産後うつ 実家。 実家に里帰りで産後うつになる!? 実母にかけがえのない応援団になってもらう方法とは?

「産後クライシス」調査でわかった妻の本音 夫婦仲が悪化する原因は? 夫が理解すべきこと、社会全体でやるべきことは?

産後うつ 実家

〈ニュースがわかるAtoZ〉 出産後、夫婦仲が急速に冷え込む「産後クライシス」。 放っておくと離婚や2人目以降の出産をためらう要因にもなる。 「家庭の問題」と捉えられがちだが、「男は仕事、女は家庭」という根強い固定観念や長時間労働を前提とした働き方も絡み、子の養育や少子化に影響を及ぼしかねない社会的な課題だ。 11月22日は「いい夫婦の日」。 最新の調査から夫婦関係を考える。 2012年のNHKのテレビ番組に登場したのをきっかけに、ここ数年で広まった。 根拠となった数字がある。 ベネッセ教育総合研究所が配偶者への愛情の変化を追った2011年の調査。 夫を「本当に愛していると実感」している妻は 妊娠期に74. 3%いたが、0歳児期には45. 5%に激減。 子の成長に応じてさらに減る傾向にある。 愛情が赤ちゃんに向くから? いいえ、原因はむしろ男性にある 産後に夫婦関係が冷え込むのは、出産を境に、愛情が夫から子どもに向くという妻の「心変わり」が原因とされてきた。 ただ、男性の育児への意識改革セミナーを企業向けに開くファザーリング・ジャパン理事の塚越学さん(44)は、原因はむしろ男性にあると指摘する。 「 育児が始まった時点での男性の関わりの薄さと、妻が産後に陥る心身の深刻な状態への理解のなさこそが、妻の愛情を冷めさせる」 「妻の生活は産前産後で激変してしまう。 夫も自分にできるところから行動を変えてみてほしい」と話す狩野さやかさん しかし、「日本の男性は、こうした女性の事情を事前に知る機会が少ない。 知識と心の準備がないまま父親になってしまうことが多い」と塚越さんは問題視する。 そして妻側も「 本当は限界なのに、『お母さんはみんなやっていること』との思い込みから、SOSを発することをためらう人が少なくない」(狩野さん)のだという。 調査で分かった妻の本音 「生活が変わらない夫」への強い不満 産後クライシスの態様はさまざま。 今年9月に、子育てアプリ開発会社・(東京)が子育て中の全国の母親1202人に「」を実施した。 なかなか表に出てこない妻側の本音を聞き出したユニークな調査で、心身ともに大きな負担を強いられている妻が、「生活が変わらない」夫に強い不満を抱いている傾向が浮かび上がった。 調査に寄せられたリアルな妻の声の中から、代表的なものを6つのテーマに分けて紹介する。 「妻一人では背負いきれない」という危機感を、夫婦で共有する 深刻な産後クライシスに陥りがちな時期を乗り切るには、どうすればいいのか。 狩野さんは「まず 育児初期の家庭にかかる負担は、質量ともに、妻一人では背負いきれないと、夫婦双方が危機感を持つこと」と指摘する。 〈関連記事〉 この前提を確認した上で、次は現状に目を向ける。 産前産後の変化を夫婦双方で書き出すと、互いの状況を客観視するのに役立つ。 狩野さんは「自分のペースで食事や睡眠が取れているか、家族以外と会話することがあるかといった変化を挙げてみると、夫と比べ、妻が圧倒的な変化を強いられているのが分かる」と話す。 こうして現状を把握したら、最後は家事・育児分担の見直しだ。 妻はまず「一人では限界」と伝えよう。 狩野さんは「夫はまず、妻が高負担で危険な状態と知って言葉をかけてほしい。 そして少しでも家事を担えるよう工夫して」と方針転換を促す。 個人の意識改革には限界がある。 企業や行政が制度を整えるべき 育児休業などの制度を活用できればいいが、男性の育児休業の取得率は6. 16%(2018年度)と伸び悩んでいる。 千葉商科大専任講師の常見陽平さん(45)=労働社会学=は「子どもの誕生を機に働き方を緩められないのは、社内の人の目や男性自身の納得感も障壁になっている」と背景を分析。 「個人の意識改革には限界がある。 人生の一時期、働き方を緩めても不利にならず、職場も円滑に回るような評価や役割分担の仕組みや制度を、企業や行政の側が整えるべきだ」と話している。 昨日、旦那に俺はいつまで我慢すればいいのか?っと、言われました。 共働き(私フルタイム)4歳の男の子中心の生活です。 旦那は朝6時45分出社・8時帰宅。 子供が起きる前に、出社して寝かしつけ中に帰宅です。 子供の世話は、ほぼ私。 1歳で仕事復帰した為、毎日バタバタ。 その頃は夜泣きもあり、家事もして・・・。 今でも、家事は私が担当です。 旦那は洗濯とゴミ捨てのみ。 寝室別々で、旦那が帰宅した頃には私は子供と寝おちしてます。 俺は、何の為にいるのか?この家に帰ってくる必要があるのか?っと、聞かれました。 夜の生活も無し、スキンシップも無し。 夫婦でいる必要があるのか?っと・・・。 正直、私だって生活がやっていければ、あなたなんか要りません!!っと、言ってやりたかった。 本当に冷めました。 男子大学生です。 このような問題に対しモノ申したいので意見させて下さい。 何も経験していないくせにと思われるのは当たり前だと思いますが、少なくともあなたはこの年でここまで考えられる人間だったのかという観点で見て頂けたら幸いです。 結論として、結婚・出産に関する問題の原因は「準備と目的の不十分」だと思います。 これだけ世の中で家事や育児の不満が飛び交っているのに、参考にしようと思わないのでしょうか。 もちろん経験して初めて気づく辛さもあると思います。 ですがその「まだ見えない困難」というものの存在があるという前提での準備はできないのでしょうか。 その困難に対する責任は誰が持つのか、どのように解決にアプローチするのか、そのコストは、など事前に建設的に乗り超えられる土台を作っておくべきだと思います。 そして目的に関してです。 ・子供の世話は母がやれ ・言ってくれたら家事するのに は?笑 いやいやいや、じゃあなんで子供つくった?なんで結婚したん?笑 自分でその選択をしておいて不満をたらすのは論外です。 そういう腐るほどいるなんちゃって夫婦に一言言わせて下さい。 結婚するセンスがないだけです 今あなたが抱えてるストレスは、生半可な覚悟で結婚したツケによるものなんじゃないでしょうか。 愛する人と結婚して家庭を持ちたい。 きちんと話し合いましょう。 この話に関してはたらればになってしまうので、今からでもお互いの現状と対策についての議論を、きちんと時間をとってやるべきだと思います。 それすら出来ないほどの関係で、お互い改善するモチベーションがないのであれば、それはそれでお互いの目的が固まっていると思うのでそのままでいいと思います。 もし改善したいとお互いが少しでも思っているのであれば、是非腹を割って話し合ってみて下さい。 生意気言ってすみませんでした。 21歳 男性 大学生• 家事やお風呂など夜限定で子供が私から離れる時、いつもグズグズなんですが、録画したTVを見せれば少しの時間でも機嫌よく遊ぶのに、自分の見たいテレビを優先しグズグズの子供に機嫌が悪くなり、それ以降機嫌の悪いまま。 俺いつ見れるん?と言われたこともあります。 子供が寝てからいくらでも見ればいいのに、今見たい。 と・・・・ 私はまともにテレビを見れていないし、見たいときは睡眠時間を削ってみています。 子供との時間を大切にするため私はテレビを見れなくても全然苦じゃありません。 優先順位考えて、何が大事かということを旦那に言うんですけど、全然変わらないです。 言っても変わらない。 イライラするだけなので喋りたくない。 ってなります。 旦那はバツイチなんですがこういうところに前の方は耐えられなかったのかなと最近思います。 義母からも子供好きなんだけどね。。 と最初のころに言われましたが、見えないところがこんな状態なので・・・・。 この先どうなるんでしょうね。 こっちは家事で忙しいから子どもを見ててと言うのに子どもを抱っこしたままちょっかいをかけてきたり、子どもそっちのけで家事を手伝おうとしてくる。 協力的な部分があるので嬉しくも思うのだが、家事のやり方の違いや優先度の違いにイライラしてしまう。 家事のやり方などは仕方ないにしても優先度の違いや産後身体が前よりも疲れやすくなったなどの不調等を都度伝えているはずなのに全く伝わってないのかその時だけの理解で後に続かない。 学習能力はないのか…。 あと子どもの寝かしつけは私が本当にキレた時やイライラしている時に代わってくれた程度で最後まで寝かしつけしてくれたことは果たして数えるほどあるのか…。 子どもの爪切りなどのケアに関しても皮膚を切りそうで怖いからと言ってやってくれない。 同じ思いを私も抱えているとは思わないのか…。 その時は怒りよりも主人の発言に呆れた。 1日でいいので家事・育児を代わってくれと訴えて承諾してくれたにも関わらず、結局その日は子どもも家にずっといるのは暇だろうし買い物行こうなどと言って連れ出され私のゆっくりする時間、自由な時間は潰された。 自分の都合だけじゃなくて私の事を少しでも自分に置き換えて考えてくれないのだろうか。 主人は皿洗いやったよ、洗濯しといたよ褒めて!みたいな雰囲気を出すけど、だったらいつもそれをやっている私の事もその都度褒めてくれないかな…こんなことを思ってしまう私は贅沢ものなのだろうか…。 産後どんどん主人の悪いところばかりが目について愚痴ばっかりになり、そんな自分にイライラしたりして最後には悲しくなってくる。 英国で12月半ば、お昼に出産、その日の夜は病院に滞在させられじっくり赤ちゃんを眺めてお世話をして過ごし、いろいろな検査を終えて翌日の夜7時頃に帰宅。 その夜は仲良く小さな命をお世話しましたが、翌日、あくせく洗濯したり家の中の掃除をしたりしている自分をしり目に、新生児を抱きながらソファにくつろぎ幸せにひたっている旦那さんに殺意。 さらに赤ん坊が泣くと抱き上げてウロウロしながら別室へ連れていってしまうことを何度かされ、その夜感情が爆発。 子供を殺して、なかったことにしたいみたいな強い感情がありました。 その翌日は大きく胸をはだけた服装の義妹が仕事のあと赤ん坊を見に来て、シャワーを浴びていたわたしが一階に降りてくると、豊満なはだけた胸に抱かれた自分の子、となりで寄り添うように座る旦那を見て、ばーっと殺意がわくのがわかりました。 産後のホルモンの強い変化は自分でもきづきづらかったです。 でもどこへ誰に相談したらいいのかわからず1年くらいきつい精神状態でした。 子は今は三才半ですが、試し行動が続き言葉も遅いので、ストレスでイライラした育児の影響かなと思っています。 後悔ばかりです。 生後5日の子供を持つパパです。 二人目です。 たった今哺乳瓶ミルトンで突け置きしてカップラーメンを食べたところです。 コメント見ると本当、ひでえ人間だなと思うことも、いや、それはさすがに言わないと分からないだろうと思うこともあります。 娘の弁当を作るようになり、嫁さんにありがとうと言われ、一人目の娘、そして新しい子どもを守らなければ、という想いにかられます。 4時間おきにするミルク、授乳やおむつ替え、産後のぼろぼろの身体で大変でしょうね。 男はまず、妊娠、そして出産の苦しさが分かりません。 俺は二人目にして扉越しではありますが、嫁の苦痛の声を出産のときに聞いて、それを思い出せるように録音してやっと半分、いや20分の1くらいわかりました。 つわりがひどくて洗面器を変えたり、産後の経過があまりよくなくて今も晩飯くらいは作ったりしてますけど、そんなことは実際に苦しんで産んだ母親から比べたらしょうもないことです。 やろうと思えば簡単にできるし。 本当はこうして欲しかったと思うのならば、こうしてほしいなーと面倒くさいでしょうがやわらかく言ってみましょう。 柔らかく。 男は単純なのでそれだけで何か言うかもしれませんが、たいていは言うこと聞きます。 頼られてるのが嬉しいから。 そしてやって欲しいことは積極的に言いましょう。 それが言えないと夫婦じゃないです。 男はできることは何でもやりましょう。 自分の生活とかくだらないので、とにかく嫁の心配をしましょう。 察しましょう。 聞きましょう。 女性がそれが嬉しいはずです。 そして二人で頑張りましょう。 俺は二人目だけどやっぱりなかなかうまくできません。 でも、やろうとすることって大事だと思います。 俺が今日嬉しかったことは、一人目の娘が二人目の写真を撮ろうとしたことです。 俺が写真で撮って送ったのに「自分でも撮りたいから」と言ったことです。 自分の育てた娘が自分の子供のことが気になって写真を撮る、その行為が、あぁ、いいね、愛に満ちてるって。 子供がうどんを食べられるようになった頃、フードコートへ行くと毎回子供にはうどんを食べさせ、残すのがもったいないので毎回私は子供に合わせてうどんを食べました。 その横でラーメンを食べる夫。 たまには私もラーメンが食べたい!夫に子供に合わせてうどんを食べてほしいと言ってみましたが、「俺はラーメンの気分だから」と拒否。 その後、今度は子供がラーメンにはまった時。 またしても私はもったいないからと毎回子供に合わせてラーメンを食べましたが、今度は夫はうどんばかり。 たまには私もあっさりしたうどんが食べたい!・・・あれから10年以上たった先日、その時の恨みを夫に話しましたが、まるで覚えていませんでした。 もっと相手を思い遣る気持ちを持ってほしかった。 まさに夫だけ基本的に生活が変わりません。 妻のわたしは24時間子供のケアして土日もないのに、育児の手伝いやわたしや子との時間を作ってと頼んだら「俺の休みはいつ?」。 わたしの体調不良には「病院行けば」の一言で終わり、自分が体調を崩すと休んで一日中寝ていてわたしが子供連れて出かけると「冷たい」。 こどもにかかる衣服・生活費も興味ないみたいで気にしてくれたことがなく、わたしの貯蓄や実家・友人にもらうなどでしのいでいますが、これから子供に不自由させてしまいそうで、なんとか働き口を探さねばと冷や冷やしています。 2時間ほど子供を見てくれることもありますが、子が昼寝しないとテレビ見せっぱなしでパソコンとスマホしています(スマホ中毒です)。 結婚した相手なので、子供も夫も大事ですが、わたしのことを大事にしてくれるのはだれ?となることがあります。 年子での出産。 里帰り出産を提案するも、『オレ仕事あるけど、洗濯とか誰するの?』と断念。。。 上の子が体を動かして遊び始める頃でしたので産後すぐの期間、週末は上の子にかまってほしいと主人に遊び相手を頼みました。 『意思が通じないからむり。 大きくなったら遊ぶから。 』と言われパチンコへ。 その代わりか、『週末には実家でのんびりすれば?』と優しい声をかけてくれたかと思えば、『オレの実家には行かないんだ。 』発言に、がっかりしました。 産後すぐ?と惑いながらも、産後、最初の週末に主人の実家に行けば長時間の拘束。 舅に、男兄弟、授乳もする場もなくみんなの前でケープをかけ授乳。 くつろぐどころか、家事手伝いもし、いつも以上にハードワークでした。 主人も見ているのに何の言葉も気遣いもなく悲しくなりました。 また、主人だけではなくその家族にも幻滅です。 産後の状況を汲んでほしいのに、気遣いもしてくれない主人にはもちろんですが、こんな主人を育てた両親に、腹が立ちました。 