コンドル は 飛ん で 行く 楽譜。 一緒に練習してみよう!楽譜あり①オカリナで「コンドルは飛んで行く」全体の流れ

一緒に練習してみよう!楽譜あり①オカリナで「コンドルは飛んで行く」全体の流れ

コンドル は 飛ん で 行く 楽譜

作詞・唄:サイモン&ガーファンクル、 作曲:D. ロブレス、日本語詞:麻生ひろし もしも できることなら 空を飛べる すずめなら 楽しい かたつむりみたいに 野暮な生き方なんて 今日かぎりで 終りさ 空高く飛ぶことが もしも できたら 悲しみの歌と 明日 (あした)を 恐れることもないさ この世に生まれたのは 愛を より深くわかるためさ この手のひらの中に いつも あふれる愛を 見つめていたいの Hum...... Hum...... Hum...... Yes, I would. If I could, I surely would...... hmm. I'd rather be a hammer than a nail. Yes, I would. If I only could, I surely would...... hmm. Away, I'd rather sail away, Like a swan that's here and gone. A man gets tied up to the ground, He gives the world its saddest sound, Its saddest sound...... hmm. I'd rather be a forest than a street. Yes, I would. If I could, I surely would...... hmm. I'd rather feel the earth beneath my feet. Yes, I would. If I only could, I surely would. 《蛇足》 アメリカのフォークロック・デュオ、サイモン&ガーファンクルが歌って、世界的に知られるようになりました。 原曲はペルーのアンデス地方で歌われていた民謡で、歌詞は次のようなものだったそうです。 おお、堂々たるアンデスのコンドルよ アンデスの我が家へ連れていっておくれ おお、コンドルよ 最愛の土地へ戻って暮らしたい 大好きなインカの兄弟たちとともに おお、コンドルよ クスコの中央広場で 待っていてくれ マチュピチュとウアイナピチュへ行くためさ さあ出かけようぜ ペルーの作曲家で民俗音楽研究家のダニエル・アロミア・ロブレス(Daniel Alomia Robles) が、 1913年に この民謡を 採譜・編曲して自作のサルスエラ(オペラの一種) の序曲として取り込みました。 序曲のため、歌詞はついていませんでした。 この序曲を現在もよく演奏されている3部構成に編曲したのは、アルゼンチン出身でフランスで活動していたフォルクローレ・バンドのリーダー、ホルヘ・ミルチベルグ(Jorge Milchberg) でした。 ただし、それよりかなり前に現在のスタイルに近い演奏が行われていた、とする説があります。 3部構成の第1部は郷愁を誘うような静かな演奏で、第2部はハイテンポの行進曲風、第3部は華やかなダンス・ミュージックになっています。 サイモン&ガーファンクルが歌詞をつけてカヴァーしたのは、このうちの第1部だけ。 カタツムリより雀になりたい、釘よりハンマーになりたい、街路より森になりたい……といった歌詞で、コンドルは全然出てきません。 『』と同じく、寓意に満ちたフレーズの連続で、難解ですが、訴えたいことはなんとなく伝わってきます。 この曲はよくケーナで演奏されますが、上のmp3ではオカリナを使いました。 後奏の部分はオルガンです。 (二木紘三) 二木楽団のオカリナでの演奏、ケーナーとはまた違った暖かみのある音色でいいですね。 昔、NHKの「シルクロード」のテーマ曲を「宗次郎」のオカリナで演奏されていました。 素朴で心に沁みてくる音色でした。 私もコンドルをオカリナで吹いてみたく、ただそれだけでオカリナを購入しました。 そして頭の中では宗次郎の「コンドルは飛んでいく」の如くにと練習を重ねたのですが、うまくいかず諦めてしまった思い出があります。 さすが尾谷さま、オカリナ演奏をなさったのですね。 「花祭り」もオカリナで吹かれましたか。 さて、先の「東京の人」のコメントの中で、You Tubeでのコンドルの映像を紹介させていただきました。 