる」とひかりは確信する。 犯人のヒント ひかりが聴いた犯人の声=30台の男の声と顎を鳴らす音。 真犯人画像 1話から犯人の姿が放送されています。 あまりにもわかりやすいような設定。 もしかしたら、あれはダミー映像かも? 犯人と見せかけておいて、実はほかに犯人がいるかもしれない。 そこで「 真犯人が伊勢谷友介の場合」と「真犯人は伊勢谷友介ではない」という仮説を立ててみました。 ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その1 そもそも映像の犯人が伊勢谷友介ではない。 伊勢谷友介似の誰か!? ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その2 あの声も姿も伊勢谷友介である場合。 あれは視聴者を誘導するための映像かもしれない。 伊勢谷友介だと思わせておいて、大どんでん返しのパターン。 サスペンスドラマでよくあるパターンです。 ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その3 あの声も姿も伊勢谷友介であるが、黒幕がいる。 彼を操る人物がいるという説。 警察を操る黒幕は誰か他にいるという説。 ・真犯人が伊勢谷友介の場合 美しい中に怖さが光る悪役を見事に演じてくれそうです。 震えがくるほどの殺人鬼の姿。 目をふさぎたくなる殺人シーン。 伊勢谷友介の怪しい笑いがドラマを盛り上げていきそうです。 伊勢谷 友介 プロフィール 俳優でもあり映画監督ある伊勢谷友介さん。 美術家、実業家の顔も持ちます。 1976年5月29日生まれ。 デザイナー・山本寛斎さんが異母兄。 モデルとして活動し、「ワンダフルライフ」(1999年(平成11年)で映画初出演。 映画「あしたのジョー」では役作りのため減量し力石徹を熱演。 「翔んで埼玉」など多数の映画に出演。 ドラマでは「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ)で波留さんと共演しています。 小泉今日子主演のドラマ「監獄のお姫さま」で悪役ともいえるイケメン社長に。 ギラギラした出世欲と野心の塊のイケメンの悪者を演じています。 映画「MOZU」でも美しき悪人・高柳隆役。 【ボイス110緊急指令室】今後の展開ポイント まだ事件については判明していないことがほとんどです。 解明されていくだろうと想定する点は……。 ・ひかりの父と相良の死 現在のところ、確実に殺人事件とされているのは樋口(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)のみ。 ひかり(真木よう子)の父と相良については、事故死と自殺扱い。 この2つの事件が真犯人による殺人事件と解明できるのか。 その手がかりは? ・真犯人はいつ登場するか 何話でどういう設定で真犯人が登場するのか。 それは、伊勢谷友介か。 ・犯行の動機は? 残虐な殺人事件。 真犯人の心理描写が見どころになるかもしれません。 ・殺害の詳細 樋口の妻・未希の顔は判明できないほど損傷が激しいものでした。 凶器と殺害方法なども真犯人判明と同時に詳細まで明かされていくと想定。 ・警察内の怪しい人物は? 録音テープが消されていたり、ひかりの父の死や相良の死の偽装など、警察内部に真犯人と関わる人物がいると考えられます。 果たしてその人物は誰か。 ・警察を動かせる黒幕は? 警察を動かせるほどの力を持つ者が黒幕らしい。 黒幕は誰が演じるか? 伊勢谷友介なのか? 【ボイス110緊急指令室】伊勢谷友介は真犯人か? 視聴者大多数の声が正解であの声と姿は 伊勢谷友介であり、そのまま真犯人となる場合もアリでしょう。 物語が進むにつれて、真犯人に少しずつ近づいていくと想定されます。 果たして真犯人は伊勢谷友介なのか!? 視聴者をいい意味で裏切るのがドラマ。 もしかしたら、 伊勢谷友介ではない誰かが登場するかもしれません。 【ボイス110緊急指令室】伊勢谷友介は真犯人の追記 【ボイス110緊急指令室】6話。 ラストにフードがはずれました。 顔を見せたのは伊勢谷友介。 犯人は伊勢谷友介説というのが正解のようです。 まだまだ物語は展開をしていきます。 黒幕はこれから。 伊勢谷友介の狂気の演技に注目していきます。 本郷雫(伊勢谷友介)の美と狂気 真犯人・本郷雫がどんな人間なのか、美しさと隠された狂気っぷりが伺える見どころ場面などを紹介します。 本郷雫:本郷グループの代表 ・薔薇風呂がお好み。 ・伊勢谷さん、モデル出身だけあり、美しいスタイル。 ・グランドピアノまであるセレブな部屋に住んでいる。 ・血みどろの鉄球(凶器)をコレクションしている。 (名札付) ・義兄・上杉(手塚とおる)の手のひらにフォークを突き刺す場面では冷たく怖い演技に注目。 雫語録 「恐怖や怯えが人間をどれほどちっぽけなものにするか。 その感情を排除すれば人間は想像を絶するほど強くなる」 「人を殺すのに何故迷うんです。 そのためらいが人をダメにする」 物語の展開は、各あらすじなどでお伝えしていきます。 犯人追跡でも更新。 「ボイス110緊急指令室」は土曜夜10時から日本テレビで放送です。 記事内画像::.

