白内障 の 手術 名。 白内障手術体験記。二度目の手術なので少し余裕でした、です。

白内障手術の名病院教えてください(東京・町田)

白内障 の 手術 名

レンズの働きをする水晶体が濁って視力が低下する「白内障」。 白内障手術の技術は日進月歩で進化し続け、手術時間が短縮し安全性が著しく向上しただけでなく、乱視や老眼も治るなど、より質の高い視力を獲得することも可能となった。 とはいえ、高度な医療を受けるためには、最前線で行われている治療を患者側が十分理解しておくことが大切になる。 年間1万件以上の白内障手術をこなし、世界的にもトップレベルの技術力を誇る三井記念病院眼科部長の赤星隆幸医師に白内障手術の最新事情について聞いた。 白内障の第2回は「既往症がある場合、医療機関をどう選ぶ?」で3月17日公開、第3回は「『多焦点眼内レンズ』で老眼鏡なしの生活に」で3月20日公開予定。 赤星隆幸医師 三井記念病院眼科部長、日本橋白内障クリニック・秋葉原アイクリニック、春日部杉浦眼科委託執刀医 Q 目がかすんで見えづらくなってきたので、眼科を受診したところ、白内障と診断され、手術を勧められています。 痛みもなくすぐ終わるということですが、どのような手術を行うのでしょうか。 (65歳・男性) A 白内障の手術では、濁った水晶体(レンズ)を取り出して 眼内レンズ(*1)を移植します。 水晶体を取り出す手術法は2つあり、超音波が普及する前は、眼球を1cm以上切り開き、水晶体を丸ごと取り出す「水晶体嚢外(のうがい)摘出術」が行われていました。 しかし最近では、3mm程度の小さな創口から、超音波を使って水晶体を砕いて吸い取る「 超音波乳化吸引術」が一般的です。 先進国のほとんど、日本でも9割以上がこの術式です。 創口が小さくなったことで、眼球への侵襲(*2)は少なくなり、日帰り手術も可能となりました。 超音波乳化吸引術は現在広く普及した術式ですが、医師の方針や技量によって、麻酔の方法、切開する場所や大きさ、超音波のかけ方などに大きな違いがあり、術後のQOV(Quality of Vision:視力の質)に影響します。 手術を受けるにあたっては、その医療機関の手術実績、麻酔・手術法、移植する眼内レンズの種類、起こり得る合併症のリスクや対処法を医師に確認し、納得した上で手術を受けることをお勧めします。 (*1)眼内レンズ:白内障の手術で、水晶体を摘出したあとに移植する人工のレンズ。 レンズの度数を調整することにより、近視や遠視を治すことができる。 最近では乱視までも治すことのできるトーリックレンズや、老眼も治す多焦点眼内レンズもある。 (*2)侵襲:手術などの医療行為により体にダメージを与えることを意味する医療用語。 続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、 ご利用いただけます。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

