悲しみ の 忘れ 方。 悲しみの忘れ方(乃木坂46)フル動画無料視聴の方法は?配信サイトを比較!1番お得はどれ?|movie

悲しみを忘れるための11個の方法

悲しみ の 忘れ 方

悲しいことがあると、気持ちが落ち込んでしまって何も考えられなくなったり、涙が自然と溢れてきたりしますよね。 悲しい時には気が済むまで悲しんだ方が良いですが、仕事やプライベートでやることが多いと、十分に悲しみを発散出来ないままズルズルと暗い気持ちを引きずってしまいます。 出来るだけ早く悲しみから解放されるためにも、悲しみを忘れるための11個の方法をご紹介します。 悲しみを忘れるための11個の方法 悲しい気持ちがある内は、どこにいても何をしていても気持ちが沈んでしまい、目の前のことにも集中出来なくなってしまいますよね。 しかし、悲しみにばかりかまけていては、するべきことがきちんと出来なくなってしまいます。 早く前を向いて立ち直るためにも、以下に悲しみを忘れるための方法をご紹介していきます。 1、新しい趣味を始める 気持ちが落ち込んでいる時には、何をしても無駄と思えるかもしれません。 しかし、あれこれとやっている内に、気付けばそれに没頭して悲しい気持ちを忘れていることがあります。 その没頭出来るものを探すためにも、悲しい時には自分にとって新しい趣味を見つけるのがおすすめです。 最初は気のりしないかもしれませんが、とにかく行動をしてみましょう。 あれこれと新しいことにチャレンジしている内に、自然とそれに夢中になり、悲しい気持ちが晴れるかもしれません。 ワクワクすればするほど良い 新しい趣味は、気持ちがワクワクすればするほどに良いです。 ワクワクするということは、今自分がやっていることに対して熱中して楽しんでいるということです。 そうなれば、悲しい気持ちなんてどこかへ飛んで行ってしまいます。 実際に趣味を見つけるまでは長いかもしれませんが、見つけてしまえばその後の気持ちの回復は早いでしょう。 2、悲しみを押し殺さない 悲しい時にその悲しみを押し殺してしまうと逆効果になってしまいます。 経験のある人ならば分かると思いますが、悲しい時には何をしていてもそのことばかりが頭の中をぐるぐる巡ってしまいます。 それを無理に押し殺そうとすると余計にそのことばかり考えてしまいます。 また、涙をこらえるのも、感情を自分の内に溜め込んでしまうことになりますので、こらえずに泣きたいだけ泣いた方が良いのです。 悲しむことは回復に繋がる 悲しみを忘れるためには、一時その悲しみに心底浸ってしまうのが最も回復が早いです。 もうこれ以上は落ち込めないというところまで落ち込んでしまえば、あとは上がっていくだけになります。 とことん悲しむことで気は済みますし、晴れることもあります。 悲しい時には我慢せずにとことん悲しみましょう。 3、自分のペースで立ち直る 悲しみは、無理に立ち直らせようとすると余計にその重みが増してしまいます。 そのため、悲しんでいる時には、「いつまでに立ち直らなきゃ」と自分に制限を課すのは止めましょう。 悲しむ時にはそれだけに夢中になり、他のことは余計なことだと考えないようにしましょう。 そうして自分のペースを保つことで、自然と気持ちが回復していきます。 立ち直るよう急かさない 落ち込んでいる時に、周りが早く立ち直れと急かすこともありますが、それは気にしなくても大丈夫です。 また、自分自身で「早く立ち直らなくちゃ」と急ぐような真似も止めましょう。 すべては時間が自然と解決してくれます。 急いで立ち直ろうとしても、応急手当だけをしてその後のケアはろくに行わないのと同じことです。 その場だけ立ち直ったようにみせても、心の奥底では傷はずっと残り続けてしまいます。 そうならないためにも、自分を早く立ち直らせようと急かすのは止めましょう。 4、周囲の無理解を気にしない 周囲の人が自分の悲しみを理解してくれないことがありますが、それはある意味で当然のことなのです。 他人の気持ちになったようにある程度の共感は出来ても、他人の気持ちを心底から理解することなど、到底出来ることではありません。 そのため、周りの人たちが自分の気持ちを理解してくれないからといって、それで落ち込む必要はありません。 他人の無理解など気にせず、自分の気持ちだけに集中しましょう。 何を言われても受け流す 他人の無理解を嘆いている間は、どうしても周囲の反応に踊らされてしまいます。 しかし、悲しい時にこそ「しょせんこの気持ちは自分にしか分からない」と割り切ってしまうことで、周りに何を言われても自然と受け流せるようになります。 周りの反応を気にしたくないと思う時は、敢えて一時周りと自分との関係性や絆を切り離して考えてしまうのも一つの方法です。 5、悲しかったことを書き出す 自分が悲しかったことをノートや紙に書き出すことで、段々と頭が冷静になって物事の整理がつくようになります。 最初の内は感情的に殴り書きをしても構いません。 要は「何故自分が悲しい気持ちになったのか」が、改めて自分で理解出来ればいいのです。 そうして自分の気持ちに納得出来たら、次に自分がどうすれば良いのかを自然と考えられるようになります。 