次の

『ボイス』クライマックスへ向けて怒涛の展開! 狂気の敵・伊勢谷友介に勝つ術はあるのか?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

伊勢谷 友介 ボイス

妻殺害の真犯人を推理 凶悪殺人事件概要 殺人事件発生 再開発地区で謎の殺人鬼に追われる樋口 (唐沢寿明)の妻・未希( 菊池桃子)。 110番に応じたのはひかり (真木よう子)。 しかし、電話が切れた。 コールバックをしろという命令にしたがい、迷いつつコールバックしてしまう。 そして、 ひかりは、電話越しに抹殺の一部始終を聞いてしまう。 3年前 3年前、樋口(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)が何者かに殺された。 事件当日の写真と部屋にあった血のついたコートを決め手として、相良 (平原テツ)を逮捕するが、相良は、事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという。 1か月後、裁判が開かれる。 ひかり(真木よう子)は相良の声は 「犯人の声ではない」という証言する。 録音テープに犯人の声があるはずだというが、録音テープに犯人の声はなかった。 しかし、相良は釈放され、その後行方不明に。 3年後 相良を追い続けている樋口 唐沢寿明)。 ひかり(真木よう子)は樋口に自分の父も同じ犯人に殺されたと告白。 事件は殺人事件とならず、もみ消されている。 樋口が追い続けていた相良が転落死する。 他殺のはずが、警察は自殺と公表する。 相良が犯人を知っていた可能性もあったが、死人に口なし。 このことにより、真 犯人の手掛かりは、ひかりの音の記憶のみとなる。 不可解な出来事 ・テープから犯人の声が消されていた。 ・ひかりの父と相良の死が殺人にならなかった。 以上の点から「警察を動かす人物がいる」とひかりは確信する。 犯人のヒント ひかりが聴いた犯人の声=30台の男の声と顎を鳴らす音。 真犯人画像 1話から犯人の姿が放送されています。 あまりにもわかりやすいような設定。 もしかしたら、あれはダミー映像かも? 犯人と見せかけておいて、実はほかに犯人がいるかもしれない。 そこで「 真犯人が伊勢谷友介の場合」と「真犯人は伊勢谷友介ではない」という仮説を立ててみました。 ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その1 そもそも映像の犯人が伊勢谷友介ではない。 伊勢谷友介似の誰か!? ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その2 あの声も姿も伊勢谷友介である場合。 あれは視聴者を誘導するための映像かもしれない。 伊勢谷友介だと思わせておいて、大どんでん返しのパターン。 サスペンスドラマでよくあるパターンです。 ・真犯人は伊勢谷友介ではない 仮説その3 あの声も姿も伊勢谷友介であるが、黒幕がいる。 彼を操る人物がいるという説。 警察を操る黒幕は誰か他にいるという説。 ・真犯人が伊勢谷友介の場合 美しい中に怖さが光る悪役を見事に演じてくれそうです。 震えがくるほどの殺人鬼の姿。 目をふさぎたくなる殺人シーン。 伊勢谷友介の怪しい笑いがドラマを盛り上げていきそうです。 伊勢谷 友介 プロフィール 俳優でもあり映画監督ある伊勢谷友介さん。 美術家、実業家の顔も持ちます。 1976年5月29日生まれ。 デザイナー・山本寛斎さんが異母兄。 モデルとして活動し、「ワンダフルライフ」(1999年(平成11年)で映画初出演。 映画「あしたのジョー」では役作りのため減量し力石徹を熱演。 「翔んで埼玉」など多数の映画に出演。 ドラマでは「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ)で波留さんと共演しています。 小泉今日子主演のドラマ「監獄のお姫さま」で悪役ともいえるイケメン社長に。 ギラギラした出世欲と野心の塊のイケメンの悪者を演じています。 映画「MOZU」でも美しき悪人・高柳隆役。 【ボイス110緊急指令室】今後の展開ポイント まだ事件については判明していないことがほとんどです。 解明されていくだろうと想定する点は……。 ・ひかりの父と相良の死 現在のところ、確実に殺人事件とされているのは樋口(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)のみ。 ひかり(真木よう子)の父と相良については、事故死と自殺扱い。 この2つの事件が真犯人による殺人事件と解明できるのか。 その手がかりは? ・真犯人はいつ登場するか 何話でどういう設定で真犯人が登場するのか。 それは、伊勢谷友介か。 ・犯行の動機は? 残虐な殺人事件。 真犯人の心理描写が見どころになるかもしれません。 ・殺害の詳細 樋口の妻・未希の顔は判明できないほど損傷が激しいものでした。 凶器と殺害方法なども真犯人判明と同時に詳細まで明かされていくと想定。 ・警察内の怪しい人物は? 録音テープが消されていたり、ひかりの父の死や相良の死の偽装など、警察内部に真犯人と関わる人物がいると考えられます。 果たしてその人物は誰か。 ・警察を動かせる黒幕は? 警察を動かせるほどの力を持つ者が黒幕らしい。 黒幕は誰が演じるか? 伊勢谷友介なのか? 【ボイス110緊急指令室】伊勢谷友介は真犯人か? 視聴者大多数の声が正解であの声と姿は 伊勢谷友介であり、そのまま真犯人となる場合もアリでしょう。 物語が進むにつれて、真犯人に少しずつ近づいていくと想定されます。 果たして真犯人は伊勢谷友介なのか!? 視聴者をいい意味で裏切るのがドラマ。 もしかしたら、 伊勢谷友介ではない誰かが登場するかもしれません。 【ボイス110緊急指令室】伊勢谷友介は真犯人の追記 【ボイス110緊急指令室】6話。 ラストにフードがはずれました。 顔を見せたのは伊勢谷友介。 犯人は伊勢谷友介説というのが正解のようです。 まだまだ物語は展開をしていきます。 黒幕はこれから。 伊勢谷友介の狂気の演技に注目していきます。 本郷雫(伊勢谷友介)の美と狂気 真犯人・本郷雫がどんな人間なのか、美しさと隠された狂気っぷりが伺える見どころ場面などを紹介します。 本郷雫:本郷グループの代表 ・薔薇風呂がお好み。 ・伊勢谷さん、モデル出身だけあり、美しいスタイル。 ・グランドピアノまであるセレブな部屋に住んでいる。 ・血みどろの鉄球(凶器)をコレクションしている。 (名札付) ・義兄・上杉(手塚とおる)の手のひらにフォークを突き刺す場面では冷たく怖い演技に注目。 雫語録 「恐怖や怯えが人間をどれほどちっぽけなものにするか。 その感情を排除すれば人間は想像を絶するほど強くなる」 「人を殺すのに何故迷うんです。 そのためらいが人をダメにする」 物語の展開は、各あらすじなどでお伝えしていきます。 犯人追跡でも更新。 「ボイス110緊急指令室」は土曜夜10時から日本テレビで放送です。 記事内画像::.

