脱毛サロン ケノン。 ケノンを購入して後悔する人の3つの特徴※該当注意※損する前にご覧下さい

トリアVSケノン Vライン脱毛比較

脱毛サロン ケノン

推奨はされてないけど、せっかくケノンを買ったんだったらvioもやりたいよね。 家庭用脱毛器ケノンにおいてiラインとoラインは使用することを推奨されていません。 でも、せっかく高くていい脱毛器を買ったのですから vio全て綺麗に脱毛したいというのが本音だと思います。 確かにvio目的でケノンを購入する方も多いですし、 家庭で下半身の恥ずかしい部位を綺麗に脱毛できるのですからやらない手はないですよね。 僕もそう考えてケノンを使ってvio脱毛を2年以上しました。 実際にツルツルになることができたんですけど、そちらのレポートがこちら『』でまとめていますので気になる方はチェックしてみて下さい。 そして、この記事では『 実際に2年以上vio脱毛してみた経験を元に、vio脱毛する際のやり方やコツ、使うべきカートリッジや照射レベル』について解説していこうと思います。 ぜひ参考にしてみて下さい。 ケノンvio脱毛のやり方 1、vioを前日に全剃りでツルツルにしておく 2、スーパープレミアムカートリッジorストロングカートリッジ(おすすめ)orラージカートリッジを装着 3、レベルを8以下に調整 4、保冷剤で普通の部位の2倍以上の時間をかけて冷やす 5、感覚がなくなるまで冷やしたらケノンで照射 6、vio全てに照射していく このような形でvio脱毛していきます。 vio脱毛する際には前日にツルツルに全剃りしておくのがおすすめでこれをすることでムラなく綺麗に脱毛できますし、カートリッジの汚れの付着を防げます。 詳しくはこちらの『』をご覧ください。 (vioに残したい毛がある方もとりあえずご覧ください。 ) 次に口元が普通サイズもしくは小さいサイズのカートリッジを装着します。 vioは繊細な部位であるだけに小回りのきく小さい照射口のカートリッジがおすすめです。 次に照射レベルを8以下に設定しましょう。 ここに関しては後ほど深掘りして解説します。 次に一番重要な保冷剤で感覚がなくなるまで冷やしてあげます。 vioは他の部位と比べて毛がかなり太い上、密集しているので痛みが強いです。 普通に保冷剤で冷やす程度では耐えられないぐらい痛いので、2倍以上の時間をかけて感覚がなくなるまでキンキンにしてから照射していくのがポイントですよ! あとはvio全体に照射していくだけです。 早くvio脱毛したい方におすすめのやり方 次に早くvio脱毛したい方におすすめのやり方を紹介したいと思います。 vioは他の部位と比べても毛が太く量が多いので脱毛するまでに時間がかかりますが、そんな中でも早く効果を実感するためにできることがあります。 重ねうち(2度打ち) まず一つ目が重ねうちですね。 重ねうちというのは 同じ部位に2回続けて照射することです。 これは髭脱毛でも腕や足の脱毛でも使える技なんですけど、早く脱毛したいなら2度打ちして照射の効果を満遍なく行き渡らせるのがおすすめです。 これができるのも家庭用脱毛器のメリットですし、脱毛サロンでは重ねうちなどはできないのでぜひ試してみてください。 ちなみに3回以上は意味がないので2回までの重ねうちで十分ですよ。 週一の頻度で使う! それから 週一の頻度で脱毛していきましょう。 ケノンの公式サイトでは2週間に1回のペースが推奨されていますが、早く脱毛したいのであれば週一のしようが効果抜群です。 週一で使う分、手間と時間がかかりますが脱毛も早いです。 iラインは眉毛脱毛器も使う! それからiラインは眉毛脱毛器を使うのもおすすめです。 男性でも女性でもiラインというのは一番危ないゾーンですよね。 