白内障の名医(日本の名医リスト一覧)-評判の良い眼科専門医

白内障 の 手術 名

白内障手術体験記です。 入院の必要がない日帰り手術でした。 しかも二度目の手術と言うこともあって、手術の順番をスマホでブログ巡りやTwitterをしながら待てました。 手術名を正確に言うと「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」となります。 保険手続きのために診断書をドクターに書いていただきましたが、何気なくそれを見ると、傷病名のとなりにその原因を書く欄があり、、、そこには「加齢」とありました。 決してわたしは若くはないです。 そのときは左眼を手術しました。 白内障手術とは、白内障の症状によって濁ってしまった眼の水晶体を取り除いて、代わりに人工の眼内レンズを挿入する手術のことです。 わたしは強い近視で以前からコンタクトレンズを使っていました。 そのコンタクトレンズを処方してもらうために通っていた眼科で数年前に白内障の指摘を受けました。 意外でした。 当初は自覚症状はまったくありませんでしたから。 ですが、少しずつ視界に靄のようなものがかかるようになってきました。 それを邪魔に感じるようになり、去年手術を受けることにしたのです。 ところで、近視を矯正するための方法としてレーシックという手術があります。 白内障の手術と何が違うかと言うと、 レーシックは、目の表面の角膜をレーザーで削って角膜のカーブを変えることによって視力を矯正する手術だそうです。 眼内レンズ自体を入れ替えてしまう白内障手術とはここが大きく違うところです。 白内障手術で使う眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。 若い人の目は、水晶体の厚さや形を変化させることで、近いところにも遠いところにもピントを合わせることができます。 それが加齢とともに、ピントを合わせる能力が衰えてきて、近くが見づらくなってきます。 これが老眼です。 眼内レンズ(人工水晶体)は厚さや形を変えることができないので、白内障手術によって水晶体を単焦点眼内レンズに取り替えてしまうと、近くか遠くかのどちらか一方にしかピントが合わせられなくなります。 それに対して、多焦点眼内レンズは、形状を工夫することによって二つの距離(遠くと近く)にピントが合うようにできています。 さて、左眼の手術から約1年経ちました。 去年左眼を手術したときから、右眼もいずれ手術しないといけなくなると指摘されてはいました。 去年はまだ右眼については自覚症状がなかったので手術しないことにしましたが、今年になって少し事情が変わってきました。 それは手術を受ける費用を巡る状況の変化です。 手術で使う眼内レンズが、見え方の違いで3種類あることを前述しましたが、見えやすいレンズほど高額になります。 単焦点眼内レンズの手術は一般の保険診療で行うことができます。 ところが、高額な多焦点眼内レンズを使う手術には保険が適用されず、自費で受けることになります。 去年手術を受けたときの記事にも書きましたが、わたしが加入していた生命保険には先端医療特約と言うものがついていて、それを使えば、 多焦点眼内レンズを使った場合でも保険会社から費用を負担してもらうことができるのです。 去年わたしが左眼を手術したときはその適用を受けました。 ところが、多焦点眼内レンズを使う白内障手術が先端医療の対象から外されるらしい、、、そんな話を聞くようになりました。 眼科のドクターに相談したのは今年の春先でした。 いずれそうなるらしいけれど今はまだ制度の見直しは聞いていないので、保険会社に問い合わせてみればどうか、というのがドクターの返事でした。 問い合わせると、今の時点では、多焦点眼内レンズはわたしが加入している生命保険では先端医療として扱っている、とのことでした。 かと言っていつ制度が変更になるか分からないので、早いに越したことはない。 それで、今回手術することにしたのです。 もし手術を考えていらっしゃる場合は、事前に保険会社とよく相談してくださいますように。 ところで、最新の3焦点型の眼内レンズについては、厚生労働省から認可されていないので、先端医療の対象にはなってはいません。 執刀医の先生からはこの秋頃には認可されると思うからもう少し手術を待つ選択肢もあると言われましたが、年末以降は仕事をたびたび休むことができないので今回手術を受けることにしました。 以下は手術当日のツイートからです。 左目の手術から約1年経ちました。 実は、今日、右目の手術をします。 これから仕度をして病院に向かいます。 はてなブログに投稿しました 白内障日帰り手術 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 体験記 - 森の奥へ— 山猫🐾 keystoneforest 手術は午後からですが、その前に直前の検査があります。 午前11時、眼科受付を訪ねました。 日帰り手術ですので、手術が終わって 2時頃には家に帰ることになります。 ドクターからは、帰るときタクシーを頼むか、家族に迎えに来てもらうよう指示されていました。 帰るときに万が一転んでしまったりしたら大変です。 眼科受付に到着しました。 日帰り手術です。 終わるのは2時頃の予定です。 待ち時間はブログ巡りをして過ごそうと思います。 — 山猫🐾 keystoneforest 右胸に「みぎ」と書いたネームプレートを付けられ、右眉の上に黄色の丸シールが貼られました。 この日は右眼手術の日でした。 左右を間違えてしまったら大変です。 そうならないよう二重三重に対策が施されています。 わたしの名前の横に4とあります。 これは手術の順番でしょうか。 今日は右目手術の日です。 番号でしょうか?わたしの名前の横に4とあるので、手術は4番目かな? 瞳孔を開く目薬を数分ごとにさしてもらっているところです。 — 山猫🐾 keystoneforest 目薬をさし続けて30分以上経ちました。 瞳孔が開いたようです。 このあと手術が始まります。 手術は1人十数分かかります。 順番が来るのは1時間後くらいかな? わたしはそう見当を付けました。 目薬をさし続けて30分以上経ちました。 瞳孔が開いたそうです。 このあとそろそろ手術が始まると思います。 手術は一人十数分かかります。 わたしの番が来るのは1時間後くらいかな?— 山猫🐾 keystoneforest 1番の人が呼ばれました。 順番を待つわたしたちに、看護師さんはトイレに行っておくよう言い渡しました。 トイレに行っておくように言われました。 一人目の方が手術室から出てこられました。 — 山猫🐾 keystoneforest 手術室に入ったのが2時少し前。 そして、手術台に身体を固定されて手術開始。 今、メスが入ったな、とか、今度は水晶体を吸い出しているところだろうか、とか、わたしはわりと冷静に手術の手順をなぞっていました。 そのくせ、手はきつく握り拳を作っていました。 手術自体はあっけないほど短くて、10分ほどで終わったようでした。 眼帯をつけているので、結果はまだわかりませんが、とりあえず手術は無事に終わりました。 手術室に入ったのが2時少し前、十分ちょっとで終わりました。 眼帯をつけているので、結果はまだわかりませんが、とりあえず手術は無事に終わりました。 お見舞いツイート、お見舞いいね、ありがとうございました😊— 山猫🐾 keystoneforest とりあえず無事に終わったみたいです。 痛みもまったくありません。 2回目なので怖さもあまり感じませんでした。 でも、明日になって眼帯を外してみないと安心できません、、、 ありがとうございます。 とりあえず無事に終わったみたいです。 痛みもまったくありません。 2回目なので怖さもあまり感じませんでした。 でも、明日になって眼帯を外してみないと安心できません、、、— 山猫🐾 keystoneforest 翌朝9時です。 今朝も眼科通院。 今から眼帯を外します。 今朝も眼科通院。 今から眼帯を外します。 — 山猫🐾 keystoneforest 眼帯外してもらいました。 明るさに慣れるにつれ見え方は普通になっていくのですが、それがあまりに残念に思えます。 眼帯外してもらいました。 ご心配いただきありがとうございました。 ご心配いただきありがとうございました。 経過は順調とのことでした。 乾いたタオルを左眼の辺りに当て、お湯が眼にかからないよう頭の向きを変えつつ、慎重にシャワーを浴びていました。 でも、アルコールだけは飲みません。 三連休後に通院。 経過は順調とのことでした。 執刀医による診察を受けました。 数m先と手元40㎝の両方に焦点を合わせたレンズを入れてもらいましたが、それぞれ 視力は1. 2、 遠くも近くもほぼ支障なく見えます。 結果は良好、視力も出ています。 今日から普通の生活に戻ってOK。 今朝は執刀医による診察でした。 結果は良好、視力も出ています。 手術は多焦点レンズを使いました。 数m先と手元40㎝の両方に焦点を合わせたレンズで、視力は1. 2、遠くも近くもほぼ支障なく見えます。 今日から普通の生活に戻ってOK。 経過は良好です。 気になっていた近い方の見え方ですが、スマホの文字も文庫本の活字もほぼ苦にせず見ることができています。 お見舞いツイート、お見舞いいね、ありがとうございました。 おかげさまで、とっても気を楽にして手術にのぞめました😊.