夫の実家第一主義みたいな、古い考え方にも納得いかず、親戚という縁を切りたいと考えるようになりました。 9か月の子どもがいます。 はじめての子どもです。 産後、1か月程度は実家で過ごす予定だったのに、夫が出産直前になって「新生児を車で移動させたくない」と言いだし、実家には帰らないことに。 だからといって、積極的に育児をやってくれることもなく、出産前と変わらず、ゆっくり食事をしたりお風呂に入ったり、お酒を飲んだり。 一切、夜間や早朝の授乳に起きることはなく、赤ちゃんが泣いても抱っこしたりすることもありませんでした。 自分から育児書を読んで勉強する姿勢もなく、「 私が ちゃんと教えてくれないからわからない」「言ってくれればやった」と。 それではと、夫がわかるまで教えようとすると、「いちいちうるさい」「偉そうに言うな」などと逆切れする始末。 最近は、赤ちゃんの機嫌がいいときには相手をしてくれるようになりましたが、ぐずりだすとすぐに「ママがいいって言ってるよ」と。 私がすぐに対応しないと、また逆切れし「その態度はないだろ!」「こっちは仕事しながらやってやってる」と。 何か話せばすぐに逆切れされるので、必要最小限の会話しかしないでいると「日本語話せないのか。 おしなんじゃないの」「そういう態度なら、一人暮らしでもすれば」と、ほとんどモラハラです。 夫とはもう何も話したくないし、関わりたくありません。 二人目も欲しかったけれど、もう考えられません。 はじめての出産でわからないことだらけ。 私は育児書を読んで勉強してるのに夫は勧めてもちゃんと読まない。 読んだよと言うから冗談半分に離乳食の開始は何ヵ月? と聞くと2、3ヶ月とのこと。 初孫のこちらと違い甥姪がいるはずなのに抱っこがへたで注意される。 練習しようとか思わなかったみたい。 入浴は父親がする予定で産院でやり方を教わったのに、いざ家でやろうとすると固まって「やり方忘れた」。 裸の子供を風呂につれてくる前に復習しといてほしかった。 お食い初めもハーフバースデーも誕生日も七五三も何も言わず、提案は全てこちらから。 と全体的に他人事な態度に冷めかけました。 ただ、察したり積極的に行動することはないけど、きちんと説明すればできる範囲でしてくれるのでなんとかなってます。 うんちのおむつ変えてとか、私が眠いから今晩は子供と一緒に寝て寝かしつけもよろしくとか、いつもは私が子供に食べさせてるのでたまの外食くらいは面倒見てほしいとか。 赤ちゃんの爪切るの怖いって最初はいやがるけど、こわごわと小さい手を握って頑張ったの将来的に良い思い出になるよ、って説明するとしてくれる。 子育ては義務 でもあるけどそれだけ じゃなく権利だから、せっかく小さくて可愛い頃なんだから思い出いっぱい作っとかなきゃもったいないよ。 と、ものはいいようですね。 言うこと言ってやらせなきゃこちらの負担が大きすぎるので。 一番嬉しかったのは私が体調不良のとき「自主的に」なにかいるものあれば買ってくるよと声をかけてくれたことです。 言えばやってくれるのも助かるけど、こちらを気遣ってくれてるのが嬉しかったです。 たとえ飲み物が好みと違っても。 産後の妻に対して、一番夫にしてもらいたいことは、私の場合「気持ちに寄り添う」でした。 夫は介護施設職員のため、赤ちゃんのオムツ交換や食事などは最初から抵抗なくやってくれました。 ただ、その分私が大変そうだったり、気持ちに余裕がない時も「何でこんなことで大変って言うの?かわいい子どもじゃん」とか「これ位できて当たり前でしょ?」という夫基準で話をされ、本当に真っ暗な気持ちになりました。 当時から数年経った今でも忘れられません。 「育児」をしてくれることには感謝をしつつも、今後の人生のパートナーとしては考えるようになりました。 男性の方にお願いです。 オムツ換えたり赤ちゃんをあやすのが苦手でも、一生懸命育児しているパートナーへ「君の力になるためにはどうしたらいい?」という思いはしっかり伝えてください。 それだけでパートナーの元気の源になると思います。 退院後初日に張り切りすぎてご飯を作ったりお風呂を入れたりしてくれ、嬉しかったが、次の日から体調不良を訴え、コロナの影響で時短勤務だったせいで出勤する午後1時までは夫はベッドで機嫌悪く寝ているだけになった。 朝昼晩と食べにはくるが、食べてすぐベッドへ。 夜授乳で起こされて眠れないといって、リビングに布団を敷いたが、寝心地が悪いから寝れないといって夜中1時過ぎまでテレビゲームをしたり腕立て伏せをして、眠くなるとベッドへきて、そうなると朝おきれず・・・の繰り返し。 それが1週間以上つづき、2-3時間おきの授乳と普通の家事のダブルパンチで心身ともに限界に・・・。 泣きじゃくりながら辛さを訴え実家に電話すると夫からは「甘えだ。 精神的に不安定だ」といわれ死にたくなった。 一人目は子宮筋腫合併のため予定帝王切開。 二人目は逆子で産院から病院へ救急搬送、陣痛室で夫はコックリ舟を漕いで居眠りする始末。 そのうち子宮破裂で緊急帝王切開に。 産後は自宅に戻り、近くに住む実家の母が通いで上の子の朝夕の保育園の送迎を手伝ってくれました。 夫には妊娠中も含め、自分の実家(隣の区、通勤には自宅よりも便利)に帰ってくれないかと頼みましたが却下。 夫は殆ど家事ができないので、夫さえいなければ私は上の子も連れて実家でゆっくり静養できたのに… 保育園は実家の近くなので、母も少しはラクになれたのに、気の利かない夫に呆れました。 自分の母親に世話かけたくなかったのかしら。 私や私の母への思いやりや感謝に欠けるのでマイナスポイント。 妊娠出産して夫の人間性を疑った。 すごく欲しがってやっとできた自分の子供を、切迫流産で心配で泣けてきた時にかけた言葉が未だに許せない。 子供達はもう大きいが未だにこのことは忘れられない。 子どもが泣いていても、自分はゲーム、テレビばかりで、抱こうともしなかった。 この人にとって、子供は義父母に孫の顔を見せる為の道具、義父母や親戚にいい顔をする為の道具にすぎなかったと思えてしまった。 もし、子供が小さいうちに、自分が病気や事故で亡くなってしまったら、必ず、すぐ子供を迎えにこようと毎日思って子育てしてきた。 絶対に子供を夫には渡さない、渡すくらいなら子供と心中した方が100倍マシだって思いながら育ててきた。 夫と恋愛結婚したが、この人と子供を持つべきでなかったと、この人と親になったことは、子供が高校生になった今でも後悔している。 子供達のことは愛しているが、父親としての夫を見ていると、自分の子供が将来結婚しても子供を生んでほしいと思わない。 義母が義姉の子育て方法が一番と思っていて、アドバイスのつもりだと思うんですが、義姉はこうしてる、と言われる度にストレスでした。 特に母乳のことですね…。 私には私の事情 実家に頼れないため私に何かあったら主人がミルクをあげれるように があって混合にしてましたが、姉が母乳信者だったので。 主人は必ず私の肩を持って、私の考えは必ず伝えてくれました。 私もしびれを切らして直接言ったこともあります。 義母にも、私の育児法を尊重するようしつこく言ってくれ、義母もだんだん私の育児を誉めてくれるようになりました。 主人は私が何をしてもほめてくれます。 疲れて子供たちとだらだらした日があっても、うまく自己管理してて偉い!ですし疲れてごはん作りたくないと言っても偉い!です。 毎回出産のあとは産んでくれてありがとう、と特別なアクセサリーをくれました。 大切なパートナーです。 産後8ヶ月で手術を控えていた不安から産後鬱でパニック障害を発症。 産後1ヶ月頃から症状が出始め、恐怖心があったり、不眠になったり。 赤ちゃんが泣くと寝れないからと産まれる前から別室でと言っていた旦那、眠れず怖いから一緒に寝て欲しいと頼んでも、症状出た時だけ来たらいい、薬飲んだら治まるんだろ、俺だって仕事頑張ってるんやからお前も頑張れや、と心ない言葉にショック、また傷つけられたくないのでその後は頼ることはやめた。 自分でもどうにもならなくなった時には、夜な夜な虐待や自殺など無料相談窓口など繋がるところに電話して話してもらって不安を紛らわしていた。 旦那は元気な為、身体の弱さや女性特有の悩みや辛さなんて理解しようともしないし、微塵も感じれるような人間ではない。 そういう人間が子育てに積極的なわけがなく、男は仕事してるだけで偉いと思っている。 あれから数年経つが、あの時だけではないが、恨み辛みは一生忘れないし、確実に熟年離婚したいと思っている。 子供がめちゃくちゃ泣きまくって、その気持ちをなかなかわかってあげれなくて、イライラしてしまった自分に後悔していっぱいいっぱいになってしまい、夜、子供が寝た後に旦那の前でメソメソ泣いたら、泣くんじゃない!って。。 は?何?。。 あたし子供のせいでいっぱいいっぱいになってる訳じゃないからね?誰のせいでいっぱいいっぱいになってると思ってるわけ?てめぇは仕事だけ、休みの日は好きなだけ寝て、テレビ見ながらゆっくりご飯食べて、ゲームしたり本読んだりお昼寝したり。。 誰のおかげで子供がいない時の生活が遅れてると思ってんだよ?! 何か頼むとやらないだとやだとかいって出かけたりするのもうんざり! 弱音も受け止められないで、突き放すなら戦力外。 夫ってなんなんだろう。。 支えてくれると思っていたけど、期待する事が後悔に変わるからもう何も期待もしない。 頼まないし、弱音も相談も吐きません。 娘が2人居るのだが、上の子の立ち会い出産の際、ビデオを撮るのに夢中で産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするのに手を洗っていなかった為、最初に抱いたのが私の母だった。 それをいつまでも根に持ち、挙げ句の果てには「お義母さんが一番に抱っこしたから、上の子は可愛くない。 」と訳の分からない事を言い出した時に少し冷めた。 そんな事もあり下の子は立ち会いをやめた。 外出したり、義実家に行った時など、第三者の目がある時だけ、かいがいしく育児に関わるけど、自宅では何もしない。 そう言う部分も冷めた。 周りから良い父親と思われたいだけ。 義父も家事、育児には昔の人で一人っ子という事もあり、自分が暇で、義母が忙しくしていても一切手伝わない。 義母は無理して働いて75歳で亡くなった。 義父は85歳でピンピンしている。 旦那も年を取るにつれて、態度や発言も義父と同じようになってきた。 娘達も大学生と高校生になった今、私もパートで働いている。 子供が小さい頃から働きに出れば今頃は正社員だったのに、旦那が「家事も育児も完璧にこなすなら働いても良い。 」と絶対無理な理由で反対していて働きに出られなかった。 そこでもさらに冷めた。 手伝う気など全く無いとわかった。 私は長生きしたいので、疲れた時は片付けもそこそこに休んでいるが、義実家はいつも綺麗だったので、散らかっているのはあり得ないらしい。 旦那は忘れているのか義母は結婚当初から同居で義父が片付けなくても、義祖母と義祖父が居たので片付け担当は義祖父だったし、義祖母は全盲だったので床に物を置けない家だった。 義母は育児と料理そっちのけでフルタイムで働き、定年してからは片付けばかりで大変だったと私の母に語っていた事を知らない。 大学生の娘や私の老後に少しでも蓄えをと思って安い時給のパートを頑張っている私に向かって、「好きな事している」と言われた時は、人間性を疑った。 旦那が言ってくれて嬉しかった事やしてくれて助かった事は一度も無い。 それに輪をかけて大学生の娘と高校生の娘のこれからの学費と住宅ローンもまだ残っているのに、不倫してよその女にお金を貢いでいる旦那はクズ過ぎて1秒でも早く離婚したい。 まるまる自分の親を見習って同じにするのではなく、育児書やこういう記事を読んで自分達の家族のあり方を一緒に考えて欲しかったです。 家事は全て妻の仕事という世の中は終わってるのだから。 私の結婚は大失敗だけど、娘が2人いて、2人とも私の味方という事が唯一の救い。 生後4ヶ月の娘が入院した。 私は突然の入院の付き添いで家にも帰れていないから3日目にお風呂と洗濯で一度帰るため旦那に付き添いを頼んだら、何時に戻る?など常にライン。 家にいた時間は1時間程なのに戻ったら、遅いふざけんなとキレられた。 なんだか泣いたり、寝た所で先生来たり、家とは違って大変だったらしいけど。 そんなの私は毎日だし!自分は入院中も飲み会、パチンコ行ってるのに。 とにかく自分の時間が大事で都合のいい時だけ可愛がる。 おっぱいが何でも解決してくれると思ってる。 もう限界と言うと実家に帰れば?と言われる。 結婚して7年子供が欲しくて欲しくて今最高に幸せだけど、ここまで変わらない旦那とこの先うまくやっていけるのか不安。。 でもたまに友達とランチに行かせてくれたり、3人でおでかけしたり、お風呂もなるべく入れてくれようとするからそれは嬉しい。。 もう少し優しい言葉をかけてくれたらな。 主人は仕事の日は一切家事やらない主義で8時出勤17時帰宅。 2歳の息子が寝付く前に決まって20〜21時に寝る。 二人目妊娠して実母に家事育児の手伝いを借りて乗り切ってきたが産前大変さを伝えると週末は義実家へ行くことに。 私は家事を手伝わない訳にはいかず、傍ら主人はテレビにゲーム三昧で子どもの相手もろくにしない。 夜中、夜泣きに気を配り、寝かしつけるのも私。 2階から臨月で身重で慣れない急な階段を降りて緊急性のトイレに行くのも必死だった。 二人目の心拍が弱った時期に説得して実家に帰るものの義父から働いている夫をほったらかしてどういうつもりだ自分勝手だと罵声が飛び、私の親の悪口も言われる始末。 迷惑をかけるなと言われて連れ戻されました。 私の居心地とか子どもの環境とかは考慮されない。 20代前半の同級生の夫から嫁いだ身だろう、簡単に実家に帰れると思うなと言われるなんて婚前想像もつかなかった。 涙が止まらなかった。 初めての出産を終え、初めての子。 右も左も分からない中、気を張り続けて四六時中泣く我が子を抱っこする日々。 そんな中、里帰り先に来てくれた旦那が「可哀想に」と言いながらも白目向いていびきかいて爆睡。 もちろん、夜泣きなんて気付きやしない。 そんな旦那を見て、自由がなくなったのは自分だけでこの人は好きな時に食べて飲んでできて羨ましいと冷めた気持ちに。 また、子があまりにも大きい声で泣く子でアパート住まいに限界が。 建売を見に行く中、姑達のお気に入りの物件が旦那の実家から徒歩5分圏であり半ば無理矢理連行。 私は見るだけだからねと旦那に後押ししていたが、見学して旦那が「ここがいいと思う」と言い放ったのをきっかけに購入に。 私が家を買う際に重要視していたポイントも反対の声も無視で一生物の購入となったため、そこから旦那への信頼がなくなり後悔の日々。 どうしてあんなに好きだったはずの旦那にこんなにもイライラするんだろうと思いながらも色々ベース要因ありすぎて。 旦那を許せない自分にもイライラばかり。 初めての出産。 車で30分の実家に里帰りしましたが、これまで炊事どころか自分のシャツのアイロンすら、着ていくスーツやその日のネクタイやハンカチすら私が準備しないと『ハンカチは?』『ネクタイは?』という夫を気にかけて、産後2週間で我が家に帰り通常の家事をしました。 そんな私に、夫は家から徒歩10分もない駅まで悪気もなく送り迎えをさせました。 通常の家事育児で睡眠不足の私に、『あれ?