安心して脳が忘れられる 悲しみを整理することによって、何故自分がそのような気持ちになり、どうすれば良いのかを考えることが出来るようになります。 そしてその出来事に対して自分自身が納得出来ることで、脳は安心してその悲しみを忘れることが出来るのです。 そのためには、一度悲しみの原因を自分でしっかりと受け止める必要がありますが、それさえ出来れば気持ちの回復は早いでしょう。 6、過去より現在をどうにかする 悲しみとは、過去に起こった出来事によって自分が悲しんでいる状態を指します。 そのため、冷静に考えると過去に起こってしまったことよりも、現在そしてこの先をどうするべきかをしっかりと見据えていく必要があります。 悲しい気持ちの時にはその感情しか頭にないかもしれませんが、一通り悲しんだ後にはこの先をどうするべきかをしっかりと考えていきましょう。 過ぎ去ったことは変えられないと理解する 過去は変えることは出来ませんし、後悔してもどうにも出来ません。 それが分かっていても悲しい気持ちは沸いてくるものですが、過ぎ去ったことはもう変えられないのだと自分で理解することが出来れば、そこからどうしていけば良いのかを冷静に考えることが出来るようになります。 7、悲しい理由をじっくり見つめる 悲しい気持ちに支配されている時には、その悲しい理由を分かってはいても、自分でしっかりとそれを見つめて理解することを心が拒むことがあります。 そうなると、いつまでも悲しい気持ちが続き、解消するのに時間がかかってしまいます。 しかし、悲しい時には何故自分がそんなに悲しいのかの理由を、じっくりと見つめる必要があります。 そうすることで次第に頭が冷静になり、理性的な考えが出来るようになってきます。 視点を変えて考えていく 悲しい時には、ただ「悲しい」という一面からの物の見方に偏ってしまうことが多いです。 しかし、そこで視点を変えて考えていくことが出来れば、どうして悲しいのか、どうすれば良かったのかなどがじっくりと考えることが出来るようになります。 視点を変えた考えは、自分の気持ちを整理するためにも必要ですので、一通り悲しんだ後には考え方の視点を変えるように努めましょう。 8、仕事に没頭する 悲しい気持ちで落ち込んでしまう時には、いっそ仕事に没頭して気分を紛らわせるという方法もあります。 仕事は必ずやらなければならないことですし、仕事内容には責任が付きまといます。 そのため、嫌でも集中して行わなければならないため、仕事に打ち込んでいると次第にそれに没頭して、いつしか悲しい気持ちを忘れてしまっていることもありますので、悲しい時には仕事に打ち込んでみるのも良いかもしれません。 悲しくなることを後回しにする 悲しみの感情は、時間があったり手持無沙汰だったりすればするほど余計にその感情に支配されてしまいます。 そのため、出来るだけ悲しみに浸る余裕がないように自分を忙しくするのも一つの方法です。 仕事は絶対にやらなければならないことですし、打ち込めば打ち込むだけ成果も出ますので、悲しい気持ちを紛らわせたい時には自分を忙しくて、悲しい感情を後回しにするのも良いかもしれませんね。 その過去の出来事をいつまでも悲しんでいても、前には進ません。 そのため、起こってしまったことは仕方がないと考えるのと同様に、悲しいことも仕方がないことなのだと捉えるようにしましょう。 そうすることで、自分の中に諦めの感情が出てきます。 諦めは良くないイメージがありますが、この場合には早めに諦めの感情を抱くことで、悲しみの感情を切り捨てて早く次へと進むことが出来ます。 覚悟をしておけば強い悲しみに襲われない 悲しい気持ちを和らげる方法の一つに、予め覚悟をしておくことがあります。 これは予期せぬ悲しい出来事の場合にはどうにもならないことですが、「もしかしたら・・」と思うような場合には、最初から最悪のケースを想定しておくことで、実際にそれが起こってもある程度は冷静に事実を受け止めることが出来ます。 もちろん実際に起これば悲しい気持ちにはなるでしょうが、強い悲しみの感情には襲われずに済みますので、その分早く立ち直ることが出来ます。 10、思い出すきっかけをなくす もしあなたの周りに悲しい出来事を思い出すようなきっかけがいくつもある場合には、それを失くしていくことで悲しい気持ちを思い出さずに済むことが出来ます。 例えば恋人にフラれて悲しい時には、これまでの二人の思い出を自然と思い出させるような物を率先して捨てることで、いちいち悲しみに耽る機会が少なくなります。 思い出すきっかけをなくすことは難しいかもしれませんが、そこで踏ん切りをつけて行動することでその後の自分のためになります。 思いを断ち切る覚悟を持つ 思い出すきっかけをなくすということは、それまでの様々な思い出を捨てることでもあります。 思いを断ち切るにはそれまで以上の覚悟を持つ必要がありますが、それを持つことで確実にその後の自分が成長していくことが出来ます。 いつまでも悲しい気持ちに囚われるのが嫌だと思うのなら、ここで覚悟を決めることも必要だと思いましょう。 11、誰かに話を聞いてもらう 悲しみを理解してもらうことは出来なくても、誰かに話を聞いてもらうことで多少は気持ちがスッキリ出来ます。 