普通に照射しても良いのですが、痛みも強いですし、良くない影響が出そうと不安に感じる方も多いでしょう。 女性なら粘膜などもあるのでカートリッジで照射する際には細心の注意が必要です。 そこで、眉毛脱毛器を使ってあげてください。 (特にムダ毛が薄くチョロチョロ生えている部分) 眉毛脱毛器は振動で毛根からムダ毛を緩めて引き抜く形の脱毛なんですけど、照射でiラインの肌をダメージを与えなくて済みますし、使い勝手がいいので便利ですよ。 ちなみに眉毛脱毛器でvio脱毛することについて『』で詳しくまとめていますのでご覧ください。 ケノンのvio脱毛で使うべきカートリッジ 続いて ケノンのvio脱毛で使うべきカートリッジについて紹介したいと思います。 先ほども紹介しましたが、vio脱毛で使うのは照射口が小さくて小回りがきくカートリッジがおすすめです。 それがこちらです。 ・ストロングカートリッジ(おすすめ!) ・スーパープレミアムカートリッジ ・ラージカートリッジ vラインならエクストラカートリッジのような照射口の大きなものでも十分対応していけるのですが、iラインやoラインになってくるとかなり照射による脱毛効果をアップさせるには小さめのカートリッジが最良の選択と言えます。 中でも ストロングカートリッジがおすすめで、こちらを使えば脱毛効果も高いですし、特にoラインやiラインで活躍してくれますよ。 最近のケノンではセットでストロングカートリッジがついてくるか、レビュー特典でゲットできるので、すぐ使える状態にあると思います。 ということで、ぜひストロングカートリッジでvio脱毛してみてください。 vio脱毛におすすめの照射レベルは『8』 次にvio脱毛におすすめの照射レベルについてです。 おすすめは「8」で、8より上になるとかなり冷やしても痛みが強いので女性ならまだしも、痛みに我慢できない男性はキツイと思います。 でも レベル8以下にすれば脱毛効果は減少するものの、かなり冷やしてあげれば耐えれる痛みになるのでおすすめですよ。 また、レベル8より下にしていくと脱毛までの時間がかなりかかるので注意が必要です。 vioの毛は太くて簡単に脱毛できませんので、なるべくレベル8(最低でもレベル7)を意識して照射していくようにしてください。 ケノンでvio脱毛する際は粘膜がやられないよう注意! 女性の場合iラインは粘膜もあるので傷つけないように照射していく必要があります。 大雑把な人やサクッとできる方であれば粘膜に注意しながら脱毛していけると思いますが、iラインも脱毛したいけど怖い方はいらっしゃると思います。 そんな方はぜひ眉毛脱毛器を使うようにしてみてください。 もしくはストロングカートリッジで細かく照射していくのがおすすめですよ。 男性もiラインは難しいと思うのでストロングカートリッジは必須と言えますね。 【まとめ】vio脱毛のやり方はシンプルだけど大変 長くなりましたが、脱毛器ケノンを使ったvio脱毛のやり方を紹介させていただきました。 今回紹介させていただいたことを週一の頻度で使っていけば、かなり毛が濃い人でも半年あればいい感じの仕上がりにできますよ。 ちなみに何回照射したらvio脱毛できるのかこちらの『』で詳しくまとめてみたので気になる方はご覧ください。 また、男性であっても女性であってもiラインの脱毛には注意して取り組むようにしましょう。 腕や脚などの部位に比べるとvioは脱毛するのが大変なので焦らずじっくりと取り組んでみてください。 ホロンブログでは脱毛器ケノンの使い方だけでなく、効果を検証してみたレポートやケノンのお得な買い方なども発信していますので合わせてチェックしてみてくださいね。 脱毛器ケノンのおすすめ記事.