この映像の中のコンドルの飛行している姿、また枝に止まっている時の凛とした面構えや姿勢(鳥に姿勢などというのはおかしいかも、笑)惚れ惚れしてしまいます。 それこそ孤高を心情にしている感があります。 (これも大袈裟ですね) 願わくば、このコンドルのような姿勢を保ちつつ、ゆったりと大気に任せた生き方をしたいものです。 (勿論、盃を片手にしてです。 ) 投稿: konoha 2017年9月 8日 金 16時29分 コンドルの羽を広げて大空に舞い上がる雄姿、素晴らしいですね。 また、静かに佇んでいる目の鋭さにも惹かれます。 男の面構えってかくありたいものですね。 あこがれの高倉健さんが思い出されます。 また、風林火山も彷彿とされます。 疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し またオカリナの調べも良いですね。 容姿、形に関わらず大空に吸い込まれるようなおおらかな癒しが感ぜられます。 ところで私はその正反対な男でした。 親を安心させるため勉強しているふりをして夜遅くまで電気はつけていたのですが、クラスの集合写真をじっと見つめていました。 高1のとき自分の姿のみじめさに悲しくなって破り捨てました。 今に至るまで自身の写真はほとんど持っていません。 大学の入学式が終わり会館をでると、クラブやサークルの勧誘員がたくさん出迎えていました。 新入生一人一人を数人でとり囲んで入部を誘っていました。 私にも一人駆け寄って来ました。 しかし私に数歩前まで近づくとギョッとして立ちすくみました。 去りゆく私の後ろから「あれじゃぁなあ、こちらからお断りだよな~」と、数人のささやきが聞こえました。 ともあれ、私はそのときコンドルになれた気分でした。 盛装した両親や知人に取り囲まれて騒然とした喜びに包まれてている中、私はやっとこれから一人でやって行けるぞ、というさわやかな気分に浸っていました。 投稿: yoko 2017年9月10日 日 10時58分 konoha さま 素敵な映像のご紹介ありがとうございます。 この曲を聞く時いつも心は天翔ける鳥になっています。 一時でも日々の煩いを忘れさせてくれます。 私もこの曲を吹きたくてオカリナを習いました。 初期投資もむなしく腱鞘炎の為に挫折。 「やや上達した段階の手の動きが苦痛であった」 けん様 指笛の「コンドルは飛んで行く」もいいですね。 ご自分そのものが楽器とは!!羨ましいですね。 雄大な「コンドルは飛んで行く」のあとに クールダウン? 岸洋子「アンデスの風になりたい」を聴きます。 やなせたかしさん主催の「詩とメルヘン」に寄せられた とべあきよさんの歌詞にも魅かれます。 投稿: りんご 2017年9月10日 日 18時28分 りんご様 雄大な「コンドルは飛んで行く」のあとにクールダウンした 岸洋子「アンデスの風になりたい」のご紹介 有難うございます。 早速 検索し何度も聴いています。 やなせたかしさん主催の「詩とメルヘン」に寄せられた 女性とべあきよさんの歌詞も魅力的ですね。 「はるかな草原・・、一度だけの人生なら・・、見知らぬ国をたずね 愛するひとに出逢いたい」などの歌詞。 シャンソン歌手の「石井好子」さんが、岸洋子さんは歌ったあと死んでもいいと、それくらい気持ち を込めて歌っていると・・ というコメントを読みました。 私は草笛を演奏して2年ぐらいです。 草笛の音色に興味をもたれた方のクチコミで 町内会、敬老会、小学校等から演奏依頼が来ています。 この「コンドルは飛んで行く」や「アンデスの風になりたい」をく草笛で練習したいと思います。 有難うございました。 投稿: けん 2017年9月11日 月 17時21分 「コンドルは飛んで行く」を聴き~岸洋子の「アンデスの風になりたい」でクールダウン。 けん様の共感を得て「平和とはいいものだ」という思いが 湧いてきます。 平和でなかったら 二木先生主催の 音楽ブログでの交流はあり得ません。 草笛 いいですね。 草笛いう文字を見ただけで抒情を感じます。 うた物語に集う皆様方の入魂のコメントを読むのが楽しみです。 追記 実に「アンデスの風になりたい」を聴いてから40年になります。 詩の意味がよく理解できる年になりました。 諸々の思いが込み上げます。 秋の夜長皆様、それぞれ好みの音楽を聴いて心の栄養にいたしましょう。 投稿: りんご 2017年9月11日 月 18時49分.