また、口に出して人に話すことで、話しながら自分の気持ちを整理することも出来ます。 誰かに話を聞いてもらうことは、紙に自分の気持ちを書き出して整理するのと同じくらいの効果がありますので、悲しい時には親しい人や友人などに話を聞いてもらうのも良いでしょう。 心の負担が軽くなる 誰かに自分の気持ちを話すと不思議なもので、今まで心に感じていた負担が軽くなります。 心の負担が軽くなると、気持ちが冷静になって自分が何故悲しい気持ちになったのか、そしてこれからどうすれば良いのかなどを考える余裕が生まれます。 そうすれば気持ちの回復も早いため、辛い時にはまず誰かにその気持ちを聞いてもらうのが良いでしょう。 忘れたいのに忘れられない記憶 自分が悲しいと思う出来事があった時には、それを忘れたいと思えば思うほどに、何故か強烈に心に焼き付いて忘れられなくなってしまうことってありますよね。 それほど心の痛みが強く、悲しみが頭の中に残ってしまうことで、忘れられない記憶となってしまいます。 どうしたって思い出してしまう… どれだけ他のことに没頭しようとしても、また何人に話を聞いてもらっても、それでも忘れられない出来事も中にはあります。 その場合は、自然と時間の経過と共に考える機会が減っていくのを待つしかありません。 早く忘れたいと思っても、そう考えていることがすでに悲しいことを思い出してしまっている状態ですので、「早く忘れたい」と思っている内は、中々心が晴れないことも多いのです。 どうして忘れられないの? 悲しい出来事を忘れられないのは、どうしてなのでしょうか?忘れようとすればするほどに、何故か思い出してしまうことってありますよね。 悲しい出来事というのは、嫌な出来事と同様に思い出したくないと考えることで、さらに思い出してしまいます。 それは、そう考えている内はどうしても忘れることは出来ないのです。 あえて思い出そうとしている 「早く忘れたい」「思い出したくない」と思うことで、あえて脳がその出来事を思い出そうとしていることがあります。 それは忘れたいと思っている本人にとってはまったくの無意識なので、何故忘れようとしても忘れられないのかと余計に悩むことになってしまいます。 しかし、「忘れたい」と考えることで、「一体何を忘れたいのか」ということまで脳は一緒に思い出させてしまうため、結果として中々忘れることが出来ないのです。 自分の中で整理が出来ていない 悲しいことがあった時に、何故その出来事が起こったのか、何故自分が悲しいのかを自分の中で上手く整理が出来ていない内は、どうしてもそれを忘れることは出来ません。 いつまでももやもやとした晴れない感情が心の内に残ってしまうため、ふとした瞬間に直ぐに思い出しやすくなってしまうのです。 未来に希望が持てない 例え自分がどうして悲しんでいるのかの理由をきちっと自分自身で理解していたとしても、そこから先の未来に希望が持てない内は気持ちの切り替えが出来ずに、いつまでも悲しい気持ちのままで沈んでしまいます。 悲しい気持ちは、それを晴らすきっかけとなるものがなければ早々忘れることは出来ないのです。 これからどうしていくかは『今なにをするか』が大事 過去は変えることが出来ません。 また、これから先の未来を明るいものに変えていくためには、「今自分が何をするか」をきちっと理解して行動する必要があります。 過去の悲しみ同様に、この先もずっと悲しいままでいいという人なんてそういません。 悲しみから早く逃れたければ、それを自分の中でしっかりと受け入れて次へ繋げていくために、今するべきことをきちんと考えることが一番大事なことなのです。 【悲しい気持ちについては、こちらの記事もチェック!】•

次の

映画『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』はHulu・U

悲しみ の 忘れ 方

悲しいことがあると、気持ちが落ち込んでしまって何も考えられなくなったり、涙が自然と溢れてきたりしますよね。 悲しい時には気が済むまで悲しんだ方が良いですが、仕事やプライベートでやることが多いと、十分に悲しみを発散出来ないままズルズルと暗い気持ちを引きずってしまいます。 出来るだけ早く悲しみから解放されるためにも、悲しみを忘れるための11個の方法をご紹介します。 悲しみを忘れるための11個の方法 悲しい気持ちがある内は、どこにいても何をしていても気持ちが沈んでしまい、目の前のことにも集中出来なくなってしまいますよね。 しかし、悲しみにばかりかまけていては、するべきことがきちんと出来なくなってしまいます。 早く前を向いて立ち直るためにも、以下に悲しみを忘れるための方法をご紹介していきます。 1、新しい趣味を始める 気持ちが落ち込んでいる時には、何をしても無駄と思えるかもしれません。 しかし、あれこれとやっている内に、気付けばそれに没頭して悲しい気持ちを忘れていることがあります。 その没頭出来るものを探すためにも、悲しい時には自分にとって新しい趣味を見つけるのがおすすめです。 最初は気のりしないかもしれませんが、とにかく行動をしてみましょう。 