朝お願いしてたヘアスプレー買ってくれた?1日家にいたんでしょ?』と言い放ちました。 それは長女が5歳になる頃にまで続き、二人目が2歳になる頃には『女として魅力が落ちた』だの、『夜の相手をしてくれない』など、自分のことばかり。 それも育児で眠い中、拒みもせず週二回も応じていたのにです。 クソ男でも子どもにとっては大好きなパパだから、、、と耐えていましたが、挙げ句の果てには女作って家に帰るのが辛いなど出張を盾にして謎な言い訳を連発。 産後クライシスですっかり愛情も薄れていた上にモラハラが重なって、恨み辛みをぶつけて捨ててやりました。 きっと産後にもう少し寄り添って共感してくれていたり、いたわりの気持ちが有れば、多少の浮気は許せたでしょうが、積もり積もった鬱憤があったので離婚に何の躊躇いもありませんでした! 世間の旦那さん、一つ二つの過ちも日頃の行いで許されないものになってしまいますので気をつけてくださいね。 二人目出産後、「仕事いつから?早く働け」と言われたのは一生忘れない。 子どもと「ママがプレゼント買ってきたよ~」と会話していると「俺が働いた金だけどな」と言われました。 確かに私は育休中で実際にお金は稼いでないけど、誰のおかげで自分だけ子どもが出来る前と同じ生活が出来てると思ってるんだと言ってやりたい。 育休ってこんなに肩身の狭い思いをしないといけないんですね。 ちょっと横になっただけで毎日のんびりしてるみたいな責められ方。 おかげで私は夫が家にいる時はリラックス出来なくなりました。 働いてる方が偉いという考え方なくなってほしい。 こっちは育児と家事どんなに頑張っても褒められないのに。 保育園が休みでイヤイヤ期の2歳の娘と4ヶ月の息子と一日中家にいて私もストレス溜まって娘の「ママ嫌い」の一言にイラついて「あっち行って」と本気で言ってしまった時、私が一番言ったこと後悔して優しく出来なかったことを反省してるのに「2歳に言う言葉じゃない」と夫から一言。 その言葉に更に傷つきました。 自分は子ども二人を一人で24時間子守りしたこともないくせに!ミルクで泣いてる赤ちゃん片手に、イヤイヤで泣いてる娘をもう片方で抱いて泣き声オンパレードの時間味わったことないくせに! 苦労を経験したことない人に苦労を分かれと言う方が無理だと分かっているけど、私はただその時、そっと子どもから離れて冷静になる時間が欲しかっただけなのに。 さらに許せないのがこの事を「妻が子どもに強く当たる」と両家の母親に相談していたこと。 相談するくらいならもっと私に余裕が生まれるように協力してほしかった。 子どもではなく私が悪いのは私が一番分かってるんだから。 私がイラついていると分かってるなら育児手伝ってほしかった。 これを理由に義母から同居の話が出ましたが、そっちの方がストレス溜まるわ!!結局夫は私が勝手に一人でイライラしてると思っているようで私の気持ちは何も理解してくれていません。 妊娠報告もたいしたリアクションはなく、妊娠中気遣ってくれる言動はなく、むしろ当時1歳の娘のお風呂は大きなお腹抱えて私が一人で入れていました。 一人目出産後、「お風呂入れるの怖いから代わりにご飯作る」と言ってそれ以来ご飯作ることはしてくれましたがそれだけ。 食器を洗うのも私、片付けるのも私。 夫はただ作るだけ。 それだけで「協力してるだろう感」満喫。 腰と肩と背中が痛いって言ってるんだから、妊娠してるときくらい子どもをお風呂に入れるの代わってほしかった。 女性は命をかけて出産してるのに、出産後「ありがとう」や「頑張ったね」の言葉は一切なし。 生まれたばかりの赤ちゃんに大しても特にリアクションは見られませんでした。 夫からしたら照れくさかったのかもしれませんが、感謝や労いの言葉は欲しかった。 一生根に持つと思います。 子どもの名付けも私は早くから色々と考えてたのに「あーでもないこーでもない」と否定し続け、かと言って自分はYouTubeばかり見て考えず。 産後こっちは早く名前で赤ちゃんを呼んであげたいのに本気なのかふざけてるのか変な名前ばかりを言ってきて正直イラッとしました。 結局産後6日くらいでやっと名前が決まりました。 それでも私が急かしたからであって、急かされた夫はイラついたのか「これでいいだろ」みたいな投げやり感。 無視して相手にしませんでしたが、内心は、妊娠期間中考える時間はたくさんあったんだから幾つか候補考えとけよ!二人目は俺が考えるって変なプライド持つくらいなら早めに決めとけ!と思ってました。 産後一ヶ月だけ実家に里帰りし、その間も寂しいから早く帰ってこいと連絡。 でも本人は来ない 「育児は俺もやるから」の言葉を信じて産後二ヶ月でマンションに帰るも激務で思うほどやってくれず。 子供が寝た後、久しぶりにゆっくりお風呂に入ったら「いつまで入ってるつもりだ、長すぎる」と文句を言われた。 子供が機嫌良ければ相手をするし、外にいるときはイクメンアピールで子供の面倒見てますよアピール。 私の仕事復帰前の慣らし保育中にずっと行きたくて行けなかった習い事に一日だけ行けると思っていたら子供発熱。 旦那も休みの日だったから、日中看ててくれないかお願いしたら「こんな状況で無理。 次あったら行ってきていいから 平日開催なので仕事復帰したら不可能なのわかってるのに 」。 子供が6ヶ月の時に0才入園が家のすぐ近くで内定もらえたのに「こんなに可愛いのに絶対にダメだ。 俺も送り迎えするから今回は辞退しろ」と言われ、1才になったときに家から遠い保育園に決まる。 旦那に保育園の送り迎えの分担を確認すると「は?俺には部下がいるから遅刻も早退もむりだから。 大体自分のわがままで働くんだからお前がやれよ」と。 子供が保育園に通い始め、しばらくしたら旦那は異動となった。 頑張れば通える距離にも関わらず「遠いから無理」で無理矢理引っ越し。 保育園は激戦区で入れず高額な認可外保育所をようやっと見つけて手続きするも「そんな金ない」。 私は子供が赤ちゃんの時から、実家から引き離されてどうしようもない時を支えてくれた土地から離れたくなかったし、子供も保育園のおともだちができていた。 私の会社の子持ち男性は皆口を揃えて「その距離なら家族の負担を考えて、俺なら通う」と言っていた。 その中で有給を使ってあちこち相談にいって保育所の見学もして心身ボロボロだった。 旦那は引っ越しの準備を全く進めなかった私に腹が立ったのと、仕事復帰してから子供優先の生活ではなくなったことと、産前のようにいちゃいちゃしなくなった 旦那に気をかけなくなったこと が限界だと離婚を言い渡してきた。 私からすれば、飲みに行けば日付が変わるまで帰ってこず、毎週平日休みの日にはお一人様を満喫し、子供をつれて実家に私が帰っている間は完全なる独身生活を満喫している癖に、私の数ヵ月に一度あるかないかの仕事の飲みも20時までに帰ってこい、月にいちど趣味で出掛けるのも許さない、自分を犠牲にして子供を最優先にするのが母親だという旦那に限界。 自分はよくて、妻はダメ。 俺の方が大変で稼いでるし部下もいる。 お前は平社員で好き勝手に働いてるんだからムカつくから疲れたって言うな。 もう無理です。 私はあなたの奴隷でもないし、家政婦でもない。 読んでいて、良くも悪くもその程度で?と思ってしまう私は、相当嫌なやつになっている気がします。 ごめんなさい。 ストレス溜まってますね、、 産院からの退院翌日、朝までセクキャバ。 子宮頸部高度異形成で産後に手術する。 第二子の妊娠もその直後発覚する。 二部脊椎の可能性、上記の手術後は切迫の可能性が6割高いと医師言われ、中期中絶。 そんなの予定なんて前から言ってないじゃないか。 人の気持ちの分からない人。 一生許すことのできないこと。 マリア様にでもなれたらどれほど幸せか。 ご飯まだ作れないから買ってきて欲しいと頼んで買ってこない時もあったとか。 月一も子どもと過ごす日を作る余裕もないそうで。 自分なりに男性脳や女性脳・考え方の違いを調べたりして、冷静になり話もしましたが全く話が通じないので宇宙人なんじゃないかと思ってます。 妊娠32週、産休を目前にし切迫早産の為入院。 不安や入院生活、点滴の副作用の辛さから情緒不安定になった。 それに対し、他にもっと辛い思いしている人は沢山いると言われ、産後1ヶ月には、あの入院生活時のお前の我儘に付き合うのは本当にストレスだった、腹が立った。 と言われた。 私から言わせれば、あんたは痛い思いも辛い思いもしなくていい、自由だってある。 妻の愚痴を聞くぐらい楽だろうと思った。 産後3ヶ月、完ミだった為、夜中に身体を起こしてミルクを作って与えるのが毎日毎日辛かった。 たまには代わるよ、と言って欲しいと言ったら、育休中なんだから基本全部やって欲しいと思ってるから、自分から代わるとは言わない、辛いなら、申し訳ないけど今日は代わってもらえる?とあらかじめお願いしてくれ、と言われた。 申し訳ないけど、って何で謝ってお願いしなきゃいけないの?育児は全て母親の仕事で当たり前ですか? それと、夜に子供が泣くと俺だって目が覚めてるんだから同じぐらい辛いんだ、と。 同じ辛さなら、ミルクやるの代わってくれませんか?私が子供をリビングに連れ出すと背中向けて寝てるじゃないか。 それからというものの、辛いや眠いと言うと、皆大変で、皆頑張ってるんだよ。 だからわざわざお前も辛いとか頑張ってるとか言うな、と言われた。 もう相談も、弱音も吐けなくなった。 だから少しでもと気丈に明るく振る舞っていたのに、産後鬱じゃない?俺に対する言葉がキツいもんね。 鬱だろ。 と半笑いで言われた。 殺意が湧いた。 出産前は理解のある旦那だと思ったが、思い違いでした。 とにかく自分は仕事をしている、育児、家事より仕事の方が偉いと思っているんだと分かりました。 本当に残念です。 2人目が欲しいですが、今は作るべきか悩んでいます。 うちも産後クライシスに陥りました。 しかも夫はとても協力的な方なのに…。 でも協力してくれても要領悪いし、助かるどころか二度手間になったりすることが多く…。 なのに本人は少し子供のお世話をしただけで得意気で本当にイライラしました。 子供の安全に関わるので、当然注意しますが、注意されてばかりで夫も段々言い返すようになりケンカが多くなりました。 ですが、子供の安全の為にはこちらも良くないことは言い続けないといけないし、夫のプライドに気を遣う暇はありません。 ラブラブだったのが嘘のように冷え切りました。 産後は同時に姑問題も発生しました。 お姑さんとも凄く仲が良かったのに、最新の育児方法は昔と大きく変わっており、孫フィーバーのお姑さんに意見しないといけないこともでてきたせいか、お姑さんは面白くないようで、意地悪になってしまいました。 何度も私は離婚を口にしましたが、幸い夫は離婚は全く考えない人で、お姑さんのことも全面的に私の味方をしてくれたこともあり離婚はせずすみました。 子供が大きくなるに連れ、夫も少しずつ頼れるパパになってくれました。 今はとても頼もしい存在です。 産後クライシスは当たり前の事と始めから捉えるのが大事かなと思います。 パパは最初は未熟なものなんだ、母親の本能は凄いんだとお互いに理解しておくといいかなと思いました。 長女を25歳で出産。 22歳で不妊治療を始め、やっとの思いで授かった娘。 つわりも重く、5週3日から24週まで吐く日々。 妊娠初期で何度も出血し、流産の不安。 妊娠後期には羊水過多でおなかが張りやすく、産院からも気をつけるように言われていた。 出先で具合が悪くなり、少し座って休みたいと言ったときに責められた。 知らないおばさんが「無理させてはかわいそう」と夫に言ってくれた。 臨月には週1で夫の姉から陣痛はまだか?姑からは毎日のように陣痛まだか?とメールが来る。 プレッシャーでおかしくなるかと思った。 予定日2日前に元気に産まれてきてくれた娘。 個人クリニックだったため、付き添いはふたりまでと産院から言われていたので、実母も呼ばず夫だけ!と伝えてあったのに、、お産中に勝手に来てしまった舅と姑。 実娘の時は付き添いに制限がなかったから!と大きな病院でお産した実娘の時のことを持ち出され…。 舅と姑が来ていると知ったのが面会時間が終わる30分前。 夫に…「あと30分で産まないとダメなの?!」と聞いたことをかすかに覚えている。 結局、夫に帰るように言われ帰ったけれど、あとからネチネチ言われるハメに…。 娘が無事に産まれて、夫から労いや感謝の言葉を言ってもらえると想像していたのに…産まれたばかりの娘を携帯でカシャ!はぁ、私に言うことないのかい💢と思ったことを11年経っても昨日の事のように覚えています。 そして、産後4日の入院を終え退院したその日に「ひとりっ子なんてありえないからね。 」と姑に言われた。 不妊治療でやっと授かったのに。 原因は夫にもあったのに。 それから、約10年。 奇跡的に息子を授かり、34歳で無事に出産。 もちろん、息子を出産した時も「おつかれさま!ありがとう」と言ってくれなかった。 息子の時は妊娠初期で大出血をして、即入院。 退院後も薬を飲みながらの安静生活。 不安で不安で仕方がなかった。 娘にも寂しい思いをさせてしまって、申し訳なかった。 妊娠中も心身共に辛くて、産後も辛くて。 この辛さをわかってほしいと伝えても、ポカーンとしていた。 息子は新生児の時からお布団で寝ない子で、1歳5ヶ月の今もお昼寝も夜も抱っこのまま、私は座った状態で寝ています。 (寝れているかは微妙だが。 )そんな状態で睡眠不足で人格が変わるくらいおかしくなりそうだと訴えても知らんぷり。 夜泣きにも気付かず、別の部屋から聞こえるいびきに涙が止まらなかった。 今考えてみれば、息子を妊娠中、検診の送迎はしてくれたけれど、いつも車で待ってた。 エコーの映像をUSBに入れてくれるけれど、見たのは1回だけ。 沐浴も拒否。 娘の時もしなかった。 この人は子どもに愛情があるのかな。 と思うことが多々あります。 私と子どもたちと自分の両親を天秤にかけた時、この人は親を選ぶのだろうと思っています。 これが産後クライシスなのか。 それとも、これまでの結婚生活のせいなのか、わかりません。 子どもが産まれて親になるとは、どういうことなのか。 母親だから、父親だから、と差があるものですか?母親だって、はじめてのことに直面して、その度に悩みながら、試行錯誤しながら、子どもから学びながら親になるのでないかと思うのです。 父親になる努力していますか?と問いたい。 自分ファーストで生活出来る夫が羨ましく、憎らしい。 不妊治療2年で授かり、妊娠前から出産直前までオルガラン自己注射していました。 毎日同じ時間、痛みに耐え、お腹に注射。 予定日過ぎても陣痛が来ず、誘発剤3日、緊急帝王切開で大量出血に。 寝不足と身体はくたくたで、子宮が自然に縮まず、子宮をぐるぐる巻きにしてお腹を閉じ、お腹の傷と寝不足の戦いで授乳。 退院当日も頭痛に微熱が出ていた。 出産後、大変やろうと手伝いに来ていた義母に、チクチクとイヤなことを言われるも耐えて。 退院2日後の夜、熱と頭痛で我慢しきれず夫に伝える。 夫が義母に子供の世話をしてほしいと言い、任せると、私が寝ている横で大きな声であやしたり、喋ったりで、頭痛がひどく限界で、隣の部屋へ掛け布団を担いで避難。 産後の状態も悪く、不妊治療、自己注射、帝王切開の傷、寝不足。 元々、体力が無かった私はもうくたくたでした。 夫はその場にいながら見てるだけ。 