しかし 類語。 「しかし」の敬語表現・しかしの使い方と例文・別の敬語表現

「しかし」の敬語表現・しかしの使い方と例文・別の敬語表現

しかし 類語

まずは but と however を使いこなそう 英語のいわゆる「逆接の接続詞」といえば but が基本中の基本、次いで however も外せない重要語彙です。 but はカジュアル寄りの汎用的表現(等位接続詞) but は英語において逆接を示す代表的な語です。 接続詞どころか全ての英単語の中でも最重要語彙のひとつといえます。 but はニュアンス的にカジュアルな響きを伴いがちです。 これは英語の超基本単語の宿命です。 フォーマルな場面では他の表現を選びましょう。 but の意味・用法は意外と幅広く、日本語感覚とは異なる使われ方をする場合も多々あります。 とはいえ、日本語の「だが」「しかし」などの語に対応する語(用法)に限って考えるなら、ほとんど日本語の「だが」「しかし」と同じ感覚で扱えます。 (英語の but の用法は「等位接続詞」と「従位接続詞」に大別されます。 従位接続詞はちょっと厄介ですが、それはまた別の話ということで。 ) but は基本的に文の半ばで用いる(文頭に置かない) but は1文の中で話の脈絡が覆る場合に用いられる語です。 基本的に文の中程に置かれ、典型的にはカンマで区切った直後に用いられます。 やらなきゃって分かってるけど、やりたくない but は《句》《語》《節》を対比して用いることはできますが、《文》を対比して用いることはできません。 つまり文の手前・先頭に配置できません。 日本語感覚で捉えると、文と文の脈絡を示して But, ~ で始まる文などを考えてしまいがちですが、これは英語表現としては(特に書き言葉としては)不適切な言い方と見なされます。 however はフォーマル寄りの汎用的表現(接続副詞) however も逆接の接続詞として用いられる代表的な単語です。 品詞は副詞(接続副詞)に分類されます。 however は but よりも少し形式張った響きがあり、フォーマルな場面にも適した表現です。 カジュアルな場面では but 、フォーマルな場面では however、という使い分けができます。 however の逆接の意味合いの程度(「しかし度合い」「逆張り度合い」とでも言うべきニュアンス)は but に比べると弱めです。 however は文頭・文中・文尾でも使える(たいていカンマを伴う) however は but とは違って文頭に置いて使えます。 もともと副詞なので、カンマを伴い(文修飾の副詞として)文全体を修飾するわけです。 He kept thinking for hours and hours. The answer was, however, very simple. 彼は何時間も考え続けた。 答えは、実は、とても単純なものだった however は文尾(文末)に置くこともできます。 文末に置く場合もカンマを打ってから補足的に付与する形をとります。 カンマを省くと文意がアヤフヤになりやすい however には、接続副詞の用法の他に、譲歩を示す副詞節を導く用法があります。 文脈によっては、カンマを打たずに述べると、接続副詞か副詞節を導く副詞か不分明になります。 というわけで、書き言葉の場合は意識的にカンマを打つようにしましょう。 前提部分で用いて「逆接」を示す表現 although 、though although と though はどちらも接続詞で、「~ではあるが」「~とはいえ」といった意味合いで用いられる逆接の表現です。 どちらも日常会話からフォーマルな場面まで幅広く使えます。 although も though も意味合いはほぼ同じですが、基本的には although の方が形式張った表現、though は although に比べればくだけた表現と位置づけられます。 although と though は完全文を従える although や though は「直後に続く文が必ず完全な文になる」という基本原則があります。 but や however のように「カンマを打って適当に挿入する」という風には扱えません。 I like to sing. 歌うのが好きです、別に上手じゃないけどね in spite of 、despite in spite of と despite は前述の内容を否定したり反論したりする場面で用いられます。 