あれこれと新しいことにチャレンジしている内に、自然とそれに夢中になり、悲しい気持ちが晴れるかもしれません。 ワクワクすればするほど良い 新しい趣味は、気持ちがワクワクすればするほどに良いです。 ワクワクするということは、今自分がやっていることに対して熱中して楽しんでいるということです。 そうなれば、悲しい気持ちなんてどこかへ飛んで行ってしまいます。 実際に趣味を見つけるまでは長いかもしれませんが、見つけてしまえばその後の気持ちの回復は早いでしょう。 2、悲しみを押し殺さない 悲しい時にその悲しみを押し殺してしまうと逆効果になってしまいます。 経験のある人ならば分かると思いますが、悲しい時には何をしていてもそのことばかりが頭の中をぐるぐる巡ってしまいます。 それを無理に押し殺そうとすると余計にそのことばかり考えてしまいます。 また、涙をこらえるのも、感情を自分の内に溜め込んでしまうことになりますので、こらえずに泣きたいだけ泣いた方が良いのです。 悲しむことは回復に繋がる 悲しみを忘れるためには、一時その悲しみに心底浸ってしまうのが最も回復が早いです。 もうこれ以上は落ち込めないというところまで落ち込んでしまえば、あとは上がっていくだけになります。 とことん悲しむことで気は済みますし、晴れることもあります。 悲しい時には我慢せずにとことん悲しみましょう。 3、自分のペースで立ち直る 悲しみは、無理に立ち直らせようとすると余計にその重みが増してしまいます。 そのため、悲しんでいる時には、「いつまでに立ち直らなきゃ」と自分に制限を課すのは止めましょう。 悲しむ時にはそれだけに夢中になり、他のことは余計なことだと考えないようにしましょう。 そうして自分のペースを保つことで、自然と気持ちが回復していきます。 立ち直るよう急かさない 落ち込んでいる時に、周りが早く立ち直れと急かすこともありますが、それは気にしなくても大丈夫です。 また、自分自身で「早く立ち直らなくちゃ」と急ぐような真似も止めましょう。 すべては時間が自然と解決してくれます。 急いで立ち直ろうとしても、応急手当だけをしてその後のケアはろくに行わないのと同じことです。 その場だけ立ち直ったようにみせても、心の奥底では傷はずっと残り続けてしまいます。 そうならないためにも、自分を早く立ち直らせようと急かすのは止めましょう。 4、周囲の無理解を気にしない 周囲の人が自分の悲しみを理解してくれないことがありますが、それはある意味で当然のことなのです。 他人の気持ちになったようにある程度の共感は出来ても、他人の気持ちを心底から理解することなど、到底出来ることではありません。 そのため、周りの人たちが自分の気持ちを理解してくれないからといって、それで落ち込む必要はありません。 他人の無理解など気にせず、自分の気持ちだけに集中しましょう。 何を言われても受け流す 他人の無理解を嘆いている間は、どうしても周囲の反応に踊らされてしまいます。 しかし、悲しい時にこそ「しょせんこの気持ちは自分にしか分からない」と割り切ってしまうことで、周りに何を言われても自然と受け流せるようになります。 周りの反応を気にしたくないと思う時は、敢えて一時周りと自分との関係性や絆を切り離して考えてしまうのも一つの方法です。 5、悲しかったことを書き出す 自分が悲しかったことをノートや紙に書き出すことで、段々と頭が冷静になって物事の整理がつくようになります。 最初の内は感情的に殴り書きをしても構いません。 要は「何故自分が悲しい気持ちになったのか」が、改めて自分で理解出来ればいいのです。 そうして自分の気持ちに納得出来たら、次に自分がどうすれば良いのかを自然と考えられるようになります。 安心して脳が忘れられる 悲しみを整理することによって、何故自分がそのような気持ちになり、どうすれば良いのかを考えることが出来るようになります。 そしてその出来事に対して自分自身が納得出来ることで、脳は安心してその悲しみを忘れることが出来るのです。 そのためには、一度悲しみの原因を自分でしっかりと受け止める必要がありますが、それさえ出来れば気持ちの回復は早いでしょう。 6、過去より現在をどうにかする 悲しみとは、過去に起こった出来事によって自分が悲しんでいる状態を指します。 そのため、冷静に考えると過去に起こってしまったことよりも、現在そしてこの先をどうするべきかをしっかりと見据えていく必要があります。 悲しい気持ちの時にはその感情しか頭にないかもしれませんが、一通り悲しんだ後にはこの先をどうするべきかをしっかりと考えていきましょう。 過ぎ去ったことは変えられないと理解する 過去は変えることは出来ませんし、後悔してもどうにも出来ません。 それが分かっていても悲しい気持ちは沸いてくるものですが、過ぎ去ったことはもう変えられないのだと自分で理解することが出来れば、そこからどうしていけば良いのかを冷静に考えることが出来るようになります。 7、悲しい理由をじっくり見つめる 悲しい気持ちに支配されている時には、その悲しい理由を分かってはいても、自分でしっかりとそれを見つめて理解することを心が拒むことがあります。 