コロナウイルス 終息後。 コロナウィルス終息後の世界はどの様になるのか?【SARSとの比較】

新型コロナ騒動後に「インバウンド需要」急回復があり得るワケ(竹内 謙礼)

コロナウイルス 終息後

そもそも終息の目処が未だに立っていなく、休業している事業への救済案も難航しています (2020年4月現在)。 そんな中で資金繰りを何ヶ月も維持できるような企業はあり得ません。 オフィスの賃貸料、人件費、その他関連設備費など会社を経営するということは何もしないでもお金がかかるのです。 僕も今回の件で、事業というのはいかに〝固定費〟が重要になってくるかを実感しました。 そしてこれから事業を行なっていく際は、この〝固定費〟をどれだけ抑えた状態で始められるかを常に考えています。 ほかの事業者たちもそうでしょう。 今回のコロナウィルスのような騒動がまた起きないとも限りません。 ここから世間のビジネスに対する考え方が大きく変わっていくはずです。 実際、僕の近隣の飲食界隈ではいくつも飲食店が潰れていまい次の事業の目処がたっていない店長たちが溢れています。 このまま今の状態がまだ数ヶ月も続くようであれば、ますますサービス業の商売は経営難になることが目に見えています。 飲食店の半数近くが、このままだと3ヶ月ほどで資金繰りが回らなくなり資金が底を尽きてしまう。 とも言われています。 思っていた以上に深刻な事態になってきているコロナウィルス騒動。 これからのビジネスもスタイルを変えて考えていかなくてはいけません。 考えるべきビジネススタイル 今回の件があってから、飲食店やライブハウスのように店舗という『固定費』や売上のための『集客』を必要とするビジネススタイルは考えていくべき課題かもしれません。 緊急事態宣言発令のように、政府から休業補償のような政策が出される前に外出禁止を要請されてしまっては、多くの商売は店をたたむしかありません。 先ほども言ったように事業はそれだけで毎月お金がかかるからです。 いかに『固定費』をかけず、継続的な事業収入を得ることが出来るか、これを考えていかなくてはなりません。 どんな状況にも対応できるような商売でなければ生活することもままならないのですから。 しかもこのような騒動は今回限りというわけではありません。 パンデミック(感染の世界的大流行)は定期的に訪れる コロナウィルスに限らず、こうしたパンデミック(感染の世界的大流行)は数年間に一度、定期的に訪れているのです。 参考:大幸薬品 ここには記載されていないですが、中東呼吸器症候群(MERS)も平成24年に中東地域で大流行。 未だに終息していないこちらもコロナウィルス型の病原体です。 まだ記憶に新しい方もいるかと思います。 このように、パンデミックというのは人類が定期的に戦っていかなくてはいけない相手なのです。 しかしここまでの世界的に大規模な大流行となるのは初めてではないでしょうか。 時代の変化が重なる時期 2020年、今の時代は 『第4次産業革命』なんてことも言われていたります。 ここ数年のITの進化は凄まじいものがあります。 スマホが世に発売されたのはほんの10年前の出来事です。 さらにこれから次世代通信『5G』サービスの導入により、AI産業やIOT産業がますます普及していくと言われています。 こうした時代の変化の節目から、今回のコロナウィルス騒動をきっかけに新しいビジネススタイルへとどんどん移り変わっていくはずです。 最新のトレンド情報も常にチェックしていきましょう。 在宅で何をするべきなのか 現在、多くの国民が在宅での仕事 【テレワーク】を実施しています。 これにより今後の働き方というのが確実に変化していきます。 しかしいきなり在宅で仕事をやれと言われても、それに対し対応できない人が多くいます。 ただ「対応できない」と言っているだけではなく、「どうしたら対応できるか」を考えていかなくてはいけません。 記事の後半では在宅での働き方についてお話します。 将来のための〝資産構築〟を! みなさんは自分の将来のための 【資産構築】を行なっていますか。 いま僕が書いているこのブログ記事や、YouTubeといった積み上げれば積み上げるほど自分の〝事業資産〟といった事業収入の自動化を作るシステムのことです。 せっかく在宅で仕事をしているのであれば、こうした資産構築を手がけてみるのもおすすめしています。 毎月、不労所得のような収入源があれば生活はそれだけ余裕が持てるようになります。 〝3密〟を避けたビジネススタイルが主流に!? 今回の騒動で廃業に追いやられた事業者たちの中で、もう一度同業ビジネスをやる人はどのくらいいるでしょうか。 おそらくほとんどの人がビジネススタイルを変更すると思っています。 また同じような状況になってしまったら、また同じ結果を繰り返すことになってしまいますからね。 大きなリスクのない〝3密〟を避けた働き方が主流になっていってもおかしくないでしょうね。 【まとめ】 いかがでしたか。 今回は 『 【コロナウィルス騒動】の終息後、今後の日本経済は元に戻るのか?』をテーマにお話させていただきました。 まだまだ終息の目処がたたない状況ですが、これからの日本経済の先を読みこれからの働き方について考えていきましょう。 ひらき( )•