否定・反論の内容が in spite of または despite の直後に続きます。 日本語では「~にもかかわらず」と訳されやすい言い方です。 despite は前置詞の扱いです。 名詞を導くのが原則 in spite of は末尾の of が前置詞、 despite はそれ自体が前置詞、ということで、どちらの表現も直後には名詞が置かれます。 In spite of many efforts, our team lost the competition. 数々の努力にもかかわらず、私たちのチームはコンペで負けてしまった 名詞1語では状況が説明しきれないという場合も多々ありますが、その辺は言い回しの工夫しだいで何とでもなります。 たとえば that節を使ったりとか。 Despite the bad weather, … ( 悪天候にも関わらず、…)• Despite that the weather was bad, … ( 天候が悪いにも関わらず、…)• Despite the fact that the weather was bad, … ( 天候が悪い状況にも関わらず、…) even even は、それ自体は基本的には「~さえも」「たとえ~でも」といった意味合いを示す副詞(または形容詞)ですが、文脈と使い方によっては逆接の接続詞のような意味合いを示す言い方に使えます。 特にある種のイディオム表現は接続詞的な意味合いでよく用いられます。 even so、even though 、even if 、といった表現が該当します。 even so は文頭におかれ、前の文の内容を否定しそれに反する内容が続く形で用いられます。 even though ~ または even if ~ では否定される内容が「~」の部分におかれ、カンマの後に逆説が述べられます。 文頭に置いて使える逆接の表現 最も汎用的な表現であるはずの but は、英語的には文頭に置けない表現です。 でも、それを補って余りあるほどに、文頭において用いられる言い回しは充実しています。 in contrast in contrast は、前の文を受けて次の文を「これに対し」「対照的に」などと切り出す際に用いられるフレーズです。 会話上でも文章上でも多用されます。 contrast は「対比」「正反対」といった意味を持つので、前に言ったことと対にして比較するとき、かつ内容が反する場合に使える表現です。 on the other hand on the other hand は2つの異なる状況や意見を紹介する際、2つ目について述べる文の頭で使える慣用表現です。 訳としては「一方」「これに反して」などが当てはまります。 1つ目の文を on one hand, ~ で始め、2つ目の文を on the other hand で始めるような場合もあります。 on the contrary on the contrary は前の文で述べられたことと全く反対の内容を述べる際に文頭で用いるフレーズです。 「それどころか」「むしろ逆に」などと訳されます。 予想や予備知識を裏切るような、見解の逆をいくような状況を強調できる表現であると言えます。 nevertheless 、nonetheless nevertheless 、nonetheless は「それにもかかわらず」「それでもなお」「それにしても」といった意味を持つ逆接表現です。 一般的には文頭に用いられますが、文中や文末に置くこともできる単語です。 少し古典的な雰囲気を持つ語なので若者の日常会話ではあまり聞かれないかもしれません。 ふたつの語の違いはほとんどありませんが、nevertheless の方がどちらかというと使用頻度が高いと言えます。 yet 、still yet や still は基本的に「まだ」という意味で用いられますが、文脈によっては「それでも」「それにもかかわらず」という逆接の意味合いを示します。 本来の意味である「まだ」という言葉の裏には「(もう終わってもいい頃なのに予想に反して)まだ」という背景が込められています。 その「予想に反して」という心理が、逆接の用法につながるのだと考えられています。 文頭に使われることが多いと言えますが、 but のように文中に挟んで使うこともできます。