そうなると、いつまでも悲しい気持ちが続き、解消するのに時間がかかってしまいます。 しかし、悲しい時には何故自分がそんなに悲しいのかの理由を、じっくりと見つめる必要があります。 そうすることで次第に頭が冷静になり、理性的な考えが出来るようになってきます。 視点を変えて考えていく 悲しい時には、ただ「悲しい」という一面からの物の見方に偏ってしまうことが多いです。 しかし、そこで視点を変えて考えていくことが出来れば、どうして悲しいのか、どうすれば良かったのかなどがじっくりと考えることが出来るようになります。 視点を変えた考えは、自分の気持ちを整理するためにも必要ですので、一通り悲しんだ後には考え方の視点を変えるように努めましょう。 8、仕事に没頭する 悲しい気持ちで落ち込んでしまう時には、いっそ仕事に没頭して気分を紛らわせるという方法もあります。 仕事は必ずやらなければならないことですし、仕事内容には責任が付きまといます。 そのため、嫌でも集中して行わなければならないため、仕事に打ち込んでいると次第にそれに没頭して、いつしか悲しい気持ちを忘れてしまっていることもありますので、悲しい時には仕事に打ち込んでみるのも良いかもしれません。 悲しくなることを後回しにする 悲しみの感情は、時間があったり手持無沙汰だったりすればするほど余計にその感情に支配されてしまいます。 そのため、出来るだけ悲しみに浸る余裕がないように自分を忙しくするのも一つの方法です。 仕事は絶対にやらなければならないことですし、打ち込めば打ち込むだけ成果も出ますので、悲しい気持ちを紛らわせたい時には自分を忙しくて、悲しい感情を後回しにするのも良いかもしれませんね。 その過去の出来事をいつまでも悲しんでいても、前には進ません。 そのため、起こってしまったことは仕方がないと考えるのと同様に、悲しいことも仕方がないことなのだと捉えるようにしましょう。 そうすることで、自分の中に諦めの感情が出てきます。 諦めは良くないイメージがありますが、この場合には早めに諦めの感情を抱くことで、悲しみの感情を切り捨てて早く次へと進むことが出来ます。 覚悟をしておけば強い悲しみに襲われない 悲しい気持ちを和らげる方法の一つに、予め覚悟をしておくことがあります。 これは予期せぬ悲しい出来事の場合にはどうにもならないことですが、「もしかしたら・・」と思うような場合には、最初から最悪のケースを想定しておくことで、実際にそれが起こってもある程度は冷静に事実を受け止めることが出来ます。 もちろん実際に起これば悲しい気持ちにはなるでしょうが、強い悲しみの感情には襲われずに済みますので、その分早く立ち直ることが出来ます。 10、思い出すきっかけをなくす もしあなたの周りに悲しい出来事を思い出すようなきっかけがいくつもある場合には、それを失くしていくことで悲しい気持ちを思い出さずに済むことが出来ます。 例えば恋人にフラれて悲しい時には、これまでの二人の思い出を自然と思い出させるような物を率先して捨てることで、いちいち悲しみに耽る機会が少なくなります。 思い出すきっかけをなくすことは難しいかもしれませんが、そこで踏ん切りをつけて行動することでその後の自分のためになります。 思いを断ち切る覚悟を持つ 思い出すきっかけをなくすということは、それまでの様々な思い出を捨てることでもあります。 思いを断ち切るにはそれまで以上の覚悟を持つ必要がありますが、それを持つことで確実にその後の自分が成長していくことが出来ます。 いつまでも悲しい気持ちに囚われるのが嫌だと思うのなら、ここで覚悟を決めることも必要だと思いましょう。 11、誰かに話を聞いてもらう 悲しみを理解してもらうことは出来なくても、誰かに話を聞いてもらうことで多少は気持ちがスッキリ出来ます。 また、口に出して人に話すことで、話しながら自分の気持ちを整理することも出来ます。 誰かに話を聞いてもらうことは、紙に自分の気持ちを書き出して整理するのと同じくらいの効果がありますので、悲しい時には親しい人や友人などに話を聞いてもらうのも良いでしょう。 心の負担が軽くなる 誰かに自分の気持ちを話すと不思議なもので、今まで心に感じていた負担が軽くなります。 心の負担が軽くなると、気持ちが冷静になって自分が何故悲しい気持ちになったのか、そしてこれからどうすれば良いのかなどを考える余裕が生まれます。 そうすれば気持ちの回復も早いため、辛い時にはまず誰かにその気持ちを聞いてもらうのが良いでしょう。 忘れたいのに忘れられない記憶 自分が悲しいと思う出来事があった時には、それを忘れたいと思えば思うほどに、何故か強烈に心に焼き付いて忘れられなくなってしまうことってありますよね。 それほど心の痛みが強く、悲しみが頭の中に残ってしまうことで、忘れられない記憶となってしまいます。 どうしたって思い出してしまう… どれだけ他のことに没頭しようとしても、また何人に話を聞いてもらっても、それでも忘れられない出来事も中にはあります。 その場合は、自然と時間の経過と共に考える機会が減っていくのを待つしかありません。 