次の

コロナウイルス終息後「学校に行かなくてもいい」時代が来るワケ

コロナウイルス 終息後

オンライン授業について 私の塾でも取り入れておりますが、現在、Zoomなどのアプリを使ったオンライン授業を行っている塾が非常に多いかと思います。 教室へ足を運べない生徒にとって、 オンライン授業はまさになくてはならない授業形態になりつつあります。 オンライン授業を取り入れたことによって、「学習機会をきちんとつくってくれて、ありがとうございます」とお礼の言葉もたくさんいただきました。 オンライン授業は画面越しとはいえ、 双方向的なコミュニケーションが可能です。 私も実際に使ってみてですが、 生徒に十分学習内容を指導することも可能であると考えます。 これらのことからオンライン授業はコロナウイルス終息後も継続して行われていくと考えています。 対面授業をメインにしている塾も、オンライン授業をオプションとして取り入れていくことができます。 例えば対面授業で「2次関数」の扱うとき、復習授業として「比例・反比例」、「1次関数」をオンライン授業をつかってオプション授業を組むことも可能です。 工夫次第では、売り上げアップにもつながるツールとして活用できるのではないかと思っています。 今後オンラインの需要は高まってくると予想されます。 各学習塾もいろいろと手法を考えて、実践してくるのではないでしょうか。 動画授業について 動画授業はビデオデッキの時代から使用している塾もあり、近年はインターネットを使っての動画配信型が主流になっています。 最近動画授業は、学校でも活用されていると聞きます。 先生自身が授業動画を撮影し、決まった日時に生徒に見てもらう形や、動画配信を行っている教育サイトから授業動画を採用している学校もあるらしいです。 自治体によっては地元の先生たちを集めてサポートチームをつくり、各学校で使用できるような授業動画を作成しているところもあるようです。 Youtubeの普及などにより、個人でも質の高い動画をつくることができるようになりました。 大手の塾のような撮影スタジオがなくても、パソコンやiPad等のタブレットでも撮影できますので、個人塾でも動画授業を行うことは十分可能です。 黒板やホワイトボード等でライブ授業を撮影することもできますが、パワーポイント等活用するなどの工夫も可能です。 これらのことから考察すると、 動画授業についても、今後需要が高まってくるのではないでしょうか。 大手の学習塾は決まった単元について進める傾向がありますが、地域密着塾では、その地域の学校に合わせた授業を動画で配信することができます。 大手ではできない柔軟な対応を図ることが可能です。 きちんと生徒の受講状況を把握することができれば、自宅での学習が十分可能になります。 動画授業の質が高まれば、塾の評判を呼び込むこともできますので、積極的に取り入れていく学習塾もあるかと思っています。 保護者とのコミュニケーションについて 保護者とのコミュニケーションも変わってきており、さまざまなツールを活用している学習塾も多いかと思います。 保護者への連絡事項は直接会って話したり電話したりしなくても、 メールやラインなどを活用して連絡しているケースが多いかと思います。 また 今後は入塾手続きや、進路面談等も、オンラインで行うことも可能になるかと思います。 保護者にとってみれば、直接来塾する手間も省けます。 仕事があってなかなか来塾できなくても、時間の自由度が増しますので、面談など設定しやすくなります。 今後は画面上でのコミュニケーションが増えていくものと予想しています。 教室がなくても開塾できる オンライン授業等をメインにしている塾は、教室がなくても開塾できるのではないかと思います。 教室がない=家賃等払う必要がなくなるので、経営者にとって好都合です。 保護者と交わす書類などは全てデータで処理。 生徒の学習管理は、パソコン上で一括管理。 直接会話をしたければ、オンラインや電話でできます。 生徒は塾の時間になればパソコンを開き、授業が終わればパソコンをシャットダウン、通塾時間は0で済みます。 通信教育がますます普及 スタディサプリを始め、 通信教育がますます普及されてくると思います。 私自身も自分の勉強のため、スタディサプリを登録していますが、 授業の質はかなり高いです。 