次の

「ですが」の意味と使い方!類語やビジネスでも使える言い回し

しかし 類語

「しかし」は接続詞として、さまざまな会話・文章の中で使用されています。 よく見かける「しかし」は敬語ではなく平語(日常語)なので、敬語を使用する中・敬語を要する中では「しかし」を敬語表現にする必要があります。 まず「しかし」には、3つの意味が存在しています。 1つ目は「(今まで述べた事柄を受けて)それと相反することを述べる時に使う」の意味、2つ目は「(今まで述べた事柄を受けて)話題を転じる時に使う」の意味、3つ目は「感情を込めて言い始める時に使う」の意味となっています。 これら3つの意味は、それぞれで表していることが異なるために、敬語表現にする時には「その意味ごとの敬語表現」が存在します。 敬語を使用する場において、よく使う意味は「意味1と2」です。 3の意味も使わないわけではありませんが、ここでご紹介していく「しかし」の敬語表現は「意味1と2」に合ったものが多くなります。 けれども 「けれども」には、接続助詞・接続詞・終助詞としての意味があります。 まず、接続助詞としての意味は3つに細分されます。 1つ目は「確定の逆説条件を表して内容の矛盾点を対比的に結び付ける意」、2つ目は「事実を前置きに述べて本題に結び付ける意」、3つ目は「2つの事柄を結び付ける意」です。 接続詞としての意味は「前述の事柄と相反する内容を導く語」で、接続助詞としての意味から派生したものです。 終助詞としての意味は、2つあります。 1つは「言い切りを避けて婉曲に表現する気持ちの意」、もう1つは「不安や半ば諦めたりしながら事柄の実現などを願う気持ちの意」です。 「しかし」と同じ意味で用いられるのは、「接続詞」としての意味「前述の事柄と相反する内容を導く語」です。 この際、「しかし」の意味は「(今まで述べた事柄を受けて)それと相反することを述べる時に使う」になります。 なのですが 「なのです」は、連語(2つの単語を結び付けているが1つの単語として扱われる語)です。 「です」が丁寧語の表現として扱われるため、「なのです」の敬語分類は丁寧語になります。 そこに「が」を付けたものが、「なのですが」です。 」といった使い方をされます。 口頭(話し言葉)では、「なんですが」の形でも問題ありません。 ただし、話し言葉は文面では使用できないため、「なんですが」を文面上で使用しないように気を付けましょう。 「そういうわけなので」などの意味で、用いられることが多いです。 使い方では、主に話し言葉として使用されます。 「ですので」は話し言葉でしか使えないというルールは持っていませんが、敬語表現としては口頭でのみ使用されることが基本です。 「しかし」の敬語表現としては、「(今まで述べた事柄を受けて)話題を転じる時に使う」の意味に近いと言えます。 でしたので 「でした」は「です」の変化形「でし」に「た」を付けたもので、「断定」の意味があります。 」といったような「前述を断定しながら関連性ある次の言葉につなげる」文が完成します。 「ですので」と同様に、「しかし」の敬語表現としては「(今まで述べた事柄を受けて)話題を転じる時に使う」と近い意味を持ちます。 したがって 「したがって」は接続詞で、「したがう」を連用形にしたところに接続助詞「て」を付けた言葉です。 「前の条件により順当に後の事柄が起こることを表す」意味を持ち、すなわち「前のことがあったから順に起きたこと」を示す時に使います。 「これが起きたから、これが起きる」といった感じです。 「しかし」の敬語表現としては、「(今まで述べた事柄を受けて)話題を転じる時に使う」の意味と近いです。 「したがいまして」というよく似た敬語表現もありますが、これは「(前述を受けて)論を展開・帰結させる表現」として使います。 「展開」は「前述があって次に起きること」なので、「したがって」の意味と同じとも言えます。 「しかし」を敬語表現にした時の使い方! 「しかし」を敬語表現にした場合の、使い方を見ておきましょう。 「しかし」の敬語の種類 敬語の種類は「尊敬語・謙譲語・丁寧語」などが存在していますが、「しかし」の敬語表現には丁寧語にあたるものしかありません。 そのため、尊敬語や謙譲語にしたい時には「しかし」を使用した文の中に「尊敬語あるいは謙譲語の意味を持つ語」を含める必要があります。 敬語表現での使い方 尊敬語は目上の人・立てるべき相手のことを表す時に使う敬語表現で、謙譲語は目上の人・立てるべき相手に対して自分のことを表す時に使う敬語表現です。 丁寧語は日常語を丁寧な表現にしたものですので、目上以外の人にも使用することができます。 「しかし」の敬語表現たちは丁寧語なので、基本的には丁寧語の敬語表現として使います。 