早く忘れたいと思っても、そう考えていることがすでに悲しいことを思い出してしまっている状態ですので、「早く忘れたい」と思っている内は、中々心が晴れないことも多いのです。 どうして忘れられないの? 悲しい出来事を忘れられないのは、どうしてなのでしょうか?忘れようとすればするほどに、何故か思い出してしまうことってありますよね。 悲しい出来事というのは、嫌な出来事と同様に思い出したくないと考えることで、さらに思い出してしまいます。 それは、そう考えている内はどうしても忘れることは出来ないのです。 あえて思い出そうとしている 「早く忘れたい」「思い出したくない」と思うことで、あえて脳がその出来事を思い出そうとしていることがあります。 それは忘れたいと思っている本人にとってはまったくの無意識なので、何故忘れようとしても忘れられないのかと余計に悩むことになってしまいます。 しかし、「忘れたい」と考えることで、「一体何を忘れたいのか」ということまで脳は一緒に思い出させてしまうため、結果として中々忘れることが出来ないのです。 自分の中で整理が出来ていない 悲しいことがあった時に、何故その出来事が起こったのか、何故自分が悲しいのかを自分の中で上手く整理が出来ていない内は、どうしてもそれを忘れることは出来ません。 いつまでももやもやとした晴れない感情が心の内に残ってしまうため、ふとした瞬間に直ぐに思い出しやすくなってしまうのです。 未来に希望が持てない 例え自分がどうして悲しんでいるのかの理由をきちっと自分自身で理解していたとしても、そこから先の未来に希望が持てない内は気持ちの切り替えが出来ずに、いつまでも悲しい気持ちのままで沈んでしまいます。 悲しい気持ちは、それを晴らすきっかけとなるものがなければ早々忘れることは出来ないのです。 これからどうしていくかは『今なにをするか』が大事 過去は変えることが出来ません。 また、これから先の未来を明るいものに変えていくためには、「今自分が何をするか」をきちっと理解して行動する必要があります。 過去の悲しみ同様に、この先もずっと悲しいままでいいという人なんてそういません。 悲しみから早く逃れたければ、それを自分の中でしっかりと受け入れて次へ繋げていくために、今するべきことをきちんと考えることが一番大事なことなのです。 【悲しい気持ちについては、こちらの記事もチェック!】•

次の

乃木坂46 悲しみの忘れ方 歌詞&動画視聴

悲しみ の 忘れ 方

乃木坂46の初のドキュメンタリー映画 「悲しみの忘れ方」を久しぶりに見直しましたが、やっぱり名作ですね! 2015年7月10日に公開されたこの映画、ドキュメンタリーという印象から、乃木坂46にどっぷりハマったファンにしかわからない内容なんじゃないか、と勘違いされがちですが、そんなことはありません。 むしろ、 乃木坂ファン初心者の方に見てほしい映画です。 妹グループである、欅坂46の初期に行われた合宿でも「悲しみの忘れ方」が上映されているシーンが「欅って、書けない?」で放送されていましたね。 cinema-frontline. 大まかなあらすじ 「悲しみの忘れ方」の公式サイトのイントロダクションでは、このように紹介されています。 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。 「違う自分になりたかった」彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していくーー。 2015-nogizaka46. そんな彼女たちが、何を思って乃木坂46のオーディションに参加したのか。 さらに、加入後の個人・グループの苦悩や、事件など、今まで深く語られなかった乃木坂の印象的な出来事が、初めて詳細に明かされる映像になっています。 youtube. それぞれのメンバーの成長が見られた場面や、メンバーが裏で苦悩していた様子などが、映画全体を通して明かされていきます。 あと、本当の母親のナレーションではないので注意が必要です笑。 全員の親の声が同じじゃねぇか!っていうツッコミも色々なところで起こっていました。 女優・西田尚美さんがそれぞれの母親としてのナレーションが、心に染みるんですよね。 goo. 兼任は2015年まで続いていることもあり、映画の撮影期間とかなり被っています。 なので、今回の映画でも、大きく取り上げられ、 乃木坂46から離れ孤独に戦っている時の苦悩や、 生駒以外のメンバーの兼任に対しての意見なども豊富にインタビューされています。 また、様々なイベントでグループの代表でコメントを求められる プレッシャーや、 センター交代劇の裏側もしっかり入っています。 関連記事 関連記事 生駒ちゃんは、 乃木坂46の成長記録を辿っていくのに欠かせない人物でもあります。 僕は、この映画で生駒ちゃんのイメージがかなり変わりました。 今までは普通に暮らしていた女の子だった生駒ちゃんが、突如乃木坂46の代表・センターとして活躍することになったのですから、プレッシャーや責任感で押しつぶされそうになったことでしょう。 「悲しみの忘れ方」では2期生オーディションのことはあまり触れられていません。 