「寝てるから、静かにしてあげて」と、一言欲しかった。 その後、夫と話しをしてもわかったふり。 3時間後、家を出て実家へ電話。 外で大号泣しながら説明して実家へ。 義母を追い出した形にはなったけど、翌日、義母に帰ってもらい、私も夫がいる家へ帰る。 それから、義母から手紙で3度か謝ってこられてましたが、私は許せず、しばらくそっとしてほしいと夫へ伝えた。 それからは徐々に夫婦仲も悪くなっていき、喧嘩をした日、夫が怒って外へ。 過呼吸になり救急車を呼ぶ。 右下腹部の激痛を訴えても朝まで放置。 実家へ連絡して病院へ連れて行ってもらう。 急性虫垂炎だった。 母が夫へ激怒。 夫は「夫婦の間に入って来ないで下さい」と実母へ言ったそうです。 入院中は夫が仕事を休み子供を見ていましたが、退院してオムツを変えようとした時、子供のおへそが腫れていて、夫に聞くと、気がつかなかった。 これを気づかないって。。 と呆れた。 ピンポン玉くらいに腫れが酷くなっていった。 別居をしたいと何度かやり取りが続き、夫は連休で12時間かけ実家へ。 帰ってくると「ここは俺の名義の家で俺の家だから、出ていくならお前が出ていけ」と言われ後日、別居。 洗濯機は、夫の家に置いていってたので、別居先から夫の家まで赤ちゃんと洗濯物を抱え通い、夫が休みで外出していた間に洗濯を回していると、外から夫からメール「いつまでおるつもり?人が休みの日に来て嫌がらせか?」。 しばらくのやり取り後、「で?いつ帰る?」と冷たい文に涙が止まりませんでした。 途中で洗濯物を取り出し、赤ちゃんを抱え別居先へ帰り、洗濯機は夫からの誕生日プレゼントだったので、私の物と言う感じで、夫に黙って別居先へ運びだし、今は楽に洗濯出来ています。 携帯の支払いも口座が一緒だったので、携帯を新規で買えだとか口座変えろだとか言われ、新しいスマホを買い、生活費はきちんと支払っていただいてたので給料日の翌日に、夫の家に取りに行き、用件は置き手紙のみで一切話していません。 子供は元気か?とも、ありません。 それも、もうすぐ1年半になります。 子供の日、クリスマス、お正月、誕生日、何か子供に無いのか。。 と思いますが。。 私が絶対にあなたを幸せにします。 私があなたを絶対に守っていきます。 と私は子供に誓いました。 もう少し子供と一日中一緒に居たいのでもう少し子供が成長したら 離婚をする予定でいます。 部分的な内容で読みにくく長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。 たくさんの方々が辛い想いを経験しているのを読み、私も誰かに聞いてもらいたくなって書き込みました。 辛いことがあった後には、良いことがあると信じて子供と二人で過ごして行きます。 産前は、夜中の授乳は休日の前の日だけ一緒に横に座ってくれるだけで嬉しいからそれ以外の日は寝ていてほしいと思っていた。 ところが、生まれてから夜中の授乳に付き合ってくれる気なんてさらさら無かった! それどころか、平日家では酔っ払ってるし、泣いてる子どもなんて放置。 お願いしてもあやしながらテレビガン見、スマホゲーム、まるで子どもは目に入ってない。 大きくなったら日曜は公園に遊びに連れて行ってほしいことを伝えても、俺は疲れてるからほかの父親みたいには出来ないとのこと。 結婚するんじゃなかったと後悔してる。 産後の家事なんて全部私なのに、俺は家事やってる発言。 何をしてるか聞いたら、お皿洗いだって。 前にお皿洗ってるの見たのは2か月くらい前では。。 挙句の果てに今朝は出勤前に焼酎飲んでるから注意したら逆ギレして家出てった。 ほんとに結婚失敗したわ!• 旦那は仕事のあと、出来上がったご飯を食べ、ひとりで風呂に入り、耳栓をして寝る。 この耳栓が2万くらいする雑音を消すイヤホンと知った時、心が冷えきった。 夜中に泣いても耳栓してるから、聞こえません的な。 朝ごはんの時に携帯の2チャンとか見てるから、そんなに大切?ときくと、仕事は情報が命だから、ってやめない。 今も私は椅子に座ってご飯は食べられないのに、当然食べたでしょレベルに扱うな。 保育園のお迎えも片手で数えるほど。 仕事、仕事って本当は、仕事を言い訳にしているのを兼業主婦で2か月目から復職した私はよくわかっている。 働いていれば椅子があり、朝抜いても昼は食べ放題。 お金もあり、自由! 結局子どもの教育のために仕事を辞めるのも私。 嬉しいことは、子どもに父親がいるってだけ。 2人目の出産の時は、上の子を実家に預けたとはいえ、やっと父親の自覚が生まれた気がした。 出産後は、2人目なので上の子の保育園もあり実家には帰らないことになってました。 夫も産後一ヶ月は育休もしくは時短にすると話をしていました。 そして食事の用意をすると言ってました。 生まれて家に帰ってきて一週間になりますが、時短も育休もとる気配なし。 聞いてみると、仕事忙しくて会社の制度としてとれないことはないけど、今は難しいかも。 来週からなら大丈夫かも。 でも、とらなくても何とかなってるじゃん!と…。 たぶん来週も無理なんだと思う。 悲しくなりました。 期待してた自分が馬鹿みたいになりました。 確かに仕事忙しいのは分かるけど、せめて一ヶ月は何とかしてほしかった。 家事は結局私が自分で全部やってます。 掃除も食事も洗濯も全部・・。 夫は夜も晩酌を楽しみ、下の子が泣いていてもスルー。 抱っこしたい時だけする感じ。 本当に情けない。 こんなに協力してくれない人だとは思わなかった。 感情をぶつけるのも嫌になり、夫との会話も減りました。 この先大丈夫か心配です。 もっと家事も手伝ってほしかった。 1人目の時はもっと手伝ってくれたように思います。 2人目になるとこんなものなんでしょうか。 悲しいです。 結婚後、実際に夫との家事分担に不平等感は無く、互いに助け合い感謝しあっていて、満足度が高かった。 すぐに妊娠したが、妊娠中もきづかってもらえた。 実家内に住み始めたためか、家事育児は全部女が担うという義父母時代の価値観に変化していき、私に義母のような完璧さを求め始める。 二人目妊娠し、上の子にとにかく手がかかって大変なときも全く手伝わず。 食材の買い物は重たいから土日に一緒に来てほしいと頼んでも、面倒くさい仕事で疲れてるから休ませてと言われ、平日に大かなお腹を抱え走り回る長男の手を引いて大量の食材を持ち帰りながら泣きそうになった。 土日のお出かけでも荷物を持ってくれず、子どもの大量の荷物の入ったリュックをからい、大きなお腹で長男の手を引きながら、隣の夫は手ぶらという状況でも全く気が付かない。 流石に爆発して喧嘩になって初めて、「二人目妊娠だからもう慣れてるし大丈夫だと思ってた。 」と言われたときは目からウロコでした。 いや、二人目妊娠の方がより過酷なのに!つわりも中途半端でなんとか家事ができてたので気づかなかったらしい。 聞き分けのない長男のお箸トレーニングやトイトレ、お着替えなど様々な生活のしつけしながら、赤ちゃん見ながら、旦那は毎晩夜中まで仕事でイライラ。 旦那は頼れないと悟って、きついときはおやつや食事などはお金がかかっても買って済ませた。 自分が潰れないため、笑顔で子育てするためには、あとはどうでもいいと考えるようにした。 まわりは働いて保育園に預けている人が多く、幼稚園に入るまでに家でしつけをする辛さを共有出来ないと感じた。 長男が5歳、次男が2歳になり、母乳から離れたこともあり、長男が生まれてから初めて夫が一人で二人の子を遊びに連れて行ってくれて一人の時間が持てた。 このころ夫の勤務環境の変化から帰宅時間が早まり、夫自身にも余裕が出てきた時期でもあった。 早く仕事が終わると、子どもたちをお風呂に入れてくれることもあった。 最初に子どもを生んでから初めて持てた一人の時間で、つわりの中でもすごい開放感を感じた。 それから妊娠後半は旦那と子どもが出かけることが多くなり、それまでの子育て期間中では一番満足度幸福度が高かった。 妊娠中に引き続き上の子たちの世話はしてくれるようになった。 こっちは完全母乳育児でどうしても出来ない最小限のことだけをお願いしているつもりだけど、そらすら素直に聞き入れてくれないと、夫は自分のことをどれだけ大切に思ってないんだろう、人間としてSOS出してる人を助けるのは当たり前なのに、好きで結婚したパートナーのことすら思いやれないのかと愕然とします。 この気持ちを素直に伝えたら、俺は相手の気持ちとか気づけない性格だとか、弁当とかは自分の母親や職場の奥さんたちはみんなやってることだからできるものだと思ってると返された。 自分の子供の頃とか職場の奥さんとかとくらべないで、いま自分の目の前にいるあなたの奥さんがどんな顔でどんな格好でどんな状況で子育てと家事をしていて、どんなにきつそうか大変そうか気づいて、ちょっとでも奥さんが楽になって子どもが健全に育つように協力してほしい。 だってあなたと私の子どもだよ?奥さんが最初に頼りにするのは夫でありたいのに。 夫は全面的に奥さんに頼ってやってもらおうとするのに、どうして私のことはねぎらったり助けてくれないのだろうと単純に疑問すぎて驚きます。 結局疲れてめんどくさいことはやりたくないってだけなんだよね。 私はどんなに疲れてたも夫におかえり、お疲れ様でした、大変だったね、ありがとうと言ってるつもりなんだけどな。 たりないのかな。 もう17年も前のことですが、昨日のことのように思い出せます。 忘れられないです。 今は、母子家庭で生活は大変ですが、昔を考えるとほんと幸せな毎日です。 第一子を妊娠して、悪阻がひどかったのですが、中華街に食事にいったあと、やはりもどしてしまい、夫から「食べさせなければよかった。 もったいない」と言われたときに何か変な感じはしてました。 でも気のせいと思うようにしていました。 その後、仕事も続けていましたが、切迫流産で安静入院、入院中に日がたち、切迫早産と疾病名もかわりました。 退院後もお腹の張りと痛みはおさまらなく夫と同じ職場、同じ指導員であったこと、教習所のため繁忙期で会社に迷惑はかけられないと考え、本来なら産休、育休をとるのが夢でしたが、退職しました。 それからが夫の態度がさらにひどくなり、「おまえは家で遊んでいる」など、言葉の暴力が増えてきたように思います。 でも子どもが産まれたらかわってくれるのではと今思うと甘い考えでした。 職場では同じ仕事で、立場も同じでしたが、仕事を辞めたことにより毎日が言葉の暴力で「誰が食わせていると思っているのか、俺が食わせている、お前の立場わかっているのか」など今でも忘れられないです。 また口紅を買おうかなと相談したら、「クレヨンでも塗っとけ」など。 あげくのはて、出産は難産で、微弱陣痛で、バルーンを入れたりして、誘発分娩で3日かかりました。 ドラマでの出産シーンで想像していたこと、例えば腰をさすってくれたりなどもまったくなく、夜にちょっと顔を出すのみで、出産の時だけは連絡したら職場に連絡して一応来ましたが分娩室に入って見てもらえば苦しさも理解してくれるかと考えました。 しかし「出産、おもしろかった」と……いったい誰の子どもかと言いたくなったこと。 今、考えると女の子を欲しがっていたのに男の子だったのもあったかもしれません。 産後も出血が3ヶ月ほど続きあまりよくなかったのですが、3週間ほど実家に帰りました。 しかし実母も仕事をもっていたので、なかなか落ち着いてゆっくりできる状況になかったからです。 自宅から実家まで車で20分ぐらいの距離でしたので、夜ご飯だけはたまに夫が来る程度でしたが、ほんとご飯を食べにくるだけで、子どもを抱っこするなどはなかったです。 私の親への建前上来ていただけで、休日にはまったく来なかったです。 そのため少しでも早く戻ろうと考えました。 こんな精神状態のせいか、子どもも新生児からまったく寝ない子どもだったので、保健所に電話して、最高で6時間も起きてて泣いてばかりで、どうやったら寝てくれるのかなど、相談したぐらいでした。 自宅に帰ってからは、私の「実家に行くのは嫌だった」と言われたり、「夜ご飯は炊きたてのご飯じゃないとくわん」「肉じゃがは、おかずにならん」「出来たてを食わせろ」「俺は働いている、お前は1日遊んでいるんだろ」、ひどいときは、「俺が帰るまでに、子どもをお風呂に入れて寝かしておけ」と、いったい何時に寝かしつけたらいいのかと真剣に考えたこともありました。 普通に今考えると、夫の家政婦扱いだったと。 夜の性生活もです。 買い物も連れていってもらうと「同じ通路は通るな、後ろにもどるな、短時間ですませろ」落ち着かなくて、会話もなく焦って買っていたのを思い出します。 買い物中、あげくのはては「子どもが重い」と、首がすわってない子どもに対してです。 それで、宅配の食材などを頼むようにしました。 もう、ほんとに夫が家に帰ってくるのが恐ろしく、いてもオムツも替えない、ミルクも作らない。 夜に子どもが泣いて起きると、別室に寝ていたのですが、ドアを蹴とばし「うるさい、泣きやませろ、寝れないじゃないか、俺は仕事があるんだ、泣かせるな」と、大声を出す。 これが毎日だと気が狂いそうになっていたことはっきりと覚えてます。 しかし、教習生の女の子から携帯に夜中にかかってきたときは、まったく家での顔と違い、優しい声で話していたのを寝たふりをしながら聞いてましたが、そのときは、もう夫に期待することも、注意することも反応することにも疲れていました。 今考えると夫のひどい態度から産後鬱があったと思います。 夫の実家に子どもを連れていったときは、夫は母子家庭で、義理の母は、孫を抱っこし、来てすぐ夫に対して「あんたは毎日仕事しているだから2階で寝てきなさい」と、子どもの世話をしないのは、夫の母親のせいもあるのではと思いました。 子どもが4ヶ月を過ぎたころ、休みの日にテレビを見ていたので、子どもを抱っこしてもらおうとしたら拒否し、子どもをそのまま床に落としました。 私はそれを見て、もう無理と思い、泣きながら実家に電話し、実父に迎えに来てもらいました。 実家に帰ってからしばらくして、子どもの必要なものを昼間に自宅に取りにいったところ、大きなものは残してありましたが、部屋から夫のものはなくなっており、私の持ち物は、めちゃくちゃにしてありました。 その部屋で泣き崩れたのは覚えてます。 でも、それで吹っ切れて子どもは99. それからが大変で、調停をおこし、相手は来ましたがオムツ代も支払わず、調停委員の女性の方が、その日夫の財布から一万円をもらってくれたこともありました。 そんなことから婚姻費用の請求をおこしました。 その後、弁護士に相談し、相手が裁判をおこしてくるまでまって、それから依頼すると約束し、仕事は裁判までに決めておかないとと考え、保育園の一時保育を活用し資格をとり介護職で働き、保育園でも、子どもには私の旧姓で呼んでもらうようお願いして毎日を過ごしてました。 今でも昨日のことのようにはっきりと思い出すことができ、そのときの状況が浮かんできます。 でも、首がすわったばっかりの子どもを床に落とされ、すぐ泣いたので大丈夫かと思い、でも心配で次の日に病院に連れて行き特に問題はなかったのですが、周りの子どもと比べて成長が遅く、母子手帳にも運動機能遅れありとはっきり書かれ、ハイハイもしない子どもで、やっと歩いたのが1歳8ヶ月でした。 もしかしてあのときのことが影響しているかもと心配もしましたが今では成長し、高校生になって自分の道を探している最中です。 