次の

『ケノン vs パナソニック』の違いを比較【性能・価格・使える部位】

脱毛サロン ケノン

3~5回照射すると毛の量が減り、新しく生える毛が細く、柔らかい毛に変わっていきます。 そして、照射レベル10はサロン並みのパワーがあるので、12回~18回で毛がほとんど無くなります。 2週間に1回ペースでおよそ6~9ヶ月ぐらいが目安です。 完全無毛のツルツルに近い状態を目指すなら、さらに半年~1年ぐらいは覚悟しておいた方が良さそうです。 家庭用脱毛器ケノンはネットで調べても数多くの方がVIO脱毛に成功している口コミが効果があることを証明しています。 ケノンはIOラインはできる?自己責任ならOK ケノンを販売するエムロックが認めているのは Vラインのみで、IOラインは自己責任です。 とはいえ、多くの男女が実際にケノンでVIO脱毛に成功しています。 公式サイトにも『メーカー推奨利用部位はVラインまでとなります。 IOラインについては自己責任となります』と書かれています。 Iラインは皮膚が薄く、かつ粘膜があり、Oラインは皮膚が薄いので注意が必要です。 また、生理中は生理日を避け、痔があれば治してからにしましょう。 ケノンVIO脱毛のムダ毛の事前処理の注意点 ケノンを使う前に、「1回全剃りする必要があるか?」といった疑問があるようです。 毛量には個人差がありますが、毛根が見えないほど毛がある場合は VIO全て事前処理すべきです。 毛を残したまま照射すると毛が燃えて、やけどの危険があったり、効果的に脱毛ができなくなるためです。 回数を重ねるごとに毛量が減り、生えるスピードも落ちるでお手入れの手間は減っていきますが、やけど防止のために毎回処理はしましょう。 最初はシェーバー、カミソリなどを使って無毛状態か1㎜以下に整えるのがベスト。 ケノン VIO 脱毛はストロングカートリッジが最適• 初回はレベル1照射から始める• 肛門、小陰唇への照射は避ける。 IラインはIバックショーツ等を利用する。 ほくろにはシールを貼って照射• Vラインはスタイルガードを利用する• ムダ毛処理は必須。 電動トリマーを利用する• 慣れればレベル10照射も可能だが無理をしない。 VIOは他の部位よりも照射に気を付けるポイントが複数あります。 特に避けるべき箇所が多いので、予備知識がない状態で始めると痛い目に合います。 Vラインのやり方 Vラインのムダ毛の剃り方 初回はムダ毛はまず親指と人差し指で毛をつかみ、ハサミを使って毛量を減らします。 ハサミで切れなくなったら、次にシェーバーで短くします。 (ワックス脱毛は毛根ごと毛が抜けるのでNG) ケノンのフラッシュ脱毛の光は、黒色に反応して脱毛を行うため、毛が柔らかい場合は1㎜程度残しましょう。 残しすぎると光が当たってムダ毛が加熱して危険です。 剛毛であれば1㎜ルールは特に気にする必要はありません。 何故かというと、Amazonのレディースシェーバーランキングでベストセラー1位の売れ筋商品だからです。 さらに、VIOだけでなく全身の事前処理に使えます。 カミソリは肌を傷つけるのでオススメしません。 Amazonが嫌な方は、ケノン本体購入時にも購入できるシェーバー類です。 ただし、Vライン、フェイスライン、Iラインで分かれていて、ムダにお金がかかるのであまりオススメしません。 Vラインは形を整えるのがコツ Vラインは好きな形(ハート型、四角型、卵型、逆三角形)に整えるなどオシャレにアレンジが出来ます。 必要な方は楽天市場やAmazonで「スタイルガイド」と検索すれば出てきます。 4種類で1000円前後が相場。 また、公式サイトのエムロックの場合は、ケノン購入時に480円(税込)でスタイルガードを購入することが出来ます。 ハート、ナチュラル、スクウェアの3種類。 1人3個までです。 ナチュラル• トライアングル(逆三角形)• ハイジニーナ(無毛)• オーバル(長丸)• スクエア• ハート 不動の人気を持つのがナチュラルです。 