梅雨 いつ 東京。 梅雨入りはいつ?2020年東京の予想日!

梅雨入りはいつ?2020年東京の予想日!

梅雨 いつ 東京

関東 関西の梅雨入りは2020 いつ 桜や花見を楽しんだ春も終わり、初夏を迎えると、次は梅雨の季節がやってきますね。 季節の移り変わりって本当に早いものです。 しかしこの梅雨、雨もたまに降るならいいんですが、 毎日続く梅雨時期は本当憂鬱になりますよね。 皆様はもう、今年の梅雨対策や準備はお済みでしょうか? まだ準備どころか、今年2020年はいつから梅雨入りなのか知らない、 分からないという方も多いかもしれませんね。 梅雨ってだいたいこのあたりの時期だろうというのは分かっていても、 毎年微妙にズレたりするので、なかなかきちんと把握しずらいんですよね。 今回はそんな、気になる梅雨入りがいつなのかについて、 特に関東と関西の2020年の梅雨入り時期を調べてみました。 梅雨入り時期を把握することで、もうすぐやってくる梅雨の対策に役立ててくださいね。 2020年の関東・関西の梅雨入りはいつ? 2020年の梅雨入りがいつなのか、検索してみたのですが、 気象庁からはまだはっきりと「いつから梅雨入り」という発表はありませんでした。 ですので、過去の梅雨入り~梅雨明けのデータを参考にしてみましょう。 ちなみにですが、wikipediaによると関西地方の定義は 「大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県」 近畿地方の定義は 「大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県」となっていたので、 関西の気象庁データは「近畿」を見ています。 これは、勢力の強い台風の影響や気象状況によって早まったからみたいです。 また、気象庁の3ヶ月予報の5月、6月予報も役立ちます。 念のため「早ければ5月末から始まる」と覚えておけば、梅雨準備には役立ちそうです。 正式な梅雨入りはいつ発表される?どうやって決まるの? 前項はあくまで過去データを見て判断した予想ですが、そうすると、 気象庁からの「正式な2020年の梅雨入り」の発表がいつなのかが気になりますよね。 気象庁からの梅雨入りの発表は主に「速報値」と「確定値」があり、 速報値は「現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、 梅雨の入り明けの速報」で、確定値は「梅雨の季節が過ぎてから、 春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、 統計値として確定したもの」だそうです。 雨天の日が続いた後にニュースの気象情報などで流れる 「〇月〇日から梅雨入りとしました」というような発表が、速報値なんですね。 梅雨入りしたかどうかの決め方は、各気象台が主に1週間後までの中期予報と それまでの天候の推移から晴れが比較的多い初夏から曇りや雨の多い梅雨へと変わる 「境目」を推定して、それを「梅雨入りの日」として決定し、発表しているそうです。 梅雨入りの判断基準のひとつとしては、 「管轄地域で曇りや雨が今後数日以上続くと 推定されるときにその初日を梅雨入りとする」ってことみたいです。 また逆に梅雨明けは、 「晴れが数日以上つづくとき」を基準のひとつにしています。 ただし、毎年すべて同じ気象現象が起こるわけではないので、 そういったことからちょっと曖昧な部分もあり、中期予想が外れることもありますから、 たまに梅雨入り宣言がされたのに晴れたり、梅雨明けが発表されたのにまた降ったり… ということが起こったりします。 つまり、梅雨入りが発表されるのは 「しっかり梅雨に入ってしまってから。 」 ということになります! 「2020年は何月何日から梅雨入りするのか、 はっきりした予報を早く教えてよ気象庁~!」というのは、無理なので 過去データや長期天気予報を見ながら自分で予想しつつ、 梅雨の時期が近づいてきたらこまめに気象庁のホームページなどを チェックするしかないようです。 早めの梅雨対策グッズ準備で楽しく乗り切ろう 知っての通り、梅雨は雨や曇りの多い期間ですから、 お出かけ時の雨対策はしておきたいですよね。 また、除湿機などの室内の湿気対策も必要です。 これらの購入は、梅雨が始まる前、早めの購入がおすすめ。 梅雨入り後に買おうとすると、皆が殺到して品薄になったり 値段が上がってしまっている可能性があるからです! せっかくならゆっくり気に入ったものを選びたいですから、 今からちょっとづつ準備を始めて、しっかり対策をしておきましょう。 じっくり選んで納得したものを使うことによって、 気分よく、楽しく梅雨時期を乗り切れますよ。 とりあえず、梅雨に入る前に準備しておきたいものは以下のものです。 様々な種類がありますので、参考までに除湿機ランキングを貼っておきますね。 今から始める早めの梅雨対策で、しっかり今年の梅雨を乗り切るためにも、 この記事がお役に立てれば嬉しいです。

