叶 姉妹 マスク。 俺たちが知ってるマスク姿じゃない! 叶美香、スカーフを使った“新型コロナ対策”がファビュラスな装い(ねとらぼ)

【叶姉妹】<新たなマスク姿をInstagramに公開>やっぱりマスク姿もファビュラス!「インドの女王様みたい」「カッコイイ」の声 (76): サプレサマリーチャンネル

叶 姉妹 マスク

タレントのが前回の『コミックマーケット92』(コミケ)に引き続き、『コミケ93』に登場。 開幕後すぐに待機列が1000人を突破するなど、圧倒的な存在感で周囲を魅了した。 「叶姉妹が行くとモーゼの十戒のように人垣が割れる」「花道を通る叶姉妹をスタンディングオベーション」「遠くから手を合わせる人が続出」といったいくつもの伝説が生まれた。 叶姉妹自身は、「ジョジョの奇妙な冒険」の同人誌を購入するなど純粋にコミケを楽しんだ様子だった。 その間違いに気づくと「あまりの嬉しさにお見苦しい勘違いの報告をしていまい、本当にごめんなさい」とコメント。 その後も、ブログやSNSを通じてコミケ参加者と積極的にやりとりをする叶姉妹。 それにより、懐疑的な目で見ていた人たちのスタンスも変化。 それは、もしプロモーション臭がしようものなら即炎上に発展するほど。 事前準備や販売方法、来場者への細やかな対応、そして転売対策にまで気が配られており、いかにコミケのことを勉強してきたかが伝わり、来場者の胸を打ったのだ。 とはいえ、叶姉妹もネット攻撃から無傷ではなかった。 Twitterで「コミケ参加は新CMのプロモーションでは?」と疑惑の目を向けられたのだ。 その際、叶姉妹が「事実無根の名誉棄損」「弁護士に任せる」と憤慨した通り、元々コミケ参加が6月に抽選で決まり、CMのオファーはそのずっと後ということもあって、CMとコミケ参加は時系列的にも無関係であることを打ち明けた。 そして「私たちはかまわないとしても、『コミケ文化』とそれを心から大切にされている皆さんに失礼なツイート」とコメント。 前回は腱鞘炎により1485冊のサインだったことを考えると、見事にリベンジを果たしたと言える。 しかも「クリスマス時期恒例の、ファビュラスな姉とグッドルッキングガイ達のデートのハシゴをすべてキャンセルしてサインする時間にしました」とユーモアを交えて明かした美香さん。 実際に、それらの戦利品をゲットした猛者たちに話を聞くと、茨城からサークル参加で駆けつけたりゅうじさんは「凄くイイ香りがしました。 マスクを持っていても絶対ハズしてください!」と渾身のアドバイス。 また、1時間以上待機列に並んでようやく購入した横浜在住のたユウさんは「一般人のオーラとは別物でした」と、その存在感を絶賛。 また「今回で最後のサークル参加とのことですが、次からは一般参加で楽しんで欲しい」とコメントしてくれた。 前述のコメントにもあった通り、今後のサークル活動について叶姉妹は26日、大好きなBLや深海魚や未知なるものを観たり、購入したりできなくなるため一旦サークル参加を控えるとオフィシャルブログにて公表。 そんな最後の雄姿をみようと多くのファンで盛り上がるファビュラス叶組のブース。 現場では、「せめて香りだけでも」「記念に見ておきたい」と、多くの人たちが詰めかけていた。