しかも かなりの低価格設定ですので、教育費が高いご家庭にとっては嬉しいところです。 問題となるのは、きちんと自分で管理して学習できるかというところにかかってきます。 今では学習管理もサポートしてくれる通信教育も増えていますので、きちんと活用できれば素晴らしいコンテンツになります。 学習塾と併用して使うと良い、と最近目にしますが、学習管理ができれば通信教育だけで十分という生徒も増えてくると思います。 その話は別の機会に)。 今後の変化に対して懸念されること 1.対面授業の必要性 私個人の意見ですが、対面授業に勝るものはないと思っています。 生徒の学習の様子を見ることができますし、講師の熱のこもった授業は、対面でないと感じられないものです。 授業のわかりやすさにおいても、画面越しよりも人から直接指導された方が、断然わかりやすいと思っています。 特に地域密着型の塾であれば、分からないところがあればいつでも来てもらう、自習に呼ぶなど、面倒見の良さが売りになってきます。 オンライン等でもできないことではないと思いますが、「塾に行く」という安心感が生徒にも保護者にも感じられるものではないでしょうか。 ですが オンライン授業や動画授業の利点も大きいです。 先ほど申し上げたように、前の学年の既習事項の復習をオンライン授業等でできますし、動画授業を撮りためておけば、年度途中の入塾生に追いつき補講も可能です。 工夫次第でかなりの効果が期待できます。 以上のことから オンライン授業はあくまでオプションでの活用、メインは対面授業というのが私の考えです。 対面授業は学習塾において、なくてはならないものだと思っています。 2.保護者・生徒とのコミュニケーションの希薄化 保護者との連絡において、直接会って話す以上のコミュニケーションはありません。 いくらオンラインやメール、ライン等が便利だと言っても、コミュニケーションの質が違います。 生徒の気持ちや講師の思いなど、電話や直接会って話さないと感じられないものがあるはずです。 将来的な未来を考えたとき、極論、入塾してから卒塾するまで、保護者・生徒と直接1度も会わないなんてこともありえるかもしれません。 コミュニケーションの希薄化は普段の生活においてもどんどん加速化しています。 「成長」を考えたときに、やはり必要になってくるのは、 人と人との関わりではないでしょうか。 やはりお互いにきちんとコミュニケーションを図る機会を大切にしていく必要があるかと思います。 まとめ ~私個人の感想~ ここまでコロナウイルス終息後の予想を考えてきました。 キーワードはやはり「オンライン」となるでしょう。 私自身もオンライン授業を活用していて、非常に学ぶべきことが多い毎日です。 私のようにパソコン関係にあまり強くない人間であっても、今回の事態を受け、オンライン授業に挑戦することになりました。 きちんと授業として成り立たせられるのか、当初はかなり不安で仕方なかったです。 ですが今ではオンライン授業を普通に運用できている、そんな方たちが多いかと思います。 みなさん「できちゃった」んですね。 オンラインという武器を手に入れた学習塾は、今後もオンラインを活用しない手はないかと思います。 これまで説明したとおり、有用性がたくさんあります。 離島などで暮らしている方は、どうしても受験勉強の環境が少なく、わざわざ都市部まで行って塾に通っていると聞きます。 ですが今後オンライン授業や動画授業等がより普及してくれば、自宅で受験指導を受けることができます。 どこにいてもきちんとした指導を受けることができる、これもオンライン授業の強みです。 オンライン授業で懸念されることは上記の通りですが、さらにもう一つ付け加えさせてください。 塾講師として常に 心にとめておくべきことは、「その授業で生徒は何を得たのか」、つまり授業のわかりやすさであり、クオリティーです。 結局のところ、どのような武器を手に入れても、学習塾は授業の質が大切なわけです。 手法ばかりに気をとられて、肝心の授業をないがしろにしてはなりません。 学習塾の目指すべきところは決まっています。 今後どのように変わっていっても、生徒のことは決して忘れることなく、指導力の向上に努めていくべきであると感じます。