次の

一緒に練習してみよう!楽譜あり①オカリナで「コンドルは飛んで行く」全体の流れ

コンドル は 飛ん で 行く 楽譜

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

「コンドルは飛んでいく」の楽譜一覧

コンドル は 飛ん で 行く 楽譜

作詞・唄:サイモン&ガーファンクル、 作曲:D. ロブレス、日本語詞:麻生ひろし もしも できることなら 空を飛べる すずめなら 楽しい かたつむりみたいに 野暮な生き方なんて 今日かぎりで 終りさ 空高く飛ぶことが もしも できたら 悲しみの歌と 明日 (あした)を 恐れることもないさ この世に生まれたのは 愛を より深くわかるためさ この手のひらの中に いつも あふれる愛を 見つめていたいの Hum...... Hum...... Hum...... Yes, I would. If I could, I surely would...... hmm. I'd rather be a hammer than a nail. Yes, I would. If I only could, I surely would...... hmm. Away, I'd rather sail away, Like a swan that's here and gone. A man gets tied up to the ground, He gives the world its saddest sound, Its saddest sound...... hmm. I'd rather be a forest than a street. Yes, I would. If I could, I surely would...... hmm. I'd rather feel the earth beneath my feet. Yes, I would. If I only could, I surely would. 《蛇足》 アメリカのフォークロック・デュオ、サイモン&ガーファンクルが歌って、世界的に知られるようになりました。 原曲はペルーのアンデス地方で歌われていた民謡で、歌詞は次のようなものだったそうです。 おお、堂々たるアンデスのコンドルよ アンデスの我が家へ連れていっておくれ おお、コンドルよ 最愛の土地へ戻って暮らしたい 大好きなインカの兄弟たちとともに おお、コンドルよ クスコの中央広場で 待っていてくれ マチュピチュとウアイナピチュへ行くためさ さあ出かけようぜ ペルーの作曲家で民俗音楽研究家のダニエル・アロミア・ロブレス(Daniel Alomia Robles) が、 1913年に この民謡を 採譜・編曲して自作のサルスエラ(オペラの一種) の序曲として取り込みました。 序曲のため、歌詞はついていませんでした。 この序曲を現在もよく演奏されている3部構成に編曲したのは、アルゼンチン出身でフランスで活動していたフォルクローレ・バンドのリーダー、ホルヘ・ミルチベルグ(Jorge Milchberg) でした。 ただし、それよりかなり前に現在のスタイルに近い演奏が行われていた、とする説があります。 3部構成の第1部は郷愁を誘うような静かな演奏で、第2部はハイテンポの行進曲風、第3部は華やかなダンス・ミュージックになっています。 サイモン&ガーファンクルが歌詞をつけてカヴァーしたのは、このうちの第1部だけ。 カタツムリより雀になりたい、釘よりハンマーになりたい、街路より森になりたい……といった歌詞で、コンドルは全然出てきません。 『』と同じく、寓意に満ちたフレーズの連続で、難解ですが、訴えたいことはなんとなく伝わってきます。 この曲はよくケーナで演奏されますが、上のmp3ではオカリナを使いました。 後奏の部分はオルガンです。 (二木紘三) 二木楽団のオカリナでの演奏、ケーナーとはまた違った暖かみのある音色でいいですね。 昔、NHKの「シルクロード」のテーマ曲を「宗次郎」のオカリナで演奏されていました。 素朴で心に沁みてくる音色でした。 私もコンドルをオカリナで吹いてみたく、ただそれだけでオカリナを購入しました。 そして頭の中では宗次郎の「コンドルは飛んでいく」の如くにと練習を重ねたのですが、うまくいかず諦めてしまった思い出があります。 さすが尾谷さま、オカリナ演奏をなさったのですね。 「花祭り」もオカリナで吹かれましたか。 