ユニオン ペイ と は。 「ユニオンペイ」に関するQ&A

日本人でも使える「UnionPay(銀聨/ユニオンペイ)」

ユニオン ペイ と は

キャッシュレス化が進む中国。 支付宝(アリペイ)は、すでに中国国内では最大の第三者決済方法であり、さらに国際的な知名度も急速に上がっています。 拡大を続ける中国市場にアクセスしていくためには、両者の特徴とその違いを理解することが必須事項です。 さっそく「銀聯(UnionPay)」と「支付宝(Alipay)」の両サービスについて解説していきます。 Photo by on Flickr 発行枚数は60億枚以上、世界1位の銀聯(ぎんれん)カード 「銀聯(UnionPay)ユニオンペイ」の本来の名称は「中国銀聯(ぎんれん)」。 英語圏における名称はチャイナ・ユニオンペイ(China UnionPay)ですが、一般的には中国(China)の部分を省略して「銀聯(ぎんれい)」もしくは「UnionPay」とだけ表記されることが多いです。 現在、銀聯カードは、世界168ヵ国に2,300万の加盟店があります。 国際ブランドとして有名なVISAやMastercardは、200ヵ国・地域で約5,000万の加盟店があると言われていますが、VISAやMastercardと比較すると、規模は小さいですが国際カード(クレジット・デビット・プリペイド等の総称)のシェアとしては、二者に次いで3位となっています。 しかし、発行数で見ると、銀聯カードが60億枚以上発行されているという統計もあり、発行枚数は世界一であると言われています。 2002年に中国政府主導で設立された中国銀聯は、各地域や各金融機関で異なっていた決済システムの基準を統一するために、決済ネットワークを確立させました。 現在では、カード決済の他、ネットショップやe-コマースで商品購入時に利用できるオンライン決済も行っています。 日本ではどのように使われている? 日本を含め海外ではデビット機能だけではなく、クレジットカード機能が付いた銀聯カードが発行できます。 したがって、中国と海外では、発行カードの形態が異なっています。 現在日本では、67万の加盟店、7万機以上のATMがあり、中国人観光客の増加、東京オリンピックに向け、今後も加盟店は増える傾向にあります。 おもにビックカメラのような大手家電量販店や大手百貨店、ローソンなどのコンビニで使用できます。 現状、日本で銀聯カードは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、中国銀行東京支店、中国工商銀行東京支店で発行できます。 三井住友銀行では、ANAのマイルが貯まる「ANA銀聯カード」も発行しています。 中国の消費者にもっともよく使われているモバイルペイメントアプリであり、中国からのインバウンド客の獲得はもちろん、中国向けの越境ECに欠かせない決済手段と言えます。 「支付宝(Alipay)」は、主にスマートフォンで決済ができるシステムです。 Alipayに登録している銀行口座から店に設置されたQRコードをアプリから読み取るだけで決済可能となっています。 QRコードを読み取るという違いはあれど、Apple payのような決済システムと言えるでしょう。 そのような利便性によるユーザー数の増加に伴い、2012年の取引額は、約8兆円であったのに対し、2016年には約190兆円と4年で20倍以上も取引額が増加。 また、1日の取引額も約3,400億円となっており、先述のように全世界で10億人以上のユーザーーが使用しているとされています。 「支付宝(Alipay)」は、単にアプリ決済ができるだけではなく、保険などの金融機関を軸として様々なサービスをユーザーに提供しています。 その例のひとつとして、個人信用力を点数化するサービスがあります。 高い信用を持つユーザーには様々な手続きが簡略化されたり、保証金が免除されるなどの特典があります。 また、加盟店はクーポンやセールの情報をアップすることができるので、加盟店側としては、オンライン集客システムとしても重宝されています。 さらに、ウォレットの残金は買い物だけでなく、資産運用にまわすこともできるため、いつでも払い出しが可能なファンドとしても使用できます。 また消費者の日常生活に密着したサービスとして、携帯電話料金のチャージ、シェアバイクの利用、タクシー配車、地下鉄乗車、家賃や学費といった高額の支払いまで、消費者の様々なライフスタイルシーンで利用することが可能なのです。 現在、中国国内では、800万の加盟店、海外では10万以上の加盟店があります。 日本では、4万以上の加盟店があるとされています。 全世界のユーザー数が10億人を超える、まさに世界有数のオンライン決済サービスとしての地位を確立しています。 中国国内のモバイル決済シェアでは約5割を占めており、国内では市場を独占しています。 「淘宝网(タオバオワン)」のようなE-コマース(電子商取引)や実店舗でも利用することができ、機能としてはスマホでQRコードをかざすだけで銀行口座から直接支払われるため、デビットカードのような機能を有しています。 国際的なサービスとして成長した「銀聯(UnionPay)」「支付宝 Alipay」 両者とも、中国国内だけでなく国際的にもシェアを伸ばしつつあります。 ご存じのように、日本では現在インバウンド観光客が増加中ですし、今後2020年の東京オリンピックの開催を控えています。 中国人観光客を始め、世界からの旅行者が増加することは必至です。 これからさらに拡大していくであろう巨大な中国およびインバウンド市場に対応するには、「支付宝 Alipay 」や「銀聯(UnionPay)カード」の積極的な導入を選択肢のひとつとして心に留めておくことをおすすめします。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な中国進出およびインバウンド事業のサポート企業が多数登録しています。 当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「インバウンド戦略について相談したい」「中国での海外事業計画立案のアドバイスがほしい」「外国人観光客を自社に集客したい」…といった、多岐に渡る中国進出およびインバウンド事業に関するご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの中国進出およびインバウンド事業のサポート企業をご紹介いたします。 まずはお気軽にご相談ください。 本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。 海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