尊敬語や謙譲語の意味で「しかし」の敬語表現を使いたい時には、「しかし」を含む文の中に「尊敬語あるいは謙譲語の意味を持つ語」も入れましょう。 長い文ではないなどの理由で「尊敬語あるいは謙譲語の意味を持つ語」を入れることが難しい場合は、丁寧語にあたる「しかし」の敬語表現だけでも失礼にはなりません。 メールでの使い方は? 「混ぜた色は赤色と青色ですので、紫色になります」 上記は、「ですので」を使用した例文です。 「でしたので」の例文 「親犬はチワワとダックスフンドでしたので、その子犬はチワックスと呼ばれます」 上記は、「でしたので」を使用した例文です。 「でしたので」は「前述を断定しながら関連性ある次の言葉につなげる」の意味を持つため、「親犬の犬種」と「子犬の名称」という関連性ある言葉をつなげる部分に「でしたので」を使っています。 「したがって」の例文 「茶色の卵からは茶色の毛を持つ鶏が生まれ、白色の卵からは茶色の毛を持つ卵が生まれます。 したがって、卵の色と鶏の毛の色は同じということです」 少々長い文になりましたが、上記の文は「したがって」を使用した例文になります。 「したがって」は「前があって起きることにつなげる」時に使う語でしたが、基本的に「句点の後」に来ます。 その点は、「しかし」も同じです。 「しかし」を別の敬語表現にしてみると? 「しかし」の別の敬語表現も確認しておきましょう。 しかしながら 「しかし」を、少し改まった言い方にしたものです。 また、「しかし」は「しかしながら」を短くしたものではないかという推測的な説もあります。 「しかしながら」は「そのまま・そっくり・全て」という意味と「結局・要するに」の意味があり、「しかし」と類語になるのは後者の意味です。 「しかし」の少し改まった言い方ということで、敬語表現としてはビジネスシーンでも使えます。 ところが 「ところが」には接続助詞としての意味、接続詞としての意味があります。 「しかし」の類語にあたるのは、接続助としての意味「前の事柄から予測されることと相反する内容を導く」です。 一般的には、ストーリー性を伴う話をする時に使われることが多いとされます。 それでも 「それでも」は接続詞で、「そうであっても」の意味があります。 「前の事柄とは相反する内容を導く」使い方をされるため、「しかし」とは類語なります。 敬語表現としての意味合いは含まれていませんが、何か自分の意見を主張する時に使われること多い印象です。 でも 「でも」は「それでも」を省略した接続詞で、2つ意味があります。 1つは「前の事柄を肯定しながらも、それが結果として予想されるものに反する内容を導く語」という意味です。 簡単に言えば、「前の内容を肯定するが、その肯定内容によって起きる結果とは反した内容につなげる時に使う」のが「でも」ということです。 もう1つは「前述の事柄に対して弁解や反論などをする時に使う語」の意味で、こちらの意味が「しかし」の類語になります。 前に述べた内容とは反対のことを述べる時に、使う意味です。 敬語表現としては適さないので、ビジネスシーンでは「それでも」を使った方が良いでしょう。 しかるに 「しかるに」は接続詞で、「それにもかかわらず」と「話の冒頭に用いる語」の意味があります。 「しかし」の類語になるのは前者の意味で、これは「〜なのに」という表現と同義になります。 そのため、「前述とは反することにつなげる際に使う語」として「しかし」とは類語になります。 また、「しかるに」は書き言葉的表現です。 が 「が」は接続助詞としての意味もありますが、「しかし」の類語になるのは接続詞としての意味です。 この場合の「が」の意味は「前述と相反する内容を述べる時に使う語」であり、「しかし」が持つ意味と同義になります。 文の中でよく使う語なので、敬語表現としては問題なく使えます。 多用すると印象が悪くなる響き(濁点の響き)を持つため、適度に使いましょう。 「だが」とはどう違う? 「だが」も「しかし」の類語になりますが、意味を混同されやすいため、違いがあるのかを確認しておきましょう。 まず、「だが」の意味は「前述と反対・対立関係になる内容を述べる時に使う語」です。 「しかし」は「前述と相反する内容を述べる時に使う語」なので、よく似ています。 意味の違いについてのを言うと、特別な違いはありません。 違いの点で挙げられるのは、使い方にあります。 「だが」は敬語表現の中で使用するには適さない言葉とされているため、ビジネスシーンではあまり使わない方が良いでしょう。 特に、目上に対しては上から目線な印象を与えるおそれがあります。 一方の「しかし」は、敬語表現の中でも問題なく使えます。 「けれど」との違いは?.