ナチュラルは元々生えている逆三角形を維持した状態で毛量や形を整える形状です。 次に人気なのがよりシャープな逆三角形を強調したしたトライアングルです。 そして、海外ハリウッド女優やなどが実践しているハイジニーナにする女性も増えています。 縦長の丸であるオーバルも人気。 スクエア、ハートは個性が強いので選ぶ人は少数派の様です。 将来ハイジニーナにするのであれば、ハート型を試してみるのも一つです。 いずれにしてもしっかり考えた上で選びましょう。 Vラインの照射方法 VラインはIOラインに比べて粘膜が無く、皮膚も比較的厚め。 そのため、初めて照射する際はレベル1から徐々に上げていき、慣れてくればレベル7~8、皮膚が強い方は10で照射しましょう。 無理に照射レベルを上げすぎないのが長続きするためのコツです。 やけど防止のために前後の肌の冷却は必須です。 Iラインのやり方 Iラインのムダ毛の剃り方 Iラインの毛量は個人差があります。 毛の質も剛毛、やわらかい毛ありますが、剃りにくい部位なので最初からシェーバーで剃って大丈夫です。 Iラインの事前処理は、体育座りで股の間をのぞき込む感じで行います。 壁にもたれかかりながらやると楽にできます。 しゃがんだ体制から手鏡を見ながら照射する方法もありますが、サングラス付け忘れると目に直接光が来るので要注意。 使うのは先ほどの「おすすめシェーバー」。 IラインはVラインとは違い形状は特に意識しなくても大丈夫。 ハイジニーナ脱毛(無毛)でも、毛量調整で脱毛する場合でも、一気に無毛にはならず徐々に毛量が減っていくのでお好きなタイミングで照射を止めれるのがケノンの良いところ。 Iラインは粘膜部への照射を注意 粘膜はどれだけ弱い光でも照射NGです。 最初に使い古しのショーツを履き、粘膜のある小陰唇だけを隠せるように幅を調整してから照射しましょう。 ショーツの色は黒ではなく、光を吸収しない白などの明るい色が良いです。 幅調整が難しい方は、「Iバックショーツ」などを利用すれば、幅寄せの手間が無くなるので便利です。 1着500円~と安いので、ケノンのIライン照射用として使っておくのも一つの方法です。 ただし、光が漏れる網状のものや、スケスケの材質の場合は光が漏れるので避けましょう。 Oラインのやり方 Oラインのムダ毛の剃り方 Oラインはムダ毛を剃りにくい部位の一つです。 股を開いてしゃがみ、下から手鏡を見ながら剃るのが一番やりやすいです。 Oライン脱毛は肛門への照射に注意 肛門は皮膚が弱く、かつ色素沈着してるので光を吸収しやすく肌トラブルの危険があるので避けましょう。 指で隠しながら照射したり、シール等で隠すのも一つの方法です。 Oラインへの照射方法 実は全身の中でも一番難易度が高いのがOラインです。 照射方法はしゃがんで下から照射するのがベスト。 痔の場合は痛みに耐えられないので、先に直しておきましょう。 Oラインの毛も剛毛である場合が多く、照射レベルは5~8ぐらいに留めておいた方が無難です。 初回は同様にレベル1から少しづつ様子を見ることをオススメします。 連射回数によっても違いますが、シングルショットでの比較としました。 ケノン自体は永久脱毛ができません。 しかし、実際には継続することでツルツル無毛の状態まで行けるようです。 気長に継続が成功への近道です。 当然ながら、照射レベルが低いほど脱毛の効果は低減します。 目安としてはレベル5以下で照射を続けている限りは永久脱毛に近い状態は無理と思って下さい。 個人差はありますが、少なくとも 照射レベル6~8、できれば9、10で照射するのがベスト。 かといって、痛みをガマンしながらするのも継続できないので注意。 脱毛周期はVIOも全身脱毛も毛周期はほぼ同じ1~2週間に1回。 そのため、脱毛完了までの期間は一回も休まず続けた場合で次のような感じになります。 急ぐ場合は医療脱毛を選びましょう。 