いたわり 充電 効果。 「スマートフォンを充電し続けるとバッテリーが劣化する」は真実ではない

バッテリーの寿命を延ばすには?

いたわり 充電 効果

具体的に、例えば毎日が下のようなスケジュールだと考えましょう。 充電開始:AM0時• 充電終了(充電を辞める):AM6時 通常なら、0時に充電を開始すれば、約2時間後にはバッテリー残量も100%の表示でになります。そして、約4時間(2~6時)はバッテリーが100%の状態になっているのに更に充電をし続けようとしますよね。 一方、いたわり充電の場合は、充電開始から約2時間後に90%になったとすると、そこから制限が掛かり暫く充電されません。 (実際には何%で制限が掛かるのかというのは不確かです) そして、充電が再開されるのは、充電をやめる6時から見た30分前。 つまり、6時にバッテリーが100%になるようにXperia側が電流制限を掛けて充電時間を制御するようなイメージです。 ここで重要なのは、あなたの 生活パターンを学習してXperiaが時間を予測するということです。 今回の問題はここの時間設定ということですが・・・ Xperiaのいたわり充電で時間の手動設定はできません!! というのが結論です。 Xperiaにおけるいたわり充電の設定方法としては、• 「設定」画面• 「バッテリー」をタップ• 「いたわり充電」をタップ• ONまたはOFFを設定する という部分だけなので、 ONか OFFの選択肢しかありません。 学習された充電時間を リセットすることってできるのかな? ということではないでしょうか。 実は、いたわり充電は毎日学習し、 上書きしているので特別リセット操作が必要というわけではありません。 その日だけ不規則だったとすれば、次の週のその曜日が前の週の状態で学習しているというだけですね。 しかし、曜日毎に 規則正しい生活って意外と難しいですよね。 私の場合は、平日は寝る時間はまちまちですが、起きるのは6時頃と決めているので、比較的規則正しいと思います。 しかし、そうでない場合はいたわり充電という機能を使いこなすのは難しそうな印象ですね。 満充電になる前に出社しなければならない・・・なんてことになるかもしれません。 SPONSERD LINK まとめ 今日は、Xperiaの いたわり充電について調べてみました。 いたわり充電はXperiaがあなたの生活サイクルを学習し、バッテリーの劣化を少なくするような充電を行うというものです。 Xperiaのバッテリーは、満充電 100% または100%に近い状態が長時間続くと、 寿命が短くなってしまいます。 ですから、いたわり充電はとっても有効な充電手段だと思います。

次の

Xperiaの「いたわり充電」をリセットしてみる

いたわり 充電 効果

対象機種 LAVIE 、他… () 、 () LaVie 〜2014年12月発表)、VersaPro、PC-9821 LAVIE、LaVie 〜2014年12月発表)、VersaPro、PC-9821 対象OS Windows 10 Home 、他… () () Windows 10 Pro Windows 8. 1 Windows 8. 1 Pro Windows 8 Windows 8 Pro Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows Vista Home Premium Windows Vista Business Windows XP Professional Windows XP Home Edition Windows XP Media Center Edition 2005 Windows Millennium Edition Windows 98 Second Edition Windows 98 Windows 95 Windows 2000 Professional Windows NT Workstation 4. 0 Windows 10 Home Windows 10 Pro Windows 8. 1 Windows 8. 1 Pro Windows 8 Windows 8 Pro Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows Vista Home Premium Windows Vista Business Windows XP Professional Windows XP Home Edition Windows XP Media Center Edition 2005 Windows Millennium Edition Windows 98 Second Edition Windows 98 Windows 95 Windows 2000 Professional Windows NT Workstation 4. 1か月に1回以上の頻度で、バッテリを充電100%から0%近くに放電するまで連続してバッテリのみでノートパソコンを使用(または電源ONの状態で放置)します。 また、充電する場合はできれば100%まで充電することをおすすめします。 バッテリリフレッシュの機能を搭載している機種の場合は、定期的にバッテリリフレッシュを行ってください。 可能であれば、1か月に1回バッテリリフレッシュを行うことをおすすめします。 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」については、以下の情報を参照し、ご使用のWindows(OS)のバージョンを確認してください。 バッテリを高温にさらしてしまうと劣化が進みます。 例えば、炎天下の自動車の中にバッテリ付きのノートパソコンを放置するようなことは避けてください。 短時間の充放電を繰り返す使用はしない 例えば80%まで充電して50%まで使用するというように、結果的に充電回数が多くなってしまう使用方法を繰り返すとバッテリの劣化を早めてしまうことになります。 なるべく充電回数は減らすようにします。 この現象は、充放電する範囲を充放電の上限と下限として記憶してしまう現象であることから「メモリ効果」と呼ばれています。 なお、メモリ効果の発生したバッテリは元の状態に復旧しません。 バッテリを外した状態でAC電源のみで使用はしない 外したバッテリは自然放電するため、長期間パソコン本体から取り外したままにした場合、過放電になり故障の原因にもなります。 できるだけパソコン本体にセットして使用してください。

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 005074

いたわり 充電 効果

対象機種 LAVIE 、他… () 、 () LaVie 〜2014年12月発表)、VersaPro、PC-9821 LAVIE、LaVie 〜2014年12月発表)、VersaPro、PC-9821 対象OS Windows 10 Home 、他… () () Windows 10 Pro Windows 8. 1 Windows 8. 1 Pro Windows 8 Windows 8 Pro Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows Vista Home Premium Windows Vista Business Windows XP Professional Windows XP Home Edition Windows XP Media Center Edition 2005 Windows Millennium Edition Windows 98 Second Edition Windows 98 Windows 95 Windows 2000 Professional Windows NT Workstation 4. 0 Windows 10 Home Windows 10 Pro Windows 8. 1 Windows 8. 1 Pro Windows 8 Windows 8 Pro Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows Vista Home Premium Windows Vista Business Windows XP Professional Windows XP Home Edition Windows XP Media Center Edition 2005 Windows Millennium Edition Windows 98 Second Edition Windows 98 Windows 95 Windows 2000 Professional Windows NT Workstation 4. 1か月に1回以上の頻度で、バッテリを充電100%から0%近くに放電するまで連続してバッテリのみでノートパソコンを使用(または電源ONの状態で放置)します。 また、充電する場合はできれば100%まで充電することをおすすめします。 バッテリリフレッシュの機能を搭載している機種の場合は、定期的にバッテリリフレッシュを行ってください。 可能であれば、1か月に1回バッテリリフレッシュを行うことをおすすめします。 「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」については、以下の情報を参照し、ご使用のWindows(OS)のバージョンを確認してください。 バッテリを高温にさらしてしまうと劣化が進みます。 例えば、炎天下の自動車の中にバッテリ付きのノートパソコンを放置するようなことは避けてください。 短時間の充放電を繰り返す使用はしない 例えば80%まで充電して50%まで使用するというように、結果的に充電回数が多くなってしまう使用方法を繰り返すとバッテリの劣化を早めてしまうことになります。 なるべく充電回数は減らすようにします。 この現象は、充放電する範囲を充放電の上限と下限として記憶してしまう現象であることから「メモリ効果」と呼ばれています。 なお、メモリ効果の発生したバッテリは元の状態に復旧しません。 バッテリを外した状態でAC電源のみで使用はしない 外したバッテリは自然放電するため、長期間パソコン本体から取り外したままにした場合、過放電になり故障の原因にもなります。 できるだけパソコン本体にセットして使用してください。

次の