次の

「劈く」の意味と読み方、使い方、語源、類語、英語表現を例文付きで解説

しかし 類語

まずは but と however を使いこなそう 英語のいわゆる「逆接の接続詞」といえば but が基本中の基本、次いで however も外せない重要語彙です。 but はカジュアル寄りの汎用的表現(等位接続詞) but は英語において逆接を示す代表的な語です。 接続詞どころか全ての英単語の中でも最重要語彙のひとつといえます。 but はニュアンス的にカジュアルな響きを伴いがちです。 これは英語の超基本単語の宿命です。 フォーマルな場面では他の表現を選びましょう。 but の意味・用法は意外と幅広く、日本語感覚とは異なる使われ方をする場合も多々あります。 とはいえ、日本語の「だが」「しかし」などの語に対応する語(用法)に限って考えるなら、ほとんど日本語の「だが」「しかし」と同じ感覚で扱えます。 (英語の but の用法は「等位接続詞」と「従位接続詞」に大別されます。 従位接続詞はちょっと厄介ですが、それはまた別の話ということで。 ) but は基本的に文の半ばで用いる(文頭に置かない) but は1文の中で話の脈絡が覆る場合に用いられる語です。 基本的に文の中程に置かれ、典型的にはカンマで区切った直後に用いられます。 やらなきゃって分かってるけど、やりたくない but は《句》《語》《節》を対比して用いることはできますが、《文》を対比して用いることはできません。 つまり文の手前・先頭に配置できません。 日本語感覚で捉えると、文と文の脈絡を示して But, ~ で始まる文などを考えてしまいがちですが、これは英語表現としては(特に書き言葉としては)不適切な言い方と見なされます。 however はフォーマル寄りの汎用的表現(接続副詞) however も逆接の接続詞として用いられる代表的な単語です。 品詞は副詞(接続副詞)に分類されます。 however は but よりも少し形式張った響きがあり、フォーマルな場面にも適した表現です。 カジュアルな場面では but 、フォーマルな場面では however、という使い分けができます。 however の逆接の意味合いの程度(「しかし度合い」「逆張り度合い」とでも言うべきニュアンス)は but に比べると弱めです。 however は文頭・文中・文尾でも使える(たいていカンマを伴う) however は but とは違って文頭に置いて使えます。 もともと副詞なので、カンマを伴い(文修飾の副詞として)文全体を修飾するわけです。 He kept thinking for hours and hours. The answer was, however, very simple. 彼は何時間も考え続けた。 答えは、実は、とても単純なものだった however は文尾(文末)に置くこともできます。 文末に置く場合もカンマを打ってから補足的に付与する形をとります。 カンマを省くと文意がアヤフヤになりやすい however には、接続副詞の用法の他に、譲歩を示す副詞節を導く用法があります。 文脈によっては、カンマを打たずに述べると、接続副詞か副詞節を導く副詞か不分明になります。 というわけで、書き言葉の場合は意識的にカンマを打つようにしましょう。 前提部分で用いて「逆接」を示す表現 although 、though although と though はどちらも接続詞で、「~ではあるが」「~とはいえ」といった意味合いで用いられる逆接の表現です。 どちらも日常会話からフォーマルな場面まで幅広く使えます。 although も though も意味合いはほぼ同じですが、基本的には although の方が形式張った表現、though は although に比べればくだけた表現と位置づけられます。 although と though は完全文を従える although や though は「直後に続く文が必ず完全な文になる」という基本原則があります。 but や however のように「カンマを打って適当に挿入する」という風には扱えません。 I like to sing. 歌うのが好きです、別に上手じゃないけどね in spite of 、despite in spite of と despite は前述の内容を否定したり反論したりする場面で用いられます。 