次の

ユニオンペイ(銀聯/ぎんれんカード)の使い方と注意点

ユニオン ペイ と は

歴史 ユニオンペイは、AliPayの出現まで完全な市場独占を享受していた中国の国家主催のデビットカードおよびクレジットカードプロバイダーです。 それは依然としてオフライン取引のための最も一般的な支払方法であり、オンライン決済市場への参入は比較的最近です。 2017年5月に、ユニオンペイはレビューした他の2つの支払いシステムと同様に、最初のQRコードベースの支払い方法を導入しました。 しかし、市場の約90%を既に支配しているAliPayとWeChat Payとの間の険しい戦いになります。 ユニオンペイの最大の利点は、その巨大なユーザーベースです。 銀行口座を持つすべての中国人は、すでに165の参加銀行のうちの1つの顧客であるためユニオンペイにリンクしています。 ユニオンペイは、2016年内に54億枚以上のカードを発行し、380億件を超える取引を処理しています。 使用法 ユニオンペイはクレジットカードを発行していますが、中国の主要なデビットカードプロバイダとして知られています。 常にユーザーの銀行口座にリンクされており、取引を処理するために物理カードを使用する必要があります。 前述のQR支払いシステムとモバイルアプリの導入までは、これが支払いを処理する唯一の方法でした。 ユニオンペイは依然として中国で最も一般的に受け入れられている支払い方法であり、ほとんどすべての事業がネットワークのメンバーです。 ほとんどの政府サービスは、ユニオンペイも受け入れます。 残念ながら、磁気ストリップとセキュリティピンに依存しているため、ユニオンペイは安全性の低い支払い方法になっています。 中国のソーシャルメディアは、ユニオンペイカードをコピーまたは盗んだ結果、空になったアカウントの恐ろしい話がいっぱいです。 対照的に、AliPayとWeChatは、暗号化、動的に生成されたQRコード、ユーザーのスマートフォンへのリンクによって、はるかに安全です。 サポートされているデバイス ユニオンペイ支払システムは、あらゆるタイプのモバイルデバイスとウェブサイトの統合をサポートします。 現在、中国の銀行口座を中国のAppleの決済システムにリンクする唯一の方法であるApple Payとリンクすることもできます。 ユニオンペイカードを使用してオフラインで購入する場合は、POSで特別なカードスキャンデバイスが必要です。 取引手数料 ユニオンペイの取引手数料は、クレジットカードと同じロジックに従います。 手数料は売り手(オンラインまたはオフライン加盟店)に課され、バイヤーには手数料はかかりません。 加盟店に請求される手数料は、銀行の取り分(0. 7%)とUnionPay手数料(0. 1%)の合計額になります。 海外受入れ ユニオンペイは、中国以外で最も一般的に受け入れられている中国の決済方法です。 ユニオンペイの銀行への連動のおかげで、アジアのほとんどのATM、及びさらに北米とヨーロッパでも、ユニオンペイの引き出しを受け入れます。 ほとんどの大手デパートを含む海外の多数の事業でも、ユニオンペイを受け入れています。 また、AliPayやWeChat Payとは異なり、ユニオンペイは世界のほぼすべての通貨を処理することができます。 中国の観光ブームはユニオンペイを祝福しています:. 2015年には、米国に旅行した250万人の中国人は滞在期間中に、40億ドル以上使いました。 これらの取引の大半はユニオンペイで処理されました。

次の

Airペイ、「UnionPay(銀聯)」追加で全27種の決済対応

ユニオン ペイ と は

中国の銀聯カード ユニオンペイ とは何か 世界最大のクレジットカード発行会社である 中国のユニオンペイ。 銀聯カードのロゴは日本でも店舗で見かけた事がある方は多いかもしれません。 ただその内容は知らない人のほうが多いでしょう。 中国で50億枚以上が発行されている銀聯カードは、クレジットカードとデビットカードの2種類があります。 ただし、 出回っているカードの大半はデビットカードのほうとなります。 デビットカードとは。 紐づいている銀行口座の預金の範囲内で利用できるカードになります。 カードを使うと自動的にリンクしている口座内の預金も減少します。 預金を超えて利用できるクレジットカード機能を備えたものもありますが、 最大の利用者である中国人は審査にほぼ通らないので基本的に流通しているのはデビットカードのほうになります。 最近、仮想通貨業界でもこの銀聯カードの名前をよく目にします。 仮想通貨の預金に紐づいたウォレットなどではVisaやマスターカードと契約が難しいため、銀聯カードを使うパターンです。 例えば、BTCNEXTや、SB101。 他にもありますが割愛します笑 VISAが非常に契約が難しくなっており、CPAYその他も仮想通貨系のプロジェクトはガンガン契約を解除されていっているので、今後も仮想通貨業界では銀聯カードとの提携が加速していくと思っています。 観光地などに行って、飲食店に入った時に銀聯カードに対応させていない店舗がありますが、これ非常に勿体ないなといつも思っていますw 私のブログを見ている店舗運営などの方で、中国人客が多いところは必ず対応させておく事をお勧めしますw 彼らは対応しているかどうかで入る店を選んでたりしますので.

次の