次の

[東京梅雨入り/梅雨明け2020]期間はいつからいつまで?平年との比較も

梅雨 いつ 東京

梅雨時期の平均気温は? まずは梅雨時期の平均気温についてです。 結論から言えば、梅雨の時期の平均気温は地域によって異なります。 梅雨が一番早いのは沖縄で、沖縄の梅雨は4月下旬から5月中旬です。 本州の場合は西日本と東日本で多少のズレはありますが、だいたい6月ですね。 (北海道は梅雨がありません) ただもちろん梅雨時でも気温は上下しますし、加えて梅雨時期には湿気がムンムンです。 ですので、平均気温ほどよりは暑く過ごしにくいイメージをしている人が多いかもしれません。 梅雨時期は気温の変化激しい? 梅雨時期は雨が多く低気圧が発達をしているため、気候も安定をしません。 そのため気温の変化が激しく体調を崩しやすい時期です。 気温としてもまだ朝夕は寒かったりすることもあり、1日の気温の変化も激しいです。 そして、気温の変化以上に梅雨時期は気圧の変化も激しくなります。 梅雨時期や台風が来ると頭がボーッとするという人がいますよね。 これは気圧の影響によるものです。 低気圧になると副交感神経が反応をしてしまい、無理やり体をリラックスさせようとします。 その結果、梅雨時期には頭がぼーっとしたり、眠気を感じるようになります。 この気温の変化と気圧の変化によって、梅雨時期は夏風邪も引きやすいです。 あと梅雨の時期は祝日もないので、個人的には5月以上に5月病にもなりやすいと思います。 新社会人の方も、梅雨時期に疲れがドッと出て体調を崩さないようにしてくださいね。 早く梅雨明けしてほしいのですが、今年は梅雨明けも遅くなりそうですよ!梅雨明け時期については別記事にまとめているのでよかったら読んでみてください。 日中は半袖でも良いのですが、夜や朝になると少しそれでは寒かったりします。 ですので、梅雨時期のおすすめとしては7部袖や5部袖などのトップスを合わせた服装がおすすめです。 綿麻素材でできたトップスは涼しく清涼感もあるので、夏でも爽やかな印象を与えることができます。 ですので、ただ普通にTシャツだけでなく、綿麻素材のサマーカーディガンやサマージャケットを合わせると、きれい目のコーデが可能になります。 見た目のほかにもジメジメ感がないので快適に動けるはずです。 綿麻素材のカーディガンやサマージャケットは薄手なので、カバンやリュックなどにも収納できるし、暑い日中でも快適です。 そして、何と言っても大事なのが雨対策の服装です。 梅雨時期にはキャンパス生地ではない、撥水性のある靴にすると突然の雨でも濡れることがありません。 私のおすすめシューズは「ゴアテックス素材」です。 値段はちょっと高めですが、突然の雨にも全然染みてこないし平気です。 ゴアテックス素材のシューズはナイキなどのスポーツブランドでも発売されていて、スポーツミックスファッションにも合います。 また、カジュアルな革靴の場合は綿麻素材のサマージャケットとの相性も良いので、おしゃれに履くこともできます。 ゴアテックスのシューズは高いという場合は、お気に入りのスニーカーに撥水スプレーを使って撥水加工をすることもできます。 私も撥水スプレーを使ったことがありますが、気持ち良いほど水を弾いてくれます。 完璧に弾くとはいきませんが、撥水じゃない靴をコーデで合わせたい時は重宝すると思いますよ。 まとめ 梅雨時期は気温の変化も激しい上に体調も崩しやすく、なかなか体調管理に大変です。 しかし、メンズコーデで梅雨時期でもバッチリ決められたら周りとの差をつけることができますね。 ぜひ、梅雨時期でも体調管理をしっかりして、コーデも決めて楽しく過ごすようにしてくださいね。