次の

ドラマ ボイス 110緊急指令室 あらすじネタバレ キャスト相関図 真犯人 謎 最終回までの考察 伊勢谷友介 唐沢寿明 真木よう子 菊池桃子 増田貴久 木村祐一 石橋菜津美 矢作穂香 小市慢太郎 YOU 田村健太郎 安井順平 鳥越壮真

伊勢谷 友介 ボイス

端正な顔立ちで高級スーツに身を包み、 とても上品な人物で悪役ながらもファンが居るほどなんですよ。 実はストーリーの序盤には登場していない人物なので、 原作の流れと同様に話が進むなら現段階では犯人は登場していませ ん。 このモ・ テグは犯行時に使っていた黒いコートや凶器を車のトランクにきち っと仕舞っているとても几帳面な男。 しかし、血に見立てた赤い色の湯船に浸かり、( もしかしたら本物の血?) 自分が命を奪った人の髪の毛をコレクションしているという、 とてつもなくおぞましいサイコパスなんです。 ですので、警察内に犯人がいる!というのは間違い。 もちろん、警察内部に真犯人の協力者は存在し、証拠の音声は消され、裁判の真木よう子の証言も否定されてしまいました。 声や口元で犯人役が誰なのかわかったという声が結構上がっています。 あの少ないヒントで誰だか分かってしまうなんて、みなさんすごいですね! 犯人登場のシーンでわたしが一番最初に思ったのは、ひげ。 薄っすらと青く出てましたねー。 シーンが夜だからでしょうか。 笑 そして口元の感じが、若い俳優さんではないな、と感じました。 声からプロファイリングした真木よう子の証言に寄ると、 30代半ばくらいの男性。 うりおんまと一緒に見てたけど、モテグ役 犯人役 の役者が誰か分かったみたいで。 私は声聞いたことある…誰だ?ってなってた😂 モテグが誰なあのか分からずに話が進む展開がボイスの醍醐味でもあるのにね…。 松田翔太さんという声もありました。 第1話で発している言葉は少ないものの、声が伊勢谷友介さんでしたね。 前述しましたが、原作韓国ドラマでは、 キム・ジェウクが演じ、悪役なのにも関わらず、その美貌やセクシーさで、髪を乱していても美しいという声や、怖いけど魅力的などと話題に上がっていました。 『ハマの狂犬』と呼ばれ、破天荒な刑事役の演技がぴったりと、唐沢寿明さんの演技が好評ですが、それと同じくらい 伊勢谷さんの大人の魅力やセクシーさは、原作の キム・ジェウクに近いものがあると思います。 真犯人の狂気さ、美しさがすでに伊勢谷友介さんに期待ができますが、どんな風に演じるのかが怖いながらも楽しみですね。

次の