お シッコ する 時 痛い 男性。 女性の膀胱炎・尿道炎・尿もれ、原因と対処法とは

男女別クラミジアの症状

お シッコ する 時 痛い 男性

原因 主に大腸菌などの腸内細菌の感染によって膀胱の粘膜に炎症が起こる 症状 排尿痛 排尿の終了時に、尿道部にツーンとするような強い痛みがある 頻尿 昼夜を問わず、頻繁に尿意が起こり、トイレに行ってもたくさんの尿がでるわけではないが、排尿後もまだなんとなく尿が残っている感じがして、すぐにまたトイレにいきたくなる。 ひどい場合は、30分~1時間ごとにトイレに行くこともある 混濁尿 普段はわからなくても、コップに取り、光にすかしてみると尿が白っぽく濁る 日常生活上の注意 膀胱炎は治りやすい病気ですが、再発しやすいという特徴があります。 予防して十分に注意しましょう。 排尿を我慢しないようにしましょう• 水分(水、お茶、牛乳、ジュースなど)は多めにとりましょう• 外陰部を清潔に保ちましょう(特に生理時には)。 トイレットペーパーは前から後ろに使いましょう• 下腹部を冷やさないようにしましょう• 下腹部をしめつけるもの(ガードルなど)、通気性の悪い下着はなるべく使用しないようにしましょう• 過労は避けましょう• アルコールや刺激物(カレー、わさび、からし)は避けましょう 尿道炎 男性よりも女性に多い病気ですが、女性はすぐに膀胱炎を併発するので、単独で発病するのは男性の方が多くなっています。 原因 細菌の感染によって尿道の粘膜に炎症が起こる 症状 排尿痛 排尿の始めか、または終了時に、焼けるような痛みがある(女性の場合はあまりない) 尿道のかゆみ 排膿 尿道から乳白色の膿がでることがある 前立腺炎 男性の場合は、膀胱炎とよく似た症状の前立腺炎があります。 原因 細菌の感染によって前立腺炎の粘膜に炎症が起こる 症状 急性 高熱、会陰部(肛門と陰のうの間)の痛み、尿の出が悪い 慢性 尿道・会陰部の不快感、排尿時の痛み、射精時の痛み 膀胱結石・尿道結石 腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路に結石ができる病気を総称して尿路結石と呼びます。 そのうち、膀胱結石・尿道結石の場合、排尿時に痛みがあります。 女性に尿道結石が起こることは少なく男性がほとんどです。 抵抗力が落ちていると発病しやすくなりますので、風邪や冷え、過労、ストレスに注意して予防しましょう。

次の

【排尿痛】おしっこ時の痛みや違和感の原因と病気の見分け方

お シッコ する 時 痛い 男性

目で見て尿に血が混じっているのがわかる血尿を肉眼的血尿と呼びます。 肉眼的血尿の原因は多数ありますが、いずれも泌尿器科的治療が必要な場合が多いため、尿が赤いことに気づいたら放置せずにすぐに泌尿器科を受診することをすすめます。 肉眼的血尿が出ているにもかかわらず全く症状がない場合があります。 この場合は膀胱腫瘍などの尿路腫瘍の可能性が高いとされています。 症状がないからといって放置せずすぐ泌尿器科を受診してください。 逆に排尿時痛や残尿感、背部痛といった症状を伴う肉眼的血尿があります。 この場合は膀胱炎や、尿路結石が考えられます。 いづれにしても確定診断には詳しい検査が必要です。 泌尿器科の受診をすすめます。 背部痛をともなう病気は泌尿器科疾患以外に内科的なもの、整形外科的なものなど多数あります。 泌尿器科疾患の中で背部痛をともなう疾患もいくつかあります。 また、尿路に石が降りてきた場合にも左右どちらかに限局した痛みをともないます。 石の痛みは通常、突然出現し、非常に激しい痛みをともないます。 泌尿器科的な背部痛は叩打痛といって痛みをともなう側の背部を叩きますと非常に激しい痛みが走るのが特徴です。 叩くことで気持ち良い場合とは、体を動かしたときに痛むといった場合は整形外科的なことが原因のことが多いようです。

次の

男女別クラミジアの症状

お シッコ する 時 痛い 男性

日本人男性の9割が発症!? 前立腺肥大症 日本人男性の9割が発症!? 前立腺肥大症• 前立腺肥大症は、膀胱の下、尿道括約筋の奥にある前立腺の内部が大きくなる病気で、主に50歳以降の男性に多い病気です。 前立腺肥大症にかかると尿道の圧迫によって膀胱内に尿が溜まり、や尿路感染症の原因になったり、尿道の閉塞によって腎臓に負担をかけることになります。 前立腺肥大症は、症状によって必ずしも治療が必要になるわけではありませんが、前立腺がんの可能性もありますので、一度専門医の診断やを受けることをおすすめします。 「頻尿」や「出にくいおしっこ」「チョロチョロ尿」は 前立腺肥大症かも・・・? 前立腺肥大症は、以下のような症状が現れます。 残尿感・・・おしっこの流れが悪くなる• 頻尿・・・さっきトイレに行ったばかりなのに、またすぐトイレに行きたくなる• 夜間頻尿・・・夜もたびたびトイレに通う• 尿線最小・・・おしっこの出が悪い• 切迫性尿失禁・・・急に漏れそうになるほどおしっこがしたくなる• 腹圧排尿・・・力を入れないとおしっこが出ない、出るまで時間がかる 症状によってはやの可能性も考えられます。 原因はホルモンバランスの変化と加齢 はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、男性ホルモンであるテストステロンの影響や加齢、食生活の欧米化が前立腺肥大症と関わりがあると言われています。 あなたは大丈夫?前立腺肥大症のチェック 前立腺肥大症の診断基準としてI-PSSスコアが用いられます。 下記の質問表で高い点数が出た方は一度ご相談にご来院ください。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、排尿後2時間以内にもう一度行かねばならないことがありましたか。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、排尿途中に尿が途切れることがありますか。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、排尿をがまんするのがつらいことがありましたか。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、尿の勢いが弱いことがありましたが。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、排尿開始時にいきむ必要がありましたか。 0点 1点 2点 3点 4点 5点 最近1ヶ月間、床に就いてから朝起きるまでに普通何回排尿に起きましたか。 (0回) 0点 (1回) 1点 (2回) 2点 (3回) 3点 (4回) 4点 (5回) 5点 まずは採血検査で確認 治療は飲み薬が中心です 前立腺肥大症の検査は、患者様の症状に合わせて尿流量測定・直腸診検査・超音波診断・腫瘍マーカー測定(血液検査)などを行っていきます。 前立腺肥大症は、前立腺がんの疑いや患者様の日常生活に影響がなければ必ずしも治療が必要なわけではありませんので、患者様ご自身のご希望をよく聞いた上で治療を行っていきます。 治療には主に尿道の閉塞を和らげる飲み薬を用います。 前立腺肥大症の治療薬には、別な治療にも用いられるお薬もありますので、現在服用中のお薬がある場合は必ず医師にお伝えください。 前立腺肥大症は、発症する場所が場所だけに受診するのに抵抗がある病気ですが、恥ずかしさから受診が遅れてしまうと症状の悪化や結石、腎臓の病気などの合併症にもつながってしまいます。 また、仕事中や移動中、映画やライブなど、日常生活でトイレを我慢しないといけない場面は意外と多く、支障をきたすことも少なくなくありません。 決してご自身だけの特別な病気ではありませんので、一度クリニックまでご相談ください。

次の