あのときあれだけ苦しむのならもっと早く決断したほうが子どもにとってよかったのではとも思います。 子どもの成長はあっという間ですが、あの苦しかった時間は、永久に続くのではと、1日1日がとても長く、先が見えない不安に押し潰されそうでした。 今、子どもの虐待などの事件が起きてますが、子どもを守るのも母親でしかできないこともあると思います。 あきらめないでください。 絶対に子どもと進む道はあります。 でも、道を間違えないでください。 後悔しないように。 子どもみたいな夫はいらないです。 行政の使える制度は活用してください。 付き合っている時に「俺、思っている以上に家の事出来るよ」「子供は大好きで公園で遊んでいる子を見てたら一緒に遊びたくなる」と言っていた。 その言葉を信じ結婚したのに。 高齢だった為なかなか授からず不妊治療して奇跡の自然妊娠。 喜んでくれるかと思いきや「あぁ良かったね」とまるで他人事。 出産は緊急帝王切開で母子共に危険だったのに産後かけられた言葉は「お疲れさま。 医者も看護師も全然状況説明してくれねーしさ。 腹立ったわ。 手術も30分くらいって言ってたのに1時間半もかかって。 言ってる事ちげーし。 イライラした。 お陰で子供見ても感動薄れたわ」と。 大事な人だと思っているとソレ先に思うよね?と思った。 その辺りから何か考え方が違うなと思った。 母親は妊娠した時点で母親だけど父親は生まれてから徐々に父親になる、と聞いていたので仕方ないのかなくらいに思うようにし自分の気持ちをはぐらかして育児に専念。 何かする事ある?と聞いてくれるならまだいいが指示待ちで、言われなきゃ家事も育児もほぼせず。 しかし、たまにやるとやってる感満載で育児してると周りに言う。 言われないとやらないのはやっていないのと同じ。 率先してやっているかのように言うのは本当にやめてほしかった。 指示された通りに出来ればまだいいが、お願いした事と違う事があると、まるで私の言葉足らずのように言ってくる。 自分は悪くないと。 全ての事をかみ砕いて細っかく言わないと理解できない頭な事に気づいてない。 そもそも教えてもらってないから出来ないとかは言い訳で、毎日繰り返し同じ事をしてるんだから見てたらわかるだろ。 仕事も同じだろ?コイツ仕事できないだろうなって思ってしまうくらいに気が利かず先回りができない。 そう言うデキない奴に限ってプライドだけは高いから困る。 自分に非がないとしか思っていない。 旦那の実家で頼んでもいないのに旦那が急に「嫁が眠れてないから子供みててほしい。 嫁を少し寝かしてやってほしい」と言い出した。 さぞ嫁想いな良い旦那風に言うけれど、本来は旦那が交代ででも子供をみててくれれば私は少しでも眠れる。 一人で子供をみていられないから義母にみててもらって休まなきゃいけない状況なのに。 しかも旦那の実家で熟睡なんて出来るはずもないのに私が休めていると勘違い。 仕事休みの日曜日は旦那は悠々パチンコへ。 一度でいいから「俺がみているから自由にしな」と言ってほしかった。 そして人前でだけ「ご飯先に食べな」と言ってきたり中途半端に食べさせるのを手伝うのにイラつく。 それなら先に食べて少しでも早く交代して私に少しでも温かいご飯を食べさせてくれと思う。 子供を公園に連れて行ったり出かけて喜ばせる事は気が向いた時のみで、しかも自分から提案したり意欲的な事はなし。 携帯ゲームと漫画を読む時間は作るのに。 やる事の多さの違いを知ってて何もしないのか、気づいていないのか.. 私だけ忙しく動いていてもソファーに横になってテレビを見たり携帯ゲームをしていたり。 優しさのかけらも感じない時がある。 くつろいでいる時に何かをお願いすると返事もしない。 こっちは携帯触る暇もなく動いていっぱいいっぱいだから言葉を選んでお願いしているのに。 仕事してる方がよっぽど楽なので本当に代わりたい。 私が働いて家事も育児も今の旦那と同じくらいの関わりなら体も楽だし純粋に子供を可愛がるだけ可愛がれる。 フルタイムで働いている時より起きていられないくらい疲れているのに、シンクで山積みの食器や空のペットボトルの置きっぱなし、トイレットペーパーが切れても交換しない所に無言の「時間ある時にやっとけ」を感じる。 二人しかいないんだから片方がやらない事は私が全てやるしかないのに。 子供を車に乗せてのあおり運転、幅寄せは何度言っても改善しないくせに、子供が転んだりするとちゃんと見てないと言われる。 プライドが高く自己評価が高い割に頭と要領が悪い人だから注意するだけこっちが嫌な思いをするので、改善してほしい所は沢山あっても言うのをやめた。 結果あんなに好きで結婚したのに全く別人と生活しているかのよう。 またいつか好きだと思える日が来るんだろうか。 子供がいなければ思わなかったイライラばかりだけど、子供は本当に可愛く自分の価値観や人生を変えてくれたので授けてくれた事には感謝している。 そもそも一人で家事と育児は無理。 比べられないかもしれないけど、仕事と育児は同じくらい大変。 だって保育士って家事抜きで仕事になるんだから。 どう考えても一人じゃ無理。 私達夫婦のズレの全てはお互いを思いやる心のなさと、子供が大切だから自分を削ってでもと思う気持ちの差からきている気がする。 自分ファーストが多過ぎるのは心が大人になりきれていないから。 付き合っている時だけいい振りしていた旦那を見抜けなかった自分が悪いので自分の心が保てるまで頑張ります。 3人子どもがいます。 子どもたちと公園行くのにも私がついていかないと夫は不機嫌に。 家に帰って山ほどの家事と育児は続くのに夫は疲れたから寝るという。 子どもの安全もボーとして守ってないから見ていてというと「見ているよ!」と怒る。 ゲームや携帯みているから「携帯見ているなら泣いている赤ちゃんのオムツ変えてくれない?」と言うと「見ていないし!」と言って拗ねて寝る。 クレジットカードで多くのお金お小遣い制で私よりあげているのに使う。 給与22万で偉そうに、俺のお金で生活してお前の稼ぎ分は貯金したらいいという。 22万でどんだけやっていけていないと話しても、真剣に考えない夫。 3人が落ち着いて大きくなったら離婚すると思います。 産後完全母乳で寝不足で上2人赤ちゃん返りでしんどいのに追い討ちかけてくる夫。 子どもに怒るのが私は嫌だと話しているのに、一緒になって産後鬱のようになる。 授乳していてじっとしていると夫も上2人放って寝ている。 私の指示待ち。 夫の親は夫は公園に連れて行っていいお父さんしていると思い込んでいる。 実際は私がお願いするといやいやで怒り散らす。 3人目出産後、確かに泣き続ける子ではなく、1番育てやすい赤ちゃんだったのでふが、上2人も赤ちゃん返りなのか、とにかく手がかかりてんてこまい。 確かに休みの日に上の子たちを遊びに連れて行ってくれたり、子煩悩な旦那。 とても助かっています。 でもそれとは別問題で、日々の疲れが取れず、無気力になるのを奮い立たせながら毎日過ごしていたのです。 やれない事も沢山ありましたが、とりあえず毎日生活するので精一杯な気持ち。。 そんなある日、旦那も色々日々溜まっていたのでしょう。 それが爆発したのかな。 一日中家におって、片付けもできんのか。 そんな事もできんのか。 そんなんだったら、仕事出て働けよ!と、言われました。。 あーそうか。 やっぱり、家事育児より、外で仕事してる人の方がエライと思ってるんだ。 と、ショックでした。 元気な時ならまだしも、結構精神的に辛い時だったので、何も考えられなくなりました。。 だっこやおむつ交換はよくやってくれたので感謝しているが、「妻が育休中=専業主婦が家にいる」と思ったようで、家事に対する要求が上がった。 「ずっと家にいるのに何でこんなに部屋が汚いの?」など。 こちらは、赤ちゃんに何か異変がないか、24時間神経を尖らせてるのに。 「あー…。 大変だったんだね」と言ってほしかった。 完全母乳だったので、断乳するまではずっと細切れ睡眠。 あまりに辛くて「薬で母乳を止めてミルクにしたい」と言ったら「自然に反する」「なぜタダで出るものを止めてミルクを買わなければならないのか」と激怒された。 私のメンタルと出費を天秤にかけたこと自体、許すことはできない。 産後の鬱状態は長く続き、毎日死ぬことばかり考えていた。 思うに、男女ともに、出産・育児に対する幸せなイメージが先行し過ぎで、現実とのギャップに驚くのだと思う。 パステルカラーでキャッキャウフフのはずが、実際はウンコまみれで怒号が飛び交っているのだから。 私たちの母親世代は、夫に養われている負い目からか、こういうことを他人に話さなかったと思うが、今はいろんな手段で「育児は実質、罰ゲーム」ということが拡散している。 夫の育児休暇だけでなく、育児時短も義務付けるなどの「罰ゲームを夫婦二人で乗り切る仕組み」もしくは、税制上の明らかな優遇などがなければ、誰も子供を産まなくなるだろう。 おはよう、いってきます、美味しいね、いただきます、ごちそうさま、お疲れ様、ありがとう、ごめんね、一緒に、、の言葉が欲しかったし、お話ししたかった。 子どもが泣いてても、ゲームなど自分の事が優先。 そんな旦那を見て、私だけが親になっていく感じがして、複雑な気持ちになる。 そんな小さな事をたくさんたくさん我慢して、爆発しました。 気持ちをわかってくれなくて、つらくて、ケンカになり実家に逃亡した。 それでも、旦那から電話とかメールすらなんの連絡も来ない。 もうどうでもいいって開き直ってそうだなーと思うし、本当に離婚しそうです。 まだ産まれたばっかりなのに、うまく旦那とやっていけなくてごめんねって子供に思う。 これからどうしていこうかと悩みます。 もうすぐ3ヶ月になる子供がいます。 夫の思いやりのかけらもない言動に傷つきました。 夜こちらが話しかけた事に対し、うるさいやはぁ?何?とイラついた言葉を返されたり、真顔で怒った後に冗談よ、とこちらの反応を試すようなことをしたり。 休日寝かしつけが終わり2人でやっとゆっくり話せるかと思えば、する事がないから上に上がると21時に息子と一緒に寝室へ。 こちらは平日遅くまで頑張っている夫に対し帰りを待って温かい料理を作って出しているのに、、夫は休日私と話すのも嫌なのかと。 する事ないから?いや沢山ありますけど?前日に泥酔して帰って来て授乳の度に私が寝るのを邪魔してきといて、翌日はさっさと上に上がって爆睡ですか? また、言ってくれたら手伝うと言うのでトイレ掃除や床掃除を頼めばトイレ綺麗だからしなくていいじゃんとか頼んだ内容によっては嫌そうな態度をとられる。 別に毎日、毎週してくれと言っているわけではなく、友達が遊びに来てくれる際、育児しながら私1人では手が回らないから手伝って欲しいだけなのに。 これじゃあ言ってくれと言われても頼みづらくなる一方。 さらに私が家事や育児でいっぱいいっぱいになっていてつい強い口調になっている事に対し、最近冷たいよねと被害者面。 嬉しかった出来事もあったはずなのに、それも薄れるほど夫に対してイライラと虚しさが止まりません。 ありがとうやお疲れ様の言葉さえあれば、頑張ろうという気になれるのに。 こんな事くらいなのかもしれませんが、専業主婦でなければすぐにでも離婚を選んでしまいそうで怖いです。 0歳の息子を抱え、うちの中で朝から動き回り休む時間はほんとうに1分もなかった頃のことです。 普段から不眠症の夫に対して、私がいくらフラフラでぐったりでも不眠症を治せるように食事は栄養バランス考えて手を抜いてないし、育児は極力頼らずはやく寝かせてあげてるし、私は息子を入浴させるのに必死で自分は行水で筋肉疲労も疲れも溜まる一方なのは黙っているけど、不眠症の夫にはお風呂もゆっくり入らせてあげるし、洗濯物畳みも四角いタオルくらいしか夫にはお願いしない心遣いまでしてるのに。 一日中家のなかでゆっくり寛いでるわけではないことをわかってもらえなくて夫との距離が果てしなく遠くに感じた悲しい思い出です。 家事を少しでもやれば、自分は他人よりよくやっていると言う。 育児や家事は女の人がやるのが当たり前で、自分は手伝ってあげている感覚なんだと思う。 家でも外食でも旦那は当たり前のように用意されたらご飯を食べ始め、私は自分のご飯は後回しで子供の食事を見る。 別にそれはいい。 だけど旦那は急いで食べて子供の食事を代わるという意識はない。 私は仕事で疲れてたって体調が悪くたって、家事をある程度してからでないと休めないのに、旦那は体調が悪いと言いながらしっかりご飯を食べ、子供の風呂よろしくねーと、寝室に行って携帯で漫画を読んでる。 小さなことの積み重ね。 他の人の投稿を読んでても思うけど、どうしてこんなにも男の人の意識が低いんだろう。 この子はあなたの子どもでもありますよね?せめて、女がやって当たり前ではなく、自分のできないところをやってくれてありがとうという意識改革してもらいたい。 旦那の場合、旦那のお母さんが専業主婦みたいな感じだったから女の人が家のことやるのが当たり前だと思っているのだろうか。 いまでも親が世話をやいてあげがちだからよくないのかと思っている。 思うようにはいかないだろうけど、私は息子にはそ旦那のような人間になって欲しくないから、少しずつ家事や自分の身の回りのことができるように教えていきたい。 旦那といるとストレスがすごく全然楽しくないので、経済的には厳しくなるけど離婚してもいいかなと思っている。 共働き夫婦。 ほぼフルタイムで仕事を終え、子供のお迎えから食事の準備にお風呂に洗濯。 そんな毎日を過ごす間に、私の中の張りつめた糸が切れた。 毎日、何やってるんだ…私、今幸せ? そんな疑問がうまれ、泣きながら家事をしていた事も。 そんな私を夫は見てみぬフリ。 触らない、聞かない、近寄らない…そして、私は軽度の鬱に。 この人とは生きていけないと思った。 自分が体調不良だと、部屋にこもり寝る。 私は熱出しても、ご飯を作り、子供の世話をする。 子供が駄々をこねれば、「ママがイイんだって!」と熱がある私に全てパス。 ほとほと呆れる。 「私の体調を気遣え!」とそれも指示出さなきゃいけないの?私は何? 指示がないからやらない……何十年指示出し続けるのよ!あんた父親でしょ!子供の手本にまったくならない。 なのに外ではイクメン面する。 大の大人が気をまわすくらい出来ないのかな。 指示待ち。 気が利かない、視野が狭い。 指示するのにエネルギーがいることをわかってない。 洗濯機のモード選んで洗剤入れて…っていうのと同じじゃんって思ってます。 お前は洗濯機か。 言わないとやらない。 言わないと気付かない。 教えないとやれないって、それにエネルギーいるんだよと、ほとほと呆れる。 もちろん気が利かないから食器洗って、と言えば食器を洗うだけ。 哺乳瓶はそのまま。 コミュニケーションしないと分かり合えないのはそりゃそうだと思うが、言わなくても伝わる/わかることもあるだろうが!と思う。 それで一緒に生きていきたいとかほざくから何様だよ、出直せよと思って仕方ない。 このイライラがbabyにも伝わってしまってるんじゃないかという罪悪感にも苛まれてもう離婚しか考えられない。 妊娠前は仲良くちょっかい出し合ったりしていたけど、今は夫のことが苦手というか逐一イライラしてしまって言い方も強めになってしまいあんまり関わりたくないと思ってしまいます。 平日はワンオペなので大変だけど、それよりも土日に何も手伝わずゴロゴロする夫の姿を見ているほうがイライラが募り精神的に疲れます。 