次の

コロナ終息後に「東京一極集中」は変わるのか

コロナウイルス 終息後

韓国紙・朝鮮日報は21日、が終息した後の世界に起こる10の変化について分析する記事を掲載した。 環球時報が22日付で伝えた。 記事は、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏や、ベルギーのブリューゲル研究所のウォルフ所長など、世界の著名な学者24人にインタビューを行った結果を基に、新型コロナウイルスの終息後に世界で起きる10大変化についてまとめている。 この変化は、人類社会の各分野のルールを完全に変えるものとなる可能性があるという。 以下はその10の変化。 1.世界全体が停止し、人や資本が国をまたいで流れることがなくなり、それぞれが生き延びることが時代の主流となる。 将来的に世界的な産業チェーンは再編され、反グローバルが新たな国際秩序の特徴となるかもしれない。 2.大政府が主流となり、戦時基準で厳格に新型コロナの感染をコントロールすることが普遍的な現象となる。 これは、全体主義への回帰を予示している。 3.世界経済が日本化する。 欧米は経済衰退を阻止するため金をばらまくが、日本が経験したような失われた20年を経験し、国の債務が増加して最終的に長期の低迷に陥る。 4.欧州連合(EU)が存亡の危機に陥る。 新型コロナはイタリアやスペインなどの南欧国家の経済危機を深刻なものとし、EU内部の不均衡という問題がさらに深刻になる。 5.中国の国際的な地位が「米国を上回る」、もしくは「世界中から疑問視される」。 新型コロナ後の中国の地位については専門家の意見が一致しておらず、楽観的な学者は米国より早く危機から脱したので国際的な影響力が増すと考えているが、悲観的な学者は世界の中心と見なされるのは非常に難しいと見ている。 6.ポピュリズムの台頭。 新型コロナは多くの国における両極化をより深刻なものとし、これがポピュリズムの土壌となる。 感染拡大阻止のため、多くの国がホテルや飲食店などのサービス業を停止したが、大量の低収入労働者が失業すれば貧富の差がさらに大きくなる。 7.在宅勤務が主流となり、これが家事の再配分をもたらし、女性の社会経済活動への参加が増える。 8.握手は過去の歴史となり、社会的距離を保つことが新基準となるかもしれない。 以前は直接会って解決していた問題も、オンラインなどの新たな方式に取って代わる可能性がある。 9.「新型コロナ世代」が誕生するかもしれない。 20代の若者は長期にわたって就職難となる可能性があり、かつての世界恐慌の世代が節約の習慣を持ち続けたのと同様、新型コロナも新たな世代に生涯にわたる烙印(らくいん)を押すことになるかもしれない。 10.環境をより重視するようになる。 新型コロナは環境や科学に対する人類の認識を変化させ、人と自然との調和の必要性を意識するようになる。

次の