次の

梅雨入り2020 予想はいつ?(関東:東京/関西:大阪/東海:名古屋など全国一覧表)

梅雨 いつ 東京

これは梅雨入りしたか梅雨明けしたかは専門家でもなかなか確定するのが難しく、少々抽象的な表現にならざるを得ないんですね。 梅雨入りと梅雨明けには、平均 約5日間程度の移り変わりの期間があり、過去のデータはこの移り変わりの期間の中日とされています。 そして、梅雨入りと梅雨明けの時期は梅雨明けすぐに確定されるわけではなく、夏までの天気の経過を見てから確定されます。 では早速ですが、東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期がいつ頃になるのか見ていきましょう。 スポンサードリンク 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期はいつ? まず、梅雨入りの時期がいつ頃になるのか見ていきます。 東京(関東甲信)の平年の梅雨入りの時期は、6月8日頃です。 気象庁発表の過去10年の梅雨入りのデータを見ると2011年のみ5月末に梅雨入りしています。 逆に遅い梅雨入りは、2010年の6月13日頃ですが、その他はすべて6月上旬の梅雨入りでほぼ安定しています。 これらのことから、 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期は6月上旬と予想されます。 こちらも気象庁発表の過去10年のデータを参考にしていきたいと思います。 過去10年で最も早い梅雨明けは、2018年の6月29日頃でした。 昨年2018年の6月の梅雨明けは、過去10年という限定した期間だけでなく、1951年の統計史上最も早い初めての6月の梅雨明けとなりました。 逆に最も遅い梅雨明けは、2016年の7月29日頃でした。 過去10年のデータからもおわかりのように梅雨明けの時期は、6月29日頃~7月29日頃までと約1か月もの開きがあります。 予想するのは非常に難しいですが、平年の梅雨明け7月21日頃からはやや早まっている傾向が見られることから、 東京(関東甲信)の梅雨明け2019の時期は、7月上旬~7月中旬と予想します。 参考にしたのは、気象庁発表の東京のひと月あたりの降水量1mm以上の日数です。 データを見ると 梅雨の時期の6・7月に雨の日の割合が多くなるのはわかりますが、他にも5月や9月も10日を上回る月があり、梅雨だから特別という感じでもありません。 こうしてデータとして改めて分析すると 冬と真夏の8月以外は雨期と捉える見方もできそうですね。 梅雨の時期は毎日雨が降っているようなイメージをお持ちの人も多いかと思いますが、雨が降る日数よりはジメジメした高い湿度がこのようなイメージにつながっているように思います。 1月 4. 5日(3. 9日) 2月 5. 5日(5. 9日) 3月 9. 9日(8. 5日) 4月 9. 9日(9. 5日) 5月 10. 3日(9. 5日) 6月 11. 4日(12. 2日) 7月 10. 3日(10. 2日) 8月 7. 7日(8. 9日) 9月 11日(11. 5日) 10月 9. 8日(10. 8日) 11月 6. 8日(8. 5日) 12月 4. 2日(6. 東京(関東甲信)の梅雨入り2019の時期は6月上旬、梅雨明け2019の時期は7月上旬~7月中旬と予想します。 梅雨入りは比較的安定していますが、梅雨明けはかなりのバラつきが見られています。 東京の梅雨の時期の雨の日の割合は、ひと月あたりの降水量1mm以上の日数での平均で6月11. 4日、7月10. 3日で、梅雨だから特別多いというわけではありません。 湿っぽい梅雨は早く明けてほしい気もしますが、その後の猛暑を考えるとどちらがいいのか、ちょっと複雑ですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の