頼んだこともちゃんとやってくれないから結局やり直ししたり、仕事が余計増えたりで、だったら何もやらなくていいけど家にいないでくれって思ってしまいます。 出かけて行くとほっとしてしまう。。 うちは最近外食をしないことに決めました。 レストラン入ってもこどもの面倒見ずにメニューを楽しそうに見て、自分のご飯を普通に食べて、あとは携帯をみる。 こっちはご飯来るまでの時間こどもの相手したり、ご飯きたら自分のは置いといて先こどものご飯食べさせて、終わったら冷えたご飯をかき込んで食べて、、、ってやっているのに、夫は夫のご飯を1人美味しく食べて何もしてくれないのが毎回腹立つ。 たまには代わってよと、私が食べてる間子どもに食べさせてもらっていたらすぐ、俺も食べたいんだけど、冷めちゃう、俺はいつ食べたらいいの?とか不機嫌に言ってきて、もう揉めるのも疲れてしまい、今後もう外食は行きたくありません。 と宣言しました。 外食好きの夫は残念がってました。 だったらもっと子どもと私のことを考えてほしい。 いつも自分自分、俺俺でほんと疲れる。 いつまで独り身の気分引きずっているんだ!なんでも母親がやって当たり前って思わないでほしい。 自分では心の中広い男と自負している夫ですが、彼はただ他人に興味がなくなんとも思っていないだけ。 たしかに怒ることはないけど、それは優しさや寛容さからではなく無関心なだけ。 もっと気遣ってほしい。 もっと思いやりのある人と結婚したかった。 ほんの一言でも頑張ってるよね、とか疲れるよね、とかありがとう、とか言ってくれたら少しは心が救われるのになと思ってしまいます。 夫へのイライラがたまりすぎてホルモンバランスが産後悪くなり、今は産婦人科で処方してもらったイライラを鎮める漢方と睡眠薬を飲んでいます。 思い返すと不満しか思い浮かばず、残念ながら嬉しかった出来事や発言が見当たりません。 子供が生まれてからケンカが増えた。 産後のホルモンバランスのせいにしてイライラをそのままぶつけてしまった自分の反省すべきところももちろんある。 だけど旦那がその現実から逃げるように女とイチャついたメールをしていて旦那への気持ちが死んだ。 「もっと早く出会いたかった」と、メールしていた。 私も子供の存在も消されて、体の浮気こそしてなくて、だけどそれで浮気でないと許されるのか? 私は心から信頼できる存在が欲しかった。 それが旦那であって欲しかった。 半年以上経って旦那はもうその女の名前すら忘れつつあるのに私だけが心にしこりが残っている。 私はもう女として旦那に必要とされてなくて、ただの家事をしてくれる同居人。 つらい。 妊娠中、産後、その後の育児にあたって一切、私の精神状態、肉体の疲労度を考慮した言動はなく、自分の欲求のみを満たそうとし、叶わない、もしくは指摘すれば逆ギレ。 今どきインターネットでいくらでも情報収集出来るのに、調べるのは自分の趣味だけであり、「知らないから出来ない」を正論とする。 自分の仕事で部下が同じような言動をしたら腹が立たないか?将来娘が自分と同じ事を夫にされても怒らないか?と言っても、自分への過大評価から想像が出来ない。 私に両親が居ないため、助けもなく妊娠中も産後も一人でこなし、何かあっても逃げ場も無い。 夫に対し苦言出来る存在が無い事もあり、自分を客観視出来ない事に拍車をかけている。 共働きだが生活環境から正社員への登用も断り収入は夫より低い。 そのことを知りながら何かあれば離婚を匂わせ自分が出ていくと逃げ体制を作る。 情報収集のヒントを与えてきたにも関わらず、まともに夫として父親として妻を支えることも子どもへの対応も出来なかったことで子どもにまで深刻な精神的不安を与えていても尚、極利己的な自分観点で自分の会社の上司や産業医にまで私の精神性の欠陥を訴え、勝手に被害者となった立場で敵視だけしている。 糞男に育てた糞親にも散々嫌がらせをされ断絶しているが、どちらにも憎しみしかない。 子供が生後7ヶ月の時に手足口病と突発性発疹に立て続けにかかり、看病で1週間まともに寝られず外出もできなくてストレスでボロボロになっていた時。 夫が「うるさくて夜眠れないから実家に泊まる」と出ていってしまいました。 その時は腹が立ったけど夫も風邪気味だったので了承しました。 でも夫は夕飯だけは家に食べに帰ってくるので私の手間は変わらず…。 1週間後にやっと家に帰ってきたと思ったら1人で子供の看病をした私に対して一言も労いの言葉や子供を心配する様子もない上、「実家で寝ても親父のいびきがうるさくてあんまり眠れなくてさー」と言われ、なんの為に一人で頑張ってたのかわからなくなりました。 普段は子供のことをかわいがっていますが、自分に余裕が無い時は私や子供が二の次三の次になることが多く、言葉が攻撃的になるので将来が不安です。 微弱陣痛で促進剤を投与している時に、旦那と実母が姑の離婚再婚を繰り返し離婚相手に親権が渡った義理の妹の心配をし始め、やめて欲しくても私の言葉は無視し続け、「かわいそう」だとか「会えない」だとか言っていて、お腹の子にそんな話聞かせて欲しくないし、今全身痛めて出て来ようとしているのにこんな扱い受けるこの子こそかわいそうだし、今会いたがるべきはこの子だろ、ととても不快に思っていたら、旦那が「産まれたらちゃんと指がそろってるか確認しろよって職場の先輩に言われたわ」てふざけたので一気に怒りがこみあげ、「ひとりで産むから出ていって」と叫びそうになったけど、取り乱すとお腹の子に良くないかもと思って必死に泣きながらこらえたら心拍の数値が一気に下がり、胎児機能不全に。 緊急搬送になり、そこからは地獄でした。 お腹の子も頑張ってくれて、なんとか3日目に元気に出てきてくれましたが、旦那と実母に当分憎しみすら感じていて、お産は今思い出しても涙が出るほどつらいものになりました。 旦那は自分のせいだという事を理解しているにも関わらず、「あの時は緊張で頭が変だったから仕方ないだろ」と逆ギレ。 せめて「あの時はごめんね」だけでもあればなと思いました。 その後の私の誕生日にはおめでとうも何もなく、「あと3年で三十路~!」とゲームをしながらバカにして来て、泣きながら娘にミルクをあげました。 旦那の誕生日には、おめでとうと、お寿司でお祝いしたのに。 このあたりで愛情が100から0になりました。 離婚を突きつけてからは、必死に変わってくれています。 最初の子を産んだあと、田舎から夫の親が上京してきた。 喜んでくれて労ってくれたが、私が入院しているのをいいことに夫は毎日東京見物に連れていき、入院費用の支払いを忘れて実家の父が見かねて持って来てくれた。 いったい誰の子で何をしきにたのか、未だにわからない。 1人目の出産後、会陰切開の傷痕が痛みかなり辛くて2ヶ月セックスを拒否していたら、いつまでまてばいいんだ、もう少しヒトの事を考えろと文句を言われ続け、しかたなく産院で事情を話して軟膏をもらったこと。 もうしばらく休ませて欲しかったし恥ずかしかったし、とにかく自分の性欲のことしか頭にない夫が悲しかった。 二人目の出産後8ヶ月で東京から九州へ転勤となった。 真夏の引っ越しで、引っ越し作業をしたくても日中は幼稚園の年少の長女の世話、夜は暑くて寝られずにグズる次女を見ながら二人が寝ている隙をぬっての荷造りと掃除。 3週間しか時間がないのに、夫は毎日のように送別会だと飲み歩いて帰ってこない。 帰ってくればそのまま寝てしまい、暑くて泣く次女に向かって「うるさい!」と怒鳴り散らす。 さすがに腹に据えかねて、夫を叩き起こし「誰のせいでこうなってるのか」と叱りつけたがどこまでわかったのか。 二人子どもがいても親の立場に立てない自分本位の男親の身勝手さに怒りしかなかった。 赴任先で3人目を妊娠。 二人目から1年半しか離れていないのでかなり体も負担があったが、冬には飛行機で夫の実家に帰省した。 まだ上の二人が3歳と1歳で目が離せないし、興奮してなかなか寝ない。 自分の体も辛いので早く寝かせてほしいのに、寝かそうとすると夫が「たまにしか会えないから起こしておけ」と怒る。 なぜそこまで親に遠慮するのかわからないが、私には高圧的に出るし体を気遣うでもなく、もしここで何か起きたらどうするのかと気が気ではなかった。 3人とも無事に産まれて育ってくれたが、とにかく3人産まれて私1人では回らない状況にやっと気づいてようやく夫は父親になったように思う。 そこまでにならないと自覚がでない「男」というのは側に居ても何の役にも立たないのだということを娘たちにはしっかり伝えている。 子供が産まれて1回もオムツ変えた事なし、うんち変えるのも、自分の子供やのに、臭!他でしてよ、って、家のリビング旦那は全く何もせず、腹減った、ご飯なければ嫌味の様に、飯ないん?って、ギャン泣きして、疲れ果てても、お構いなし、自分優先。 何もこの人に期待しないし、協力を求めても無駄やと諦めました。 子供が小学生になり手がかからなくなったら、今度は自分が暇な日に、パパ抜きでママ友と出かける約束してても、明日はパパと出かけるかママと出かけるかどっちがいい?と子供らを困らせ、子供がパパを選びたくなる様な選択肢を与え、結局ママ友の約束を断らなあかんかったり。 病気で小児救命走ってる時も予定あるから、とか、体調悪いのわかってるのに、自分は独身の様に好きに遊び回り、子供が病気でパパが家にいてても、晩ごはん寿司注文しとくから、お前取りにいってな、って挙げ句に、唐揚げたべたいから、ファミマ寄って買ってきて、汁物も食べたいから鍋みたいなんしてよ、って、子供病気で、朝から病院走り回り、看病して、疲れている私にとりに行けと、ダンナは一日中仕事しないでダラダラ寝て、子育てろくにしないのに口だしばかり、姑みたいに、この状況見てどーして、自分が動こうとしないのか、頭がおかしいと思った。 俺も風邪うつったかも、しんどいねんとかゆーて、私が余りにもイライラして、ブチ切れたら、金払ったんねんから何もんくゆーてんな!って、お前が逆なら間違いなく切れてくるよね?次の日しんどいゆーてたのに、ゴルフちゃっかり行って酒までのんでご機嫌で酔っ払って帰ってきて、私は子供が嘔吐で救急走り回り大変やったのに、心底一生帰ってくんな。 金さえいれてくれたらもう、どーでもいーし、愛情もくそもない、子供はパパが何故か好きだから我慢しますが、そのうち捨てたろう、くらいまで思うくらい恨む、憎しみばかりです。 悪阻の激しい妊娠中に女性が絡む嘘をつかれイライラしたときに、「妊娠中の女性は妊娠したら飲酒も喫煙も出来ない、お腹の子の為に食事や睡眠、ストレスにも気を付けなければいけない。 あなたは何もしなくて楽でいいよね」と怒ったら、散々好きな事だけして生活しているにも関わらず「代われるものなら代わりたいよ!」と逆ギレしてきた。 夫はやる気もない癖に「言ってくれればいいのに」と言うが、お願いすると舌打ちや大きな音をたて、やってやってる感を異様に出す。 面倒だから極力お願いしないが物凄く腹が立つ。 人前ではいい夫ぶる。 子どもを一時保育に預けながらフルタイムで仕事復帰しても家事分担が出来ず倒れそうになった為仕方なくお願いするも手際が悪く、効率の良いやり方を教えてもキレられ喧嘩ばかりで益々嫌に。 生活水準が変わらないなら即離婚したい。 一歳2ヶ月の子供がいます。 離乳食も3食しっかり食べれるようになりました。 しかしまだ夜間は母乳を飲んでおり、そのせいか2時間も経たぬうちに起き大泣き。 その都度母乳をあげています。 私も職場復帰し、子供のお弁当やら家事やらで5時前には起きなくてはなりません。 そろそろ卒乳すれば夜ぐっすり眠れるかなと思い夫に相談しました。 しかし、「お互い仕事が大変だし、今は夜ぐっすり眠れる方が良いんじゃない?だからまだ母乳をあげてようよ。 」と言われました。 私は子供が寝てから残っている家事をやり、夜中に子供が起きれば起き、寝れていなくても早起きしています。 夫も協力的ではありますが、私が限界に達していることに気付いてくれませんし、この日常が当たり前だと思われていると思うとすごく腹が立ってきます。 「卒乳は大変かもしれないけど一緒に頑張ろう。 」だけでも言って欲しかった。 10歳と3歳の子どもがいます。 長女を出産後、2回流産し心身ともにボロボロに傷ついたのに、夫は「二人目が欲しい」の一点張り。 私が泣いて「2回も流産して、ボロボロに傷ついた。 もうセックスはしたくない」と訴えると、腕にアザが出来るほど捕まれ、ベッドまで引きずられました。 この一件以来、気持ちは一気に冷え込みました。 二人目を授かるまで、夫にセックスを強要されました。 夫にも流産の苦しみをわかって欲しかった。 「辛かったね」の一言でもいい。 もっと私の苦しみに寄り添って欲しかった。 幸い、二人目を妊娠出来ましたが、「産後うつ」になり、入院。 もし、二回目の流産の後、夫と流産の苦しみ、悲しみを共有出来ていたら、うつにはならなかったかも。 義理父母の、アポ無し訪問と無神経な発言を、一切注意してくれなかった。 出産したその日に病院にやってきて、滞在時間10時間(夜まで帰らなかった)。 退院後、里帰りしなかったのだけれど、ほぼ毎日2時間かけて押しかけてきて、寝ている赤子を勝手に抱き上げてキスしたりしながら朝から晩まで滞在。 私はまだ悪露が止まらないのに寝かせてもらえず、家事育児を手伝ってくれるわけではなく、ひたすらお客さん状態でお茶のおかわりをくれとか、お茶請けのお菓子がなくなったよとか、すぐ泣くのはおっぱい出てないんじゃないのとかごちゃごちゃ言いながら居座られたが、それに対して夫は『両親も嬉しいんだよ、そう怒らないで付き合ってよ』『産休、育休って子育てのためのもので自分が休むためのものじゃないんだから、昼間寝れないからって怒るなよ、俺だって仕事中に寝ないんだから一緒じゃん』とひたすら義理両親の肩を持ち、私だけ我慢を強いられた。 臨月のときに地下鉄の階段をゆっくり降りていたら、先に駆け下りた夫から「早くしてよ!電車行っちゃうでしょ」と言われ、更にその電車に間に合わなかったことでホームで文句を言われた。 ここで気持ちが一気に冷めた。 産後はおそらく色々手伝う夫だったとは思うけれども、自己流でやりたいようにやるのと、それを指摘されると怒るのが大変だった。 ミルクを人肌まで冷まさずに与えようとしていたのを「これだと熱いよ」と言うと怒りだした。 生後1ヶ月の時に、夫が赤ちゃんの顔に布をかけて遊んでいるのを発見し、「やめてよ!あぶないでしょ」と言っただけで「育児ノイローゼだね」と鼻で笑われて。 それでも、「俺はどこの父親よりも家事育児を頑張っている、なのにあなたの育児は下手だ」と言い、私も手助けしてくれているのに気に入らないというのは贅沢な悩みだと思って周りには言えなかった。 本当は、育児に積極的ならば最低限のやり方を習ってほしかったと思う。 気がつけばその時の子が小学1年生。 今や「二人目を考えてくれなかったことを恨んでいる」と夫に言われる始末です。 1人目生まれた後、当時ブラックな会社で働いていたせいもあるのか、「週に一度の休みくらい、好きなことさせて」と言われた。 こっちは週に1度の休みなんてないのに。 私が子供の面倒を見てる間、家事は協力的だったけれど、それは「赤ちゃんとの関わり方が分からないから」だったそう。 こうすれば良いよ〜とサラッと伝えると不機嫌になるか、「俺にはできない」とやろうともしなかった。 