次の

叶姉妹の美香のマスクが皆が知らない形状!コロナ対策に万全

叶 姉妹 マスク

タレントのが前回の『コミックマーケット92』(コミケ)に引き続き、『コミケ93』に登場。 開幕後すぐに待機列が1000人を突破するなど、圧倒的な存在感で周囲を魅了した。 「叶姉妹が行くとモーゼの十戒のように人垣が割れる」「花道を通る叶姉妹をスタンディングオベーション」「遠くから手を合わせる人が続出」といったいくつもの伝説が生まれた。 叶姉妹自身は、「ジョジョの奇妙な冒険」の同人誌を購入するなど純粋にコミケを楽しんだ様子だった。 その間違いに気づくと「あまりの嬉しさにお見苦しい勘違いの報告をしていまい、本当にごめんなさい」とコメント。 その後も、ブログやSNSを通じてコミケ参加者と積極的にやりとりをする叶姉妹。 それにより、懐疑的な目で見ていた人たちのスタンスも変化。 それは、もしプロモーション臭がしようものなら即炎上に発展するほど。 事前準備や販売方法、来場者への細やかな対応、そして転売対策にまで気が配られており、いかにコミケのことを勉強してきたかが伝わり、来場者の胸を打ったのだ。 とはいえ、叶姉妹もネット攻撃から無傷ではなかった。 Twitterで「コミケ参加は新CMのプロモーションでは?」と疑惑の目を向けられたのだ。 その際、叶姉妹が「事実無根の名誉棄損」「弁護士に任せる」と憤慨した通り、元々コミケ参加が6月に抽選で決まり、CMのオファーはそのずっと後ということもあって、CMとコミケ参加は時系列的にも無関係であることを打ち明けた。 そして「私たちはかまわないとしても、『コミケ文化』とそれを心から大切にされている皆さんに失礼なツイート」とコメント。 前回は腱鞘炎により1485冊のサインだったことを考えると、見事にリベンジを果たしたと言える。 しかも「クリスマス時期恒例の、ファビュラスな姉とグッドルッキングガイ達のデートのハシゴをすべてキャンセルしてサインする時間にしました」とユーモアを交えて明かした美香さん。 実際に、それらの戦利品をゲットした猛者たちに話を聞くと、茨城からサークル参加で駆けつけたりゅうじさんは「凄くイイ香りがしました。 マスクを持っていても絶対ハズしてください!」と渾身のアドバイス。 また、1時間以上待機列に並んでようやく購入した横浜在住のたユウさんは「一般人のオーラとは別物でした」と、その存在感を絶賛。 また「今回で最後のサークル参加とのことですが、次からは一般参加で楽しんで欲しい」とコメントしてくれた。 前述のコメントにもあった通り、今後のサークル活動について叶姉妹は26日、大好きなBLや深海魚や未知なるものを観たり、購入したりできなくなるため一旦サークル参加を控えるとオフィシャルブログにて公表。 そんな最後の雄姿をみようと多くのファンで盛り上がるファビュラス叶組のブース。 現場では、「せめて香りだけでも」「記念に見ておきたい」と、多くの人たちが詰めかけていた。

次の

叶姉妹の“ファビュラス”なマスク姿にファン「ウイルスもひれ伏してしまいそう」(2020年4月18日)|BIGLOBEニュース

叶 姉妹 マスク

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止対策のマスク姿がファビュラスすぎると話題になった叶姉妹の叶美香さんが4月17日、新たなマスク姿をInstagramに公開。 恭子さんのマスク姿も公開されており、ゴージャスな姿が注目を集めています。 【画像】恭子さんの新型コロナ対策姿 新型コロナの感染拡大を受け、感染防止の意識を高く持っていることを明かしていた叶姉妹。 独自のスプレーを散布しているという不織布マスクの上からスカーフマスクを巻いたファビュラスな姿が話題となっていましたが、 今回は「このようなタイプのプロテクトも。 (ドクター中松さんのものではありませんよ。 )」とスカーフを巻いた上で、サンバイザーの庇のような部分で顔を覆った姿も公開しています。 万全だ。 続けて美香さんは、「だからといっても、このようにしていると感染しないなんて微塵も思っておりませんし、自分達が無症状感染しているかもしれないということも含めてベストを尽くし細心の注意をしておりますよ」 とさらなる万全の対策をとっていることをコメント。 「世の中が見えない危険にさらされて急速に変化する不安定な今、わたくし達の愛する大切な皆さんがどうか心身ともに健やかに幸せに過ごされますように心より願っておりますよ」とつづっています。 さらに、ファンからの要望に応え、恭子さんのマスク姿も公開。 サングラスをつけ、顔をスカーフで覆ったスタイルにコメント欄では、 「素敵すぎます」「インドの女王様みたい」「ジョジョ感 カーズみたいです」「どんな格好も叶姉妹流ですごいなぁと思います」「すごくカッコイイです」と反響が寄せられています。 日本のマスクメーカーは8割!を中国の工場に依存してて、. 24時間体制でフル稼働して通常の2, 3 〜 5倍を製造してるのに、 中国政府が横取りし強制的に買い上げてしまい、. 高品質の日本製品が日本に回らないようにしてるらしいぞ! ( 怒り ). 日本のメーカーなのに、もし日本に輸出したら日本人工場長は逮捕されるそうだ!! ( 怒り怒り怒り ). 【文春】マスクが店頭から消えた原因は中国政府の介入! 中国で生産されたマスクは中国政府の支配下に asahi. 5ch.

次の