さて、先の「東京の人」のコメントの中で、You Tubeでのコンドルの映像を紹介させていただきました。 この映像の中のコンドルの飛行している姿、また枝に止まっている時の凛とした面構えや姿勢(鳥に姿勢などというのはおかしいかも、笑)惚れ惚れしてしまいます。 それこそ孤高を心情にしている感があります。 (これも大袈裟ですね) 願わくば、このコンドルのような姿勢を保ちつつ、ゆったりと大気に任せた生き方をしたいものです。 (勿論、盃を片手にしてです。 ) 投稿: konoha 2017年9月 8日 金 16時29分 コンドルの羽を広げて大空に舞い上がる雄姿、素晴らしいですね。 また、静かに佇んでいる目の鋭さにも惹かれます。 男の面構えってかくありたいものですね。 あこがれの高倉健さんが思い出されます。 また、風林火山も彷彿とされます。 疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し またオカリナの調べも良いですね。 容姿、形に関わらず大空に吸い込まれるようなおおらかな癒しが感ぜられます。 ところで私はその正反対な男でした。 親を安心させるため勉強しているふりをして夜遅くまで電気はつけていたのですが、クラスの集合写真をじっと見つめていました。 高1のとき自分の姿のみじめさに悲しくなって破り捨てました。 今に至るまで自身の写真はほとんど持っていません。 大学の入学式が終わり会館をでると、クラブやサークルの勧誘員がたくさん出迎えていました。 新入生一人一人を数人でとり囲んで入部を誘っていました。 私にも一人駆け寄って来ました。 しかし私に数歩前まで近づくとギョッとして立ちすくみました。 去りゆく私の後ろから「あれじゃぁなあ、こちらからお断りだよな~」と、数人のささやきが聞こえました。 ともあれ、私はそのときコンドルになれた気分でした。 盛装した両親や知人に取り囲まれて騒然とした喜びに包まれてている中、私はやっとこれから一人でやって行けるぞ、というさわやかな気分に浸っていました。 投稿: yoko 2017年9月10日 日 10時58分 konoha さま 素敵な映像のご紹介ありがとうございます。 この曲を聞く時いつも心は天翔ける鳥になっています。 一時でも日々の煩いを忘れさせてくれます。 私もこの曲を吹きたくてオカリナを習いました。 初期投資もむなしく腱鞘炎の為に挫折。 「やや上達した段階の手の動きが苦痛であった」 けん様 指笛の「コンドルは飛んで行く」もいいですね。 ご自分そのものが楽器とは!!羨ましいですね。 雄大な「コンドルは飛んで行く」のあとに クールダウン? 岸洋子「アンデスの風になりたい」を聴きます。 やなせたかしさん主催の「詩とメルヘン」に寄せられた とべあきよさんの歌詞にも魅かれます。 投稿: りんご 2017年9月10日 日 18時28分 りんご様 雄大な「コンドルは飛んで行く」のあとにクールダウンした 岸洋子「アンデスの風になりたい」のご紹介 有難うございます。 早速 検索し何度も聴いています。 やなせたかしさん主催の「詩とメルヘン」に寄せられた 女性とべあきよさんの歌詞も魅力的ですね。 「はるかな草原・・、一度だけの人生なら・・、見知らぬ国をたずね 愛するひとに出逢いたい」などの歌詞。 シャンソン歌手の「石井好子」さんが、岸洋子さんは歌ったあと死んでもいいと、それくらい気持ち を込めて歌っていると・・ というコメントを読みました。 私は草笛を演奏して2年ぐらいです。 草笛の音色に興味をもたれた方のクチコミで 町内会、敬老会、小学校等から演奏依頼が来ています。 この「コンドルは飛んで行く」や「アンデスの風になりたい」をく草笛で練習したいと思います。 有難うございました。 投稿: けん 2017年9月11日 月 17時21分 「コンドルは飛んで行く」を聴き~岸洋子の「アンデスの風になりたい」でクールダウン。 けん様の共感を得て「平和とはいいものだ」という思いが 湧いてきます。 平和でなかったら 二木先生主催の 音楽ブログでの交流はあり得ません。 草笛 いいですね。 草笛いう文字を見ただけで抒情を感じます。 うた物語に集う皆様方の入魂のコメントを読むのが楽しみです。 追記 実に「アンデスの風になりたい」を聴いてから40年になります。 詩の意味がよく理解できる年になりました。 諸々の思いが込み上げます。 秋の夜長皆様、それぞれ好みの音楽を聴いて心の栄養にいたしましょう。 投稿: りんご 2017年9月11日 月 18時49分.

次の