自分が抱っこして泣かれると、「俺じゃだめだわ。 抱っこしてって泣いてるよ」と連れてこられる。 外食の時も自分が先に食べ、子どもに食べさせてる私に「冷めちゃうよ」と謎の呪文を唱える。 ホルモンバランスのせいか涙脆くなり泣いていると「お母さんがそんなんだと、息子に笑われちゃうよ」と言われて泣けなくなり、半年後くらいに溜まった色々が爆発して、私は過呼吸に…。 それでも自分は家事はやっているから「世の中にこんなに家事する夫もいないよ」と言う。 それがメチャクチャストレス。 でも私の過呼吸以来、少しずつ子どもとも関わるようになり、子どもが2歳くらいになると一緒に公園に遊びに行くようになりました。 先日息子にインフルをうつされ、私が寝込んだときは、下の娘に移らないように換気や洗濯、私達の看病と凄く頑張ってくれ、本当に感謝でした。 ただ、それをSNSに上げて、良いお父さんアピールしていた事は納得いかない。 旦那の事は好きだけど、1人目生まれた後に抉られた気持ちは完全に消える事はないと思う。 あと、「世の中のお父さん達よりやってるよ」と言うアピールも、好きにはなれない。 1歳9ヶ月差の育児中。 下の子が妊娠8ヶ月の頃から恥骨の痛みが強く1歩歩くのにも恐る恐る。 上の子は1歳半にようやく歩いたので抱っこ抱っこの毎日。 この状況下、妊娠9ヶ月も終盤の時に旦那は旦那実家のあるところへ出張。 恥骨が痛すぎて上の子のお世話が大変だから一刻も早く帰ってきてほしいのに、仕事終わったら旦那実家に寄ってもう1泊すると言う。 上記の状況だし、いつ産まれてもおかしくない時期にさしかかっていたから早期帰宅を依頼すると、「ケチケチするところじゃなくない?」と。 飛行機の距離の旦那実家で、せっかく出張で行くのだからゆっくりしたい、と話す。 いや、先月に10日ほど夏期休暇で旦那家帰ってたし、更に下の子生まれたら義両親はすぐに赤ちゃん見に来ると言ってたから来月には会えるんだよ。 結局、もう一泊してから帰ってきた。 まだ私自身産休に入ってなかったし、本当に体も心も辛かった。 辛すぎるから必死のお願いしたら、私、ケチなんだってさ。 忘れられない。 妊娠中、お腹の張りが酷く、食器を洗っていたら動けなくなった時があり、寝転がっていた夫に、お腹が張って動けないから、食器を洗って欲しいと頼んだら「立ちっぱなしが辛いなら椅子に座って洗えばいい。 人に頼む前に、もっと頭を使って家事のやり方を工夫するべきだ」と言われた。 それまで優しい夫だと思っていたが、初めて「何でこの人と結婚したんだろう」と一気に気持ちが冷めた。 第一子が新生児の時も、想像通り、いやそれ以上に何もしない。 全然寝ない赤ちゃんの相手を24時間エンドレスで続けていたが、ずっと見て見ぬふり。 子が何をしても2〜3時間以上泣き止まない事もしょっちゅうで、私が夜中に壊れそうになり、一ミリも起きない夫に助けを求めても「仕事に支障をきたすから邪魔をするな」とそっぽを向かれ、半泣きで出産した産院に電話してしまった事もあった。 私は元々仕事が好きな方だったので、私が仕事に行くから育児と代わって欲しいと本気で思った。 もし子供に風邪がうつったら許さないから」 実母にも似たような事を言われ、自分は母親失格なのだと落ち込んだけど、今思えば酷いな、と。。 いつでも離婚する心の準備は出来ていますが、子供達の成長と共に、こんな酷い夫もだいぶ育児には参加するようになり、先日私が久々に熱でダウンした時は、多少手助けしてくれたり家事をやってくれたりしたので、気持ちの冷え込みは変わらずですが、とりあえず様子を見ているところです。 老後、仲良く一緒に居る姿は想像出来ないので、子育てがひと段落したら「卒婚」を夢見てがんばっています。 妊娠中 階段で後ろから足をかけて転ばせようとする。 転んだ私のお腹を押し上げる。 謝罪はなし。 煽り運転あたり前。 シートベルトがお腹に食い込み痛いと叫んでも無視。 私のいる助手席側を相手の車ギリギリまで寄せる。 産後 妊娠中からまかせておいた出生届を書くのが面倒で、生まれたての赤ちゃんの授乳をしている私に怒鳴ったり舌打ちしたり嫌味を連発。 なんで俺が書かなきゃいけないんだ。 旦那の連休にお互い別日に美容院に行ったら、私の美容院の日に自分の昼飯で使った方食器も片付けておらず、授乳、洗濯、洗い物を終えてから夜ご飯の準備をしようとバタバタしていたら「1日自由にしてやったのにわざとらしく嫌な態度をとるな」とキレる。 旦那の休日に骨盤矯正の予約をいれたら「俺は休みの日に好きなこともできないんだな」と嫌味。 「たばこの煙吸わせておけば耐性つく」と、赤ちゃんにわざと煙を吸わせる環境を作ろうとする。 そんな旦那を理解できないでいると、赤ちゃんを寝かしつけるために抱っこしているのもおかまいなしに「一般常識だろ」「脳ミソ腐ってる」と怒鳴り散らす。 毎日寝かしつけも終わり一人になれるこの時間に、しんどい。 つらい。 つかれた。 生きていたくない。 と頭のなかで反芻する日々です。 他の方のコメント見ただけでうちと同じような旦那はいるんだと思いました。 妊娠して仕事から帰ってご飯を作り洗い物を済ませてぐったりしてると、サボってるようにしか見えないと言われました。 里帰り出産前、荷物の入った大きな段ボールを一緒に運ばなかった事にキレられました。 里帰り出産後は新幹線で新生児と帰ってきたらと言われました。 首の座らない赤ちゃんが心配だから車で迎えにきて欲しいと言ったら、そんなことわかってて自分でした事だろうと言われました。 他にもびっくりするくらい自分中心な事を言われ、キレられました。 離婚してもいいレベルです。 結婚前はそんな人とは思わなかった。 仕事の姿とは真逆です。 そりゃ離婚するわ。 悔しいのは、不思議なのは、これらのコメントや記事は、こういった男たちの目には触れません。 何故なら自分に不利な事からは目を背けるからです。 だから、なんにも良くならないのです。 陣痛が夜中の1時に始まった為、寝ずに陣痛と出産を乗り切る事になったが、出産2時間程前の陣痛が一番強くなって来た頃、夫には陣痛の度にテニスボールで腰を強めに押してもらってましたが、「もう眠いし疲れてるし右手ももう限界で無理」と不機嫌そうに言われた。 こっちはその何百倍の痛みと戦ってるんですが。 出産後それをぶつけたら「そんな事言ってない」の一点張り。 切迫流産からの切迫早産と医師に言われ、横になって安静にする生活が3ヵ月程続いてて精神的にきつかった時、夫も家事と長女の面倒を見てくれていましたが、ある日食器が溜まっていて丸一日経ったので、「夏だからすぐに洗って欲しい」とお願いしたら、「自分は何もやらないくせに!」と嫌味をいわれました。 お互い慣れない事にストレスがたまっているとはいえ、切迫早産や切迫流産の不安や、何かあったら自分のせいで、出来る事は安静にする事だけ。 精神的にいっぱいいっぱいな上動きたくても動けない私にはキツイ一言でした。 夜中何度も何度も起きては授乳し、時には授乳してもオムツを変えても、縦抱きにしても横抱きにしても歩いても何をしても泣き止まず、ただ色んな事をためして何時間も泣き止むのを待つ生活が何週間も続き、朝方になるとぐっすり寝るので同じく自分も寝かせてもらって、夫が長女に朝ごはんを食べさせてくれていて、分担して手伝ってくれて嬉しいと思ったらある日突然「いつ長女のお母さんに戻るの?いつになったら母親らしくなる?いつになったら2人の母親として普通の生活してくれる?」とキレられました。 昨日二人目出産。 なのに、その夜から長女が発熱してしまいました。 自営業の主人は、ほんとは今日は午前だけ仕事の予定でしたが、1日休みにし、娘の通院と看病をしてくれています。 今までは、娘が体調崩すと丸投げされていた感があり、私も辛くてしんどくて、娘の前で泣いたりしたこともあったけど、今回は『任せとけ!なんとかする!!』と言ってくれて、助かっています。 幸い、娘の熱はインフルとかではないようなので良かったと胸をなで下ろしております。 そう言えば、娘が小さいとき、どんなに泣いても起きなかった主人が、いつの間にか、娘が夜中にトイレで起きたりしたときに、起きて連れてってくれるようになったのも成長だなぁと思いました。 妊娠中は、自分のトイレが頻繁すぎて、娘のトイレにまで付き合いきれなかったからほんとに助かりました。 頑張れ!世の中のお父さん!!• 1人目 抱っこしていても泣き止まないので、ママじゃないとダメみたいは当たり前 もう二度と見れないから、と言われこともあります。

次の

実家に里帰りで産後うつになる!? 実母にかけがえのない応援団になってもらう方法とは?

産後うつ 実家

レポート 【はじめに】 川島高之FJ理事 先日、女性アナウンサーの衝撃的な自殺のニュースが流れ、その要因が「産後うつ」という報道があり、ショックを受けた方も多いのではないかと思います。 産後うつの解決にはシンプルな方法はなく、いろいろな問題が絡み合ってくると思います。 しかし、一つ確実に言えるのは、父親の存在です。 父親が主体的に育児をする、ママの強力なサポーターになる、父親が地域活動に参加し、地域の中で子どもを育てるということが、問題解決の糸口や大きな要因になるのではと思います。 産後うつに限らず、児童虐待、いじめ、子どもの不登校などさまざまな社会問題も視野に入れながら、議論していかれればと思います。 小崎恭弘FJ理事 今回、このフォーラムを実施するにあたり、プロジェクトチームを作り、中心となって引っ張ってくれたメンバーがいます。 彼の奥さんが、産後うつ的な状況にある中、彼のたくさんの想いをメンバーにメール送信してくれていました。 そんな中、奥さんの体調がさらに悪化という状況になり、「一番大事な奥さんのところにいてあげて欲しい」ということで、彼は今日、欠席しています。 彼からメッセージが届いています。 「ぜひイマジネーションを持って欲しい。 自分の愛する人が、24時間、365日、本当につらい思いをしているときに、自分は何ができるのか。 そういうイマジネーションを持つきっかけになる場にして欲しい」ということです。 まず、現状のお話しからしましょう。 赤ちゃんの出産後は、5日で退院するところがほとんどです。 その後は、生後1カ月健診ということで、赤ちゃんの成長発達の確認と、お母さんの体の回復のチェックと、おっぱいの確認などがされると思います。 赤ちゃんはその後、定期検診などがありますが、お母さんに対するケアは、産婦人科ではやっていないというのが現状でしょう。 「産後うつ」には、10~15%がなると言われていますが、誰でもなりうるものです。 産後うつになりやすい人は、まじめ、几帳面、何事にも一生懸命な人……。 また家族環境にもよります。 夫と2人の核家族で孤立している場合、逆に、姑と一緒に生活していることによるストレスなどが引き金になる場合もあります。 不妊治療、低出生体重児、早産、帝王切開による出産、産後の大量出血など……、さまざまな要因があります。 出産後は、赤ちゃんの検診や病気で小児科に行くことは多くあります。 でも、小児科ですから、子どもについての診察や相談には応じてくれますが、お母さん自身の相談をするのはなかなか難しいでしょう。 お母さん自身、追いつめられた気持ちになっても、ひどい状態でないと精神科に行くのもためらわれると思います。 そんなこともあり、私のクリニックでは、心と体の両方を診られるようにと、心療内科のドクター、そして臨床心理士、カウンセラーを配備しています。 産後うつは、誰でもなりうるものですし、1人目の時には大丈夫でも、2人目の時になることもあります。 同僚の産婦人科医も2人目出産後に産後うつになり、「先生、産後うつって、本当にあるんですね」と言っていました。 産婦人科医自体、出産後のお母さんに会う機会がほとんどありませんから、知識として知っていても、実感がない医師が多くいます。 もちろん、小児科医でも産後うつを気にかけている医師もいますし、自治体では「こんにちは赤ちゃん事業」という産後のお宅訪問を実施し、赤ちゃんやお母さんの様子を確認したり相談にのっています。 でも、本当に困っているお母さんは、どこでだれに見つけてもらうかということが、とても重要だと思います。 産婦人科医、精神科医、保健所……と、専門機関はありますが、「産後うつ」の専門医はいません。 産婦人科医は、ガンやお産、不妊などは診ますが、産後のことについてはほとんどやっていないと言うのが現状です。 産後うつは、急激にと言うことはなく、徐々に悪くなるケースがほとんどですから、早い段階でカウンセリングなどのサポートで改善できるものだと思います。 薬物療法は1~2割に適用されると思いますが、早期ならカウンセリングでも、薬物と同等の効果があるのではないでしょうか。 でも、現在はそのようなサポート機関が少なく、どこで診てもらったらいいのかわかりません。 また、産後うつの場合、身内が病気を隠す場合が多いので、余計に病気や対処法をわかりにくくしていると思います。 逆に「産後うつ」という言葉が一人歩きしてしまって、産後にうつ状態になると、何でも「産後うつ」と言ってしまって、本物の病気が見えにくくなるケースもあります。 出産年齢が上がっていることもあり、もともと「うつ傾向」だった人が、妊娠・出産によって悪くなるケースもあります。 この場合は、産後うつという言葉に惑わされると正しい治療ができなくなる場合もあり、元の病気自体をコントロールする必要があります。 特に日本の場合、極端に情報に左右される場合がありますから、「産後うつ」について正しく知ることが大切です。 そして必要な人には、できるだけみなさんでサポートをしていただけるといいなと思っています。 産後ハイの後、産後うつに。 パートナーへの想像力と共感を 吉田紫磨子(産後うつを体験したママ) 妊娠中は、妊娠・出産オタクでした。 とにかく出産をゴールに頑張っていたという感じです。 1時間くらいで赤ちゃんをつるんと出産でき、産後はとにかくハイテンション。 退院した日にベビーマッサージをしたり、夜中に散歩に出かけたり……。 体はあちこち痛いのに、体の痛みに自分自身が気づいていませんでした。 夫の育休は2日間。 会社の同僚は「奥さん出産したんだったらヒマだよね。 飲みに行こう」という感じでした。 おかしいと気づいたのは、産後4カ月目の頃でした。 それから約4カ月間、産後うつが続きました。 起きられない、手足がしびれる、嘔吐……。 精神科に行こうか、心療内科に行くべきか、でも母乳育児をしているので、投薬はイヤ……、あれこれ悩みながら、電話番号を調べるタウンページが重くて持ち上げられない。 たくさんの思いが募ってたくさんしゃべりたいのに、夫が帰ってくるとしゃべれない。 腱鞘炎になって、赤ちゃんを抱っこするのも苦痛。 母乳育児への執着があり、結局診察も受けませんでした。 その時の夫は、腫れ物に触るような感じ。 夫のせいいっぱいのほめ言葉は「赤ちゃん、かわいいね」でした。 でも、その言葉自体が、私にはしゃくにさわる……。 夫はかわいいその瞬間しか見ていないくせに、と。 今思うと、子どもにではなく、私自身に声をかけて欲しかったのだと思います。 耳鳴りがして、涙が止まらず、死にたいとまで思うようになりました。 産後8カ月の時に、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。 