しかし、オーディション時に公表された「2期生になるかもしれないあなたへ」の内容が、今まで生駒ちゃんが乃木坂46に入ってから学んだ、乃木坂46という看板を背負うこと、乃木坂46に入って失ってしまうものなど、端的にわかりやすく生駒ちゃんなりに表現されています。 あなたは乃木坂46のために全て を変える覚悟はありますか? 私は何もわからないまま乃木坂46の ために秋田から上京してきました。 私は知りませんでした。 こんなに人生 が変わるなんて・・・・。 友達、学校、部活、恋愛を捨て たくないのならもう一度考えてください。 私は何もない所からメンバーと一緒に 沢山泣きながら、叫びながら、苦しみながら 笑いながら、学びながら、成長しながら 今の乃木坂46をつくってきました。 まだ乃木坂46は発展途上です。 あなたはこの乃木坂46を変える事が出来ますか? 私は乃木坂46のために一生懸命に なれる子を待っています。 blog. html 悲しみの忘れ方見てる👀 メンバーみんなそうだけど、生駒ちゃんは特に芯が強いなって改めて感じた。 みんな表には見えない重圧の中で戦ってきてるんだな。 にわかが乃木坂ディスるのが一番腹立つ。 なぜ選抜に入れるのか、なぜ3列目なのに率先してレギュラー番組に出れるのか。 表面的にみただけでは、その真実はわからないものでした。 生駒ちゃんは、いつ何時でも、 メンバー全員にやっかみや嫉妬心を持たずに公平に接することができる唯一の人間だと思います。 そのことを、僕は映画を見るまで気づくことができませんでした。 乃木坂での大きな事件の詳細、メンバーそれぞれの感想 乃木坂では、深く語られていない事件が結構あったりします。 まぁ、生駒ちゃんの兼任も大きな事件の1つですが、有名なものとしては、 メンバーの加入前の過去スキャンダル、 加入後のスキャンダル、 2014年の紅白出場が出来なかった・・・などなど。 それぞれのメンバーの事件への感想・コメントもたっぷり入っています。 メンバーの性格もコメントに表れています。 すべての出来事に感情的になるメンバーもいれば、いつでも客観的にコメントができるメンバーもいます。 ここら辺は、映画でしか語ることができないものになっています。 普段では、ほとんど触れられないものばかりなので、一番見逃せない所です。 スポンサーリンク 個人的なネタバレ見どころシーン4つ 僕が初めて観たときに、衝撃的だったシーン4つまとめてみました! ここからは、ほぼ内容を明かして書いています。 ネタバレ注意です。 2015-nogizaka46. 生田さんは、乃木坂の中では珍しい、芸能人・女優になりたいという気持ちで乃木坂に入ったメンバーですよね。 ミュージカル女優になりたいなら、なんでアイドルになったんだよ! と考えがちですが、本人なりの理由があったようです。 普通に考えたら、アイドルはチヤホヤされたい人たちの集まりだから、歌って踊ることは同じだけど、ミュージカルとは全然違う!! と言い切っても不思議ではありません。 その点では、生田さんは、現代のアイドルの過酷さや真剣さを加入前から感じていたんだと思います。 また、こんなことも言っています。 「ミュージカルは自分と別人になって舞台に出ますよね。 反対に、アイドルは自分自身を出して、自分の言葉で伝えないといけない。 そう思っていても、どうしても『定型文』で言ってしまったり、くだけた言い方で伝えられない。 「定型文で言ってしまった」とあるように、映画の中での星野みなみのインタビューのシーンでこんな裏話がありました。 「お披露目のときに、隣が生ちゃんだったのを覚えてる。 blogspot. html 初期の生ちゃんらしい出来事ですね笑。 まだアイドルとしての常識やマナーが出来上がっていなかったことがわかります。 映画でも、ミュージカル女優という大きな夢のために、大学受験による一時休業を余儀なくされてしまうシーンもあります。 乃木坂46の生田絵梨花ファンとしては、悲しいやら応援したいやら様々な感情が混ざった出来事です。 僕自身も「なんでアイドルになれたのに、受験するんだろう」と思っている一員でした。 関連記事 関連記事 しかし映画を見た後は、ミュージカル女優という将来のためにも、大学でさらに音楽を学ぶことは必要なことの1つだなと感じ、この休業を肯定的に受け入れるようになれました。 hateblo. 橋本さんは、美大の学費をバイトの掛け持ちや奨学金をして大学を通っていたいわゆる 苦労学生だったんですね。 大学の学費はバカにならないし、それに奨学金となると、ある程度成績も良くなければいけないというのが現実です。 そこから大学に通うのが困難になり、乃木坂へ加入していく時の理由が、 「ロケ弁当が食べられるだろうと思ったから。 」 実際に見てて「そこかよ!笑」と思いました。 このコメントが本心なのかどうかは本人しかありえない話ですが、こんなに反対を押し切って上京した反面、ここで北海道に帰ってもなにも残らない、と感じたんだと思います。 関連記事 関連記事 関連記事 また、橋本さんの意固地さや、一人で空回りしてしまう性格もこのエピソードでよく表れていましたね。 