画面酔い。 3D酔いとは (スリーディーヨイとは) [単語記事]

ゲームでの3D酔い(画面酔い)についての個人的な経験

画面酔い

概要 [ ] より広範な定義としてと呼ばれる場合もある。 大きく分けて2つの場面で発生する。 一つは、(FPS)などの3Dゲームのプレイ中に起こる場合(この場合画面自体は平面である)。 もう一つは、など立体視可能な3Dコンテンツの視聴中に発生する場合。 人によっては、の教習カリキュラムである シミュレータ教習(普通自動車・自動二輪車共)で起こることもある。 前者は1993年にが登場して以降プレイヤーの話題となり「DOOM酔い」と呼ばれた。 3D酔いが起こる原因については現在もはっきりしてはいない。 視覚によって得られる動きとそれ以外の身体感覚によって得られる動きの感覚の相違(例えば視覚上では動いているはずなのに身体は実際には動いていない)によって乗り物酔いと似た症状に至ると考えられている。 船酔いも含めての仮説として、視覚と三半規管で認知されるバランスが異なると、脳が幻覚を見ていると誤認してしまうことが挙げられている。 人間が幻覚に陥る原因として最も高い可能性は服毒であり、人間の進化の過程で生存本能として幻覚=毒=嘔吐という生理反応が起こっているのではないかと推測されている。 長時間船に乗ったり、ゲームをプレイし続けると酔が収まるのも脳の学習機能であると考えられる。 コンテンツを制作する側でも3D酔いが問題として認識されており、3Dのでは開発段階から3D酔いが起こりにくいような調整が施されている。 発生しやすいプレイ環境下 [ ]• 周りが暗い(室内照明が不十分)• 長時間プレイによる疲れ• 液晶テレビなどに見られる残像• 画面が小さすぎる(注視する必要がある)もしくは大きすぎる(視界を占有する為錯覚し易い)• 視界が悪い 天井が低い、上の視界を遮る物がある場合• 動きが激しい(特に上下動が大きいと問題が起き易い)• が低い• カメラの動きが激しい• 3Dモデリングが歪んでいる• そのゲームの操作やシステムに慣れられず、思った方向に正確にキャラクターを動かせない• カメラ()がいきなり意図しない方向に・ズームした• 主人公見下ろし型のゲームの場合、主人公がプレイヤーの意図する方向と、違う方向に移動してしまった。 プレイヤーが向きたい方向に主人公が向かなかった• 主人公の移動速度が意図した速度と違う場合• 他人のプレイを観ている場合 主な症状 [ ]• (平衡感覚の異常)• 軽度の(動悸・呼吸亢進) 関連項目 [ ]• 、 出典 [ ].

次の

『3D酔い(FPS酔い)』とはどんな症状? ゲーマーの大敵、3D酔いを徹底解説!

画面酔い

そもそも、3D酔い(ゲーム酔い)とはどういったものなのでしょうか。 簡単に言うと、3D酔いとは、ユーザーが3D映像や、3D映像で構成されたゲームをみたり、プレイしたときに、乗り物酔いのような症状を起こす事を言います。 症状がひどいと、頭痛やめまい、吐き気が生じる事もあります。 FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)や、フライトシューティングなどの自由視点が導入された、3Dゲームのプレイ中に起こる場合や、自動車教習所の教習シミュレーターなどの3次元映像の視聴中に発生する場合もあります。 3D酔いは広範な定義として、「ゲーム酔い」、「映像酔い」、「画面酔い」と呼ばれる場合もあります。 3D酔いになる原因 では一体なぜ3D酔いになってしまうのでしょう。 その原因は、ゲームがリアルに近づくことで、あたかも実際に自分が動いていると、脳が錯覚してしまっているのです。 つまり、視覚で捉え認識する映像と、平均感覚を司る三半規管との間にズレが生じてしまっているのです。 3Dゲームや3D映像を見ていると、映像では、敵と戦いながら縦横無尽に荒野を走り回ったり、空を飛んだりと、視点が激しく動いているため、その情報を脳に伝えます。 しかし、ゲームをしている本人はその場に座って、ほとんど動いていないため、情報と実際にズレが生じます。 映像により脳に伝えられた情報と、現実との平衡感覚が一致しないため、脳がなんとか修正しようとして起こるのが3D酔いなのです。 3D酔いになるとどんな症状がでるの? ゲーム環境も3D酔いを誘発する原因の一つです。 では、どのような環境が3D酔いを誘発しやすい環境なのでしょうか• ・周りが暗い(室内照明が不十分)• ・長時間プレイによる疲れ• ・液晶テレビなどに見られる残像• ・画面が小さすぎる(注視する必要がある)もしくは大きすぎる(視界を占有する為錯覚し易い)• ・視界が悪い 天井が低い、上の視界を遮る物がある場合• ・動きが激しい(特に上下動が大きいと問題が起き易い)• ・フレームレートが低い• ・カメラの動きが激しい• ・3Dモデリングが歪んでいる• ・そのゲームの操作やシステムに慣れられず、思った方向に正確にキャラクターを動かせない 3D酔いは、前述したように、「視覚が捉え認識する映像と、三半規管との間にズレが生じてしまっている」事が原因なので、三半規管を簡単なトレーニングで鍛えてあげると、3D酔いにも効果があると言われています。 日常生活では普段しない行動を意識的に行うことで三半規管を鍛えることが出来るのです。 いろいろな方法があるので下記に列挙しました。 無理のない程度に、あなたにあった方法を探して実践してみてください。 ・目をつぶって回る• ・逆立ちをする• ・でんぐり返しをする(前後)• ・目をつぶって片足立ち• ・トランポリンをする(回転を加える)• ・つま先立ちをする• ・後ろ向きで歩く• ・椅子に座った状態でくるくる回る• などなど ゲームのときはモニターから離れましょう。 特に、ゲーム中に視界のほとんどを占める、大画面液晶モニターの場合、見ている距離が近いほどゲーム中の映像変化が激しく感じられ、3D酔いしやすいと言われています。 モニターから目が離れると、視点移動が小さくなり、モニター全体を視界に入れることができるので、脳の錯覚を抑制できる可能性があります。 視聴距離は一般的なモニター高さの約3倍の距離、離れることが推奨されていますが、ゲームをプレイする際はそれよりも少し距離を取ることをおすすめします。 ワンルームや、狭い部屋で大型TVを使っている方は、ゲーム用に小さいモニターを用意するのも3D酔いを回避するためには、必要かもしれません。 姿勢を良くする.