否定・反論の内容が in spite of または despite の直後に続きます。 日本語では「~にもかかわらず」と訳されやすい言い方です。 despite は前置詞の扱いです。 名詞を導くのが原則 in spite of は末尾の of が前置詞、 despite はそれ自体が前置詞、ということで、どちらの表現も直後には名詞が置かれます。 In spite of many efforts, our team lost the competition. 数々の努力にもかかわらず、私たちのチームはコンペで負けてしまった 名詞1語では状況が説明しきれないという場合も多々ありますが、その辺は言い回しの工夫しだいで何とでもなります。 たとえば that節を使ったりとか。 Despite the bad weather, … ( 悪天候にも関わらず、…)• Despite that the weather was bad, … ( 天候が悪いにも関わらず、…)• Despite the fact that the weather was bad, … ( 天候が悪い状況にも関わらず、…) even even は、それ自体は基本的には「~さえも」「たとえ~でも」といった意味合いを示す副詞(または形容詞)ですが、文脈と使い方によっては逆接の接続詞のような意味合いを示す言い方に使えます。 特にある種のイディオム表現は接続詞的な意味合いでよく用いられます。 even so、even though 、even if 、といった表現が該当します。 even so は文頭におかれ、前の文の内容を否定しそれに反する内容が続く形で用いられます。 even though ~ または even if ~ では否定される内容が「~」の部分におかれ、カンマの後に逆説が述べられます。 文頭に置いて使える逆接の表現 最も汎用的な表現であるはずの but は、英語的には文頭に置けない表現です。 でも、それを補って余りあるほどに、文頭において用いられる言い回しは充実しています。 in contrast in contrast は、前の文を受けて次の文を「これに対し」「対照的に」などと切り出す際に用いられるフレーズです。 会話上でも文章上でも多用されます。 contrast は「対比」「正反対」といった意味を持つので、前に言ったことと対にして比較するとき、かつ内容が反する場合に使える表現です。 on the other hand on the other hand は2つの異なる状況や意見を紹介する際、2つ目について述べる文の頭で使える慣用表現です。 訳としては「一方」「これに反して」などが当てはまります。 1つ目の文を on one hand, ~ で始め、2つ目の文を on the other hand で始めるような場合もあります。 on the contrary on the contrary は前の文で述べられたことと全く反対の内容を述べる際に文頭で用いるフレーズです。 「それどころか」「むしろ逆に」などと訳されます。 予想や予備知識を裏切るような、見解の逆をいくような状況を強調できる表現であると言えます。 nevertheless 、nonetheless nevertheless 、nonetheless は「それにもかかわらず」「それでもなお」「それにしても」といった意味を持つ逆接表現です。 一般的には文頭に用いられますが、文中や文末に置くこともできる単語です。 少し古典的な雰囲気を持つ語なので若者の日常会話ではあまり聞かれないかもしれません。 ふたつの語の違いはほとんどありませんが、nevertheless の方がどちらかというと使用頻度が高いと言えます。 yet 、still yet や still は基本的に「まだ」という意味で用いられますが、文脈によっては「それでも」「それにもかかわらず」という逆接の意味合いを示します。 本来の意味である「まだ」という言葉の裏には「(もう終わってもいい頃なのに予想に反して)まだ」という背景が込められています。 その「予想に反して」という心理が、逆接の用法につながるのだと考えられています。 文頭に使われることが多いと言えますが、 but のように文中に挟んで使うこともできます。

次の