次の

対象となる手術名一覧表(手術給付倍率表)から検索する場合

白内障 の 手術 名

南青山アイクリニックでは、保険適用の眼内レンズを使った白内障手術と、遠近両用の眼内レンズを使った白内障の手術を行っています。 どちらも日帰りで、同じ手術方法で行いますが、用いる眼内レンズによって手術の費用が変わってきます。 今回はそれぞれの眼内レンズの手術費用をご紹介します。 保険適用の白内障手術費用 保険適用の手術と言っても、患者様の健康保険の負担の割合によって手術費用が変わります。 お薬代によって多少の前後はありますが、 1割負担の方 片眼 約1万5千円 2割負担の方 片眼 約2万円 3割負担の方 片眼 約4. 5万円 当院での白内障手術の費用はこのくらいが目安とお考えください。 遠近両用の眼内レンズの白内障手術費用 南青山アイクリニックで使用している遠近両用の眼内レンズは大きく分けて2種類あります。 自費診療の遠近両用の眼内レンズと、先進医療利用可能な遠近両用の眼内レンズ。 眼内レンズの特性は別の記事にありますのでご参照いただければと思いますが、ここでもまたそれぞれの眼内レンズによって費用が違いますのでご案内します。 =自費診療の遠近両用の眼内レンズ= 自費診療の遠近両用の眼内レンズ 片眼498,000円 手術費用、眼内レンズ費用含む。 乱視も同時に治せます。 先進医療利用可能な遠近両用の眼内レンズ 片眼498,000円 手術費用、眼内レンズ費用含む。 南青山アイクリニックの先進医療利用可能な眼内レンズの白内障手術は498,000円ですが、ご加入されている医療保険の先進医療特約を利用することにより、手術費用の大半を給付金でまかなうことができます。 詳しくはご加入されている生命保険会社にお問い合わせください。 一言で白内障手術といっても眼内レンズも費用も様々。 ご自身のライフスタイルに合った眼内レンズの選択が必要と同時に、その眼内レンズで手術が出来る眼なのかどうかの詳しい検査と診察を受けることがとても重要です。 それぞれの白内障手術の費用も参考にしながら、手術の準備と眼内レンズの選択をしていただければと思います。 高橋 【白内障手術・老眼治療 院内説明会のご案内】 白内障手術・老眼治療について詳しく知りたい方は、毎月おこなっている にご参加ください。 手術室の見学も可能です。 お気軽にご参加ください。

次の