自分の言葉で話すこと、自分にお金をかけること、子どもを短時間ずつ預け仕事を始め、少しずつ産後うつから治癒していきました。 第2子の時には、第1子のときの教訓から、お金を使ってサポートを受けました。 第3子の時にはたくさんの人に支えてもらい、とてもステキな産後生活を送れたと思います。 男性のみなさんにお願いしたいのは、家事・育児万能であるよりも、パートナーに対する想像力と共感を持って欲しいということ。 夫婦二人だけで乗り切ろうとしないこと。 風通しのいいパートナーシップを築きあげていって欲しいということです。 産後うつの妻のサポートは、紆余曲折の末、夫婦協調型に Nさん(妻が産後うつだったパパ) 妻が産後うつになったときには、「なぜ、産後うつになってしまったのか?」と、自分が被害者のような感覚でした。 7年前、上の子が4歳の産後でした。 その頃私は、金融機関に勤め、管理職になったばかり。 仕事にもやりがいを感じていました。 妻は学校関係の仕事をしていて、1人目の産後は多少調子を崩したようでしたが、たいしたことはなく、普通に生活を送っていました。 そして2人目の子が産まれた後、妻は産後うつになりました。 1人目の子どもの産後は、赤ちゃん1人に親が2人ですが、2人目は子ども2人に親2人。 パパが仕事中には、ママ1人で2人の面倒を見ることになります。 上の子がアトピーだったこともあり、育児への自信を失っていたということもあったかもしれません。 産後の不調をきっかけに、妻の長いうつ病生活が始まりました。 第一ステージは「大変って言っても、自分は仕事しているんだし、(ママは)育休中なんだから頑張ってよ」という感じ。 自分は妻に気を遣っているのに、症状はだんだん悪化……、妻の元気がだんだんなくなってくる……。 仕事から帰ると、ご飯も風呂もまだ、お腹をすかせた子どもが惨殺体のように寝ている……。 ネグレクトっぽい状態だったと思います。 第2ステージでは、妻が大変なのだからということで、ベビーシッターを頼みました。 家政婦さんも頼みました。 3時間ずつ交替で来てもらって、土日は自分が家事育児、すべてをしました。 「クリニックに行って来たら」と妻を送り出し、診断は「産後うつ病」でした。 何もせずにゆっくりすることが大事とのこと。 ベビーシッターも、お手伝いさんも揃えて、医者にも診てもらって自分としては万全の体制。 この体制は経済的にかなり大変でしたから、自分では仕事を頑張りました。 それでも、しかし、それだから、妻は一向によくならず、逆に抗うつ薬が不適合だったためか、攻撃的な躁状態になってしまいました。 ある日、ショッピングセンターに行ったときのこと。 妻は、ぐずった上の子をエスカレーターから突き飛ばしました。 そんなことがあり、妻とゆっくりと話す時間を持ちました。 妻は「ベビーシッターや、お手伝いさんは、他人だし、結局自分が指示を出さなくてはならない」と。 私がよかれと思ってやったことは、妻に精神的な負担を増やしてしまっていたようです。 第3ステージは、自力フルパワー型。 弁当を毎日作り、保育園の送り迎え、夕飯を作り、風呂に入れ、子どもを寝かしつけ、もう一度出社して仕事をする毎日……。 しかも、妻のうつは、すぐに治るわけでもなく……。 実家の親も手伝ってくれたのですが、妻に手の震えが出てきてしまいました。 妻としては「私は何もしていない。 そういう私ってどうなの?」と、自分の存在意義に自信がなくなってしまったようでした。 そして現在の、夫婦協調型に。 私は転職を決意し、1カ月間、日中夫婦2人で過ごしました。 ボーッとしたり、2人で散歩したり……。 そんな毎日を過ごしているうちに、表情が薄かった妻は、並んで歩けるようにまでなりました。 「ママだけど、子どもが好きじゃない」と言われましたが、「産んでくれただけで感謝している」と伝えました。 今は、家事、育児、妻の介護にできるだけ時間を融通し、カウンセリングにも付き添っています。 紆余曲折がありましたが、妻にとっては身内のサポートが、何よりの特効薬だったのだと思います。 動けるようになった2004年に「ママブルーネットワーク」を開設しました。 産後うつ体験者がこういう体験をしたとか、こうやって回復したと言っても、理論上あり得ないとか、それは産後うつ病ではない、ただなまけているだけ……という言葉が浴びせられることがあります。 周囲からの思い込みによって、産後うつで苦しんでいる方を取りこぼしているケースもあると思います。 私自身、何度も自殺未遂をしました。 日中の記憶が飛ぶことがあり、自分が子どもに何をしているかわからず、とても不安にかられました。 危険な私を息子から遠ざけたいと思い、自殺をはかりましたが、死ぬことができませんでした。 精神科に入院したときには、「これでわが子に危害を加えなくて済む。 息子の安全が確保された」とほっとして泣きました。 当時、欲しかったのは情報です。 13年前に出産し、周囲からのサポートもなく、「自分が産後うつだった」ということもわかりませんでした。 闘病中は、治るのかと不安でしたが、治ったら体験談を伝えて、同じように苦しんでいる人の役に立てればと思いました。 ママブルーでは、携帯メールも受けています。 自分の悩みはもちろんですが、母乳と服薬の両立の悩みや、夫との関係の悩みが多く寄せられます。 夫は一生懸命にサポートしてくれようとしているけれど、ちょっとずれているということが、多いようです。 疲れている様子だから元気づけようとケーキを買ってきてくれるけれど、おっぱいが詰まりやすく困ったとか。 疲れているのに「気分転換にサイクリングに行って来なよ」とか。 気を遣って夫がしてくれることと、妻がして欲しいことがずれている。 「何をして欲しい?」と聞いてくれなかったという声が多くあります。 もう一つは、産後うつの妻を支える夫自身が限界を超えないこと。 全て自分だけで何とかしようとしないことが大切です。 無理のないサポートをしないと、夫婦共倒れになってしまいます。 まずは産後うつについて、情報を集め、調べること。 そして夫は自分自身の限界を知ること。 グチは受け止めず聞き流すこと。 自分を大切にすること。 求められる以上のことをしないこと。 自分ができないことは言わない、発言と行動を一致させることが大切です。 また、産後うつの女性は、虐待不安が高く、現在、虐待と関連付けて報道されることが少なくないため、受診が遅れたり重症になるまで我慢してしまうことが多々あります。 こうしたことも、今後の重要課題のひとつに取り上げていただければと思っています。 会話の時間をもっと取れるといいのだけれど Aママ(産後5カ月半) 平日の生活は夫の仕事が忙しくて帰りが遅く、コミュニケーションを取る時間が少ないというのが不安に思っているところです。 家事を手伝ってくれたり、週末出かけたりということはできるけれど、平日は朝少し会話する程度です。 日常生活では、ささいなことですが、子どもを連れて買い物に行ってくれたり。 30分、1時間でも一人の時間ができるとホッとできて助かっています。 あと、お願いすると家事は何でもしてくれますし、土日は育児をお休みさせてもらって、夫に手伝ってもらっています。 助産師と出会う最初は妊娠中ですが、健診時に毎回担当が変わることもあり、1人の女性に対して、点でしか関わっていないというのが現状です。 出産時は長い陣痛を一緒に過ごすパートナーですが、産後は母乳や育児技術の指導、新生児訪問などで、産後のママとの接点は細切れになってしまいます。 産後うつのリスクを高めている社会化の変化を見ると、一つは出産年齢の高齢化があげられます。 母親自身の体力への不安や赤ちゃんのリスクへの不安、親も高齢になっていて頼れないというのが現状。 パートナーも働き盛りで多忙、職場でキャリアを積んできた女性だけに、思い通りにならない赤ちゃんへの感覚的なギャップが大きい。 さらに入院期間の短縮化により、体を十分に休められないということもあります。 助産師として、体のケア、心のケア、パートナー・家族の支援を行っていますが、最近、自尊感情の低い妊婦さんが多い傾向にあります。 育児に対して、自分に対して自信がなく、「これでいい?」「もっとしてあげなくては?」と、いつも合格点を求める傾向にあるように思います。 妊娠中の両親学級では沐浴などの育児技術や出産時のサポートの仕方などが中心となっていますが、プレママ・プレパパの両方に女性の出産前後の心理的変化や、メンタルヘルスの視点を伝えることも大切。 また、祖父母世代の育児方法とのギャップを埋めるための孫育て講座の普及も重要と考えます。 助産師会としての今後の課題は、妊娠中から、出産・産後まで含めた継続的な支援。 産後うつに関しては、助産師のメンタルヘルスケア力、発見力の強化や、精神科医師との連携も必要であると思っています。 産後の女性の体と心をケアする体制作りに、NPOの力も利用を 吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ代表) 10人に1人は産後うつと言われていますが、それはあくまで診断を受け、病名を見立てられた人の数。 たとえば、先ほど発表した吉田さんのように、病院に行かず診断されていない数は含まれていませんから、産後うつになっている割合はもっと多いと思います。 妊娠中は何かと大切にされますが、産後の方が体はしんどいもの。 産後は赤ちゃんとの生活をスタートさせる大切な時期。 その時に、体も心も、シワシワ、ボロボロ、ガタガタになってしまうと、「私だけ?」ととても不安になることもあるでしょう。 妊娠中は健診費用の一部負担や無料で受けられる母親学級などがあり、出産時は国民健康保険から出産一時金が支払われます。 産後、赤ちゃんには無料で受けられる定期検診や予防接種、医療費が無料になるなどの公的な支援がありますが、産後の女性をケアする体制は全く取られていません。 産後は、体のケアも心のケアも必要で マドレボニータでは、産後のヘルスケアプログラムを開発し、母親たちの集まる現場で研究改良を重ねてきました。 有酸素運動、コミュニケーション、セルフケアを3本柱としたプログラムを実施しています。 うつになってしまってからでは、運動もできませんから、そうなる前の対処が大切です。 母親たちは運動などのリフレッシュだけでは満たされません。 自分を認めてもらいたい、自己表現したいという欲求を持っています。 赤ちゃんと2人でいると会話がありません。 大人同士の会話が必要です。 そのためにもプログラムにコミュニケーションのワークを組み込んでいます。 産後うつ、発症手前の人は約8割。 産後の教室というと、「元気なお母さんが行くところ」というイメージがあるようですが、必死の思いで教室にたどり着くお母さん達もたくさんいるのです。 産後のエクササイズやワークショップはママの娯楽ではなく、切実に必要な産後のリハビリととらえ、夫はその重要性を理解して、快く送り出してあげて欲しいと思います。

次の

産後うつ体験談①~発症の原因~

産後うつ 実家

こんにちは。 初めましての方も、いつもご覧になって下さる方も、貴重な時間を割いて当ブログにお越し頂き、本当にありがとうございます。 プロフィール欄にも記載している通り、私は重度の産後うつで約8ヶ月間治療していました。 そこでこれから数回に渡り、産後うつの闘病記録について残したいと思います。 とはいえ、ただの体験談では皆さんのお役に立てないと思うので、少しでも回復のヒントになりそうなことを書いていきます。 具体的には• 産後うつの原因と症状• 病院の選び方• 治療方法&経過• 子育てに関する間違った考え方• 夫婦で話し合った事• 家事、育児、仕事で工夫した点• 産後うつ中に読んで救われた本や言葉• 産後うつになる前に!産直後に利用できるサービス などを、お伝えしていきます。 今現在も治療中で苦しんでおられる方や、育児が楽しいと思えず辛い日々を過ごしている方の、少しでもお力になれたら幸いです。 今回は 【産後うつの原因】についてお話します。 産後うつの前兆 2018年9月 出産 幸いつわりも軽く、大きなトラブルがないまま臨月を迎えた私は、無事里帰り先の実家に戻り、残されたマタニティライフを楽しんでいました。 今振り返ればこの頃が一番、 出産や子育てに対して前向きな気持ちだったかもしれません。 ほどなくして、台風一過でよく晴れた日の午後、息子が産まれました。 分娩時間は21時間(前駆陣痛から合わせると34時間)と長く、出血多量でしばらくベッド上安静を余儀なくされ、産後数日は夜間のみ母子別室で過ごすこととなりました。 そして、息子と過ごす初めての夜。 おっぱいをあげても、オムツを変えても、夜通し泣き続ける我が子。 産院でも人一倍泣いていました。 退院してからもその様子は変わらず、寝かしつけに2時間以上かかるなんてことは当たり前。 やっと寝たと思えば、すぐに泣いてまた寝かしつけに数時間を要す…。 様々なネントレ方法やグッズを試してみましたが、一時的な効果しかなく、とにかくママの抱っこ以外で寝かしつけるのは不可能でした。 幼稚園教諭・保育士の資格を持ち、3人の娘を育ててきた私の母も「こんなに泣く子は滅多に見ない。 」とお手上げ状態。 私自身も、 産後の急激なホルモンバランスの崩れから、いわゆるガルガル期に突入していたこともあり、素直に実母に甘えることができませんでした。 この頃から、子育ては人に頼らず 【母親の自分がなんとかするしかない】という、間違った考え方が芽生えていきます。 里帰り先の実家から自宅に戻る日が差し迫っていたこともあって、余計に強くそう感じていました。 2018年10月 自宅での生活開始 1ヶ月間の里帰りを終え自宅に戻ってからも、息子の様子は変わりません。 結婚を機にこの地に引っ越してきた私は、夫以外に頼れる人がおらず、毎日息子と2人きりで過ごしていました。 夫は家事・育児に協力的ではありましたが、先日投稿した記事の通り、この頃はまだ子育てにおいて私=社長/夫=社員の関係性で、いつも私からの指示で動く状態。 共同経営責任者ではなかったのです。 関連記事: その上、夫の仕事は週2日の夜勤があり、水曜日に出勤した後は金曜日の朝まで帰らず、夜勤から帰宅しても疲労困憊。 電車で15分ほどの距離には義母が住んでいましたが、この頃はまだお互い気を遣い合っていて、世間話をする程度の関係性。 身内にすら、頼りたくてもなかなか頼れない状況でした。 2018年12月 ママ友作りに奮闘 朝から晩まで息子と2人きりで過ごすことにも限界を感じ、初めての育児に不安を抱えていたため、気軽に相談できるママ友が必要だと思い始めました。 そこで、地域の子育てイベントに出かけたり、インスタグラムで知り合ったママ達に会ったりと、毎日必死に外出するようになりました。 しかし、この行動が後に仇となり、産後うつを引き起こす要因の一つとなります。 ただでさえ寝不足で疲れているのに、その身体にムチを打ち、外に出かけ、気疲れし…という悪循環。 でも当時は、 これが最善の方法だと信じていました。 もちろん、その時に出会ったママ友達とは今でも仲良くしているので、得たものは沢山あります。 が、そうして同月齢の子供達と触れ合う機会が増える分、他人と我が子を比べて、落ち込むことも増えました。

次の