次の

パソコンの画面に酔います

画面酔い

概要 3D酔いとは、やで構成されたの中に起きるのような症状である。 3D酔いは、で見ているがの物である=自分の体も動いているはず、という意識の感覚と、実際の自分の体は動いていない、という状態のギャップによって引き起こされる。 これは視覚で認識していると衡感覚をる三半規管で感じている衡のずれが原因である。 気持ち悪くなり、ひどくなると嘔吐する場合もある。 3D酔いの発生は個人差が大きく、同じを同じようにしても3D酔いの症状が起きる人とまったく起きない人がいる。 ではやなどをはじめとするを導入したで3D酔いとなる人が立つと言われている。 例えばの場合はという設計上、の移動がしいことが原因と考えられる。 ただし、これも個人差が多く、(画面の揺れ)の有や、FOV(視野)の広さ、の移動の設定やの大きさなどで酔う人酔わない人はであり、の最適設定はあるものの、への最適設定というものはなく、自身で設定が変更可な場合がほとんどである。 そして、のもほんの一例にすぎず、しい系でも全く問題ない人もいれば、や見下ろしのでも酔ってしまう人はいる。 前置きが長くなってしまったが、結局のところ人やで合う合わないそれぞれで、しょーがない話である。 なお、内の上の一部では3D酔いは特有のものと解釈している文言も散見されるが、が関係するような根拠は全くなく、のでもでの3D酔いの悩みや、のの設定の問題はよくられている話である。 このような解釈が流布されてしまっている一因としては、「3D酔い」という用が独自のものであることが考えられる。 圏には該当する英単はく、やでの酔いの症状は「ion ()」の一種や単に「Veo()」と呼ばれているのが一般的である。 (本記事ののも要参照)• の間での3D酔いのにも触れている。 3D酔い状態となった時の対処方法は、 のなどのの外を意識して視界に入れるようにし、に過度に没入しないようにする事である程度回避できる。 ただし個人差が…。 またの酔い止めをつかっても軽減出来る。 最初はひどく酔っても、を挟みながらしばらく続けるうちに慣れて酔わなくなったりもする。 一番の対処法は、そのを一旦中止してしばらく休むことである。 シミュレーターによる3D酔い の操縦訓練用にシミュレーターにおいて、何らかの事情で動揺装置を停止させたままを行うと、の症状、つまり3D酔いが起きると言う。 のシミュレーターは非常に良くできており、計器類は本物と同じものを使い、画面上でされる自機の動きもなものになっている。 元での故・によると、初めて実機に搭乗する新人には「あっ、シミュレーターと同じだ」と感動するものが何人もいたとのこと。 さらにシミュレーター稼働中は動揺装置が作動し、機体のやロール、加速に伴って座席に体が押し付けられる感覚までもしている。 しかし取材時の撮などで動揺が邪魔になる場合は、これを停止させてを行う。 するとは視覚としては機体の動きを認識しているが、通常であれば感じるはずの傾斜や加速の感覚を得られないため、視覚と体の感覚とに差が生じて酔う場合がある。 これも3D酔いの一種と言えるだろう。 同様の事はの運転シミュレーターでも起こりうる。 やにある運転シミュレーターには、動揺装置がついていないものが多い。 よって先述のの事例と同じく、視覚と体の感覚とでズレが生じ3D酔いを起こすことがある。 はそうであった。 関連動画 では3D酔いしやすいによる(反応をが楽しむ)や、3D酔いを引き起こしやすいしい移動のがされている。 の内容がであることからも個人差が大きいことが伺えると思う。 関連項目•

次の