照射期間と抜け方の変化 照射レベル8~10で照射を続けた場合、次のような変化が起こります。 ~4回(1ヶ月) 本数が減る、柔らかくなる• ~6回(1ヶ月半) 完全に生えない箇所も出てくる• ~12回(6ヶ月) 早い人はお手入れ不要なほどに• ~18回(9か月) 産毛は残る場合もあるがツルツルに まずは数ヶ月試してみると効果が表れます。 数週間であきらめるのは効果が出る一歩手前の可能性があるのでもったいないです。 また、照射レベルが低すぎるとこの通り進まず一向に毛が抜けない場合もあります。 無理しない範囲でなるべく高い照射レベル設定にしましょう。 ケノンのVIO脱毛期間を短縮する方法 ケノンは予約不要、自宅で好きな時にVIO脱毛ができます。 一方、脱毛サロンは毛周期がどうこうと理由をこじつけて、2ヶ月に1回通わせようとします。 毛周期はそんなに長くないというのを理解しておかないと、脱毛が終わるまで2年、3年かかります。 また、規定回数を過ぎても毛が残った場合は追加料金が必要ですが、ケノンはほぼ脱毛し放題です。 カートリッジが唯一の消耗品ですが、数千円で買えるので維持費は実質電気代だけです。 これなら、お金を気にせず思い切り脱毛出来ます。 肌に強い人は多少毛周期を無視して1週間に1回、 3日に1回で照射するのも一つの方法です。 ちなみに毎日VIO脱毛するのはオススメしません。 その理由は別記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。 確かに脱毛サロンではこんな贅沢かつ非効率な方法は使えません。 ケノンは照射寿命が圧倒的に伸び、1照射コストが0. 2円ぐらいなので多少贅沢づかいをしてもいいと思います。 追加でストロングカートリッジを買っておけば、万全な体制でVIO脱毛に臨めるはずです。 肌の冷却が不十分で痛かった• 焦っていきなりレベル10照射してやけどした• 最初はツルツルで満足していたが、5年後に問題発生• 1日起きに照射して照射部が敏感肌に• 毛を剃らずに照射して陰毛が燃えて皮膚を痛めた• 照射漏れがあり部位ごとに毛量のバラつきが出た• Vラインの形選びをミスし、ハイジニーナ脱毛する羽目に• サングラスの隙間から光が入り目を傷めた いずれも起こりうる失敗です。 以外に重要なのがVラインの形です。 まだ20代でハート形や可愛い形状にしたくなるのは分かります。 また、海外セレブの影響でVライン無毛のハイジニーナ脱毛をしたくなりますよね。 しかし、脱毛は一生もので、一度生え無くなった部位の毛は元には戻りません。 彼氏やパートナーと相談したり、無難な形状を選ぶことが秘訣です。 よく考えた上で決めたことなら大丈夫。 あとは焦らずじっくり腰を据えて取り組みましょう。 最初の数回ぐらいで効果が出なかったとしても、自分には向いていないと諦める必要はありません。 続けていればどんな人でも効果は徐々に表れます。 基本に忠実に、取扱説明書をしっかり読み、理想の状態に近づけるといいですね。 生理中の不快感が減った(蒸れ、痒み)• 自己処理によるカミソリ負け・黒ずみが改善• 海やプールに行く前の事前処理が楽に• 脱毛サロンで他人にデリケートゾーンを見られず済む• 産毛に至るまで徹底的に脱毛できる• 追加料金が発生しない• 脱毛サロンと違い、感染の心配が無い 脱毛サロンとの比較で一番に挙がるのは、追加料金が不要で産毛に至るまで脱毛できる点です。 また、自分専用で使えるので衛生面でもメリットがあります。 VIO脱毛のデメリット 逆にケノンを使うデメリットでよく挙げられる項目を挙げます。 自己処理がめんどくさい人には不向き• 医療脱毛に比べると時間がかかる VIO脱毛は体毛の中でも1,2を争うぐらいの剛毛が生えている部位です。 挫折している人を多く見かけます。 肌が弱い人、意志が弱い人、めんどくさがりの人にはケノンは向いていないかもしれません。 そうでない方は、まずはケノンについてチェックしてみて下さいね。