まぁ、後にも先にも、 アイドルでこのコメントは出てこないでしょうね笑。 hateblo. 個人的に、アイドルで、あんなに シンプルかつ哀愁が漂う部屋はないと思います笑。 初めて見たときは、衝撃的でしたね・・・。 それと同時に、 アイドルの孤独さも感じられましたね。 外に出れば、芸能人ですから、簡単にファンの方に見つかってしまいます。 気軽に外出しようって考えずらいのですかね。 『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』乃木坂といえば、生駒ちゃんという事実を軸にしつつ、生田ちゃんの可憐さと才女ぶりもすごいし、白石さんも美しかったが、西野七瀬のかわいさと対照的な部屋の殺風景ぶりが気になる — もちお Mochina1984 そう、殺風景なんですよ。 アイドルアイドルしていなくて、ふつうの女子大生みたいな部屋なんですよ。 部屋だけ見たら、この人がホントにアイドルなんかと疑うようなレベルです。 それが西野さんらしさであって、良くも悪くもアイドルアイドルしていないところが人気になる理由でもあります。 関連記事 関連記事 西野さんの性格的に、自分から遊びに誘うことも少ないと考えると、 本当に孤独と戦っているんだな・・・と感じられるシーンでした。 まさかこれがフィーチャーされると思わなかったので、 ガチのドキュメンタリーだな、とド肝を抜かれました。 それぞれのメンバーの、このスキャンダルへのコメントも予想外のものでした。 特に仲のいい白石さんは 「どうして何も言ってくれなかったんだろうって思いました」のコメントまでは予想できました。 そこからの、生駒ちゃんの 「ついに乃木坂でも来たか」と、西野さんの 「みんな、怒ってると思いますよ」というコメントはびっくりしました。 こんな身内で起こっている事件を、1言のコメントだけですが、言葉で客観的に捉えていたという事実に、この二人は乃木坂の中でも格段に大人だな、と感じました。 一見冷酷だなと感じるファンもいると思いますが、これが3年間ともに活動していた仲間だからこそ、このコメントができるんだなと思いました。 さらに、 白石さんとの絆の深さを再確認することができるシーンでもありました。 上の写真だけ見ると、面白い場面みたいになりますが(笑)、握手会で一人でうなだれている松村に元気よく飛びつく白石さんの写真です。 まぁこの状況で、松村さんに抱きつけるメンバーは白石さんしかいないなぁ・・・と。 二人の仲の良さは番組やブログなどでもよく見られますが、思った以上に絆は深いです。 それゆえに、松村さんの闇に気づいてあげられなかった、支えてあげられなかったという後悔や、この闇から救ってあげようという強い意志があったこそ、この写真が生まれたのだと思います。 関連記事 関連記事 関連記事 そして、橋本さんのコメントです。 悲しみの忘れ方見返したんだけど橋本奈々未さん、男気発揮し松村の不倫騒動の相手にブチギレたシーン好き — 爆ぜる 僕 anfieeld8 「一番怒っているのはお相手の男性に対してです」 「グラビアの仕事をしていたのだから(松村が)アイドルだってことは知ってただろうし、妻子があるのに近づく方がおかしい」 個人的な意見ですが、僕はこのコメントがあまり好きではありません。 それは橋本さんなら、もっと冷静なコメントをすると思っていたからです。 生駒ちゃんのように「いつか出てくると思っていた」や、「どうして松村に闇ができしまったのか」などなど。 松村さん寄りの分析的なコメントを予想していたので。 ここでスキャンダルの相手に怒りを表しても何も変わらないことは、橋本さんなら十分わかるはずです。 この世の人間が、誰しも常識があって自制心があるわけではないですよね。 乃木坂の歴史ではそうそう無い、橋本さんが感情を表に出したよっぽどな事件といったところでしょうか。 映画全体の感想とまとめ 初の乃木坂の 裏や闇の部分を明らかにした作品でしたが、映画を通じて、 乃木坂への既存イメージが崩れることはありませんでした。 むしろ 印象がプラスになりましたね。 これから ずっと乃木坂を応援しよう、そう改めて思うことができる作品というのが感想です。 そして、48・46グループが嫌いな人に見てもらいたい映画でもあります。 アイドルが生半可な気持ちでやっていないことがわかるのになぁ・・・。 生半可な気持ちで入った人もいると思いますが、このアイドル戦国時代では、そんな人すぐ辞めてしまいます。 今のアイドルのレベルの高さを伝えられる映画ですから、この記事を読んだアイドルファンの方は、是非そうでない方にもおすすめして欲しいです。 昔でいう「布教用」のものを持っているはずです(僕も持ってます笑) 第2弾もやりますよね? やるとしたら 年長組の卒業のフィーチャーになりそうですね・・・。 後半につれ映画のネタバレ紹介と、個人的な見どころのまとめになっていきましたが、いかがだったでしょうか? 今すぐ見たくなった方は、「U-NEXT」なら高画質で視聴ができます。 これから初めて観る方も、もう1度観よう思っている方も、よかったら今回ご紹介した見どころにも注目してみてください。

次の