次の

ケノンを購入して後悔する人の3つの特徴※該当注意※損する前にご覧下さい

脱毛サロン ケノン

・すぐに脱毛効果がでると思っている方 まず、 すぐに脱毛効果がでると思ってしまっている方は要注意です。 脱毛は、毛を生えないようにしていく作業なので、即効性があるものではありません。 これは脱毛サロンでも医療脱毛でも同じことです。 脱毛にかかる期間は最短でも数か月~半年なのです。 ケノンを使用していくうちに毛が生えるスピードが遅くなったり毛が細くなってはきますが、 いきなり毛がパタリと生えてこなくなるわけではありません。 それを、脱毛を数回繰り返して、目に見えて脱毛効果を実感できないと「効果がなかった」と勘違いしてケノンの使用を辞めてしまう方がいらっしゃいます。 しかし、脱毛はすぐに効果が現れるものではありません。 ケノンで 脱毛を始めて5~6回目くらいから徐々に毛の生えるスピードが遅くなってくるのを実感することができますので、即効性ではなく継続性を大事にして脱毛をおこなって行きましょう! ・脱毛を忘れると、脱毛効果がなくなってしまうと思っている方 ケノンは脱毛サロンと違って、自分で脱毛する必要があります。 (人に頼んでやってもらうことも可能ですが。 ) その為、最初は楽しくてもだんだん照射するのが面倒になってきて、途中で使用するのを辞めてしまう方がいます。 途中で辞めてしまうと、「もう効果がなくなってしまった。 」と考えてそれっきり脱毛を辞めてしまうのですが、脱毛は継続すれば脱毛効果を実感できるものなので、「一度辞めてしまったからもうやらない。 」のではなく、気が向いたときに少しずつ脱毛すれば効果を実感できるのです。 一度ギブアップしてしまった方は、もう一度脱毛に挑戦してみてみださい。 無理のないペースでゆっくり脱毛することで気楽に脱毛することができますよ! ・ケノンの価格の価値を誤解してしまっている方 ケノンは69,800円と一見とても高価に感じますが実は脱毛価格ではかなりの安さなのです。 脱毛サロンや医療脱毛と比較してみるとその差は歴然です。 自分で脱毛する手間さえ我慢すれば、数万円~十数万円のお金を浮かすことができるのです。 家族や友達、恋人とシェアすれば、さらにやすく脱毛することができますよ! ケノンを購入してから後悔しない為に必ず知っておいて頂きたいこと ・すぐに効果は実感できない ・永久脱毛ではない(しかし私は7年前にケノンで脱毛してから毛が生えてきていません。 ) ・自分で脱毛する分、手間はかかる ・毛深い・剛毛の方の場合、通常より脱毛に時間がかかる場合がある ・69,800円で全身脱毛・美顔器を使用できる ・脱毛の照射数が多いので家族や友達・パートナーとシェアできるのでさらに安くなる ・脱毛器を買い替える場合、下取りしてくれる ・脱毛サロンや医療脱毛よりも遥かに安い金額で脱毛できる ケノンや脱毛サロンは医療脱毛とは違って永久脱毛できるとは謳(うた)えないですが、永久脱毛は1度脱毛したら今後一生涯毛が生えてこないというわけではありません。 永久脱毛とは一定期間毛が生えてこない状態の事を指すので、痛い思いをして高額な料金を支払っても再度毛が生えてきてしまうことは普通にあります。

次の